• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

Windows NT のブートローダーでLinuxを起動したい・・・が?

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru_thanks.php3?a=39602 の続きとなる質問ですが Compaq Professional Workstation 5000(DualPentiumPro 200MHz/256)で smpカーネルを動かしたいのですが LILOは正常に動作し、圧縮されたカーネルを展開した直後に リセットがかかってしまいます。 最初: 増設9.1Gのみの接続で /dev/sda1 - Linux /dev/sda2 - SWAP LILOも正常起動し、Linuxもsmpカーネルで正常に起動しました。 その後、NTローダーとの共存で (FDにLILOを入れたときも同様) 内蔵2G /dev/sda1 - 診断パーティーション /dev/sda2 - NTFS 2G 増設9.1G(実質内蔵) /dev/sdb1 - Linux (500M) root用1 /dev/sdb2 - Linux (500M) root用2 /dev/sdb3 - Linux (500M) root用3 /dev/sdb4 - 拡張パーティーション /dev/sdb5 - Linux SWAP /dev/sdb6 ~ /dev/sdb8 /usr用 /dev/sdb9 - NTFS そして、LILO は無事起動しました。 (bootのプロンプトはでます) しかし、どうやっても、SMPカーネルが起動しません。 このあたりで、わかる方はいらっしゃいますでしょうか? Uncompressing Linux .....(なんとか kernel)というような感じになります。 p.s. 参考までに、Workstation 5000 は、IDEからのブートも できないようです。 よろしくお願いします。

  • ymda
  • お礼率60% (1820/2985)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数101
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • marine
  • ベストアンサー率34% (23/66)

お手上げです。 あなたの分かり難い質問の為(Windows NT のブートローダーで……という質問ですが、根本はSMPカーネルが起動しない)、初歩的なミスだと思って回答しましたが、ちょっと難しいのでfj.os.linuxなどのネットニュースに投稿することをお勧めして終わりとさせていただきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あのあと、、kernel2.2.14~2.2.17をコンパイルしたにも かかわらず、やはりどうやっても動作しませんでした。 しかし、Vine 2.0、Plamo 2.1 に限り、SMPカーネルで 動作したのですが・・・ (LILOは、/dev/fd0に導入・・・) 私のほうもお手上げですので、newsではなく VineのMLのほうに投稿することにしました。 (どちらかというと、多少特化してる部分がありますので) ありがとうございました。

関連するQ&A

  • LinuxでIDE、SATAの認識順番について教えてください

    今、LinuxをIDEのハードディスクにインストールして使っているのですがSATAを追加したところ、SATAを/dev/sdaとして認識してしまい困っています。 元 IDE0-0: /dev/sda(Linuxが入っている) IDE0-1: /dev/sdb SATA追加 SATA0: /dev/sda IDE0-0: /dev/sdb IDE0-1: /dev/sdc カーネルの起動自体はSATAを追加しても、元のIDE0-0から起動できています。 カーネルが起動後、カーネルでSATA追加で示しているように認識して、カーネルパニックを起こします。 SATA追加しても、下記のようにしたいのですが何かいい方法はないでしょうか? IDE0-0: /dev/sda IDE0-1: /dev/sdb SATA0: /dev/sdc

  • fdiskとdfのパーティションサイズの差の理由

    CentOS5.5を使用中です。 /dev/sda1のパーティションサイズですが、 fdiskでは、40957686 blocks dfでは、39674192 blocks となっています。 この差は、何処から来ているのでしょうか。 [root]# fdisk -l Disk /dev/sda: 500.1 GB, 500107862016 bytes 255 heads, 63 sectors/track, 60801 cylinders Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes デバイス Boot Start End Blocks Id System /dev/sda1 * 1 5099 40957686 83 Linux /dev/sda2 5100 17847 102398310 83 Linux /dev/sda3 17848 18867 8193150 82 Linux swap / Solaris /dev/sda4 18868 60801 336834855 5 拡張領域 /dev/sda5 18868 31615 102398278+ 83 Linux /dev/sda6 31616 60801 234436513+ 83 Linux [root]# df Filesystem 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置 /dev/sda1 39674192 3850444 33775864 11% / /dev/sda5 99188468 641536 93427020 1% /home /dev/sda6 227093556 851940 214519792 1% /home2 /dev/sda2 99188500 1122216 92946372 2% /var tmpfs 4155208 8 4155200 1% /dev/shm

