• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

星新一作品「くさび」について

夫に失望している妻が妊娠し、生れてくる子供に異常に愛情をそそぐ。一方、夫は最初に診てもらった病院で想像妊娠と言われたため妊娠が信じられず、生れてきた子の姿も見えない。(ラスト付近で子供の感触がしたようですが...) この作品を何度読んでも、子供は本当にいたのかどうかがわかりません。いわゆる「言わんとすること」もあまりよくわかりません。 みなさんはどういう解釈でお読みになっていますか? 星新一さんは「言わんとすること」を考えるのは無意味だとおっしゃるかもしれませんが、どうもスッキリしないので、是非教えていただきたいです。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数2533
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#44113
noname#44113

あえてどっちともとれる読後感にしたのがおもしろさの一つ・・・ では解答になりませんか?。 いた、とも考えられますよね。 誰にも見えなかった、母親だけは信じた、最後夫も感じることができた。 いなかった、とすると・・・その子供は未来の姿だったのかも? 夫が子供を感じ、存在を信じ、夫婦の心が通じ合うことで 将来本当に子供ができ、姿が見えなかった子供と本当に出会う・・・。 そんな解釈(想像?)も出来ると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >あえてどっちともとれる読後感にしたのがおもしろさの一つ・・・ 確かにそれもあるかもしれませんね。 ただ、夫婦間のみならず、夫側の医師(想像妊娠と診断)と妻側の女医(出産まで行う)の意見の食い違いまで描かれてるのが、釈然としないのです。夫婦も含めた男女の心の通じ合いのむずかしさをあらわしているのでしょうか....

関連するQ&A

  • 星新一さんのショートショート

    星新一さんのお話しで (1)地球上に恐竜が復活する (2)子供の小さい頃の姿があらわれる (3)その現象はもうすぐ滅びる地球が昔を懐かしんでいる というお話がもう一度読みたいのですがタイトルが分かりません どなたか分かる方教えてください

  • 星新一さんの本であなたのお薦めは?

    私は30代の主婦です。 ミステリ、SF物の本は大好きで、よく読みます。 常日頃からこのカテゴリで星新一さんの話題が出るたびに気になっていました。 小学生から含めておそらく読んだことはないと思います。 そこで、星新一さんの本を読んでみようと思ったのですが、たくさん有りすぎて どの本に手を出したらよいのか迷ってしまいました。 数冊読んでみて気に入ったら少しずつ買い集める予定ですが、さしあたって買い求めるのに どの本がお薦めでしょうか? ショート・ショートが有名なようですが、長編小説もあるのでしょうか? あと、我が家には小学3年生のあまり読書好きではない息子もいます。 よく質問で「学校の図書館で昔に読んだ」みたいな感じの内容のものを見かけるので、 小学生でも十分に読める本なんですよね? 彼にもおもしろく読めるような内容のものも大歓迎です。 (実際にご回答者様が子供の頃に読んでおもしろかった・・みたいな) 内容がおもしろければ、朝の読み聞かせの時に読んでみたいとも思っています。 長くなりましたが、そんなわけであなたのお薦めの長編小説と短編集を教えてください。 よろしくお願いいたします! ・・・そういえば、私は小松左京さんの子供向けSFである 「宇宙人の宿題」が子供の頃から大好きで、今でもたまに目を通していますが、 星新一さんの本もそんな感じの話だと思っていいのでしょうか? だとすれば私の中でのテンションは相当上がります(笑)

  • 星新一さんの「バッタとコオロギ」

     星新一さんの、「バッタとコオロギ」という、子供たちが虫取りをするお話のショートショートを読んだのですが、結局何を伝えたかったのか、あまり良く理解できませんでした。    子供のころの甘酸っぱい思い出ということなんでしょうか?でもそうなるとこの語り手は誰??と、考えれば考えるほどわからなくなってしまいました。    以前に読んだ事があったり、このお話をご存知の方、いらっしゃいましたらどうかアドバイスをください。

  • 原作星新一のコミックで

    ※原作のネタバレあります 星新一著のショートショートがコミック化されたという話を聞きました。 そこに「処刑」という話も載っているらしいのですが、星氏の原作の最後の一文が、「目の前が眩しい光でいっぱいになった。」のようだったと記憶してます。(文面は違うと思いますが) 私は「主人公が希望を取り戻した途端運悪く爆発して死んでしまった皮肉な結末」と解釈したんですが、「純粋に希望で目の前が開けた」とも受け取れますよね。 このあたりをコミックでどう処理しているのか気になります。コミックでどのような結末の見せ方をしているか、ご存知でしたら教えて下さい~^^(私としては原作同様ぼかしていて欲しいなぁと思うんですが)

