• 締切済み
  • 暇なときにでも

真空管アンプについて教えてください。

1年程前、知り合いから手作りの真空管アンプを 16万で譲ってもらいました。5極管でマッキントッシュの240に近いとの事でした。アルテックのスピーカーに繋いでいた。との事でした。 私はその時、真空管アンプというのを初めて知り ました。メリハリ、迫力、こもらない気持ち良い 音が気に入り譲ってもらいました。私のスピー カーは30年以上前の家庭用セットので(大きい。)、マニアの方から見たらお話にならない。けれど、まあ良い音出てる。との事でした。 このアンプのお陰で、今迄よりずっと音楽を聴くのが好きになりました。最近疲れた時や癒されたい時にクラシックのオーケストラの弦楽器、ピアノの音色が無性に聴きたくなります。ベートーベンの協奏曲が好きです。 教えて頂きたい事は、三極管アンプはまろやか、優しい、澄んだ音というのに触れました。三極管のアンプで聴くと更に更に音色に惹き込まれ、味わい深いもなのですか?クラシックを五極管で聴くのは違うのですか? スピーカーを替える予定、追加でアンプを購入予定は今は無いのですが(知識が無さすぎるから)、気になります 。教えて下さい。宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数360
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
  • HALTWO
  • ベストアンサー率51% (1603/3099)