  • ルートパーティションを LVM にするには

    Redhat Enterprise Linux 4 や CentOS 4.x をデフォルトでインストールすると、root パーティションと swap が LVM で構成されるようになっているようで、空きディスクを利用して既存の OS を LVM 構成にしようとしていますがうまく行きません。 ディスク構成は、SCSI 接続のディスクが2本あり、現在は /dev/sdb のみに RHEL 4 for x86-64 がインストールされています。(LVM は使用していない) これをゴッソリと /dev/sda に移動したいと考えています。そして、この際にパーティションを切り直し、/dev/sda1 : /boot、/dev/sda2 は LVM を使用して / と swap に割り当てたいと考えています。 /dev/sdb から起動し、/dev/sda2 を LVM 構成にした後、 # mount /dev/VolGroup00/LogVol00 /mnt # mount /dev/sda1 /mnt/boot # cp -a /bin /boot /dev /etc /home /initrd /lib /lib64 /misc /opt /root /sbin /usr /var /mnt # mkdir -p /mnt/mnt /mnt/proc /mnt/selinux /mnt/sys /mnt/tmp /mnt/srv として、initrd の再作成し、/etc/fstab を書き換えて再起動すると以下のようなメッセージが表示されて起動できません。 Red Hat nash version 4.1.18 starting mount: error 6 mounting ext3 mount: error 2 mounting none switchroot: mount failed: 22 umount /initrd/dev failed: 2 Kernel panic - not syncing: Attempted to kill init! /dev/sdb から起動すると問題なく起動できるようですし、/dev/sda に新規に OS をインストールした場合も正常に起動できるようなので、/dev/sda が壊れていることは考えにくく、設定上の問題があると考えています。 上記について問題点をご指摘いただけないでしょうか。 よろしくお願いいたします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • marine
  • ベストアンサー率34% (23/66)

1)パーティーションが変わっています それ相応に、LILOブートディスク等を書き換えて ********* の部分が問題だから説明を求めているのです。 2)lilo.conf の内容 linear(つづりあってるかな?)オプションを だから、それ以外の部分が重要なんです。デバイス名が 変わったら(sda1からsdb1)lilo.confの内容も変更して /sbin/lilo をしなけばブートローダーの指す場所が違ってくるでしょ。 新たな質問 1)SMPカーネルはリコンパイルしたものですか? Yes)リコンパイルした後、/sbin/liloはちゃんとしましたか? No)そのカーネルを使えるように、lilo.confを変更しましたか?そして、/sbin/liloはしましたか? 基本的にカーネルパニックは、/sbin/liloしたときのカーネルと実際のカーネルが違う場合に起こります。 そのへんをチェックしてみて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

marineさんのおっしゃられる基本的な部分に関しては すべてチェックしています。 1) パーティーションについては、かわってないものと みなして下さい。 (第1パーティーション導入もテストしてますので) SMPカーネルが動作しないだけで、通常カーネルは 動作しています。 ********の部分、というのは、読解不能な速度で 消えてしまいます。 カーネルパニックのようなメッセージは 全くでません。   2) 一応、lilo.conf の内容は最後に掲載します。 linear オプションは、「インストーラ」のチェックで 入れてますので、まず間違いはありませんし 通常カーネルが動作していることを考えれば 問題はないはずです。 また、これらの相応する指定ファイルは確実にあります。 新たな質問 1)リコンパイルしたもの、パッケージ、両方ともです。   もちろん、lilo.confの設定はしています。 更に、Vine2.0(kernel 2.2.14)のSMPは、「とりあえず」 正常動作は確認できているにもかかわらず Vine 2.1 (kernel 2.2.17)のSMPは、全く動かない状態です。 boot = /dev/sda map = /boot/map timeout = 50 linear prompt message = /boot/message default = test vga = normal read-only install=/boot/boot.b image = /boot/vmlinuz label = test initrd = /boot/initrd root = /dev/sdb1 image = /boot/vmlinuz-2.2.17-0vl10smp label = linux initrd = /boot/initrd-2.2.17-0vl10smp.img root = /dev/sdb1 image = /boot/vmlinuz-2.2.17-0vl10 label = linux-up initrd = /boot/initrd-2.2.17-0vl10.img root = /dev/sdb1 p.s.参考までに、自作パソコン、Linuxインストール経験(SMP含む)は   15台以上あります。   それを考慮した、レスをお願いします。

