• ベストアンサー
  • 困ってます

INNER JOINについて

こんにちは、現在下のWEBでSQLの勉強をしているのですが・・・。 http://www.pursue.ne.jp/jouhousyo/SQLDoc/select21.html INNER JOINについて質問です。 FROM 表名1 INNER JOIN表名2 ON 表名1.フィールド名 = 表名2.フィールド名 このONというコマンド、これは連結するフィールド名を表しているのですよね?これは、無くてはならないコマンドでしょうか。例えば、このウェブの問題だと、売上表.顧客CD=顧客表.顧客CD をする事で、顧客CDがソートされ、同じものが連結されてます。 もし、顧客CDの値が、二つの表で異なった場合、異なった値は切り捨てられ、その行は融合されないと言う事ですよね? なら、例えば普通に二つの表の値を比べたい場合、例えば、 A表: 売り上げ総合、日付、顧客表 B表: 顧客名、売り上げA、売り上げB という表があったとして、表Bの売り上げレートを表Aの総売上で割り、書く平均値を出したい場合、 SELECT  表B.売り上げA / 表A.売り上げ総合, 表B.売り上げB / 表A.売り上げ総合 FROM 表A INNER JOIN 表B として、ONを使わなくても大丈夫でしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • MySQL
  • 回答数2
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

ダメです。 というか出来ますが 表Aの行数*表Bの行数分のデータが出来ます 表A 300行、表B 500行 なら検索結果は15000行です これは連結の基準がわからないので総当りの結果を作成するためです。 どちらかの表全てなら、left(right) outer join を使用します わからない場合は試してみるのが一番ですよ SELECT するだけなら問題ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

総当りの結果になってしまうんですか・・・なるほど、解りました。 これは知らなかったので、やってみようと思います。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

>これは連結するフィールド名を表しているのですよね? リレーショナルDBでは、一般的に「結合」といい、「on」で結合条件を指定します。 >これは、無くてはならないコマンドでしょうか。 一般的に、結合条件を指定しないというケースは、殆どないと思います。結合条件がないと、「直積」になってしまいます。例えば、表1に10件、表2に20件の行があれば、「inner join」の結果は、10×20=200件になります。 >このウェブの問題だと、売上表.顧客CD=顧客表.顧客CD をする事で、顧客CDがソートされ、同じものが連結されてます。 顧客CDがソート?何を言いたいのでしょうかね? そういった内容は、書かれていないようですが? それにソートされるかどうかは、RDBMSの内部処理で、どうなるか分かりません。 >顧客CDの値が、二つの表で異なった場合、異なった値は切り捨てられ、その行は融合されないと言う事ですよね? 「inner join」ですから、結合条件で合致しない行は、捨てられます。 対応しない行も取り出したい場合は、「outer join」を使う必要があります。 >ONを使わなくても大丈夫でしょうか? 列名が、ころころ変わっていますね。 何をやりたいのか不明ですが、前述の通り、結合条件がないと直積になってしまいます。 質問中のurlの内容は、「結合条件を指定しない」ことについては、何ら書かれていないようですが、何を勘違いしているのでしょうかね?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>顧客CDがソート あ、これは私の間違いです。条件指定で、ONによって、同じ値段同士の顧客CDが融合された形という意味でした。 Outer Joinのコマンドについては知りませんでした。勉強してみたいと思います。質問中のURLには条件指定が書いてなかったようなので、条件指定しないと、そのまま表同士がくっつく事になるのかな?と想像してました。 直積という認識が無かったのだと思います。はい、思いっきり勘違いです。(汗)でもこれで、はっきりしました。有難うございました!

