• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

北陸新幹線延伸について

(1)現段階で金沢まで一気に開業せずに上越または富山までの部分開業ということはありえるのですか? (2)並行在来線について。 長野~直江津はしなの鉄道に移管されるのですか? 金沢~直江津についてはどのように計画されていますか?はっきり記憶していませんがJR西日本は同区間の北陸線はもとより、枝線もすべて経営分離する方針と何かで読んだ記憶があるのですが… 以上、教えて下さい。

noname#99707
noname#99707

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • cubics
  • ベストアンサー率41% (1748/4171)

もめにもめて、やっと一段落した「しなの鉄道」が、また債務を抱えることはないのでは? 新潟県もエリアにはいるので、第三セクター化しても、別会社になると思いますが。 今のところ、車両基地を作る金沢までを平成26年度末までに一体開業ということになっています。 http://www.h-shinkansen.gr.jp/toyama/ が、まだ10年ありますから、長野車両基地が面倒みることにして、先行開業する可能性は誰も否定できませんね。まあ、JR西日本が運営することになるので、どうなるでしょうか。 経営分離についての新潟県の同意はここにありますね。 http://www.pref.niigata.jp/sougouseisaku/koutsu/koutsuseisaku/zairaisen/heikou.html 富山県は、並行在来線については、同意するものの、枝線はJR西日本に経営をと要望しています。知事会見。 http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1001/kj00001619-015-01.html 整備新幹線については、こちらの方が詳しくまとめられています。 http://w3222.nsk.ne.jp/~otanuki/Shinkansen/S_index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

並行在来線についてはJRから経営分離するという大枠だけで具体的には何も決まっていない、と言ったところのようですね。 教えていただいたURLに建設の進捗状況が細かに出ていてとても興味深かったです。 ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

富山までの部分開業ですすんでいたのを強引に金沢までの部分開業としたので、逆戻りは考えにくいでしょう。富山~金沢の半分以上は高速新線という形で工事がすすんでおり、新幹線金沢駅はもう出来てます。延伸区間では富山駅の工事が一番遅れているぐらいですから、富山まで開業できる状態になれば、富山~金沢はもうできているでしょう。ただ、純粋に今回新規着工なる金沢~松任車両基地が心配です。車両基地は松任工場を転用と聞いた覚えがあったのですが、新聞報道等によれば、新規に土地を買収して新規に作るようで、意外とネックになるかもしれません。最悪、JR西日本が自社車両の管理をJR東日本に委託するような形で開業してしまうかも。 確か、豊野~直江津をJR東日本から切り離す計画で、鉄道で残す場合はしなの鉄道での引き受けが最有力候補です。これに関して、1~2年くらい前にしなの鉄道が、最低でも篠ノ井~豊野も移管されないと引き受けられないという意向を明かにしたことがあります。 JR西日本は北陸本線直江津~金沢の経営分離は決まってますが(これは新幹線着工の前提条件)、鉄道で残すのかバスに転換するのかも含めて一切決まってません。JR西日本として、非公式に北陸本線に付随する支線の維持は保証できないので、北陸本線と合わせて引き取って欲しいという意向があることは伝えられていますが、公式に発表した事はまだないはずです。 のと鉄道を全線廃止せずに一部区間を残したのは、石川県内の在来線転換を引き受けるか、県として鉄道経営のノウハウを維持するためという観測が報じられた事もありますが、これも公式には何も明かになっていません。 北陸本線に関しては、この夏に富山県と石川県で、それぞれ対策協議会が発足したところですから、具体的な話が公式に明らかになるのはこれからでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

1番の方に教えていただいたURLに並行在来線新潟県の部分についての新潟県の対応は「長野県・富山県と協議して責任をもって存続を図る」以外のことは何も書かれていませんでした。 北陸本線以外の枝線についても、JR西日本は公式の発表はしていないのですね。 各県や区間を問わず現段階では正式には「JRから経営分離」(各県が存続させることになるのでしょうが)以外のことは決まっていない、ということなのですね。 北陸新幹線の金沢開業は決して遠い将来のことではないようですが、大丈夫なの?と心配になってしまいした… ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 北陸新幹線開業後

    北陸新幹線開業後は並行在来線のJR北陸線金沢~直江津がJR西日本から第三セクターに経営分離されるのは既に決まっています。 新幹線開業で並行在来線が第三セクターに経営分離されたのは他に青い森鉄道、IGR、おれんじ鉄道等がありますがいずれもJR時代と比べれば運賃が極めて高額になっていて更に利便性に欠けるダイヤになっています。 既に経営分離されている上記の沿線事情は分かりませんが北陸線の場合、金沢~富山~魚津~泊~糸魚川~直江津の地方都市間地域輸送はこれからは高額運賃の第三セクター鉄道よりも格安の路線バスが発達して主流になるのでしょうか?(既に金沢~富山はJR普通運賃よりも少し安い高速バスがあります) その他、富山~魚津は北陸線の他に富山地方鉄道が走っていますが北陸新幹線開業後は第三セクター鉄道のほうが運賃が高くなり富山地方鉄道のほうが優位になるのでしょうか?(富山地方鉄道の高額運賃は全国的に有名)

  • 北陸新幹線と青春18きっぷ

    北陸新幹線が開業して営業分離する金沢~直江津~長野のうち、3セク路線として青春18きっぷで乗降可能な駅は金沢、津幡、高岡、富山だけなのでしょうか?