  • 回答No.1
  • marine
  • ベストアンサー率34% (23/66)

だいぶ説明不足のような気がします。 1)環境の変更方法(最初とその後ではパーティションが 変わっています) 2)lilo.confの内容 3)起動メッセージの詳細 症状としては、いわゆるカーネルパニックだと思うのですが。起動出来ない状態で、どうやって環境の変更が出来たのか、分かりません。liloやfstabの設定あたりだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

Vine2.1(kernel 2.2.17)が出たことで、新たに新規インストールを しなおしてみました。 今回は、テストの為に、Win2090を入れ直す覚悟で MBRにブートローダーを入れてやってみたのですが、 以前よりも、ひどい状態になりました。 以前(Vine2.0)では、MBRにLILOを入れることで SMPカーネルは起動できましたが 今回(Vine2.1)では、MBRにLILOを入れても SMPカーネルは起動しません。 /dev/sda : LILO /dev/sda1 : 診断パーティーション /dev/sda2 : Linux /dev/sdb は未使用 #以前は、Vine2.0(kernel 2.2.14)でした。 以前の内容だけ簡単にかきますと・・ 1)パーティーションが変わっています それ相応に、LILOブートディスク等を書き換えて かつ、bootプロンプト、SMPでないカーネルは 起動します。 2)lilo.conf の内容 linear(つづりあってるかな?)オプションを 付け足してあるのみです。 3)起動メッセージの詳細  わずか1行を表示しただけで、すぐに再起動がかかるので 全くわかりません。 なお、「起動できない」のは、SMPカーネルのみです。

関連するQ&A

  • パーティション空き領域の結合

    /dev/sda1 1GB ....(1)SWAP領域 /dev/sda2 3GB ...."/" /dev/sda3 3GB ...."/home" /dev/sda4 10GB ....(2)空き 上記構成にパーティションを切り、Linux(ディストリビューションはSUSE)をインストールしたのですが、 (1)のSWAP領域を削除し、(2)の空き領域といっしょのパーティションとして別OSを入れようとしたのですが、 (1)のSWAP領域を削除しただけでは、(2)の空き領域とは別パーティションとして認識されてしまいます。 /dev/sda1 1GB ....(1)空き←SWAP削除して。 /dev/sda2 3GB ...."/" /dev/sda3 3GB ...."/home" /dev/sda4 10GB ....(2)空き 下記のように(1)の空き領域を(2)の空き領域に移動させることはできますか? /dev/sda2 3GB ...."/" /dev/sda3 3GB ...."/home" /dev/sda4 11GB ....(2)空き+(1)空き SWAP領域作成せずにパーティション切りなおしてLINUX再インストールは できればしたくありません。 ご教授お願いします。

