金閣寺と天平の甍 について

三島由紀夫の「金閣寺」と井上靖の「天平の甍 」を修学旅行に行く前までに読まなければならないのですが、どちらの方がおもしろ...

yuyuyunn さんからの 回答

質問者が選んだベストアンサー

  • 2005/08/16 21:28
  • 回答No.3
  • ベストアンサー
yuyuyunn

ベストアンサー率 41% (20356/48646)

はじめまして

金閣寺の方が面白いですよ

天平の甍はちょっとお堅いと言う感じ

詳しく説明は文庫本の裏とかを読んでみては如何でしょうか?

金閣寺、若き僧(見習いだと思います)の苦悩と煩悩などの果ての話
天平の甍、鑑真和上の話です

正直、天平の甍を読んでから唐招提寺にいくとあることをしたくなります
というか、私自身してしまいました
ん?でも平成の大修理中ですよね、外側からブル-シ-ト見ていただくのは
かわいそうな気が・・
話がそれましたが、本を読んでから実物を見ると納得すると思います

金閣寺は映像が浮かんでくるような文章ですよ
ただ、こちらは本を読んだ後、実物を見ると、あれ?と言う感じです

ここまでで、ご参考までに
お礼コメント
berry325

お礼率 45% (42/93)

みなさんありがとうございます。やっぱり金閣寺の方がよさそうですね。でも、天平の甍も挑戦してみようと思います。
投稿日時:2005/08/17 08:30
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 三島「金閣寺」と水上「金閣炎上」 文学・古典

    三島由紀夫の「金閣寺」を読まれた方、水上勉の「金閣炎上」を読まれた方、そのいずれかでもかまいませんし、両者を読まれた方でもかまいません。ご感想を聞かせて下さい。...

  • 三島由紀夫「金閣寺」の有為子について 文学・古典

      三島由紀夫の小説が好きでほとんど読みましたが、特に「金閣寺」が好きです。なんども読み返したのですが、序盤で出てくる有為子の存在がわかりません。何の意図をもってこの女性を登場させたのか。三島の意図はどこにあったのかが今いち判然としません。    私の解釈では、主人公が一方的に恋焦がれるものの吃音という障害があり、有為子はきわめて健康的で美人に描かれています。つまり醜⇔美の構図をあらかじめ書いておき、後半の私(醜)⇔金閣寺(美)の伏線を張っておいたと考えるのです。つまり金閣寺を人間の姿で表現したのが有為子であり、恋焦がれるものの絶対に手の届かない存在、神聖な世界(最後に入ろうとして入れなかった究境頂)として描いたと考えるのです。実際「美しいもの」を主人公が見た時に、そこに有為子の姿が重なるという表現がいくつか出てきます。彼女が恋人のところに走ろうとして射殺されてしまうのも、滅びの中に「美」を見出すからであり、有為子の死は最後の金閣寺炎上と作品の最初と最後でつながっている気がするのです。    ただ、それにしても何故三島は修行僧が金閣寺に放火する屈折した感情を表現するために人間(有為子)を登場させたのか、そこが分かりません。美しい人間に恋させることによって、主人公の人間臭さを表現したかったのでしょうか。要するに高度に観念的な理論の積み重ねで「金閣寺を燃やす」という結論に到達させたのでは、まるで主人公がロボットのような無機質な存在になってしまうため、あえて最初の方に有為子を登場させ彼女に恋い焦がれさせることで主人公の人間性を読者に定着させる目的があったように思えるのです。    金閣寺にはいろんな解釈があるでしょうし、各自がそれぞれの解釈をすればいいと思いますが、有為子の存在について考えるところを教示いただければ幸いです。よろしくお願いします。...

  • 金閣寺について。 文学・古典

    高校の宿題で金閣寺についてのレポートを書こうと思っています。 私は、三島由紀夫の「金閣寺」水上勉の「金閣炎上」「五番町夕霧楼」の3つの作品からわかること のようにまとめたいと思っています。 三島の「金閣寺」と水上勉の「金閣炎上」は同じ事件をもとにしているそうで、水上勉のほうが事実により近い描写です。 それがあるのにさらに似たような作品「五番町・・」を書いたのか。それらの類似点や、金閣の魅力(燃やしてしまった理由といったらいいのでしょうか?) など、内容からではなくみなさんの意見を聞きたくて書きました。 私は恥ずかしい事に近畿地方に行った事がないので金閣寺をみたことがありません。実際みるとやはり違うのでしょうか? レポートの参考にしたいので意見をお願いいたします。...

  • 金閣寺について 書籍・文庫

    三島由紀夫の『金閣寺』の感想文を書かなきゃいけないんですけど言いたい事が難しくて、まとまられません。解説とかもヒントにならないし・・ 感想ってナニをかけばいいんでしょうか?...

  • ソプラノ歌手ではない田中美好さん 文学・古典

    友人の学生が 三島由紀夫の「金閣寺」について修士論文を書いています。 学生といっても社会人で韓国人です。 なかなかにハードルが高いテーマなのですが、 がんばっているので助けてあげたい(^_^;) 田中美好 という、たぶん文学者関係の方だと思うのですが、 論文の説明欄に、どんな方なのかを書きたいのですが情報がないとのことで 質問されました。 当方も全く分からず、ひとまずネットで探してみたのですが、 ウィキにはなく、この名前で検索するとソプラノ歌手の田中美好さんばかりでてきます。 紹介の文を読んでも、さすがに「金閣寺」「三島由紀夫」とは関係なさそう…(^_^;) そこで、どなたか、この方についてご存知の方がいらっしゃれば、 情報をいただけたらと思い、質問を投稿しました。...

ページ先頭へ