• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

四柱推命について

お世話になります 四柱推命について質問です 年柱 己 酉 劫財 月柱 壬 申 壬 偏財 日柱 戊 辰 時柱 辛 酉 傷官 (女性) 辰と酉は支合で、金と水の根が残るのみ 天干では辛が一番強く、印も日主の根もない状態。 己土は戊を助けず、壬を弱らす。 と見ていますが、この場合、従児格を採るべきでしょうか? あと、仮に採った場合、己は喜神か忌神かで悩んでしまいます。 財は従児格では喜神ですが、この命式の場合、従児格をとるとしても 綺麗には取れないため、財は多少弱い方がいいと解釈したからです。 よろしくお願い致します

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • naiuso
  • ベストアンサー率58% (127/216)

>辰と酉は支合で、金と水の根が残るのみ 天干では辛が一番強く、印も日主の根もない状態。 己土は戊を助けず、壬を弱らす。 <壬は土に対して分けると表現しましょう  壬は辛に対しては洩らすのではなく逆に強めますね干関係的に見ると。 >この場合、従児格を採るべきでしょうか? <この名の場合に従児格以外取り用がありません正解です。 >仮に採った場合、己は喜神か忌神かで悩んでしまいます。 <従児格の喜神は日主を弱めるものを原則として取ります。  なのに何故、劫財を取るとか何を悩んでいるのか、そんなに複雑  に考えず単純に取って下さい。 >財は従児格では喜神ですが、この命式の場合、従児格をとるとしても 綺麗には取れないため、財は多少弱い方がいいと解釈したからです。 <この命式の場合どちらかと言えば綺麗に成立している従児格です。  財は、この命式より強い方が良くて傷官より本の少しだけ弱い方  が良い判断が出来ますし、強弱が今の強さではどっちつかずで  行運の善し悪しで判断が良くなったり悪くなったします。 ※従児格で傷と言えるのは、印や日主を強める比劫と例外的に一部の  官殺であって、その他の食傷や財と官殺は、あくまで喜神で  取れるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

naiusoさん いつもありがとうございます 上記の命式、普通に己土は忌神とみるべきなのでしょうけど 従児格という名前にとらわれすぎ、食傷を洩らす 財を邪魔に思った部分がありました。。。 2004年からの大運の40年は 徐々に悪さが増していくように見えたりします。。。 丙子 丁丑 戊寅 己卯 また、従児格の場合、その児の辛が今年:丙戌や 大運:丙子の時のように 干合で去る場合、凶扱いになると思うのですが その象意で悩んでしまいます。。。 以前、一度、命式で十干の喜忌を求めた後は なにが多過ぎても少なすぎてもその喜忌は変わらないと 教えていただきましたが、こうも変わると 組み立てなおしたほうが良いのではとか 勝手ながらに思ってしまったりします。。。 (そんな都合よく人間は変われないとは思いますが、、、)

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • naiuso
  • ベストアンサー率58% (127/216)

>調候ですね^^ たしかに壬は己土に弱らされるも根が生涯で最も強いですね <改めて命式を見てみると多分、貴方のタイピングミスだと思いますが、  月令が壬に成っていますよ庚の間違いですから調候、云々は検討違いですよ。  私が言っているのは大運との干合の在り方を言っているのですが、  貴方自身が分かればご自分だけで納得していて下さい此処に書く事厳禁です。 >女性の場合、月柱傷官よりも時柱傷官のほうが 結婚が遅いもしくはしない人が多く感じます 一概には言えないのでしょうけど。。。。 <結婚の事は主に傷官云々よりも辰酉の合に、その原因が有ります。  傷官にも多少ですが原因の一端は有ります、それは官殺が無くて  この人に従順さが無いか、もしくは官殺に当たる大運が若い時に  来た為タイミングを逃した為と考えられます。 >あと年月での己壬の並びは今回初めて見ましたが 日柱が壬で時か月に己土が来ると見てられない人ばかりです。。。 <年月でも日時・日月でも、そんなに大きくは違わないのです。 >まだ本で勉強する余地が結構あると思いますが 口伝となると、やはり学校か誰かに弟子入りするしか ないのでしょうかね。。。。 独学の限界を少し感じてきました。。。 <それは仕方有りませんよ、口伝や秘伝という物は、その人の人品や  性格に確信が持てれば伝えて宜しいと言う事です。  何故なら教えた人の遣った不始末を教えた人が、その責任を取る事  を義務付けられるからです。  だから弟子に成れば必ず教えて貰えるとは限りません。  本で学べる事は一通りの判断が出来る様には成れますが、特殊な  例外は本では学べませんが、これを続けて三十年以上するとある程度  思い違いなどが修正されてまともに成って行く物です。  勉強している時に自分なりに考えが浮かんだ時には、必ず本を  よく読んで初心に返る事をお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

naiusoさん ありがとうございました もっと勉強いたします。。

  • 回答No.2
  • naiuso
  • ベストアンサー率58% (127/216)