  • Linuxブートローダgrubをインストールするコマンドgrub-installのオプション『--root-directory』について質問します。

    Linuxブートローダgrubをインストールするコマンドgrub-installのオプション『--root-directory』について質問します。 私の環境は次のようになっております。 /sda1 /boot /sda2 (swap) /sda3 / この場合に、grubのインストールは、 【1】:成功⇒⇒ root# grub-install /dev/sda 【2】:成功⇒⇒ root# grub-install --root-directory=/ /dev/sda 【3】:失敗⇒⇒ root# grub-install --root-directory=/boot /dev/sda となりました。 この『--root-directory』オプションについて、 マニュアルには、次のように記載されております。 ========▼▼ここから▼▼======== --root-directory=dir Install GRUB images under the directory dir instead of the root directory. This option is useful when you want to install GRUB into a separate partition or a removable disk. Here is an example in which you have a separate boot partition which is mounted on /boot: grub-install --root-directory=/boot hd0 ========▲▲ここまで▲▲======== このマニュアルによれば、 Grubをルートディレクトリとは別のパーティションにインストールする場合に、 --root-directoryオプションで、そのディレクトリを指定する と書いているように思われます。 ■■質問1■■ / と /boot が別パーティションになっているのに、 --root-directoryオプションを指定していない【1】でうまくいくのはなぜか? ■■質問2■■ マニュアルでの、 『rootboot directory』 『boot partition』とはそれぞれなんのことか? 私の環境では、それぞれどこのことを意味するのか? ■■質問3■■ マニュアルにしたがうと、 ルートディレクトリ /(/dev/sda3) とは異なるパーティション /dev/sda1 にGrubをインストール しようとしているので、そのディレクトリを指定する必要があるので、 【3】:失敗⇒⇒ root# grub-install --root-directory=/boot /dev/sda が最も適切であると思われるのですが、 なぜ失敗するのでしょうか? 以上、どうぞよろしくお願いいたします。

  • CentOS 4でパーティションの切り直し

    ディスクが2本ささっており、それぞれにLinuxがインストールされていましたが (デュアルブート構成)、片方のLinux(/dev/sdbにインストール)が不要となったので、 2本とももう片方のLinux(/dev/sdaにインストール)で使えるようにしようとしています。 /dev/sdbはLVMが構成されていましたが、/dev/sdaにインストールを起動して、 fdiskでバッサリ削除して、1パーティションを作成しました。 # fdisk /dev/sdb このディスクのシリンダ数は 8924 に設定されています。 間違いではないのですが、1024 を超えているため、以下の場合 に問題を生じうる事を確認しましょう: 1) ブート時に実行するソフトウェア (例. バージョンが古い LILO) 2) 別の OS のブートやパーティション作成ソフト (例. DOS FDISK, OS/2 FDISK) コマンド (m でヘルプ): p Disk /dev/sdb: 73.4 GB, 73407820800 bytes 255 heads, 63 sectors/track, 8924 cylinders Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes デバイス Boot Start End Blocks Id System /dev/sdb1 1 8924 71681998+ 83 Linux <<★全てのブロックを/dev/sdb1に。保存(w)もOK。 # mke2fs -i 4096 -j /dev/sdb1 # tune2fs -c0 -i0 -Odir_index -ouser_xattr,acl /dev/sdb1 # mount /dev/sdb1 # df -k Filesystem 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置 /dev/mapper/VolGroup00-LogVol00 66410160 57557976 5478720 92% / /dev/sda1 101086 14863 81004 16% /boot none 1027152 257952 769200 26% /dev/shm /dev/sdb1 101086 5664 90203 6% /home1 <<★ なぜか、72GB全てを/dev/sdb1に割り当てたのに、100MB程度しか使えないことになっています。 これは、fdisk前に、/bootに割り当てられていた容量と同じです。 なぜでしょうか? どのようにしたら72GB全て認識するようになるでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • Vine Linux 2.6r1起動しない・・・

    とある事情で,起動ディスクでしかlinuxが立ち上がらないのですが,起動ディスクはカーネル2.4を読みに行ってしまい,起動ディスクでも立ち上がりません・・・。 パッチを当てていないのが原因見たいなのですが,何とか起動ディスクでカーネル2.2を立ち上げる方法はないでしょうか? 以下,パーティション情報: /dev/hda1 /boot /dev/hda2 swap /dev/hda3 /

  • LinuxのSWAP領域の移動?

