• 締切済み
  • すぐに回答を!

時代映画のタイトル

【いつ見た】 多分10年くらい前  【どこで見た】テレビ 民放の映画 金曜ロードショーとか日曜洋画劇場とか。淀川さんが解説してた気がするので日曜かも) 【その他情報】 時代もの。遊郭とか遊女の話だと思う。 はじめ10分くらいしか見えなかったけど結構官能系かもしれません(親に見ちゃだめと言われた) 最初のほうのシーンでまだ若い女の子が 診察台(婦人科にあるやつ。仰向けに寝て、 乗せた足を広げるやつ)で診察?されてるシーンがあった。 見てるのは男(おじいさんくらいだった気がする)で 年の割りに立派だかなんだか言ってたようなきがします。 冒頭しか見てない上にかなりうろ覚えです。 吉原炎上ではありません。 わかる方いたらよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数88
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.2

うーん・・・日曜洋画劇場???でも淀川先生は確か邦画は解説しなかったというか解説のシーンが邦画放映の時はなかった気がするのですが・・・間違っていたらごめんなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 遊女の廓言葉を聞ける映像作品を探してします!

    遊女の廓言葉について、特に郭言葉の発音について調べてます。 『さくらん』と『JIN-仁- 』、『吉原炎上』以外で、遊女を扱った映像作品を御存じの方がいらっしゃったら、教えて下さい! ※『さくらん』、『JIN-仁- 』、『吉原炎上』は手元にあるので、それ以外でお願いします! ※文学作品、小説ではなく、発音の聞ける映像作品でお願いします!

  • 江戸時代と明治の吉原

    先日放送されたドラマ「吉原炎上」を観ました。 その中で登場する吉原では私の知識にある吉原と相違点があったのでいくつか質問させていただきます。 1、遊女は置屋に所属していて、そこから客の待つ揚屋に派遣されるの が遊里のシステム(現代の出張風俗のように)なのにドラマでは、   遊女が所属しているのも客にサービスをするのも同じ妓楼でなされ ているようだった。 2、花魁とは、座敷持ち以上つまりトップクラスの遊女の呼び名のはず なのに妓楼の遊女全てを「花魁」と呼んでいた。 3、花魁道中は、遊女が客の待つ仲ノ町の揚屋へ出向くのを遊女が旅に 出るという演出にしした廓の一大イベントであるのに、ドラマでは  単なるパレードのように描かれていた。 以上がドラマを観て疑問に思った点です。ドラマは明治四十年代の吉原舞台となっていたので、上記で挙げた吉原の習慣は江戸時代までで、明治期になると吉原も様変わりしたのでしょうか? わかる範囲で教えて下さい。

  • 売れない遊女 借金を返し終えた遊女のその後

    ・人気の無い、売れない遊女はどうなっていたんでしょうか?売れないまま年を取り商品価値も無くなり借金も返せなくなった遊女を店はどう扱っていたのでしょうか。 掃除やご飯を作る雑用係として裏で働いていたのでしょうか? 吉原炎上で出てきた落ちこぼれの遊女が住んでいた所に行くのでしょうか? それもと吉原の外に捨てられる? ・借金を返し終えた遊女はその後どうしていたのでしょうか? 吉原を出てからどのように生活していたのでしょうか? 結婚するにも職歴の事もありそんなにモテたとは思えません。女が出来る仕事も少なかったはずです。ましてや健康上の不安もあったはず。どうして暮らしていたのでしょうか?

  • 回答No.1

初めまして、今晩は。 1983年の作品【陽暉楼】でしょうか? http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD17359/ http://ueno.cool.ne.jp/kubo841/movie-youkirou.html 自信はないのですが・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 でも残念ながら違うようです。 他にも思い当たるものがあればよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 銀魂のかむいの出場話数

    かむいっていますよね。 あの人のバトルシーンがある話数を言って欲しいのです。 よければバトルシーンじゃない方も言って欲しい… ※吉原炎上篇はなしです、もう観ましたw

