• ベストアンサー
  • 困ってます

PEライン1.0号と1.5号で飛距離のちがいは?

買おうと思っているPEラインが、1.0号でも20lbあるようで、最初は1.5号を買おうと思っていたのですが迷っています。1.5号だと30lbあって十分すぎます。 そこでお聞きしたいのですが、号数を低くするメリットは飛距離を稼げるのと風や潮の抵抗を受けないくらいしか思いつきません。飛距離は1.0号と1.5号だとたとえば110cm、20gのミノーを投げたとして、着水地点にどの程度の差が生まれるでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数4135
  • ありがとう数18

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

まずどんなゲームに使用するかですが、ルアーサイズからしてサーフゲームや通常のシーバスゲームでしょうか。 1号で20lb、1.5号で30lbとなるとDUELのハードコアX8などでしょうか。 このラインは0.8号と1.2号をチヌのトップゲームとサーフのヒラメゲームに使用しています。 まずラインの太さというはおっしゃるように飛距離や潮の抵抗などの軽滅などのメリットがありますが 例えば1.5号などの非常に強いPEライン(通常は青物や大型のヒラスズキ狙いの太さです)で キャスト時にライントラブルでバックラッシュなどすると、ラインが強すぎるのでキャスト切れせずに ロッドを破損する可能性があります。 単に飛距離などだけではなくロッドの強さや対象魚と照らし合わせて最適なラインを選ばないといけませんよ。 通常のシーバスやサーフゲームなら8本縒りのPEなら1号で十分な強度があります。 私がサーフで1.2号を使用しているのはヒラメにしたら太すぎですが、その周辺のポイントは 冬場は間違うと20kgオーバーのオオニベが掛かることが良くあるので保険のためです(一度も保険は使ってませんが) 完璧なキャストが出来て20gのミノーを1号と1.5号で飛距離を比べれば実際には10mも違わないでしょうが 1号の方がライン放出の抵抗が少ないのでルアーの姿勢が安定し、平均して安定した距離を出せると思いますが 1.5号だと僅かな風も影響してルアーの姿勢が乱れたりして失速することも多くなるでしょうね。 飛距離はラインも大事ですが、ルアーによるところの方がずっと多くシマノのAR-Cシステムの ルアーは平均して非常に良く飛びますし、特に熱砂 スピンドリフト AR-C 80HSはジグ並みにかっ飛んで 常時60m以上、フォローなら70m以上飛びます。 私は良く飛ぶミノーも更なる飛距離アップの為にボディ下部の後ろ半分ぐらいに4mm幅ぐらいで 3mm厚の鉛シールでウエイトチューンして、鉛の変色防止にその上からアクセルのホロシールを貼っています。 これで裂波やショアラインシャイナーLD50などは確実に2割近く飛距離が伸びています。 これぐらいのウエイトチューンだとアクションにも影響なく、風でもルアーの姿勢が乱れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 オオベニはこちらにもいるみたいですが、まさか釣れるとは思っていないので今回1.0号にしようと思っています。間を取って1.2号でもいいのですが。 おっしゃるように8本(実際はそれよりグレード低い6本ですが)のPEです。 青物も小型サイズはいると思うのですが、今まではエギングロッドであまり飛ばなかったのと腕の問題で釣ったことがありません。 シーバスとヒラメですね。ってヒラメも釣ったことないんですけど。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8
  • gt5611
  • ベストアンサー率29% (16/54)

これは、実際にあった話です。 GTゲームがまだポッパー時代あるメーカーのテスターをしている人が言われました。 「A(女性)ちゃんPE4号で80mくらい飛ばしていたよ。」 「本当に?」 PE6号を使用していたのですが、50mくらいしか飛んでいませんでした。 1日中キャスティング練習して80m飛ばしました。 ジギングがメジャーになる前からPE使っていますが、慣れなければ細く出来ませんよね? 慣れたら8lbでも使えるし、道具の使い方次第で変わります。 俺の場合だと、12lbで105cmとかの魚も釣ってますし、細くして6lbとかも使ってますよ。 このライン表示だと、1号がX4ですね。 1.5も同じかな? 俺ならエギラインからX8を選びますがね。 最後にPE作ってるメーカーって2社程度なんですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 製造会社はそれほどないんですね。 慣れていないので、最初は太いラインがよさそうですが、ドラグ調整は一応できているつもりですし、今回は1.0か1.2号を買おうと思います。

  • 回答No.7

20gくらいのミノーだと5m~10mほどは飛距離の差を感じるかもしれません。 シマノのソルトルアーの飛距離テストは室内で無風、フックなしかも。 ロッドテストを兼ね無いなら長めのロッド、PEは1号が基準っぽいです。 サーフで釣りをする人の多くは9.6~9.8ftを使用しますからね。 他社も今の時代だと1号を巻いてテストしてるんじゃないでしょうか。 飛距離を表示してるルアーテストを0.8号でやられてたらちょっと詐欺っぽいですよね(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 メーカーの表示はそれほど当てにしていないんですが、やはり心のどこかで信用しちゃっています。ちょうど1号でテストしているのなら、それくらいまラインでどこまで飛ぶか参考にしやすいですね。

