• 締切済み
  • 暇なときにでも

公社債投信って損しないの?

まだ少し先の話ですが、ボーナスがでたら投資信託ってのをやってみようかな と考えています。友達が公社債投信というのにしたら?って言っているのですが、 これってMMFというのに比べて安全なのでしょうか?損することは無いのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数824
  • ありがとう数19

みんなの回答

  • 回答No.3

投資信託といっても 株が まったく 入っていないので かなりリスクは 低いですが でも 100% 安全では ありません。 なぜなら 債券で 運用しているので 債券相場しだいでは リスクもあるのです。 でも 今までに あまり 割れた 話は ききませんし これから 金利が 上昇するので 固定ではない公社債投信は とても いい運用だと 思います。郵貯よりは リスク ありますが 固定金利は 今は 絶対 損だから こちら が お勧め。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 回答No.2

安全性の面で見ればほとんど変わりません。運用の中身もMMFとほとんど変わらないのですが、解約時に1万円につき100円の信託財産留保金(解約手数料のようなもの)が取られてしまう点がデメリットとして挙げられます。ですから預入れ期間は長ければ長いほど良い様に感じますが、あくまで公表されている利回りは今後1年間の予想分配率であり確定利回りでは無い点に注意。また1年後の予想分配率はそのときの金利動向によって決定される点にも注意が必要です。(*予想分配率は過去の統計からもほとんどそのまま支払われているようです。現在、各運用会社は利回りの低下を避ける為、新規での買付け額を制限しているようです。)2~3年の預入れで考えていらしゃるのであればお勧めの商品と言えるかと思います。3年超の場合はSB(社債)等を検討してみてはいかがかと思います。元金の保証については投資信託法により口数の保証はありますが、元金の保証はありません。ただし、安全性は非常にたかいのでその心配は無いかも?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

詳しい解説ありがとうございます。SBってのも勉強してみます。

  • 回答No.1
noname#29
noname#29

MMFにしても公社債投信にしても、絶対安全ということはありませんが、証券会社が元本保証をしている、という意味では安全です(証券会社が倒産したら元本保証は消えてしまいます)。また、株式ではなく、公社債で運用されるので、値下がりリスクはありません。MMFは短期運用ですが、公社債投信は長期運用(預け入れ後1年間は解約できない)なので、MMFに比べると1%弱程度予想利回り(MMFも公社債投信も利回りはあくまでも予想であって確定ではありません)が高くなっています。ただし、解約時に1%の手数料が取られるので、最低でも2年以上預けておかなければ、MMFより有利とは言えません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

なるほど。MMFより金利は高いけど長い間預けないと有利じゃないのというのは悩ましいですね。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 長期公社債投信で住宅財形は安全でしょうか。

     バブル時に、長期公社債投信で住宅財形を始めた者です。最近、MMFなどが元本割れしたり、長期公社債投信の制度が変わり安定性が以前に比べて落ちたなどの報道があり、不安に思っています。  バブル時は、利率が良かったことと、貯蓄性より投資性を重視したこと、元本割れをするリスクを考えなかったことで、長期公社債投信を選びました。4年程前に、非課税枠を超え、現在、積み立てを休止しています。  将来、家を買いたいと思っており、つみたてくんで40万円11回コースを終わっており、一般財形が200万ほどあります。  このふたつで、公庫からの融資は十分だとしましたら、不安を感じている長期公社債投信は解約して、より安全な貯蓄商品に預け変えるべきでしょうか。

  • 公社債投信の下落要因

    DIAMアセットマネージメントの公社債オープン投資信託への投資を考えています。 過去の基準価格推移を見ると、2012年9・10月や2013年4・5月に大幅に基準価格が下落しています。 公社債などのような債券投資は、倒産などのデフォルトが起きない限り、大幅に下落することはないと思っているのですが、短期間に結構な幅で下落しています。 倒産などがなかったと思うのですが、なぜそのような時期に落ちたのでしょうか? どなたか理由がお分かりの方教えてください。