Transistor 式 Amplifier に対する真空管式 Amplifier の有意点は部品点数が少ないことから、優れた音色を呈する部品構成に吟味がし易いことだろうと思います。 部品点数が多い上に同じ規格の交換可能な別 Maker 製部品も星の数ほどある Transistor 式 Amplifier では、物理計測特性を良好にするための部品選定は Maker の特性表を見れば或る程度検討が付くとは言っても、一日中 Monitor Speaker で音を Check しながらそれ専門に部品を検討して行く部署を持つ大 Maker ならば兎も角、個人で音色を聴き直しながら一つ一つの部品を取っ替え引っ替えして最良の音に練り上げていく作業は非常に困難なものでしょう。 その点、真空管式 Amplifier は昔から数多くの Mania 達が自作 Amp' 作りを通して情報を交換しており、三極管と五極管との音の違いもそうした Mania 達が実際に作って聴いてきた情報の集積から形作られたものです。 Maker 製 Transistor 式 Amplifier では Flagship 機となる価格制限のない機種での開発にかける労力は個人の Mania では到底考えられないほどのものなのですが、それを Cost Down して Series 化された廉価版の開発は物理計測性能は維持されていても肝心な音色の吟味という点では Cost 面から妥協せざるを得ないのが現実でしょう。 実は Maker 製真空管式 Amplifier も手頃な価格の製品は他の型番製品との部品の共通化や独自の Body Design を採用させるための Cost 圧迫を受けていますので、自作 Amplifier に較べると倍以上に無駄な Cost がかかっているとも言え、御質問者さんが 16 万円で譲っていただいた真空管式自作 Amplifier は市販の真空管 Amplifier ならば数十万円の価格が付けられていてもおかしくはないものではないかと推察します。 >三極管のアンプで聴くと更に更に音色に惹き込まれ、味わい深いもなのですか? 実は真空管 Amplifier は Pre-Amplifier に相当する Driver (電圧増幅) 管と Power Amplifier に相当する Power (電力増幅) 管で構成されており、Driver 管が Miniature 管と呼ばれる小さな真空管となっている場合は殆どの Driver 管が双三極管と呼ばれる三極管になっています。・・・12AX7 とか 12AU7 ですね。 勿論 Driver 管よりも Speaker に近い所に配置されて大電力を扱う Power 管の方がその種類の違いによる音色の差異が大きなものになるのですが、抵抗器や Condenser、出力 Transformer にどんなものを採用するかでも音色が変わりますので、周辺部品がほぼ同じ構成になっている場合でのみ三極管と五極管との音色の違いを確認できるものです。 従って単純に三極管 Amplifier にしたからと言って五極管に勝る音色になるとは限りません。 また、真空管式 Amplifier は同じ型式の真空管でも真空管製造 Maker が異なると音色が変わるもので、私は Power Amplifier 部に IC Chip を使用することによって真空管は 12X7A Driver 管のみを使用した安価な Amplifier の 12AX7A 真空管を Maker や型番別に 6 本買い込んで(笑)、各々の音色の違いを楽しんでいます・・・実際に気に入って挿し換えるようになったのは 3 本までですので半分は無駄な勉強台になりました(^_^;)。 音色は同じ 12AX7A でも滑らかなもの、メリハリの効いたもの、重厚な音感のするもの等 Maker 及び型番によって個性があって面白いです。 御友人から譲っていただいた五極管の真空管式 Amplifier の音に不満がないのであれば、それ以上の Amplifier を得るのは真空管式であろうと Transistor 式であろうと非常に難しいだろうと思いますよ。・・・何しろ、自作で 16 万円ということは市販で数十万円級 Amplifier と同等以上の部品が投入されている筈ですので、それを超える市販 Amplifier を吟味するのは非常に困難でしょう(^_^;)。 >クラシックを五極管で聴くのは違うのですか? いいえ、全く構いませんよ。 五極管・・・多分 6CA7/EL34 ではないかと思うのですが・・・これで Classic 曲を愛聴する Mania の方はたくさんいらっしゃいます。・・・私の友人である Classic 作曲家も EL34 真空管の Amplifier を愛用しています。 私も Full Orchestra Classic 曲を聴き込む時にはこれに近い感触がする Mullard 社製の 12AX7A に挿し換えて聴いたりしています(^_^)。 ただし 6CA7/EL34 は五極管と言っても実際には三極管接続で利用している場合もあるので (前記、友人の EL34 も三極管接続だったと思います)、当然の事ながらその場合の音色は五極管接続の音色とは異なります。 6CA7/EL34 の場合、三極管接続の方が滑らかで澄んだ音楽観賞用の音になるという評価がなされていたと記憶しますが、私はこの真空管を使用した経験がないので何とも言えません。・・・なにしろ Power 管で私が知っている音は 6BQ5 だけですので(^_^;)・・・6BQ5 も充分に暖かく、まろやかな良い味を出す音でしたが。 一方、三極管でも 845 のような大型の大出力管では「まろやかな」という表現はあまりなされていないような印象があり、三極管で「まろやかな」という評価が下され易いものは出力の小さな 2A3 や 300B、三極管接続の EL34 ぐらいまでではないかという印象があります。・・・出力の大きな真空管では、例えば Beam 管の KT88 のように「Powerful」とか「迫力のある」みたいな評価が多くなりますね。 Audio とは不思議なことに、ある一定以上の物理計測特性が保証されればそれ以上の物理計測特性を持つものが良い音を呈するとは限らなくなるもので、現在までも製造されている真空管式 Amplifier はその殆どが既に充分な性能を持っているものですので、音質感に於いては Transistor 式や IC 式に何ら劣るものではありません。 特に時間をかけて何度も部品を交換することで最良の部品構成になるよう吟味された真空管式 Amplifier が、最良の Flagship 機から Cost Down の妥協がなされてきた多くの Tansistor 式 Amplifier よりも完成度が高い音がするのも当たり前と言え、未だに真空管式 Amplifier がその価値を認められている理由には少ない部品点数故に最良の部品を吟味し易いという点もあるだろうと思います。 今から電気回路の勉強をするのは非現実的とは言え、御友人が真空管 Amplifier を自作できる方、或いは真空管 Amplifier に詳しい方なのであれば、将来は御友人に新たな真空管 Amplifier の製作なり購入の相談をなさっては如何でしょうか?・・・McIntosh MC240 の音を知っていらっしゃる方なのですから頼りになると思いますよ。 素敵な Audio LIfe を(^_^)/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有り難うございました。 1年前譲って頂くにあたり、トランジスタと真空管の違い、部品点数の事 、コスト面での現在のアンプの流れの説明を受けました。 HALTWO様にご教示、アドバイス頂いた事が、譲り受ける際に説明を受けた事と同じではと思われる事が沢山でてきました アンプを見てきました。 右から、管 TEN6SN7GTB 1185112 WesternElectric350Bが二個 SOVTEK5U4G とあります。 トランス? タムラ(昔良いのに載せかえたとの事) TANGO もうひとつ。 もしよろしければ、このアンプの特徴(音色の感じ)アドバイスお願いしたいです。 私は、初めて聴いた時メリハリ、迫力、こもらない。と同時に長く聴くとこの迫力は頭痛がするかも。と感じました。それで、優しい、澄んだ音が気になるんだと思います。今は馴れました。8時~8時半位のボリュームで聴いています。 お礼のメールが脱線してしまい、すみません。