  • 回答No.6

> 号数を低くするメリットは飛距離を稼げるのと風や潮の抵抗を受けないくらいしか思いつきません。 そのメリット、むちゃくちゃデカイです(汗 私は東京湾でボート中心ですが、やってるうちに1.5→1.2→1.0→0.8号とだんだん細くなっていきました。 その都度飛距離は確実に伸びました。感覚的に一回り細くすると3~5mくらい?違いとして強く感じるのは、フルキャストでなくてもより軽い力で飛びやすいということでしょうか。 ガイドに絡まるという方もいらっしゃいますが、リールのスプールサイズとガイドの位置やサイズのバランス、風向き、スプールへのラインの巻かれ方、そして肝心な投げ方でかなり防げます。 シーバスだとmax.90cmまで出ますが、0.8号でも強度的には全く問題になることはないです。 イマドキのPEのひっぱり強度は相当強いです。 PEの特徴、メリットデメリットを正しく理解して使えば、軽いミノーが軽い力で簡単に遠投できるメリットは計り知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ミノー中心なので細い方を選びたいです。 フルキャストしなくていいのも助かると思うので。

  • 回答No.5

飛距離については、比べたことがないのでなんともいえませんが、 1号と1.5号の差で、私の感想としては、 「1号はライントラブルに弱い」 です。 何度か投げていると、希にラインが絡むことがありますが、その際、1.5号ならガイドを何とか通りさえすれば切れることはほとんどないのですが、 1号だと、かなりの確率で切れます(当然、ルアーは海の藻屑・・・) ラインのメンテや腕の問題もあるでしょうが、同じように投げているので、これはラインの差も多分にあるかと・・・ もっともこれは、ラインのこまめなメンテや、巻いてくる時のラインに気を付ける等でかなり防げますけどね(^^;) 以上 質問の本筋と違いますが、参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 一番最初の方が書かれていますが、やはりラインが切れてルアーを無駄にする方がロッドを折るよりいいかなと思いました。まだ免責中ですが、免責がなくなるとおそろしいので。 MLなので、MやMHより先が弱そうです。

  • 回答No.4
noname#198653
noname#198653

2年前に、25グラム程度のバイブレーションブラグやワインドのタックルでタチウヲ釣ったときですがダイワエギング用の1.0号のほうが楽に飛びました。DUELX8の1.5号だとやはり飛距離は1号よりも伸びませんでした。そのときのロッドは96MLでした。自分の感覚では10mは違った感じです。なお、フローティングミノーなどの軽いルアーほど差が顕著な感じがしました。 もしも、エギやミノー持って行くら絶対1.0号のほうがいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 フローティングや、スローシンキングミノーを使う場合が多いのでより低い号数がいいのですね。やはり1.0号を購入しようと思います。

  • 回答No.3

#2です。 間違いました<m(__)m> 鉛シートは3mmなんてとんでもない! 0.3mmの間違いでした。 ACTIVEの鉛シールの0.3mmと0.5mmを使っています。 http://www.active-kobe.co.jp/sinkers.html 鉛シールの上にはこのACCELのストレッチホロシールを貼っています。 http://takamiya.jp/html/item/002/062/item189560.html こいつは極薄で伸びが良いのでボロボロになったルアーのリメイクにも最高です。 ボディの微妙な凹凸も完璧に貼り付き、別のルアーに簡単に生まれ変わります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

まだ初心者なんで改造までは追いつきそうにないです。 覚えておいて、いずれ試みたいと思います。 詳しくご説明くださってありがとうございます。

  • 回答No.1

魚種は? ではシーバスと仮定してお話しますが… 号数を低くするメリットで「風は潮の抵抗を…」とありますが、この部分が大きいです。 今時PE1号でも太いのでは?という時代です。 1.5号と1号では、見た目ではなんの差も見られませんが、その見えない差で大きく影響が出ます。 風が強い日は、1.5号じゃ釣りになりません。1号でなんとか投げれます。それ以下の細さだと向かい風でもルアーを遠くで飛ばすことが出来ます。 どのようなフィールドでやるのかが分かりませんが、シーバスで言えば1.5号なんてもう太過ぎです。 >飛距離は1.0号と1.5号だとたとえば110cm、20gのミノーを投げたとして、着水地点にどの程度の差が生まれるでしょうか? 数メートルの差です。でも1mでも遠くへ飛ばしたほうがいいです。 そして風の影響を考えると、横風が吹いていたら1.5じゃ釣りになりません。1号なら釣りが出来ます。そこの差があります、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 やはり太いとデメリットが多いんですね。特に風はサーフだとちょっと強い日が多いので(季節によりますが)細い号数を選びたいと思います。狙う魚種はシーバスというよりヒラメや小型青物です。ただ、シーバスしか釣ったことはないんですけど。

関連するQ&A

  • PEラインの飛距離

    PEラインを使ってみたいと思っているのですが、値段が高く、なかなか手がだせません、同じ強度のラインを使った場合、PEとナイロンではどれくらい飛距離に差が出ますか?