  • 花魁道中について

    どうしても分からないものがあります。 (1)花魁道中ができるのは高級遊女屋のお職だけでしょうか?つまり一軒の遊女屋で一人だけだったのでしょうか?2番遊女、3番遊女くらいまでなら道中してたのでしょうか? (2)花魁道中にはその花魁の禿や新造も一緒に参列するみたいですが必ず妹分だったのでしょうか?姉女郎ではない花魁の道中に妹分ではない新造は参列しなかったでしょうか? (3)花魁は馴染み客が毎日来れば道中も毎日してたのでしょうか? それとも何か特別な時だけ? (4)高級遊女は引手を通さなければ遊べなかったそうで、馴染み客を迎えに行くことを花魁道中と言ったそうですが、迎えに行ってそのまま引手茶屋で宴会&床入りをしたんですか?遊女屋では遊ばないのですか? 映画の「さくらん」や「吉原炎上」は遊女屋で遊んでいますよね? もし、迎えに行って遊女屋へ帰って遊ぶようであったなら帰りは道中したんですか?客も一緒に・・・・? この4つがどうしても分かりません。是非教えてください。

  • 芸者好き

    女性の方に質問したいと思っています。 私は男子大学生なのですが、 いま好きな子が芸者や舞妓がすごく好きらしくてとても詳しいのです。 普段はおおっぴろげには言っていませんが特に吉原が好きらしい。。 最近の芸者の映画には満足いかず、ダメ出しばかりしちゃうくらいの入れ込みようみたいです。 お気に入りの映画は「吉原炎上」ということで。 男の自分からはあまり理解できないのですが、吉原とか芸者ってそんな魅力的なんですか? だってその、なんていうか吉原って遊郭ですよね?つまりは風俗ですよね。 見た目はまったくどこにでもいる綺麗な女の子なのに、そんなんに興味持つものなのかなあと。 ただ、私自身はこの子をとても好きだし尊敬もしています。 まとめますと、お聞きしたいことは ・吉原に女性は魅力を感じるものなのか? ・この子を好きになっても大丈夫か?(付き合っても大丈夫か?) です。 回答をよろしくお願いします。

  • 大阪九条の松島(遊郭)

    大阪のヒトしかわからないと思うんですが、 地下鉄中央線九条駅を下車して商店街を歩いて少し道をそれると、あるわあるわの遊郭平屋がりますよね?旅館風の1戸建てがズラ~ッと。そんで、玄関にピンクの照明の中、下着(?)をつけた女の子が座ってるのですが。(「吉原炎上」の映画みたいなカンジで) あそこって、まあ多分見たままの男性がサービス受けるとこやと思うのですが、実際どこまでのサービスしてんのかが不明です。本番?口まで?そんで価格はどんくらい?知ってるヒトいたら教えてください。 そんで、本番で安いとこって、女の子が濡れる時間ないからってあそこにローションつけて「さあやりますか」ってなるって聞いたんですけどそんな即物的な行動でも男性は良いのですか?私が男やったら「それってなんかなあ・・・」て思ってしまうのですが(失礼な質問ですんません)

  • 「遊郭」や「ドラッグ」をテーマにした小説・・・

    次のような内容の小説を探しています。 どちらもネットなどで調べてみたのですが、なかなか自分の思っているような作品が見付からないもので・・・。 ・「遊郭」をテーマにした小説 映画『吉原炎上』のような、遊郭の内部を取り扱った作品。遊郭で働く人たちの事情や、女郎たちの執念や情念、哀しさなど、心理的な部分を主体にしているものや、色々なしきたりや掟など、実態がわかるもの。 自分で調べた限り、遠山の金さん的な成敗ものの中に、花魁殺しが少し絡んで来る・・・というようなものしか見当たらなかったです(T_T)゛ ・「ドラッグ」をテーマにした作品。 ハードボイルドっぽいものよりも、ドラッグに溺れて行く人、人生を滅ぼしていく人、依存症から立ち直るために凄まじい努力をする人など、心理的なものや、現実の実態が詳細に分かるようなもの。 あと、薬物が人体に及ぼす影響など、医学的な知識が入っているもの。 どちらのテーマにも書いた通り、心理的なこと、内部事情、色々な詳細が書かれていて、濃密な作品が好みです。 すべてに当てはまらなくても、これは!というものがあれば教えてください。 よろしくお願いしますm(__)m