関連するQ&A

  • 真空管アンプについて教えてください。

    1年程前、知り合いから手作りの真空管アンプを 16万で譲ってもらいました。5極管でマッキントッシュの240に近いとの事でした。アルテックのスピーカーに繋いでいた。との事でした。 私はその時、真空管アンプというのを初めて知り ました。メリハリ、迫力、こもらない気持ち良い 音が気に入り譲ってもらいました。私のスピー カーは30年以上前の家庭用セットので(大きい。)、マニアの方から見たらお話にならない。けれど、まあ良い音出てる。との事でした。 このアンプのお陰で、今迄よりずっと音楽を聴くのが好きになりました。最近疲れた時や癒されたい時にクラシックの弦楽器、ピアノの音色が無性に聴きたくなります。ベートーベンの協奏曲が好きです。 教えて頂きたい事は、三極管アンプはまろやか、優しい、澄んだ音というのに触れました。三極管のアンプで聴くと更に更に音色に惹き込まれ、味わい深いもなのですか?クラシックを五極管で聴くのは違うのですか? スピーカーを替える予定、追加でアンプを購入予定は無いのですが、気になります 。教えて下さい。宜しくお願いします。

  • システムに合う真空管アンプ

    アルテックのA7を使っています。 真空管アンプに興味が出てきました。 聞くところによれば、定番はマッキントッシュの年代物なのだそうですが、 とても高くて買えません。 巷の情報では、高能率のスピーカーとは言え、ある程度パワーはあった方が 良いと聞きます。 真空管アンプと言っても、ラックスマンの38FDあたりの標準的な物から、 トライオードなどの現代版の物まで種々あると思いますが、A7を当時の艶のある音で 鳴らすにはどのような真空管で、どのようなアンプが良いでしょうか? プリとパワーは別々でも検討したいとも思っています。 音楽ジャンルは主にJAZZ(特に管楽器とピアノ)やブルース、ポップスなのですが、 一番照準を合わせいのはJAZZです。 よろしくお願いします。

  • アルテックモデル19について教えてください。

    真空管アンプに偶然出会い、スピーカーを替えて良い音を楽しみたい。と思っている初心者です。 先日アンプの質問を初めてさせて頂き、私のアンプは350Bの管で、プッシュフルと解れました。 アルテックモデル19という中古スピーカーを20万円で譲って頂ける話がでました。 アルテックはホーン型だから良い!と言われました。 アルテックの音を、私は聞いた事がありません。 検索していて、アルテックは、明るく楽しい音なのかな?アメリカな感じ? タンノイは、弦楽器が凄く楽しめるんだ、悲しみや憂いを感じられる音、気品 ?感じてみたい。魂に響く。はどんな感動だろう?と興味を感じました。 教えて頂きたい事は、 アルテックモデル19というのは、クラシックに合いますでしょうか。私はオーケストラの弦楽器の音が好きです。 アルテックモデル19は臨場感、迫力有り そうなイメージがあります。 臨場感、迫力に加え陰影、悲しみ、憂いイメージは楽しめるものでしょうか? 全くの初心者が中古の購入は先で故障など、面倒なものでしょうか? タンノイが気になっている状態です。(高額なのでゆっくりになりますが。) アドバイスどうぞ宜しくお願いします。

  • 回答No.1

水を差すようですが、真空管だからいい音になるというのは納得出来ません。 トランジスター方式でもリニア―に増幅することは可能ですし、本来周波数特性なるものはいくらでも回路構成で良くもなるし悪くもなります。 本当に真空管方式が素晴らしいものであるならばプロの世界では真空管方式が残されているはずです。 それと、真空管の一番の問題点は寿命が短いということです。 エミッション減少で性能は徐々に落ちていき、最後は故障となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有り難うございました。 30年以上前のトランジスターのアンプが雑音が酷く、出会ったのが真空管アンプでした。 寿命があるのですね。納得です。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 真空管アンプ

    現在、「真空管アンプ」というものに興味を持ちはじめ、いろいろと調べています。 ですが、回路などを見てもさっぱり意味が分からないところが多いです。 さらに、なんで真空管を使用することで「音」が一般的に温かみのある音になる原因、理由が分かりません。 誰か真空管アンプについてお詳しい方がいましたら分かりやすく教えていただけないでしょうか? また、アンプとスピーカーの違いについて教えていただけると助かります。