関連するQ&A

  • Accessで複数テーブルのJoin

    次のようなテーブル(T1~T4)とクエリ(Q1~Q2)があります。 クエリの表で囲っているものはAccessのQBEを表しています。 その下はAccessが自動生成したSQLです。 Accessがある場合はいいのですが、ない場合、いきなりSQLを 書かないといけないわけですが、どのような順番に並べていって いいのか整理がつきません。 4つ以上になるとさっぱりです。 何かヒントをいただけませんでしょうか? T1:売上表[売上No、日付、顧客CD] T2:顧客表[顧客CD、顧客名] T3:売上明細[ID、売上No、連番、商品CD、数量] T4:商品表[商品CD、商品名、単価] Q1: ┌────────────────┐ │日付 │ 商品名│単価 │数量 │ ├────────────────│ │売上表│商品表│商品表│売上明細│ └────────────────┘ SELECT 売上表.日付, 商品表.商品名, 商品表.単価, 売上明細.数量 FROM 商品表 INNER JOIN (売上表 INNER JOIN 売上明細 ON 売上表.売上No = 売上明細.売上No) ON 商品表.商品CD = 売上明細.商品CD; Q2: ┌────────────────────┐ │日付 │ 顧客名│商品名│単価 │数量 │ ├────────────────────│ │売上表│顧客表│商品表│商品表│売上明細│ └────────────────────┘ SELECT 売上表.日付, 顧客表.顧客名, 商品表.商品名, 商品表.単価, 売上明細.数量 FROM (商品表 INNER JOIN (売上表 INNER JOIN 売上明細 ON 売上表.売上No = 売上明細.売上No) ON 商品表.商品CD = 売上明細.商品CD) INNER JOIN 顧客表 ON 売上表.顧客CD = 顧客表.顧客CD;

  • ちょっと見かけないinner joinについて

    どなたか以下の構文について教えて下さい。 どこのDBMSで使用されるものなのでしょう? SELECT B.項目1, B.項目2, A.項目2, A.項目3 FROM ( ( SELECT * FROM Bテーブル WHERE 項目3>"1" ) B INNER JOIN ( SELECT * FROM Aテーブル WHERE 項目2=10 ) A ON B.項目1=A.項目1; 意味はわかるのですが、普通のinner joinとは違うもので。

  • INNER JOINしてGROUP BYしたいんですが

    はじめまして。Oracle初心者です。非常にハマって困っています。 テーブルAとBがあります。Aには商品の一覧が、Bには商品の複数の属性が格納されており、AとBをJOINすると、結果に商品が重複して含まれてしまいます。 SELECT A.商品名,B.属性 FROM A INNER JOIN B ON A.商品ID=B.商品ID; 結果 ------- 商品名1,属性あ 商品名1,属性い 商品名1,属性う 商品名2,属性あ .... テーブルBを使って、「属性あ」を持たない重複しない商品名の一覧を取得したいのですが、 SELECT A.商品名,A.商品ID FROM A INNER JOIN B ON A.商品ID=B.商品ID AND B.属性!='属性う' GROUP BY A.商品名,A.商品ID これでできそうな気がするのですが、エラーになってしまいます。 本当はさらにWHEREをつけて SELECT A.商品名,A.商品ID FROM A INNER JOIN B ON A.商品ID=B.商品ID AND B.属性!='属性う' GROUP BY A.商品名,A.商品ID WHERE A.商品名 like 'あ%'; とかもしたいのですが。。 Oracleは10gです。 解決策を教えていただきたく、よろしくお願いします。

  • JOINのネスト制限?

    基本的な問題かもしれませんが、SQLのJOINの使い方が判らないので教えて下さい。 SQLで A表とB表とC表をINNER JOINした表に対して、 D表をOUTER JOINした結果に対して、E表をINNER JOINしたいのですが、 SQL文で書くことは可能でしょうか? SELECT ((((cols FROM A INNER JOIN B ON --) INNER JOIN C ON --) OUTER JOIN D ON --) INNER JOIN E ON --) と単純に書くとネスト数のオーバーなのかエラーが出ます。 後ろの部分だとサブクエリーに対してJOINすればよいかもしれませんが、主ファイルに当る部分の場合はサブクエリーに切り出す方法が判りません。 よろしくお願いします。

  • JOINで複数の表をまとめる場合の書き方

    質問させてください。 SQLのJOINで複数の表をまとめる場合、以下のどちらの方法が一般的でしょうか。 A, B, C : 表 X, Y : 条件 表ごとにくぎる (A INNER JOIN B ON X) INNER JOIN C ON Y 条件ごとにくぎる A INNER JOIN B INNER JOIN C ON Y ON X 以上よろしくお願いいたします。