  • 星新一氏の作品タイトル

    中学生時代、星新一さんの作品を読み漁っていた時季があるのですが (それまであまり読書しなかったので入門用に先生に薦められた) おかげで?かどうかは判りませんが現国の点数が急によくなり 毎回ほぼ満点を取れるようになってよけいに良いイメージが残っています すみません話が逸れました・・ 火星に罪人が島流しみたいに連れて行かれ たしかボールのような機械だけをを持たされていて ある回数が来ると爆発するのですが そのボタンを押すとコップ一杯の水が得られて 宇宙食や水分補給には絶対に必要なもの・・・ そんなストーリーだったと思います 主人公の生と死への葛藤が子供心に強烈な印象を残しました どうしてもタイトルが想い出せないのです この作品の題名と収録の本のタイトルをご存知の方 どうぞ宜しくお願いいたします

  • 面白い短編小説を教えてください。

    小学生高学年の息子に薦めたい本を探しています。 好きな本は ・空想科学読本シリーズ ・ほらふき男爵の冒険 ・5分後に意外な結末シリーズ ・星新一(新潮文庫) ・落語(子供向けタイプの本) そろそろ全部読み切りそうな勢いなので 何か別の作品・シリーズを勧められたらなと考えています。 ほどよく短編で、ブラックジョーク系の作品をご存知でしたら 教えてください。 ちなみに苦手なものは ・長編 ・「感動する話」「心温まる話」 ・「動物が主人公の話」 よろしくお願いします。

  • この映画のタイトルを教えてください!

    昔の洋画なのだと思います。深夜にテレビで放映されているのを「ラスト付近だけ」見て、忘れられずに探し続けています。  男女の恋愛もののようでしたが、ラスト付近では二人の関係は夫婦ながら微妙な雰囲気でした。女性は金持ちの娘のようでしたが少し奔放な雰囲気で、男性は眼鏡をかけており神経質な雰囲気で、売れない詩人か小説家のようでした。しかしラストでは女性と結婚したおかげで地位も手に入れ、作家としての評価も上がっていたようでした。  男性はラスト付近で女性が邪魔になったのか、女性を精神病院のようなところへ閉じ込めてしまいます。そこへ送るためのテストが女性に実施された際に、女性は正しい答えをわかっていたのに、傍に立っていた夫(男性)の目を見つめた後、諦めたようにあえて間違った答えを口にいた姿がとても印象に残っています。  ラスト、ひとりになった男性が孤高な雰囲気で暗い鉄鋼で組まれたようなエレベーターで降りるか上がる姿が「カーンカーン」という鉄鋼の音と共にずっと流れて終わり・・という感じだったと思います。詩を口ずさんでいたような記憶もあります。 切なくて、忘れられません。ラスト付近だけしか見てないのでそれぞれの関係については間違っているかもしれません。わかりづらい説明で申し訳ありませんが、少しでもそれらしいもので構いませんので教えてください。よろしくお願いします。

  • 星新一の作品を探しています。

    一度見たことはあるのですが、タイトルや文庫の名前がわからず探している本があります。 星新一の作品で、内容は、 いまより近未来の話で、いたるところに広告が出ている世界で 別荘を当てた人が、広告だらけの街から離れてのんびり暮らせる、 だけど実際は別荘だけでなく、野に咲く花にすら広告があった、、、 なんていう話だったと思います。 わかる人いますでしょうか?

  • 星新一でこれは読んだ方が良い という作品を教えてください

    今年中学三年になる女子なのですが、最近星新一さんにはまってしま いました。 小学生の時に読んだのを思い出し、図書館で『ピーターパンの島』を借 りてみると、とても面白く他にも読みたくなりました。 買ってみたいのでおすすめを教えて欲しいです。 とにかく数が多いので、どれから買ってよいのか分かりません。 これは読んでおけ!というような作品をお願いします^^ あと読んだ事があるのはYAセレクションの『殺し屋ですのよ』です。 ちなみにほのぼの系、感動系よりも シュールでブラックユーモアのあ る作品が大好きです。

  • 星新一の作品名が分からなくて……。

    もう一度読みたい作品があるのですが、タイトルが分からないのです。 星新一の作品であることと、その内容はほぼ分かっているのですが、 作品タイトルが分からないため収録図書を探そうにもお手上げ、 という状態です。 内容は、 人類が発生するまえの大昔の地球に宇宙人がやってきて、 そのうち、この星に進化する生物が現れたらその生物の ために幸せに暮らせるための色々なものや、 世界が平和に暮らせるためにはどうしたらよいかという本などを 地中深く埋めてひとまず去ります。 その後人類は進化してゆき、その宇宙人の品々は結局見つかることなく 戦争のための爆弾実験でこなごなになってしまった……、 という話だったと記憶しています。 是非、もういちど読みたい物語だと思いますので、 どうかタイトルと、ご存じであれば収録図書もお教え願います。