• 締切済み
  • 暇なときにでも

なんと!次のディズニー映画は日本人が主人公!!

「アナと雪の女王」が大ヒットしているディズニーが、今度は日本人の主人公が活躍する長編アニメ映画「Big Hero 6」を公開するらしい!11月7日に米国で公開予定で、主人公の男の子ハマダ・ヒロと彼が作り出したロボットが活躍する作品。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140523-00000045-it_nlab-sci 日本人としては何か嬉しいですねー! 他にも海外作品で日本人が活躍する映画を知りたいのですが、オススメ教えて下さい!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数252
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.4
  • ultraCS
  • ベストアンサー率44% (3956/8946)

「ガン・ホー(Gung Ho)」、アメリカに進出した自動車企業での、日本人管理者と労働者の熱血スポ魂映画。 1998年版、ローランド・エメリッヒのゴジラ、松田聖子が登場 オリジナルの方のカラテ・キッドシリーズ(国内では「ベスト・キッド」シリーズとして上映)。 「ファウル・プレイ(Foul Play)」、変な日本人タクシー乗客が登場。 「カブキマン(Sgt. Kabukiman NYPD)」、国辱映画だが、製作は何とナムコとトロマ。 うーん、残り物にはロクなのがない

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答、ありがとうございます! >オリジナルの方のカラテ・キッドシリーズ(国内では「ベスト・キッド」シリーズとして上映)。 これ最近まで知らなかったんですよ!見てみます!!!

関連するQ&A

  • 中高生向け長編アニメ映画を教えてください。

    中学生、高校生全般(非オタク)が観て純粋に楽しめる長編アニメ映画を教えてください。 学生が主人公で、思春期独特の心の葛藤などが表れているとなお良いです。 ちなみに「時をかける少女」は私自身観ていませんが、そんな内容なのかなぁ、と勝手に思っています。 ジブリ作品はすでに知っているので、他のおすすめ長編アニメ映画を教えて頂けたら幸いです。

  • 長編の恋愛アニメ

    長編の恋愛アニメを探しています。 20話以上がいいです。 恋愛要素が入っているならばなんでもいいですが、古すぎる作品や ロボットが主人公なのはやめてください。 よろしくお願いします。

  • 青空文庫に在命中の作家の作品はないのですか?

    「著作権が切れた文学作品などを無償公開する「青空文庫」に1月1日、同日で著作権保護期間が終了した柳田国男や吉川英治、室生犀星ら12人の作品が公開された。」とのことです。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130101-00000004-zdn_n-sci でも私はかつで大江健三郎の「セヴンティーン第二部政治少年死す」をこの文庫で読んだ記憶があります。記憶間違いですか?

  • 回答No.3
noname#195171

バトルシップでは、日本の海上自衛隊の隊員が活躍します。 パシフィックリムでも、日本人女性が設定上では活躍してくれています。 ウルバリアン・侍では、文字通り日本が舞台で、真田さんが大活躍してくれます。 過去では、キルビルは完ぺきに日本ですから、今更驚く必要も無いかもです。 で、私個人としては、そろそろ、侍とファンタジーを組み合わせたロードオブザリング系の作品が出てきてもおかしくないかなと思います。 それと、余談ですが、アメリカ映画業界では、著作権に関してとっても敏感です。 海賊版や明らかに作品をコピーした様な作品が多くつくられる事に、とってもシビアになっています。 何処かの国みたいに、著作権をまるっきり守らない国に対し、日本は、著作権に関してとってもシビアで敏感。 まあ、中には違法ダウンロードしてみている人もいますが、それでも、問題視されている国にくられればすくない方です。 その事から、ハイリウッドでは、日本市場は優良とされ、更に、ハリウッドスター達に対するモラルもきちんと守られているので安心して来日できると、きっぱりと言い切った方もいるぐらい、日本市場はハリウッドにとってまさに最優良市場ですからね。 その事が、近年特に、クローズアップされ、また、逆に、日本映画の良さも理解され始めた背景もあると思います。 と、言うか、そろそろアメリカ市場の観客さん達が空きて気たのかも。 カンフー映画もそろそろマンネリだし、韓国映画はね・・・・ 割と近い存在として、ネタが尽きない国と考えれば、日本は最適かも。 特に、アジアを意識するアメリカ人達にとっては、侍や忍者。その他、色々な意味で楽しめそうと言うのが日本なのかも。 で、先にも言った通り、侍とファンタジー。侍とSF。 掛け合わせると、以外と面白い作品が出来ると思います。 たとえば、侍とSFだと、ハイランダーとかがあるしね。 侍とファンタジーだと、三船さんのレッドサン。 当たりも面白かったしね。 まだまだ、楽しめそうな素材って、日本には沢山あると思うけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