  • 重低音と真空管アンプ

    市販のスピーカーで音楽を、真空管(el34pp)アンプとトランジスターアンプ、パルス変調アンプ(d級アンプ)を切り替えて聴いてみました。結果私の耳には、レンジ、レンジ感(周波数、ダイナミック)、音の密度感、定位、艶、すべての面で真空管アンプは劣っていると感じてしまいました。 3極管のアンプで聴いてみたらとのご意見もいただきました。ただ私の音楽の好みがファンクやファンキージャズなため、うねるような重低音再生は欠かせません。(クルマにとりつけるようなbassスピーカーは極端すぎますが)真空管アンプはダンピングファクタも低いし、まったくこの手の音楽にはむいていないでしょうか?能率の高いアルテックのユニットを使ったバスレフスピーカーがよくあり、全体にわたってフラット再生する。とうたっていて、一度買ってみたことがあるのですが、100hz以下はほとんど出ていない感じで、たしかに数Wで大きい音はするのですが、低い音はでませんでした。バックロードホーンなどであれば、迫力のあるチョッパーベース、ズシンとくるバスドラの振動、は期待してよいのでしょうか?

  • 真空管アンプ

    真空管アンプは一般に出ているアンプとどのように違い、どのような特徴がありますか? (ウォークマンをヘッドホンではなく、スピーカーで鳴したいので調べてい ます。  候補としては  真空管アンプISR-VT02  http://www.rockridgesound.co.jp/products/speaker/vt02.html  と、ソニーのウォークマンのドックスピーカーSRS-NWGU50  http://www.sony.jp/walkman/lineup/speaker.html  で、どっちが良い音がしますか?) 聴く音楽は、ロック、ジャズ、クラシックと色々です。 音の好みはソフトで(あまりカツカツしていなく)中高域から低域までしっ かり鳴るもので、特に低域に厚みのあるものです。 用途としては、BGMで軽く鳴らす程度です。 まだ、あまり出回ってなさそうなので比較しにくいかと思いますが、ご回答宜しくお願い致します。

  • 真空管アンプについて質問です。

    真空管アンプについて質問です。 現在ラックスマンのSQ-38F(真空管アンプ)を所有しています。 実は最近このアンプを買ったのですが、どうも右のスピーカーのツイーター部位から サーノイズが出ています。 CDの再生をしていない状態で出ているのです。 大きい音を出していれば、さほど気にならないのですが、小さい音、無音時など はやはり結構気になります。 周波数特性を変えても出ます。 スピーカーの右と左を変えても出ているので、スピーカーが原因ではないようです。 真空管アンプとはこういう物なのでしょうか? 買った所に修理を出すべきなのでしょうか? 音は良いだけに残念なのです。 すみませんが、わかる方教えて下さい。

  • 真空管アンプ

    プリメインアンプを買おうと思っています。スピーカーは、本当は新調したかったのですが、いいスピーカーを買うと、いいアンプ、そして・・とエスカレートするので、今回はアンプのみにしました。 スピーカーは20年来愛用の2way密閉ブックシェルフです。 やはり試聴を、が鉄則とおもいましたが、店頭では、同クラスの各メーカーのアンプの切り替えはできるのですが、価格帯をまたいだり、真空管とデジタルなどジャンルをまたいで切り替えできないので、デジタル、アナログ、真空管、三台、うちデジタル一台は家にあるレシーバー、ほか2台は現行品をかりることができたので、切り替え機と一緒に借りてきました。 いろんなソースやジャンルの曲を聞きくらべつづけて、4日目になるのですが、どうしてもデジタル=アナログ>真空管にきこえてしまいます。真空管は「ボーカルにつやがある」「解放的な音がする」「まろやかな音になる」「温かい音がする」「シャキッとする音になる」などいろいろな長所があるようなのですが、どう聞いても、トランジスタアンプのほうが、上記の音色も、SN比も、雰囲気も押し出し感、空間表現、定位、圧倒的に優れている気がするのです。好みの問題かもしれません。でも何時間も通電してみたり、いろいろためしても図式は崩れません。真空管はEL34プッシュプル方式で標準的かなとおもいます。価格はデジタル(レシーバー機能から各機能を引けば約2万ぐらい?)アナログは5万、真空管式は15万します。オーディオ界では静かな真空管アンプブームと言われて久しいです。ほんとうに音の好みがあわないだけなのでしょうか?ブームに納得が行きません。

  • 真空管アンプってどこのメーカがいい?