  • SQL ServerのINNER JOINについて

    SQL Server 2008 R2のINNER JOINについて質問させて下さい。 ------------------------------ SELECT * FROM [Customer]    INNER JOIN Pref       ON Customer.CustomerPref1 = Pref.PrefId       ON Customer.CustomerPref2 = Pref.PrefId       ON Customer.CustomerPref3 = Pref.PrefId WHERE ([CustomerId] = 123) ------------------------------ 3つもONがあって変なSQL文となっております。 (当然SQLエラーとなります。) やりたい事は、 顧客フォーム[Customer]の中に、都道府県をプルダウン選択する項目が3つあります。 3つとも都道府県マスタテーブルをリレーション(FK)しております。 3つの都道府県項目で「都道府県名」をそれぞれSELECTするには、 どうしたらよいでしょうか? ご教授頂けますようお願い申し上げます。 ------------------ ▼DB情報 顧客情報テーブル:Customer 顧客ID:CustomerId 都道府県カラム1:CustomerPref1(1,2,3,~などの値が格納) 都道府県カラム2:CustomerPref2(1,2,3,~などの値が格納) 都道府県カラム3:CustomerPref3(1,2,3,~などの値が格納) 都道府県マスタテーブル:Pref 都道府県ID:PrefId(1, 2, 3,~などの値が格納) 都道府県名:PrefName(1:北海道, 2:青森県, 3:岩手県~などの値が格納)

  • INNER JOIN > EXISTS > IN

    SQL Server 2008での話です。 製品テーブルと、その製品の売れ行きのランキングデータを格納するテーブルがあって、 売れ行きの良いものTOP10だけ取り出したいと思っています。 製品IDがキーになっています。 ランクテーブルから10位以内の製品IDをSELECTし、それをIN句に 入れるということをやっていたのですが、遅かったので、EXISTSに 書き変えました。 更に、INNER JOINにしてしまえば、WHERE句より実行されるので、 より速くなると聞き、試しているところです。 実際、速くはなったのですが、以下パターンだとそれほど差が出ません。 (データの件数のせいだとは思いますが…) どちらがベターなのでしょうか。 Bのほうが先に絞り込みをしてから結合されるから、速い…ような気が しているのですが、動き的には一緒だったりしますかね…。 もしより良い書き方がありましたらご教授ください。 ■Aパターン SELECT * FROM 製品テーブル INNER JOIN ランクテーブル ON 製品テーブル.製品ID = ランクテーブル.製品ID AND ランクテーブル.順位 <= 10 ■Bパターン SELECT * FROM 製品テーブル INNER JOIN ( SELECT ランクテーブル.製品ID FROM ランクテーブル WHERE ランクテーブル.順位 <= 10 ) TMP ON TMP.製品ID = 製品テーブル.製品ID

  • WHERE句で結合。INNER JOINとの違い

    MySQLで複数テーブルからデータ取得する際、 FROMの後に、テーブル名を2つ書いて、「WHERE」で繋げる書き方と、 「JOIN ★★ ON」で繋げる書き方では、何が違うのでしょうか? ・「INNER JOIN」と同じ意味でしょうか? ・書き方によっては、「LEFT OUTER JOIN」みたいにも書けるのでしょうか? ・普通は、どちらの書き方で書くとか、そういうお作法的な暗黙の了解はあるでしょうか? ・例えば「WHERE」だと3つ以上繋げられない(?)から、奨励されていない、とか…

    • ベストアンサー
    • MySQL
  • inner joinとwhereでの結合の違いは?

    お世話になります。 たとえば、テーブルが複数(この場合2つ)ある場合。 (1) test(カラム:table_id,table_name) (2) tester(カラム:table_id,table_name) 以下のクエリは条件的に select a.table_id, a.table_name from test a inner join tester b on a.table_id = b.table_id ************* select a.table_id, a.table_name from test a , tester b where a.table_id = b.table_id 同じですよね? パフォーマンス的にもjoinすることのメリットが判りません。

  • create と join

    少し前にこれを使って連結したのを作成できたのですが 今回やったら、できませんでした・・・ === create table otamesi888 as select * from otamesi1 inner join otamesi2 on 1 = 1 こんな感じでできたツモリでした・・・ どの点がまずいのでしょうか? create も join も片方だとできるのですが・・・