  • 遊郭のいわゆる河岸見世についての資料

    少し前に明治時代のドレスのことで質問させて頂いた者です。 今回は、江戸~明治の遊郭の画像資料についてなのですが…。 江戸~明治時代にかけての遊郭の建物、お座敷や内部の様子などの資料を集めています。 画像検索で、「吉原 」「遊郭 」「間取り」 などのキーワードの組み合わせで検索したら結構古い写真などの画像がヒットし、総籬の大店の様子なんかはだいぶ資料として集まりました。 今欲しいのは、いわゆる河岸見世の資料です。 表通りの大きなお店ではなくて、切り見世などの小さな店の様子が知りたいのです。建物の感じとか、門構えとか、通りの雰囲気とかの画像資料が欲しいのですが、「お歯黒どぶ」「羅生門河岸」「切り見世」で検索しても思うように出て来ません。 長屋造りだったそうなので、一般的な長屋を資料にすればいいでしょうか。 店一つ一つは小さくても、それらしい提灯が飾られていたり、歓楽街の雰囲気はあったのでしょうか。 映画「吉原炎上」で、かたせ梨乃が最後に働いてた店の場面を参考にした方が早いでしょうか?あれにしても考証するのに資料があったはずですが…。一般の人では調べにくい蔵書などでしょうか。 一瞬飛田新地の様子も頭を過ぎりましたが、飛田新地は大正時代のもので作りも独特だとか。 なるべく明治頃の写真の図版があると良いんですが、検索方法や参考サイトを教えて頂けませんでしょうか? Amazonで買える本やキーワードを教えてくださるのでも良いです。 本を買おうとも思ってますが、どの本に自分の欲しい資料が載ってるかが「なか見!検索」になってる本しか分かりにくく、吉原関係の本は意外と高いのばかりなので慎重に選んで買いたいです。 よろしくお願いします!

  • 高校時代に見た映画のタイトルを探しています

    初めて利用します。 高校時代、8~9年前に見た映画のタイトルを探しています。 その映画をもう一度見たいと思っています。 内容はうろ覚えですが、 ある白人が冤罪で警察につかまってしまいます。 その白人は冤罪ですが、刑務所でまじめに勤め上げます。 その白人は勉強ができるので刑務所の中で勉強を教えたりしていました。 ある黒人と仲良くなります。 白人は刑務所のコンクリートの壁をスプーンかなにかで毎日削って、 とうとう穴が開き、脱獄します。 パイプのような暗い中を手錠をかけたまま走って逃げるシーンを 覚えています。 仲がよくなった黒人に手紙を渡します。 その手紙には刑務所を出たら紙に書いた住所に来てくれという内容だったと思います。 もし上記の映画のタイトルがわかる方がいたら ぜひ教えていただきたいです。 よろしくお願いします。

  • 幼少時代に見たタイトルのわからない映画

    僕が5歳ぐらいの時に見て衝撃を受けた映画なんですが内容はというと。 洞窟の中を探索(?)していた男約7人がなだれによって洞窟の中に閉じ込められる。閉じ込められたまま何日間か経ちこのままでは全員餓死してしまうという事でこの中にいる誰か一人の腕を食べて飢えをしのごうという事になり、その一人をクジで決めた。その後助けられ腕を食べた男達はいつもの生活に戻ったが腕を食べられた男の意識は戻らない。そして洞窟の中での出来事をその男の妻が知り、腕を食べた男達全員に復讐していく。 といった内容です。もう一度見たいのですがタイトルがわかりません。誰かご存知でしたら教えてください。

  • 植民地時代っぽい映画です。タイトルがわかりません

    数ヶ月前、真夜中にテレビで上映していた映画です(途中から見始めました) 植民地時代っぽい映画です。 その地にやってきた男と、原住民の女性が恋をします。 いろいろないさかいのあと、原住民の女性を、入植者らの村に差し出します。 たしか、入植者たちは、迎えの船を待っていたと思います。 理由は忘れましたが、男は仲間に「自分は死んだことにしてほしい」と言い残し、 村を去ります。 原住民の女性はなれない洋装ながらも、その村で生活をする。 それを見ていた、別の男性が求婚をし、結婚。一児をもうけます。 その夫婦が、たしかエリザベス女王だったかに招かれます。 そこへ、かつて死んだはずの男がやってきます。 恋におちるかとおもいきや、そうはならず、夫の元へかえる。 簡単な説明で、ありきたりな感じですが、静かな、心に残る映画でした。 タイトルだけでもわかればと思います。 よろしくお願いします。

  • タイトル「なんて悲しい時代に生まれてきたんだろ~」?

    ご覧戴きありがとうございます。 「なんて悲しい時代に生まれてきたんだろ~」 という歌なんですが、どなたかしりませんか? どうぞ教えてください。 お願いします。