>2004年からの大運の40年は 徐々に悪さが増していくように見えたりします。。。 己 戊 丁 丙 卯 寅 丑 子 >その通りですよ普通の人の命式とは、こんなものですよ。 >従児格の場合、その児の辛が今年:丙戌や 大運:丙子の時のように 干合で去る場合、凶扱いになると思うのですが その象意で悩んでしまいます。。。 <喜神で強い辛の傷官の作用が無くなるのだから、今迄有った物が無く  なるのだから、傷官の基本象意の良い判断が無くなって仕舞うのです。  例えば、今迄は面倒見が良かったのに何かに取り憑かれた様に  人の面倒を見なくなって人から疎まれたり嫌がられたりする様に  なったりします。 >以前、一度、命式で十干の喜忌を求めた後は なにが多過ぎても少なすぎてもその喜忌は変わらないと 教えていただきましたが、こうも変わると 組み立てなおしたほうが良いのではとか 勝手ながらに思ってしまったりします。。。 (そんな都合よく人間は変われないとは思いますが、、、) <言った事に誇張も脅しも嘘も有りませんネーミングもそれを意識してつけました。 ※行運の見方にはこの他に色々と有るのですが私の流派の決まりでは  公開された方法以外はすべて口伝となっていますので私だけが  勝手に公開する事は出来ません。  ですが、ヒントを書いて置きます。  この命式では、丙の大運の時には今迄どっちつかずだった財が急  に強くなって今迄隠れていた才能が発揮されて、この命式を持つ  人の一生の中で絶頂期となります。  では前の象意と反対では何て言わないで下さいね、判断の対象が  違うのですから、前の象意は自他共に分かる象意ですが  口伝の方は本人だけにしか分からない象意なのだから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

naiusoさん ありがとうございます 調候ですね^^ たしかに壬は己土に弱らされるも根が生涯で最も強いですね いろんな人を見てきましたが 女性の場合、月柱傷官よりも時柱傷官のほうが 結婚が遅いもしくはしない人が多く感じます 一概には言えないのでしょうけど。。。。 あと年月での己壬の並びは今回初めて見ましたが 日柱が壬で時か月に己土が来ると見てられない人ばかりです。。。 まだ本で勉強する余地が結構あると思いますが 口伝となると、やはり学校か誰かに弟子入りするしか ないのでしょうかね。。。。 独学の限界を少し感じてきました。。。

関連するQ&A

  • 四柱推命について

    いつもお世話になります 四柱推命にていくつか質問があります 年柱 癸 丑  印綬 月柱 乙 卯 甲 劫財 日柱 甲 辰 時柱 丁 卯 傷官 (女性) にて、 これは外格にとっているのですが 乙がどうしても忌神に見えますが間違っていますでしょうか? あと財星(特に己)は行運で巡ってきた場合、忌神と取るべきでしょうか? 年柱 乙 卯   傷官 月柱 丙 戌 辛 偏財 日柱 壬 辰 時柱 甲 辰   食神 (男性) もうひとつなのですが、この命式 天干はすべて喜神ととりましたが もしかして食傷は忌神でしょうか? いくつも聞いて申し訳ありません よろしくお願いいたします

  • 四柱推命について質問

    毎回すみません 四柱推命で質問です ■命式 :坤命   天干 地支 年柱 丙  辰 月柱 丙  申 (庚) 日柱 戊  午 時柱 壬  戌 月令:(金) 体神:戊 用神:丙 上記のような印が強く、日主は普通の命式がある場合、 生扶では、最初 喜:金、水、木 忌:火、土 と見ました。 ただ、それは五行の上での話で 実際、上記から命式上の十干の喜忌を出そうとしたとき 悩んでしまいます。 丙と戊の関係って十干では良い関係です。 それに戊は丙によって生じて強められると書かれていたり 戊は丙と同様、あまり他の干から影響を受けないとも、、、 良い関係でも忌神とすべきなんでしょうか? またそのようなケースはあるのでしょうか? 最終的に自分でした命式での喜忌は 喜:庚、辛、壬、癸、丁 忌:甲、乙、丙、戊、己 になりました。。。