  • 北陸新幹線の開業順について

    現実では北陸新幹線は既に開業している東京-長野からその先、長野-上越妙高-富山-金沢が14日に開業したんだけれども… 個人的な勝手な意見なんだけど… そんなに東京への開業を焦らなくても良かったんじゃないの? むしろ逆に敦賀-福井-金沢-富山を先に開業させたほうが意外と現実よりも良い影響や結果が出ていたのではなかろうか?(何となくそう思う) 富山から長野を繋ぐのは東京五輪の2020年頃にしておく… 九州新幹線の鹿児島中央~新八代みたいに北陸新幹線も下り側から開業ってのも良かったんじゃないんですか? 勝手な意見をすいません

  • 北陸新幹線金沢開業のJRの管轄

    おそらくこのままで行けば、2014年度に北陸新幹線の金沢延伸開業が行われると思います。そこで質問なんですが、延伸区間となる長野~金沢間ではJR東日本とJR西日本でどのように管轄が分けられるんですか。(ちなみに並行在来線となる信越・北陸本線では直江津駅が境目になっています。)単純に在来線と同じように上越駅(仮称)で分かれるんですか。それとも東京電力と中部電力の50Hz・60Hzを境にして軽井沢~長野間はJR西日本に持ち替えになるとか。またはとりあえず金沢までの区間はJR東日本にしちゃうのか。いろいろ考えられます。でも、もしJR西日本管轄エリアが出てくるとしたら、西日本車両は何系が入るんですか。現在、日本に50Hz・60Hz両用の新幹線車両はJR東日本のE2系0番台のみです。おそらくいずれは金沢以遠も開業するだろうからJR西日本も車両の開発を進めているはずですが、全然発表がありません。いったいどうするんでしょうか。教えてください。

  • 整備新幹線開業時のJR並行在来線、第三セクター化について。

     長野(北陸)新幹線が開業した時に、  信越本線の一部がなぜ、JRから第三セクター「しなの鉄道」に                    経営が変わってしまったのでしょうか?  また、東北新幹線が青森(八戸まで一部)まで開業時に  並行在来線の東北本線が、岩手、青森県などが経営する第三セクターに、            なる事が決定していますが、それはなぜでしょうか?。  第三セクターに経営が替わってから、同区間を走行してるJRの寝台特急などが  線路使用料などを払い運行するなどと言われていますが、  それなら、そのまま新幹線が開業してからも、              JRが経営していけばいいと思うのですが。・・・  それに、北陸新幹線が金沢付近まで開業したら、  北陸本線以外に、氷見線、城端線、富山港線など、富山付近の並行してない  関係無い路線まで、第三セクター化されると言われているのですが、                              なぜでしょう?  新幹線が開業したら、JRの並行在来線は第三セクター化            されなければいけない、とかいう決まりなのでしょうか?  それともJRが、新幹線開業に伴ない、          並行在来線の経営を何かの理由で切り離したいのでしょうか?

  • 北陸新幹線の社界

    着々と工事が進められている北陸新幹線ですが、社界を上越駅に するのは中途半端ですよね?。確かに在来線の境界は直江津 ですが、新幹線の場合は別にするべきだったのではと思います。 JR東日本側が跨いで富山までを管轄にするか、東日本側が譲歩して 長野までの営業を担当するという案はなかったのでしょうか?。 サービス的にもこれじゃあやり辛いですよ。

  • 北陸新幹線から在来線への乗り継ぎ割引

    数年前、山陽新幹線から九州内の在来線への乗り継ぎ割引がなくなってしまいましたが、このたび開業の北陸新幹線から金沢、富山、長野などで在来線へ乗り換える場合、乗り継ぎ割引は適用になるのでしょうか。

  • 北陸新幹線による在来線分離

    長野は長野ー篠ノ井はJRに残りました。 九州は熊本ー八代、鹿児島ー川内はJRに残りました。博多ー熊本もまるまる残ってます。 大都市近くで客の多いところはJRに残し、客のいない部分を3セクに押し付けたようにも思えます。 一方、東北は盛岡ー青森をすっぽり分離しました。 1.分離区間の考え方はどうなってますか 2.北陸の場合はどうなりますか。金沢ー長野まるまる分離ですか。 長野ー直江津は比較的、客も多く、駅と駅の間も近いので客の密度は濃いと思いました。

  • 北陸新幹線が開業すると…

    2015年春に北陸新幹線が開業予定ですが新幹線が開業すると信越本線や北陸本線の並行在来線が4~5社の第3セクター会社化されてJRがしなの鉄道のように別会社に変わってしまうようです。 そこで素朴に疑問に思ったのですが… (1)どうして新幹線が開業すると並行在来線は第3セクター会社になるの? (2)新幹線が開業しても、そのままJRのままじゃ駄目なの? (3)その他の新幹線と並走している区間、東海道新幹線と東海道本線・山陽新幹線と山陽本線・東北新幹線と東北本線のように、そのままJRだけど何故第3セクターにはならないの? …と上記の3点が疑問になりました。 この疑問が分かる方、難しい専門用語とかは使わず分かりやすく丁寧に説明して頂けるとありがたいです。 宜しくお願いします。

  • 北陸新幹線

    北陸新幹線が長野~金沢間で開通予定に向け、工事が進んでいます。はっきり聞いたわけではないので自信はないのですが、「富山県の小矢部が新幹線と在来線の電車が同時に撮影できる全国でも稀な場所」と聞いたのですが本当ですか?全く知らないので詳しい方教えてください。もしかしたら単なる聞き違えかもしれません。違っていたらすみません。