• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

研究計画書

大学院進学の試験に『研究計画書』と言うものを書かなければいけないと聞いたのですが、自分は税理士試験免除が目的の進学で、実務に役立つ事を中心に学びたいと思っています、なので大学院に進学してから研究したい事を書く。と言う研究計画書というのが何を書いたらイイのかわかりません。実際に研究目的以外での研究計画書の書き方を教えてください。ちなみに自分は法学の院で税法を専攻したいと思ってます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#203303
noname#203303

sunasearchさんも書いておられますが、大学院は「研究」をするところです。その意味で、あなたの場合、失礼ながら研究をする準備ができておられないようですので、大学院進学はお勧めしません。 そもそも試験免除という制度が悪いのかも知れませんが、「大学院で研究し、修士論文を書いたほどの人間ならば、その実力を問うまでもないだろう」というのが、本来の「免除」の意味だと思います。ですので、免除を目当てに進学するということ自体が、本来あるべき姿ではないと私は思います。 今のままで進学されたとして、おそらく、研究計画書作成(研究テーマ探し)には大変苦労されることになると思いますし、また必要に迫られて「創った」問題意識であれば、どうしても軽いものになりがちですし、最終的な修士論文の質が低いものに終わりかねません。指導教員の先生によっては、門前払い扱いされる危険性もあります。 その上で大学院進学を目指されるのであれば、まずはamazonなり何なりで「研究計画書」とか「大学院」というキーワードでヒットする文献を読んでみられては如何でしょうか。 参考までに挙げると、『研究計画書の考え方(妹尾堅一郎著)』などが良いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

こんばんは。 僕も一時期税理士免除を狙って税理士の勉強をしていた時期があります。参考までに僕なりに知っていることを書かせていただきます。 税法免除(2科目)の為に大学院に行くということですが、まず免除を受けるには大学院の担当教授の許可がないと受けることが出来ません。免除狙い毛嫌いする教授も少なくありません。一方、大学院をあげて税理士取得をバックアップしてくれる学校もあります。その辺は特に念入りに調べないと、大学院に進学したこと事態が無駄になりかねません。一概には言えませんが、大学レベルの低い大学院の方が免除の実績があったりします。 研究計画書の件についてですが、これは税法関係の学術書を数冊読み、概要程度は頭にいれないとまともな研究計画書は書けないでしょう。一般的に、税理士試験の免除を推奨してくれる大学院の卒業は比較的楽であるときいています。法人税や所得税の税法科目を受けなくても良いことを考えれば随分楽であることは明らかです。8月の税理士試験が終わってからでも十分に間に合う(進学したい学校の出願締切日は確認してください)ので、もし今税理士の勉強をしているようでしたら、8月までは今の勉強を精一杯頑張ってください。 ちなみに僕は、4月から大学院1年生です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

研究計画について 計画書ができた段階で、研究の6割以上は完成しているといえるほど重要なものです。 大学院は研究の基礎を学ぶのですから、研究計画書は在る程度明確にしておかなければなりません。そして研究を遂行するに必要な学習を選択して単位登録をします。 質問者様の場合、留年して必要な単位を取得したほうがいいのかもしれませんね。受験科目免除になる科目を院生が受講できるかどうかを確認しておく必要もありますね。 税法の研究課題を明確にして、研究を行わないと、修士の学位はもらえません(院は研究できる人材育成) 求める答えでないでしょうけどあしからず。 求める答えはないと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

「税理士試験免除が目的」という建前がどうであれ、大学院に進学して修士課程(?)を出るためには、修士論文を書かないといけないですよね? その修士論文のテーマを何に設定して、どのような計画でそのテーマの内容を進めていかれるのかを書く必要があるのではないでしょうか? あと大学院は、勉強するところではなくて、研究するところですよ。研究する上で必要なことを勉強する必要はあると思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 研究計画書とは??

    今年大学院への進学を決めました。そこで調べたら研究計画書を書かなくてはいけないと書いてあったのですが研究計画書とは実際にはどんな内容の事を書いたらいいのですか?また書き方などはあるのですか?ちなみに今経営学部ですが大学院は法学部に行き、税法を専攻しようと考えています。

  • 税理士試験と法科大学院と法学研究科について

    法科大学院と大学院の法学研究科の違いについて教えてください。 将来、税理士を目指してます。そのために大学院を卒業して、税理士試験の科目免除を取りたいと思ってます。 そのためにはどちらに進学すれば良いのでしょうか? またどのような試験に向けてどのような勉強をすれば良いのか教えてください。

  • 大学院入試、志望理由書・研究計画書。 書けない

     ただいま、大学院入試の出願書類、「志望理由書・研究計画書」(両方合わせて4000字)の作成に追われています。。。 そもそもの大学院の志望理由は税理士試験免除(税法)の為です。しかし志望理由書にそのようなことを書けるはずがありません、、、 また研究計画書の作成(テーマ)に困っています。 まだ大学院のシステムが分からないままなので、研究計画の立てようがなく、どのような研究が役に立つのかも見当がつきません。 具体的に将来税理士を目指す大学院生がどのようなテーマを選択するのが妥当なのでしょうか? また研究計画書の書き方(骨組み)も教えていただければ幸いです。 また期限が今週中で、後日、面接もあります・・・ 恐らく「志望理由書・研究計画書」を参考に質問されると思われます。志望理由は自分の経験なので質問に答えられますが、 研究計画のテーマの場合、難しいと墓穴を掘りそうなので、ある程度簡単なテーマだと助かります。