  • 投信の損切りについて

    投資信託をもう二年以上積み立てで購入しているのですが、グローバル株式タイプの成績が良くありません。 購入開始後、基準価格がどんどん下がりつづけ、アメリカの同時多発テロ後、一時底を打ったかなとも思ったのですが、最近また下がりつつあります。 投資信託は、2~3年で手放すものではないというのは分かっているのですが、このファンドは買い付け手数料などが高めなので、損切りして他のファンドに乗り換えるか、もしくはとりあえず積み立てはストップしたほうが良いかなとも思います。 他に、日本株式型と世界債権型、公社債投信を同じく積み立てで購入しています。割合はグローバル株式型、日本株式型、世界債権型、公社債投信を1:1:1:3で、現在、トータルでは6%ちょっとの損失となっています。 投信の損切りや乗り換えについて、アドバイスいただけますでしょうか。また、投信の選び方やお勧めのものなども教えていただけたら幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 毎月分配型投信について

     投資信託を買うのは 初めてです。 いろいろある投信のなかで、毎月分配型投信の購入を考えています。  この投信の今後と 推薦投信があれば教えてください。

  • 公社債投資信託の利益は非課税

    外貨MMFの為替利益は非課税であることは前々から知っていました。しかしその非課税の理由が 「公社債投資信託の差益は譲渡益になり、非課税である。外貨MMFにもこれが適用される。」 と書いてありました。この理屈でいうと、全ての公社債投資信託は差益に関して非課税なのでしょうか?例えば、日本国債だけに投資する投資信託や、外債だけに投資する投資信託とか

  • 公社債投信と株式投信の分類

    私が現在保有している商品なんですが、 海外国債ファンド 主な投資対象:日本を除くG7構成国が発行する国債と政府機関債 ハッピークローバー 主な投資対象:高格付資源国の国債を中心とした公社債 二つとも、何となく公社債のイメージだったのですが、改めて商品分類を見て見ると「追加型株式投資信託(海外債券型)」とありました。公社債と株式の分類は何を基準にされているのでしょうか?株式組み入れ0%のものだけが公社債ということでしょうか。 私が上記二つの商品で受け取った分配金は、「利子所得」ではなく「配当所得」になるのですよね?

  • 長期運用ならば投信は損をしないのでしょうか?

    投資信託を扱った書籍などでは長期運用で安定的に資産を増やすなどといったニュアンスの書き方をよく見かけますが、長期運用(30年程度)であれば元本割れは発生しない(可能性がかなり低くなる)ものなのでしょうか。そんなに前から投信があったのかとも思うのですが・・・

  • 外国籍公社債投資信託

    無分配型の外国籍公社債投資信託は、換金時非課税であり、 無分配なので源泉徴収もされることがないので、税制上有利である ということが幾つかのホームページで語られていました。 しかし、その無分配型の外国籍公社債投信は、どこで売っているのかが わかりません。検索しても、分配型の外国籍公社債投信である外貨MMF しかでてきません。 どなたか、無分配型の外国籍公社債投信を実際に購入できる 会社を教えていただけませんでしょうか?

  • 特定口座に預け入れできる投信の種類は?

    現在投資信託を勉強中です。特定口座に株式投信を預け入れできることはわかりました。 1)投信には他にも公社債投信、不動産投信とかがありますが、これらは特定口座に預け入れできるのでしょうか。いくつか特定口座の説明のサイトを見たのですが、株式投信のことしか書かれておらずわかりませんでした。 2)株式投信とは国内株式投信、海外株式投信両方を指しているのでしょうか。 もし特定口座にいれることができない投信で益が出た場合、自分で確定申告する必要があるなと思ったので質問しました。 できればこれらのことがわかるサイトを教えていただければありがたいです。よろしくお願いします。

  • 公社債債権の投資信託と直接購入では?

    直接国債や社債を買うのと、公社債債権などの投資信託を買うのでは、どちらがいいのでしょう。手数料、税金、その他は同じでないですよね。購入手数料・・・・。やはり直接の方がいいですか?