  • 四柱推命の喜忌と病の見方の件でお願い致します。

    昭和44年7月20日AM8時生まれの、女性、独身。 壬丙辛己    木→0干1支   最弱 辰申未酉    火→1干1支   弱 月令己     土→1干2支(月) 強           金→2干3支   最強           水→1干2支   平 命式に四行も出ていますので内格かな?と思いましたが、 財が一番強いので、従財格と判断しました。 (1)財の他、食傷と官殺がでております。  この場合の喜忌は財と食傷か?  財と官殺かどちらを取るか判断できません。 もし財と食傷なら ××○○ 壬丙辛己  になります。命中の己は○で良いですか?   もし財と官殺なら ○×○× 壬丙辛己  になります。 大運亥運(41歳~45歳)現在43歳です。 2、3年前から原因不明の病で死ぬ程苦しかったと聞きました。 官殺壬の根の仕業?と考えると壬も×ですか? ××○× 壬丙辛己  従財格なのに、財しか喜神になりません? 追伸:あまりの苦しい時期であった為、宗教に入信されて、 霊能者から前世の恨みが原因と云われ救われたと聞きました。 結婚できないのも恨みが原因だと云われたようです。 私としては、因縁が原因とは考えたくなく、死期であったのかな? と生年月日を聞いた次第です。 基本的な部分で見落としや考え違いがあると思います。 この女性の命中の喜忌と、行運の喜忌をご指導下さいますよう よろしくお願いいたします。

  • 娘婿の四柱推命です。答合わせをお願いします。

    昭和55年3月6日午後5時25分生まれ(守口市で誕生) 辛戊己庚   土・・2干0支   従児格と判断しました。 酉寅卯申   金・・2干2支   喜神・・・金水。忌神・・・木火土。 月令甲       (今迄の喜忌)   (干関係の喜忌)  ○××○・・・・・・・・・○○○○ 辛戊己庚・・・・・・・・・辛戊己庚 理由:戊は辛を生じるから○にしました。    :己も庚を生じるから○にしました。(ここで間違っていたらすみません。) 大運:甲→甲己干合で合去されるが、戊と庚の関係が順だから平?にしました。       :乙→乙庚干合で×にしました。    :丙→丙辛干合で×にしました。    :丁→庚と辛を剋し、己と戊には無作用だから×にしました。    :戊→庚と辛を生じるから○にしました。    :己→庚には○、己には平、戊には平、辛には汚玉で×・・・よって×にしました。    :庚→庚には×、己には×、戊には×、辛にも×・・・よって×?にしました。    :辛→庚、己、戊、辛に対して無作用・・・よって平?にしました。    :壬→庚を洩らすので×、己には×、戊を弱めるので×、辛は○・・・×が多いので凶。    :癸→戊癸干合で×?  従児格の喜神は、食傷と財のはずなのに、食傷と財運が×になってしまい。吉運がありません。 教えと全く別の方に向かっている感じがします。 根本的に勘違いか、理解ができていないのならどうぞご指導、ご指摘下さい。

  • 四柱推命・大運十二支について。

    透派の子平推命を勉強している者です。質問が長くなりますがお許し下さい。 男命の命式で、「格局」「喜忌」「大運十二支の5年にあたる場合」についての質問です。 戊甲甲丙  木2干3支    最強  辰辰午寅  火1干2支(月) 強   (丁)   土1干2支    弱         金・水      最弱 従旺格の水木火喜神としました。命式の吉凶は下記となりました。 ×○○○ 戊甲甲丙 ○○○○ 辰辰午寅   (丁) 現在、28~32歳の”酉”の大運です。命中の辰が酉で合去されます。 日主の根が2根減り、木は2干1支、食傷は1干2支(月)、財は1干0支の状態になります。 この場合、日主の根が減る悪さと、同時に財帛の根も無くなる良さがあります。 そのような中、今年、28歳の運勢を判断する場合、”癸巳”は命中戊癸干合で”火”に変化します。 質問です。忌む食傷の運として判断するのか!、変化干合で命式書き換えで従児格として 吉運として判断するのか、迷っております。 どうかよろしくご回答下さいますようお願い申し上げます。            

  • 四柱推命について

    いつもお世話になります 以前、この板で命式を見てもらったのですが 自分で調べていて分からない点がありますので 質問です。 時 日 月 年  印   比 傷  綬   肩 官           戊 辛 辛 壬  子 未 亥 子     (壬)    喜神は劫と印、忌神は食傷・財・官殺 と説明を受けたのですが 年運の巡りで 印でも己土は辛金に良い作用を与えるように 思えないのと壬を濁らすのでこの命式には凶に感じるのですが 考え方を間違っているでしょうか? あと丙陽もこの命式は戊や未があっても全体的に 寒冷だと思うので調候的には吉に感じたりします。 間違っていますでしょうか? あと 上記の喜神と忌神についてはあくまで 五行的な見方でという意味なんでしょうか? 五行的な見方と十干的な見方では矛盾があり 混乱しているところです。。。。 私が考えた干での喜、忌は 喜  :庚、戊、丙 忌  :己、壬、癸、丁、甲 無作用:辛、乙 (間違っているところがあるとは思いますが、、、) よろしくお願いいたします