時間をかけた回答、ありがとうございます! 侍とファンタジーですか、確かに見てみたい!!!

  • 回答No.2
noname#230940

新しい作品だと、「47RONIN」。 忠臣蔵を元にしたハリウッド映画です。 とはいえ、忠臣蔵とはだいぶ違うなと感じる部分もありますが。 トム・クルーズ主演の「ラスト・サムライ」も日本が主な舞台になってます。 それから、「007は二度死ぬ」。 イアン・フレミングの原作でも日本が舞台になっており、実際に日本でロケが行われた作品で、丹波哲郎や浜美枝、若林映子が出演しています。 もう一つ挙げると、「ウルヴァリン:サムライ」 「X-メン」シリーズの一つで、やはり日本ロケが行われた作品です。 上記4作のうち3作品に真田広之が出演しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答、ありがとうございます! ラスト・サムライいいですよね!! 真田広之はやっぱり評価が高いんですねー。色々みてみたいと思います!

  • 回答No.1
  • hunaskin
  • ベストアンサー率30% (1855/6064)

最近では「パシフィックリム」 物語自体が、巨大怪獣を迎撃する人間が乗って動かす巨大ロボット、という日本のアニメ・特撮の影響丸出しの作品です。 ロボットのパイロット、主人公のライバルとして菊地凛子が活躍をします。 ヒーローとヒロインが恋仲にならないというハリウッドには珍しい作品です。 「ミステリー・トレイン」 ジム・ジャームッシュによるオムニバスです。 その1編に永瀬正敏と工藤夕貴がメインの登場人物として物語が描かれます。 「SFソードキル」 氷漬けづけにされていた侍が現代のアメリカに蘇って大活躍。 主演はあの藤岡弘、です。 バカバカしい設定ながら藤岡弘、の熱演によりなかなか良い作品に仕上がっています。 「バカルー・バンザイの8次元ギャラクシー」80年代のSFコメディです。 主演は「ロボコップ」を演じたのはピーター・ウエラーですが、設定がアメリカ人と日本人のハーフの科学者です。 役名のバカルー・バンザイは「馬鹿野郎万歳」の洒落です。 40年以上前の西部劇(と言っても米製ではなく伊仏西合作です)「レッド・サン」 19世紀の終盤、三船敏郎がある特命を受けてアメリカ西部にやってきます。それにからむのがチャールズ・ブロンソン、アラン・ドロンという当時の大スター二人。 それより少し古いマカロニウエスタン「野獣暁に死す」 名優仲代達矢が何故かメキシコ人の盗賊の首領を演じています。 狂気あふれるキャラクターはおそらく「用心棒」での仲代達矢が演じた役をイメージしたものではないかと考えています。 番外 「HEROS」 アメリカの様々な能力を持った超能力者たちが絡みあうTVシリーズです。 この中で冴えない日本人サラリーマン(親は大企業の社長)で時と空間を操れる超能力者ヒロとして日系アメリカ人(両親は日本人)俳優マシオカが重要な役を演じています。 彼の親友役アンドウは韓国系アメリカ人が演じていて、拙い日本語セリフを頑張っていました。 他に、日本人俳優としては真田広之、渡辺謙がコンスタントにハリウッド作品に出演していることはご存知かと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答、ありがとうございます! >番外 「HEROS」 アメリカの様々な能力を持った超能力者たちが絡みあうTVシリーズです。 この中で冴えない日本人サラリーマン(親は大企業の社長)で時と空間を操れる超能力者ヒロとして日系アメリカ人(両親は日本人)俳優マシオカが重要な役を演じています。 彼の親友役アンドウは韓国系アメリカ人が演じていて、拙い日本語セリフを頑張っていました。 この方すごく話題になっていましたね!海外ドラマは好きなんですがハマるRと睡眠時間が減るので最近控えていましたがやっぱりみてみたい気になりました!