    お願いします。 既存のSWAP領域を削除して、新規に別のパーティションにSWAP領域を作成したいです。 SWAP領域を作る事自体は、何となく分かるのですが、そのSWAP領域作成後に 何か設定しないといけないと思うのですが、何をすればいいのでしょうか? /etc/fstab を見ると、SWAP領域の部分が下記のようになってます。 (Linuxは2つ入ってます。質問上、2つの内容を書きます。) RHELv4 x86    LABEL=SWAP-sda7    SWAP    SWAP   defaults  0   0 RHELv4 EM64T    /dev/sda7    SWAP    SWAP   defaults   0   0 sda7が現在のSWAP領域です。 ここでまずは、この設定ですが、例えば新規のSWAPをsda9に作った場合、 単純に sda7 の部分を、sda9 に書き換えるだけでいいのでしょうか? また、2つを比べると、一部記載内容に違いがあるのですが、そこは何故違うのでしょうか? 通常、普通のパーティションの追加の場合、(例えば新規に「/var」を追加など) e2label?コマンドで、ラベルを書き込んだりしたような記憶があるのですが、 SWAPの場合はそういう作業は無いのでしょうか? 以上、長々となってしまいましたが、よろしくお願いします。

  • CPU変更でWindowsが起動しない(同HDDのLinuxは起動する)

    Duron 1.0GHz から AthlonXP 2200+(1.8GHz) へ、FSBを100と変更したところ、 WindowsXPを起動してもロゴ表示後にすぐ再起動されてしまいます。 セーフモードで起動しても黒い画面で再起動されます。 一日格闘した後、あきらめて再インストールしようとしたのですが、 GUIのインストール画面が表示される前にブルースクリーンになって しまいます(;_;)ブルースクリーンには↓ STOP : 0x00000050 と表示されていました。 ハードウェアの不都合かと思ったのですが、memtestでもエラーは 出ませんし、同じHDDにデュアルインストールしていたUbuntu Linux は普段通りに使えます(いま、そのLinuxから書き込んでいます(^-^)) スペックは、 CPU AthlonXP 2200+(1.8GHz/FSB266MHz) M/B ECS K7S5A メモリ PC3200 DDR 1GB HDD 76.69GB 電源 300W(ケース付属) HDDの構成は /dev/sda1 nfts 38.34GB boot // WindowsXP インストール済み /dev/sda2 extended 38.35GB // Ubuntu Linux インストール済み /dev/sda5 ext3 37.64GB /dev/sda6 linux-swap 729.48MB です。 できれば今インストールされているWindowsXPをそのまま使いたい のですが、それが無理なら再インストールをしたいと思います。 アドバイス、よろしくお願いしますm(__)m

  • LINUXでRAID

    いつもお世話になっております。 今回はRAIDについてお聞きしたいです。 現在LINUX FEDORA 8 におきましてRAIDを組もうとしておりますが なかなかうまくいきません。 起動時のBIOSではHDDを二つ認識しており、 /dev/sdaと/dev/sdbがありまして、 いろいろ調べて、パーティションを同じにしてmkraidやmdadmなど いろいろやってみましたが エラーが出てしまいます。 raidtoolsというものも試してみましたがだめでした。 さらに調べてみると、インストール時にRAIDの設定があるということを見かけ、それをやるしかないかと思っていますが、再インストールには時間もかかりますし、迷っています。 実際問題、インストール時にRAIDの設定をしないとできないものなのでしょうか? アドバイスのほうよろしくお願いします。