  • 四柱推命活用秘義からの質問です。

    透派の子平推命を勉強しています。 「四柱推命活用秘義」の211頁~212頁の扶抑用神法のとり方 を例題を使って説明されている頁です。 私が揺らいでしまったのは、扶抑用神ではなく、 今まで教わった格局と喜忌です。 211頁の例題1. 己壬丙丁   酉寅午亥     (丁) 水が強、火が最強、土が弱、木金が最弱です。 「丁」が扶抑用神の干で「抑強」するとありますので、 火土は忌神になる例題です。 質問1、命式の強弱を出し、まず外格の条件にあてはめました。 財が最強なので従財格になりそうですが、日主が強なので、内格と しました。 教えの通りですと火土喜神になります。(従財格の喜忌と同じになります?) 日主が強の場合、最強の財と官殺に挟まれていても、火土喜神でよいですか? 212頁の例題2. 乙壬壬丙 巳申辰子   (乙) 水が最強、木が強、火が弱、土金が最弱です。 「乙」を「扶弱」とありますので、木火喜神としています。 ここでは内格ですが、従旺格で、金水喜神でよいですか? 212頁の例題3. 辛辛乙癸 卯酉丑丑   (己) これも内格水木喜神のようですが、従旺格で土金喜神でよいですか? 基本からやり直す気持で、やり始めたのですが、こんなよころで 揺らいでしまい、特に例題1が不安になりました。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 四柱推命の件です。

    甥のお見合いのお相手です。乙と戊の関係を見て、吉と判断して失敗しました。 (女性は干の関係が良い人が苦労ないと教わりました。) S45年12月31日AM2時過ぎ 女命です。 丁乙戊庚 丑酉子戌 (癸) 私の判断は内格の印綬格で、喜神→水木 。忌神→火土金としました。 命式の吉凶は前回のご指導で下記の判断のようにしました。 ×○○× 丁乙戊庚 疑問1、日主が身弱で、食傷が×、財(戊)が○、官殺が×の場合、どのような性格と見たらよいでしょうか? 尚、十干での喜神→壬・癸?・甲・乙・戊(癸は干合で戊を合去するので凶になりますか?)         忌神→丙?・丁・己・庚・辛(丙は調侯用神として吉運になりますか?)               長々となりまして申し訳ございません。どうぞよろしくご指導お願います。

  • 四柱推命

    只今、四柱推命の勉強に特訓中です。 命中の喜忌のとり方と、行運の喜忌のとり方で悩んでいます。 戊 乙 戊 壬    木 1干2支    強     女命 逆運2年運 寅 卯 申 午    火 0干2支    弱     (庚)      土 2干0支    平              金 0干1支(月) 弱              水 1干1支    平   日主の乙木が一番強く、日主を剋する官殺もなく、日主を生じる印星があり、従旺格とみました。 喜忌は水木→喜神  火土金→忌神  と判断しました。 命式の吉凶は次のように判断しました。 ○ ○ × ○ 戊 乙 戊 壬    日主乙に対して時干の戊は干関係が良い(下固)ので吉○と判断しました。 その場合、月干の戊はどうなるでしょうか? 年干の壬水を剋するから×でよいでしょうか? もしそうなら、行運の癸水が来た場合の吉凶が分かりません。 又、行運で庚金が来た場合、日干と変化干合して、日主が辛金に変化します。 その場合の吉凶の判断がわかりません。 その期間だけ、日主が変わり、再度命式の見直しをするのでしょうか? 私の喜忌は喜神→甲・乙・壬・癸        忌神→丙・丁・(戊?)・己・(庚?)・辛 宜しくご指導願います。

  • 四柱推命 喜神、忌神、身旺、身弱

    独学で四柱推命を勉強しています。 この命式の見方がいまいちわかりません。この考え方であっているか教えてください。 時  日  月  年 柱  柱  柱  柱 戊  辛  戊  乙 戌  巳  寅  卯 (女命) 春の辛で戊が時柱、月柱にあるが火に剋されているので弱い。(身弱) 五行を強い順にならべると火>木土>金>水 理由は.......火は日支の巳、卯・戌の支合、寅・戌の半会があるので強い。 土は戊が2つあるが地支が支合、半会しているのでそれほど強くない。木は春なので強いが、地支が支合しているのでそれほど強くない。金は巳にしか通根していなく、火に剋されているので弱い。水が全くない。 喜神ーー木、金、水  忌神--火、土 金を剋す火、汚す土が忌神、土をすいとる木、金を洗う水、金を強める金が喜神 宜しくお願い致します。