• 締切済み
  • 困ってます

昔見たミステリー映画のタイトル

質問します。 昔、1976年頃に日本で公開されたミステリー映画のタイトルを 教えて下さい。 1. フランス又は、ドイツ映画だったと思います。 2. 主人公が犯人で連続殺人物です。 3. 主人公は人形使いで多重人格。 4. セミ・フィクション(過去に起こった事件を題材にしている) 5. あまり有名な俳優は、出演せず…舞台役者や女優を起用。 6. 全体的にダークなイメージで、殺人は夜に行われる。 7. 被害者には、男女両方います。(撲殺です) 8. 物語の冒頭から犯人が分かっているが(警察もマーク)確証が 出て来ないので、警察が証拠を探す。 9. 殺人が行われる時間帯に主人公が別の場所に居たりとか? 警察がトリックや謎説きを行う。 10. 銃とか刃物類は使用されない…派手さやアクションも有りません。 11. 最後に犯人である主人公は、転落死(多分自殺)で物語が終わります。 覚えてるのは、これだけです。宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 洋画
  • 回答数1
  • 閲覧数179
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1

人形使いの殺人と言えば、1978年の「マジック」が有名です。 アンソニー・ホプキンスが主役の多重人格の犯人を怪演しています。 http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=22047 http://www.womanlife.co.jp/topics/detail.html?k=2947 http://cbishop.seesaa.net/article/307169593.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難う御座います。

質問者からの補足

御免なさい、探している物とは違います。 マイナーな作品で、多分、映画製作は公開時よりもっと古い と思います。 劇場で見たのだけど…画面に向かって右側の縦に日本語字幕で 画面下に英語字幕が入ってました。 その映画知ってます。 クドイ様ですがアメリカではなくて、フランスかドイツ作品です。

関連するQ&A

  • 映画のタイトル

    映画のタイトルが思い出せません。 【内容】強盗団?VS 警察?みたいな感じだと思います。 何かをやらかした犯人たちが車で逃走して、警察が追跡しますが、 その車が突然いなくなり、結局逃がしてしまって警察は困り果てる。 でも、車が消えたトリックは、トラックの中で車を塗装したので、警察は逃走車両を見つけられなかった。 このトリックを主人公が暴き、犯人確保して事件解決。 おおよそこんな感じたと思います。 5,6年以上前(もっと前かも知れません)にTVで見た映画です。 ご存知の方いらっしゃいましたら、教えてください。

  • こいつはヤラレタと思ったミステリー

    ミステリー小説は週に1冊は読んでいます。 トリックがものすごく特殊とか、犯人が以外過ぎる人物とかで最後まで 犯人が判らないのではなく 最後まで読んだら、”ああ、そうゆうことか~こりゃあヤラレタ!” と思ったことのあるミステリー教えてくれませんか。 和洋なんでも。できれば図書館とかにありそうなくらいのメジャーな 作者さんだとうれしいです。 ここ数(十?)年だと綾辻行人さんの十角館の殺人なんかは ヤラレタと思いました。最近ではあまりないです。 よろしくお願いします。

  • 昔見た映画のタイトルが思い出せません

    初投稿です、よろしくお願いします>< 昔見た映画で恐らく15年ほど前だと思いますがVHSで見た物で スプラッター系などの映画を数本見ていた中にあったものです。 覚えているあらすじは ・マフィアの様な人たちがデータチップの様なものを取引していて そのチップの中には逃亡している犯人の視覚情報や セックスしている男の視覚情報などが入っていて、 その人が死んだあとにそのチップを頭から抜く?か何かで 取引している映画でした、犯人は逃亡中ビルからビルへ飛び移るのに 失敗して転落死してしまい、死亡 主人公がそのチップを使い、犯人の気分になり一人称視点の映像で 迫力ある映画でした、もしかしたら麻薬とかも使ってたかもしれません。 少しアダルトな表現などもあったのでもしかしたらアダルトビデオに分類されるものだったのかもしれませんが、発想はマルコヴィッチの穴と非常に似ていて、他人の視点になれる物でした。 これだけの情報ですがもしわかる人がいらっしゃいましたらご教授ください><

  • 映画のタイトルが思い出せません。

    映画のタイトルがどうしても思い出せません。 下記の内容の映画でした。 ・主人公が連続殺人事件の捜査をする映画です。 ・主人公は何らかの理由で記憶をなくしています。 ・主人公が捜査を進めていく内に、自分が犯人ではと思う。 真犯人が誰だったかは覚えていないです。 ・主人公は中年の男性俳優です。 ・13年~15年くらい前にTVで放映されたと思います。 映画のタイトルをお分かりの方ご教授お願いします。

  • 映画のタイトルを教えてください!