  • Fedora 20 のマシンに、新たに Windo

    RAIDで構築してある Fedora 20 のマシンに、新たに Windows 7 をインストールする事にしました。 Windows を後からインストールすると MBR が書き換えられ Fedora が起動できなくなるようなので、以下のような手順で 作業しようと計画しています。 以下の作業手順で問題になりそうな所や、不足している所、 余分な所がありましたら、ご指摘いただければ幸いです。 構成 RAIDデバイス  実デバイス   マウントポイント RAID1-boot sda5,sdb5 /boot RAID1-system sda2,sdb2 / RAID1-swap sda3,sdb3 swap RAID1-home sda1,sdb1 /home RAID1-VirtualBox sda6,sdb6 /VirtualBox なし sda7 Android-x86 作業手順 1. /VirtualBox を非RAID化し、/dev/sdb6 を /VirtualBox  として使用し、/dev/sda6 に Windows 7 をインストールする 2. /boot のディスクイメージをバックアップする 例 dd if=/dev/md/RAID1-boot of=/mnt/usb/grub-bup/fedora-boot.img bs=512 count=1 3. /boot を非RAID化する 例   umount /dev/md/RAID1-boot vi /etc/fstab で /boot 部分をコメントアウトする mdadm --misc --stop /dev/md/RAID1-boot mdadm /dev/md/RAID1-boot -r /dev/sda5 -r /dev/sdb5 mdadm --misc --zero-superblock /dev/sda5 /dev/sdb5 4. /dev/sda6 の領域を fdisk コマンドで解放する 5.念の為 /dev/sdb の HDD の電源を切っておく 6. 空いた領域に Windows 7 をインストールする 4の作業で /dev/sda7 が /dev/sda6 になるので /dev/sda7 に  インストールされる??? 7.Windos 7 の正常起動を確認する。 8. /dev/sdb の電源も入れて Fedora Live CD で起動する。 9. USBメモリにバックアップしたディスクイメージを書き戻す。  例 dd if=/mnt/usb/grub-bup/fedora-boot.img of=/dev/sda5 bs=512 count=1 dd if=/mnt/usb/grub-bup/fedora-boot.img of=/dev/sdb5 bs=512 count=1 10.HDD から Fedora を起動する。 11. /boot をRAID化する。  例 mdadm /dev/md/RAID1-boot --add /dev/sda5 --add /dev/sdb5 12. /dev/md/RAID1-boot の UUID が変わっているか確認して    /etc/fstab を編集する。(現状 UUID で記述しているためです) 12.grub2-mkconfig で /boot/grub2/grub.cfg を再作成する。 作業手順 9 辺りから、かなり不安で何度も頭で演習して 80% 位こんな物かと 思っています。 11 で add する前に、もう一度 create する必要はない??? Fedora Live CD から起動して、RAID化されているディスクに直接書き込めれば いいのですが、やり方がわかりません。 そのため、一度非RAID化しております。 最悪 Fedora を再インストールしてバックアップから戻して復旧するという 事も視野に入れていますが、できれば短時間で済ませたいです。 識者のご助言を頂ければ幸いです。

  • Kernel Panicについて(Gentoo Linux)

    私は、Gentoo Linux 2005をWindowsXPとデュアルブートをデスクでしました。そして、MBRでGentooLinuxを選択してGRUBでもGentooLinuxを選択して起動していたのですが、途中でkernel panicになりました。詳しくは、 VFS: Cannot open root device "sda7" or unknown-block(0,0) Please append a correct "root=" boot option Kernel panic -not syncing: VFS: Unable to mount root fs on unknown-block(0,0) と出て止まってしまいます。grub.confで、root=/dev/sda7と書いてはいるのですが… sda7はReiserFSファイルシステムで作成したので、 reiserfsprogsのパッケージはインストールだけはしたのですが、どうすればいいかわかりません。わかる人がいましたらどうぞよろしくお願いします。 ちなみに、 sda5 Logical Linux ext3 128MB sda6 Logical Linux swap / Solaris 512MB sda7 Logical Linux ReiserFS 残り となっています。

  • GRUB・Liloを使わずにLinuxを起動

    TurboLinux10Desktopを使っています。 GRUBやLiloを使わずにLinuxを起動することは可能でしょうか? インストール時、以下のような画面を通過します(FUJIと書かれていますがTurbo10も同じです)。 http://www.turbolinux.co.jp/products/FUJI/install_guide/install_guide/guibootloader.html ここで、GRUBもLILOも選択せずに進んでみたのですが、 Missing Operating Systemと表示されてやはり起動はできませんでした。 GRUBでもLILOでもない場合にTirbo10を起動するには、 既に何かしらOSを選択可能なブートセレクターがHDDに入っている場合のみ、と読めました。 また既に入っているGRUBを使わずにLinuxを起動することは可能でしょうか? LILOなど別のものを使いたいのではなく、 OS選択画面を表示させたくないので、カーネルを1つしか指定できないブートローダが欲しいというか。 (現在使っている環境だと、grub.confに書き込むカーネルを1つにし、timeout=0にしたのでは不具合があるため) よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう