-PR-
解決済み

CD-Rライティングソフトについて Part2

  • すぐに回答を!
  • 質問No.856456
  • 閲覧数40
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 29% (81/271)

前回質問したことの追加です。
友人から「昔の等速(1倍速)で焼けるドライブで焼くとかえって音質がよくなるよ」と聞きました。ほんとかな。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 31% (9/29)

おそらく、低速で焼くことで音質低下の原因となるジッター(記録データの時間軸方向のばらつき)やエラーが減るので音質が良くなるということではないでしょうか。

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 48% (533/1095)

高速で書き込むときに問題になるのが、
バッファーアンダーランです。
(書き込み時にデータ転送が追いつかず、書き込みデータが途切れてCD-R作成に失敗する現象)
今のドライブは、ほとんどバッファーアンダーラン防止機能がついていると思います。

昔はこれがなかったため、わざとゆっくり焼くことで防止してました。
これと勘違いしているのでしょうか?

音質には関係の無い話です。


  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 32% (1162/3624)

音楽CDの音楽データはディジタル信号で記録されています。

ですから、コピーすることで音質がよくなることはあり得ません。
高速ドライブでエラーが多ければ音質が悪くなることはあるかもしれません。
でもどちらかといえば、いきなりダメ(認識しないとか)ということの方が多いような気がしますが。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