    映画のタイトルを教えてください! 私が小学3.4生の頃(現在32歳)観た映画のタイトルが知りたいのですが、どなたか教えてください かなり昔なのでうる覚えなのですが、大まかなストーリーが 殺人事件を捜査していた主人公の刑事がラストに自分が犯人だったと気づく映画がだった様な気がします。 ポイントとして 主人公は自分が犯人だと知らないで捜査をしていた。 殺人事件の被害者に主人公の知り合い(関係者)が数人(全員?)居た シーンで覚えているのが、 古めかしい洗面台でガラスが叩き付けられるシーン 主人公と関係を持った女性が殺されベットで死んでるシーン 主人公が上記の女性を殺した事を思い出したシーン    もうー大昔に見た映画なので正直、ストーリが正しいが解りません(勘違いかも・・・・・) 映画だったかどうかも・・・・・・・ どなたかご存知でしたら教えてください

  • 映画のタイトルが分かりません

    何年か前のハリウッド映画だったと思いますが タイトルが思い出せません。 <内容> 連続殺人鬼が次々と殺される話。 警察が見つけ出せなかった連続殺人鬼たちを 犯人はどうやって見つけ出していたのか? 事件を追ううちに、刑事は とあるカルト教団が関わっている事を知る・・・。 みたいな内容の映画です。 ご存知の方いましたら教えて下さい!

  • 映画のタイトル

    久しぶりに見たい映画のタイトルが判らず困っています 主人公の息子が誘拐され、身代金を要求される でも主人公はその要求に応えず莫大な額を犯人逮捕の報奨金にする 犯人の正体は警察官だった この映画のタイトルを教えてください

  • ミステリファンからのデスノート評価、ミステリの定義について

    ミステリや推理小説をあまり読まない者からの質問です。 まとまりの無い文章になってしまったのですが、質問させて下さい。 用語を間違って使っていた場合、大変申し訳ありませんがご指摘頂ければ幸いです。 また、ミステリへの疎さによる無知から侮蔑的表現と取られる箇所があるかもしれません。ただどうしても個人的興味を抑える事ができませんでした。何卒ご容赦頂きたく宜しくお願い致します。 質問の主旨を結論から言うと、 ・デスノートはミステリファンからはミステリと見なされているか?  ・デスノートはミステリファンからはミステリや推理モノとして楽しめたか?  ・デスノートはミステリファンからはミステリではなく普通の娯楽作品として楽しめたか?  ・ミステリファンはデスノートをどう思っているのか? ・デスノートのような推理モノはあるか?  という事になります。 ---- ミステリに通じているファンの方達がどう捉えているのかというのは分からないのですが、現実、普通に生活している人間は、大抵の場合探偵という職業には接触せず、探偵が事件を解決するというケースはその職業柄からか滅多に見る事はなく、殆どは警察が解決している、という認識が一般的であるように思われます。 一方ミステリや推理小説などでは、作中で人を三人くらい殺して地方に行って謎解きをして、社会問題を絡めて解決の方向に向かうというパターンになっているようで(「文学賞メッタ斬り」で指摘)、かつ、実際に行われている殺人事件なんかでは回りくどいトリックや謎解きなんて使われていない。実際問題ワクワクできず「探偵なんて本当は活躍していないだろう。小説として格好がつく為に登場人物として選定しているのだろう」という感覚から興醒めしてしまうのです。 私個人の意見になりますが、フィクションでもノンフィクションでも面白い作品は「もしかしたら現実に起こり得るかもしれない」という読者が理解できる斜め一歩上の提示をしてくれるのですが、探偵という二文字が出てきた時点で現実にはありっこない物語なんだな、と冷めてしまいます。 (逆に「煙か土か食い物」くらいまで設定が突き抜けていると大変面白いのですが、中途半端に「名古屋に行って時刻表を見てきた」というような現実感を出されると現実問題として起こるのかどうかという判定をしてしまって、こういう事は発生しえない=ハラハラしないという流れになってしまいます) が、導入部があまりにもあっさり+違和感が無かった為気づきませんでしたが、デスノートには『探偵』がメインの人物として登場します。自分はデスノートをミステリとしては読みませんでしたが、探偵も登場するし、ある種のトリック(引き出しの中のノート証拠隠滅など)もある。ひょっとしたらこれはミステリのジャンルであって、ミステリファン全般にもミステリとしてウケているのかと思うようになってきました。 ただ、少し疑問が残ります。 ネットで検索すると、ミステリで言う倒叙というやり方で表現されているとの事なのですが、倒叙形式というもので描かれた推理小説などは、まず「犯人」と「探偵」という枠があって 1.犯人が(トリックを使って)犯行を行う。 2.探偵がそのトリックを見破る。 という骨に肉をつけるやり方が殆どであるように思われます(特にミステリに素人の自分はそう思えます)。 ですが、1代目のLはその倒叙に失敗していて(最後に解決せぬまま死亡)ミステリの枠から外れるように思われます。 また、犯人と探偵が作中で操作に本当に協力し合うというのも、普通のミステリには見られないように思われます。 犯人肯定視点で進行する作品も私は知りません。 そもそもが、ミステリファンはミステリをどう楽しむかというと、ある程度決まった枠や骨組みの様式美、制限の中で登場人物のせめぎ合いにワクワクする、と私は固定観念的に思っていたのですが、その枠そのものの規定がミステリの定義としておかしいのかとも思うのです。 言い方を変えれば、ミステリファンの方々はミステリのどういう所に面白さを見出しているのだろうという所が理解できないでいるのです。 また、私がミステリ作品について貧乏くじを引いたのかもしれませんが、ミステリについて馴染めない、というのも原因の一つかもしれません。 ちなみに以前宮部みゆきさんの「火車」を読みましたが、「人が三人くらい死んで」「地方に行って謎解きをし」「社会問題も絡めて」事件解決、という王道パターンである事に気付いた為、この時から同系列の作品は読んでいません。 どなたかご回答頂ける方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

  • この映画のタイトル教えて下さい。

    かなり前(5年位?)ケーブルテレビの番組で 一度だけ見た映画なんですがタイトルが全く 分かりません。 ストーリーは犬が主人公で、その犬の回想録?だったような 映画です。自分のご主人が交通事故でなくなったのは 事故ではなく殺人だった事を確信するんですが、犯人を突きとめ 犯人の車に乗り込み、その犯人に復讐をする(犬だから噛みつく)内容です。 犯人とおぼしき人物と一緒に車が大破!その瞬間事実を悟ってしまう。 ラストシーンで確か森の中をさまよってリスと出くわす・・ 記憶が曖昧で済みませんが、もう一度DVDかビデオで 見たい映画なんです。テレビで見たとき泣けました。 最初から見ていなくて途切れ途切れの内容しか 憶えていません。どなたか宜しくお願いいたします。

  • この映画のタイトルを教えて下さい

    飛行機の中で娘が誘拐されたと母が探し回るが、キャビンアテンダントである犯人によってその母は精神病扱いされてしまう 最終的には娘が見つかる それなりに有名な映画だと思います あともうひとつ 軍人だったものの殺すことを楽しむようになってしまい殺人鬼になった主人公 彼はナイフの達人である 逃亡したその主人公を捕まえるために警察は、主人公とその周りの軍人にナイフの扱いを教えた人を助っ人として呼び出す 一度は主人公は捕まったものの護送中に脱走 家族のところに戻るが妻に出ていって欲しいと頼まれる その後助っ人とのナイフバトルが繰り広げられる こちらは時系列はすこしおかしくなっているかもしれません