関連するQ&A

  • 可愛いとされる絵は白人の特徴を持つ

    という記事と参考画像を見て衝撃を受けました。 周りの漫画やアニメを見渡しても確かにアニメや漫画で純粋な日本人の特徴を描いたキャラクターの登場する作品はちょっと見当たりません。 質問です。 名前だけ日本人の実質欧米人ではなく日本人が活躍する作品を見たいです。 日本人の骨格を持ったキャラクター(できれば主人公やヒロイン)が登場して格好良く大活躍するアニメや漫画を教えてください。

  • お勧めのファンタジー小説

    こんにちは。 今回は皆様のお勧めのファンタジー小説をご紹介頂きたく、投稿致しました。 昨年こちらで「デルフィニア戦記」を知ってから、すっかりこの作品に魅了されてしまい、何回も読み返してきました。 が、そろそろ新しい作品を発掘したいという思いが強くなり、こちらに投稿させて頂いた次第です。 希望としましては、デルフィニアの様な長編作品で、主人公が超人的な力を持っていて(力だけに限らず、精神面の強さでも構いません)、いわゆるヒーローものの様なファンタジー作品だと嬉しいです。 よく紹介されている「グイン・サーガ」は読んでみましたが、あまり得意ではありませんでした。(具体的に何が悪いと言う訳ではありませんが、出来ればもう少しライトなものだと読みやすくて嬉しいです) そして最後に日本人の方が書かれた小説でお願い致します。 難しいかもしれませんが、よろしくお願い致します。

  • 25年以上前、夏休みなどに朝の時間帯に放映されていた長編アニメのタイト

    25年以上前、夏休みなどに朝の時間帯に放映されていた長編アニメのタイトルについて質問です。 ストーリーとしてはズバリ、「アラジンと魔法のランプ」です。主人公のアラジンが魔法のランプを手に入れて活躍するお話です。非常に記憶に残っているのが挿入歌で「金貨があれば何でも買えるよ 貧しい僕は何を買おうかな♪」といった歌詞だったと思います。 東映まんがまつりの一作かと思い調べてみましたが http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/007/148/47/N000/000/000/124487018269116421587.JPG これではないようです。おそらく1970年代以前の作品だと思います。海外作品だったのかもしれません。 挿入歌の歌詞以外、これと行った手がかりはないのですが、なにかご存じの方いたらよろしくお願いします。