  • PEラインの飛距離

    ルアー釣りでPEラインを使っています。 太さによる飛距離の違いについてですが、PE1号、1.5号、2号はどれくらい距離に差がでますか? それと号数によって、沈むスピードとかも違うのでしょうか?

  • 飛距離、安定して40m出したい

    ダイワが提唱するベイトエギングに乗っかりまして、アグレストPEラインスペシャルというリールを買ったのですが、3.5号のエギで飛距離20mくらいがバックラッシュとの境目で、全然釣りになりません 今、PEラインはデュエルのSMOOTH1号を使っているのですが、これはやはりダイワのベイトキャスティングPEのほうがよいでしょうか?

  • ラインの太さによる飛距離の違い

    弓角によるサーフトローリングをしたいと思っています。ラインについての質問なのですが、同じ条件で同じ銘柄のPEラインの1.5号と2号ではどれ位飛距離に差がでるのでしょうか?少しくらいの差なら、耐久性のある2号にしたいと思っています。 タックルは ロッド 磯遠投5号(SICガイド付き) リール ダイワ パワーサーフQD 4000 です。  よろしくお願いします。

  • オススメのPEラインは?

    現在、ファイヤーラインの18lbを使っています。 大きな不満はないのですが、欲をいえば飛距離UPとラインシステムの結束度Upができたらと思っています。ただファイヤーラインのトラブルレス具合は特筆ものだと思いますので、飛距離・システムの組みやすさ・トラブルレス具合の3点で、皆さんが良いと思われるお勧めのPEはなんでしょうか? それと飛距離に関して単純に細くなればなるほど飛距離は出ると思うのですが、具体的にはどのくらい飛距離が変わるものでしょうか? (例・18lb→12lbで20Mくらい伸びた)とか。 以上2点についてどなたか教えて下さい。

  • 飛距離はどの位?

    飛距離はどの位? ダイワのソルテスゾーン902LFSと同じくダイワのワールドスピン2500にPE1.5号を巻いたものを使っています。 海釣り初心者なので「まぁまぁの物でオールラウンドに使えるもの」と相談してこの組み合わせを買ったので付けるルアーも極小ワームから20グラム前後のハードまで様々試しています。そこで疑問に思ったんですが、このタックルにバランスよくルアーを付けたとすると何メートルぐらい飛ぶものでしょうか?

  • PEラインのラインブレイクについて

    シーバスフィッシングの際、今までPEライン1.5号を使っていましたが、知人から飛距離の出る1号で充分だと話を聞いたので、先日PE1号に巻き直しました。 ところが、1号でキャストをした瞬間に、なんとラインブレイク!!しかも一晩で5回も!!このようなキャスト時のラインブレイクを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか? ちなみに、 リダー(フロロ25lb) ルアー(SHORE LINE SHINER R50/14.4g) です。よろしくお願いします。

  • ロッドのガイドと飛距離の関係

    ロッドのガイドの大きさですが、エギングロッドは小さめなことが多いですよね。 これはPE前提の釣りで、ガイドを大きくしすぎるとキャスト時にラインが広がったままになりガイドに絡みやすいからだと理解しています。ラインの広がりを押さえ込もうとする分、通過時の抵抗が増えて飛距離的には不利になるのかなと思っています。 一方でシーバスロッドでも昨今はほぼPEの釣りになっていますが、最新ロッドでもエギングロッドほどガイドは小さくありません。これはライントラブルを若干許容しつつ、飛距離を優先しているからなのでしょうか? とすると飛距離の必要のないボートシーバス等ではガイドが小さい方がトラブルなく快適に使えるのでしょうか?

  • ルアーの重さと竿と飛距離の関係

    面白い現象がありましたので質問します。使用ルアー・リール・ラインなどは共通です。飛距離はおよそです。 15-42gのルアー竿A 20g:30m 30g:70m 7-35gのルアー竿B 20g:50m 30g:40m 最初にAを買ったので単純に重い方が飛ぶと思っていました。本日新品のBで試したら30gの飛距離が伸びず、不思議に思い数回フルキャストしているうちにPE1号が手元(結び目ではありません)で切れてルアーを失いました。 飛距離については私の技術が足りないせいでしょうか?こんなもの、でしょうか?

  • メタルジグの飛距離についての質問です。

    飛距離を延ばしたく思います。 前々回  3号PE シーバスロッド130MLで 40グラムジグで平均80mくらいかな?まあまあですが重いです。  前回  3号PE ジギングロッド96Hでまあ軽いのですが、60グラムジグで平均60mくらいであまり飛びませんでした。 次回は 1.5号PE 1062MHロッド 40gジグでやろうと思いますが飛距離はだいたいどれくらい出るものなのでしょうか? よろしくお願いします。