  • 研究室訪問で研究計画書を持って行かなければならず・・

    こんにちは。現在、大学の4年生(文系)です。 卒業後は外部の大学院へ進学を希望しています。 希望する大学院の先生と、研究室訪問の約束をすることができ、もうすぐ訪問の日になります。しかし訪問時に ・これから研究したいことに関する動機・目的と研究計画 を簡単に紙にまとめて持ってきて下さいとのことでした。 しかし、現段階では興味のある分野・こんな研究がしたいというのは、はっきりしているのですが、肝心の「○○について研究したい」の○○がまだ決められずにいます。 後々、願書とともに計画書も提出しなければならないのですが、「訪問までになんとかしないと…」と、焦っています。 訪問時に「この分野のこれについて」と明確に言えないとやはり失礼にあたるのでしょうか。 先生の著書・研究を読んで私もその分野に興味を持ち、将来就きたい仕事のためにもこの研究をしたいと思ったのがそもそもの動機です。 この動機自体が、院に対する心構えとして甘すぎるのかと進学に対して不安も覚えてきました。 訪問時に計画書を提出するのには、どの程度まではっきり書くべきかなど、教えていただけたら幸いです。

  • 研究計画書のテーマについて

    大学院入試で研究計画書を提出しなければなりません。 私は税理士を目指しているため相続税の勉強をしてきました。 大学院でも相続税について研究したいと思ってます。 大学院での研究は広い範囲の中からテーマをピンポイントに絞る必要があります。 しかし、テーマを絞りきれていないので具体的に何をやりたいというところまでたどり着きません。 そこで教えていただきたいのですが、相続税法の研究をするにあたってどのような研究テーマがよいか、参考までに教えていただきたいと思ってます。

  • 研究計画書について

    私は現在大学4年で数学(解析専攻)を勉強していて、他大学の大学院の進学を希望している者です。私は先日研究室訪問をして、受け入れ許可をもらったので研究計画書の作成をしようと思っているのですが、いざ作成すると細かい研究内容ではなく、大まかな研究内容しか書けません。まだ何を研究するか具体的に決まってないのに、細かく研究内容を書いたほうがよいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 税理士試験一部免除のための通信制大学院

    税理士試験の科目合格者です。試験免除のために会計・税法両方の免除のために大学院へ進学するつもりです。 そこで、下記3点の質問があります。 (1)会計科目・税法科目それぞれの通信制大学院でよいところがあれば教えてください(地域は問わず)。 (2)会計・税法両方の大学院をトータル3年で行くことは免除制度上、可能でしょうか?どこかの大学院のHPに最短3年で両方免除可能と書いてあったのですが・・・。 (3)税理士登録までの実務経験2年というのは、大学院(社会人向け夜間・通信制等)に通いながらの実務経験でも登録上問題ないのでしょうか?

  • 研究計画

    大学院の申し込みをしましたが、大学院の研究計画書と専攻分野をかかなくてはいけないのですが、イマイチ書き方がわかりません。研究テーマはきまっているのですが、組み立て方がわかりません。どなたかおしえてください!

  • 税理士の税法免除について

    大学院にて税理士の税法2科目免除を申請したいと考えています。 この場合、法学研究科・経済学研究科(財政学専攻)の場合にのみ有効という趣旨の情報を多く目にしたのですが、実際はどうなのでしょうか? 商学研究科でも論文内容と教授の認証があれば、税法免除が可能となるのでしょうか? 税理士会?のホームページでは所属研究科によって決するのではない旨の規定があるので、できそうな感じも受けるのですが、実際問題としてどうなのか本当に知りたいです。 もしそうであるならば、研究科の選択肢も広がるのですが・・・。 詳しい方、いらっしゃいましたらアドバイスください。よろしくお願い致します。

  • 研究計画のことで質問です。

    私は心理学を専攻する大学三回生です。研究のことについて、お聞きしたいのですがよろしいでしょうか。 私は「夢の中にあらわれるイメージ」を研究テーマとしたいと思っています。つまり、夢の中にあらわれてくる人だとか、象徴的な事物が、一体何なのか。そこから「こころとは何か」に近づければ…と考えてみました。そしてこれを卒論にし、大学院進学の研究計画にも持ってこようと思っているのですが、一体どのような研究方法、統計的な手法(整理)があるのか、お恥ずかしながらまったくの無知でございます。そもそも、研究計画書の書き方なども未だ知れません。 本当に、大学三回生にもなって…と思われるかもしれませんが、どうかお答えいただけたらと思います。宜しくお願いします。