  • SWはEP9で映画作らないんじゃないんですね(^^

    今日、SWのEP9を映画館でみてきました。 これでSW終わりなのかとおもったのですが、 スピンオフというか別視点のスターウォーズとかそういうのを 2022まではやらないけど 普通に、3年後ぐらいには普通にSWの新作やるみたいですね。 (・´з`・) 下の情報以外に、何か詳しい情報あれば教えてくださいよろしくお願いします。 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』 予告編が公開、2022年までSW関連作品は休止 Claire Shaffer |2019/08/27 17:45 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』後、 米ウォルト・ディズニー・カンパニーは2022年まで 新しい『スター・ウォーズ』映画の公開を予定していない。 次のフェーズとして、ディズニーは『ゲーム・オブ・スローンズ』の 共同プロデューサーであるデイヴィッド・ベニオフと D・B・ワイスによる新作と、 『最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督による新3部作を企画している。 Rolling Stone Japan2019年10月30日 18:50 2022年公開予定『スター・ウォーズ』新三部作の監督が降板 https://blogos.com/article/414177/ 『ゲーム・オブ・スローンズ』のクリエイターコンビ、 デイヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスが2022年に 全米公開を予定している『スター・ウォーズ』新3部作から降板したと 米ヴァラエティ誌が報じた。 ベニオフとワイスによる初の『スター・ウォーズ』作品は、2022年12月26日に全米で公開され、2024年と2026年に続編も公開される予定だった。ふたりの降板によって公開予定に変更が生じたかどうかは、不明である。 『スター・ウォーズ』の焦点でもあるスカイウォーカー3部作は12月20日に日米同時公開予定の『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』をもって幕を閉じる。 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の脚本と監督を 手掛けたライアン・ジョンソンがスカイウォーカーの ストーリーとは別の新作3部作にとりかかっていると報じられるなか、 公開予定はまだ発表されていない。 『スター・ウォーズ』シリーズの権利を所有する米ディズニーは、自社の動画配信サービスDisney+向けの『スター・ウォーズ』関連ドラマを2つ企画している。そのひとつは『The Mandalorian(原題)』というボバ・フェットふうの賞金稼ぎが主人公の物語で、もうひとつは、ジェダイ・マスターとして帰ってきたユアン・マクレガー扮するオビ=ワン・ケノービが主人公のシリーズものだ。

  • 小説のタイトルについて知恵を貸してください。

    こんばんは。 私には、以前より自作の小説を書いて、ネット上に公開している友人がいます。 ですが、作品のタイトルをつけるのがとても苦手で、苦労しています。 いつもは小説の内容に沿った言葉を英語やフランス語に置き換えたりするのですが、あまりにもシンプル過ぎ、面白味に欠けているとのことです……。 今回の小説は、若い双子の兄弟が主人公で、一見二人は何不自由なく過ごしているのですが、一風変わった過去を秘めていた……といった内容の話を書いているようなのですが、長編になりそうなのにきちんとしたタイトルが思い浮かばないようなのです。 毎回この友人からタイトルの案を聞かれるのですが、正直私も題をつけるのが苦手です。 情報が少ないですが、 ・双子のシリアスな話ということ ・主人公はその双子の友人(友人が疑問を持ち調べてゆく) ・テーマは兄弟愛 になります。ファンタジー系の世界観で、ライトノベル系です。 もしタイトルが思い浮かんだ方、またはタイトルのうまいつけ方をご存知の方がいましたらよろしくお願いします。

  • □昔読んだBL漫画を探しています。

    □昔読んだBL漫画を探しています。 http://okwave.jp/qa/q5577423.html 昔読んだBL漫画を探しています。 今から6年ほど前に、人から人へと渡ってきた漫画がありました。 その当時も古いコミックスだと感じた記憶があるので、出版はそれ以上前だと思 います。 ●主人公(受)は日本人 ●長編作品(not短編集) ●アラブ系?諸国に行く ●攻め(本編で主人公が抱かれた相手)が二人以上 ●攻めの一人がそこの国のそれなりの地位の持ち主で、アラブ系?の豪勢な室内 での行為シーンがある (その相手は主人公の本命ではない) 絶版されている可能性が非常に高いのですが、情報頂けると助かります。

  • アニメで謎解き系、オススメを!!

    ご覧いただきありがとうございます。 最近アニメに偏見が無くなり熱中するように見ております。 そこでオススメを教えていただきたいです。 簡単に言えば非SFであり、非ファンタジーな物がいいです。 自己分析すると比較的現実的な謎解き、感動物が好きなようです。 好きなジャンルをアニメと漫画と映画を交えて記します。 ・うらさわなおきのモンスター(最高の裏切り、予測できない結末) ・バッカーノ(誰もが主人公!) ・ひぐらしのなく頃に(SFみたいな物ですがw) ・編集王(感動しすぎて困ったぐらい好きです) ・バガボンド(人間って惨めだなぁって涙しました) ・エヴァ(ロボットもの苦手なはずなのに…w映画まで見に行きました) ・ミザリー(狂気に怯えながら見ましたが最高です!) ・デッドマンウォーキング(死刑囚の悲しさと後悔。こういう死刑囚の話とかも好きです) ・プリズンブレイク(なぜかこれを見てから長編が見れるようになり続きが気になる!と言う作品に興味をもちました。) ・ムーンライトマイル(正に人間ドラマ!!) ・殺し屋1、新のぞき屋(ぐろいけど最高でした) ・モリのアサガオ(暗い話が好きみたいです) ■好きな映画まとめて ・メメント、レッサーエヴル、心の諮問、など、終盤どんでん返しが好きみたいです。 SFが苦手でも手塚の火の鳥が好きと言う矛盾もあります(^^; 手塚治虫の非冒険物なら結構すきです。後期手塚作品はかなり読みました! 好きな物の傾向 ・謎解きアリのサスペンス ・惨めな主人公、悔し涙、濡れ衣などで涙を誘う。弱者目線が好き。 ・短編よりも長編が好きみたいです。 苦手な表現 ・困った時は魔法で解決 ・極端なかっこつけ。コードギアスはこれでダメだった… アニメはまだ見始めたばかりで、これからたくさん素晴らしい作品に出会えるかも!と思うとドキドキします!

  • 本の名前を忘れてしまいました…

    こんにちは。 タイトルのとおりなのですが、以前読んだ本の名前・著者を忘れてしまいました。 図書館で借りて読んだもので、再読したいのですが、なかなか探せません…。 断片的に覚えているのは以下の部分なのですが、思い当たる作品があれば教えて下さい。 ・長編ミステリー ・戦時中のドイツが舞台、またはドイツが進駐している都市が舞台 ・日本人が主人公 ・主人公は個人的にナチスの高官と知り合い ・段々と戦争が激しくなる ・主人公は命からがら逃げ出す ・敵国?の兵士に銃を突きつけられるが、パニックで喋った出身地の発音が敵国兵士出身地に聞こえ、兵士に喜ばれ難を逃れる… →八幡≒ハチマス?だったような ・川の付近の小屋の地下?に準備された小舟があり、それに乗って都市を脱出 断片的で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

  • 作品の「タイトル」が、分かりません。

    作品の「タイトル」が、分かりません。 ・去年か一昨年ぐらいに、深夜にTVで放送された(東京都)アニメ映画。 ・時間は、100分くらい。 ・舞台は、未来都市。 ・出てくるのは、人間・人間の形をしている。 ・ガンダムのような、巨大ロボットは出てこない。 ・主人公は女性?(人類の生き残り?) ・その女性が,バイクで移動するシーンがある? ・その女性の,戦闘シーンがある。 ・その戦闘シーンは、女性?がバイク?で移動しているところを 敵(1人か2人)につけられていて、街中で戦い倒す。(冒頭?) ・その未来都市を仕切っている?のは10人くらいの老人。 ・その老人達が、イスに座って(イス取りゲームのような形で) 何やら話すシーンがある。 ・実はその老人たちは、人類を救うのではなく破滅させようとしている。 理由は、人間が地球をダメにしているから? あいまいな情報で申し訳ないのですが、ご存知の方 どうかよろしくお願いします。

  • ディズニー映画

    私がディズニー映画が好きになったきっかけは『ヘラクレス』でした。 あのゴージャスな音楽に、夢があふれる世界、主人公の成長していく姿、ゆかいななキャラクターたち、ハーデスさえも憎めないキャラクターに思えました。 そしてその当時、ヘラクレスのたくさんのグッズが販売されていてたくさん買ってしまいました。 その中に、映画の中にでも出てくるおかしな水筒も持っています。 しかし、調べてみると国内ではあまり評価されていない作品でした。 よくディズニー映画は、続編が製作させることが多いです。 しかし、いつまでたってもヘラクレスだけは続編の映画がありません。 テレビアニメシリーズでヘラクレスが放映されましたが、国内ではやっぱり一部の地域だけしか放送されていなかったようです。 あんなにすばらしい映画なのに、なぜあまり評価されないのでしょうか?・?・? やっぱり他の作品がそれ以上であると考えるしかないのでしょうか?