    現在のシステムは以下です。 スピーカ:ダリのメントール6 アンプ :ラックスマンの505u DAC  :ラックスマンのDA-200 もうすぐ、レコードプレーヤを買います。 デノンの、DP-500Mです。 厚みがあってやわらかい音を聴くために、レコードプレーヤを買います。 上のアンプは解像度はそこそこですが、やはり、真空管アンプの方が、レコードプレーヤーに合うのではないかと思います。 そこで、どこ製の真空管アンプがいいでしょうか。 予算は30万までです。

  • どの程度の製品を比べたらわかる?

    プリメインアンプについてです。好み人それぞれ、という点は今回横においといて、回答いただければ幸いです。 トランジスターアンプを普段聞いていますが、ことあるごとに、本当に再生能力があるのは真空管のアンプ(プリをさしているのかパワーをさしているのかはよくわかりません。全体のことかもしれません。)だといわれます。わたしも否定派でもないので、真空管アンプが欲しくなることが多いです。ただ、市販品においては、どの程度のものを比べてそう言われているのかわかりません。10万のトランジスタと30万の真空管アンプでしょうか?所有しているアンプは実売30万弱のマッキントッシュMA6300。トランス出力ではないので、ほんとうのマッキントッシュの音はしないといつもバカにされる機種です。ただスピーカーが決まっていたので、同価格帯で聴き比べ、一番いいと思ったものです。一度トライオード社のel34プッシュプルのアンプを借りて聞いてみました(15万ぐらい?)どんなソースもマッキントッシュの方が上に思えました。後日高級オーディオ店に出向いた際、ハイエンドな音をだしているシステムがありました。スピーカーもいいものでしたがアンプは真空管。octaveというメーカーでした。100万。素晴らしかったです。自分のアンプよりはいい、が、目からウロコの驚きはありませんでした。 私はオーディオ好きですが、金はないので、いまの30万アンプ、ペアで60万のJBL以上のお金はかけられません。素晴らしい真空管アンプの音、は100万円かけなければ手にすることはできないのでしょうか?一般的にどれぐらいだせば30万のマッキントッシュをうわまわる長所をひとつでも持った真空管アンプを手にいれられるのでしょうか?スピーカーは能率以外どんなものをつかえばいいのでしょうか?

  • どの程度(ランク)の製品を比較する?

    見当ちがいのカテゴリに質問してしまいました。 プリメインアンプについてです。好み人それぞれ、という点は今回横においといて、回答いただければ幸いです。 トランジスターアンプを普段聞いていますが、ことあるごとに、本当に再生能力があるのは真空管のアンプ(プリをさしているのかパワーをさしているのかはよくわかりません。全体のことかもしれません。)だといわれます。わたしも否定派でもないので、真空管アンプが欲しくなることが多いです。ただ、市販品においては、どの程度のものを比べてそう言われているのかわかりません。10万のトランジスタと30万の真空管アンプでしょうか?所有しているアンプは実売30万弱のマッキントッシュMA6300。トランス出力ではないので、ほんとうのマッキントッシュの音はしないといつもバカにされる機種です。ただスピーカーが決まっていたので、同価格帯で聴き比べ、一番いいと思ったものです。一度トライオード社のel34プッシュプルのアンプを借りて聞いてみました(15万ぐらい?)どんなソースもマッキントッシュの方が上に思えました。後日高級オーディオ店に出向いた際、ハイエンドな音をだしているシステムがありました。スピーカーもいいものでしたがアンプは真空管。octaveというメーカーでした。100万。素晴らしかったです。自分のアンプよりはいい、が、目からウロコの驚きはありませんでした。 私はオーディオ好きですが、金はないので、いまの30万アンプ、ペアで60万のJBL以上のお金はかけられません。素晴らしい真空管アンプの音、は100万円かけなければ手にすることはできないのでしょうか?一般的にどれぐらいだせば30万のマッキントッシュをうわまわる長所をひとつでも持った真空管アンプを手にいれられるのでしょうか?スピーカーは能率以外どんなものをつかえばいいのでしょうか?

  • スピーカーからの「ブー」音に困っています。(真空管アンプ使用時のみ)

     真空管アンプを使った時、スピーカーから出る「ブー」という音が耳障りで仕方がありません。原因、対策などを教えてください!  ちなみに、自作のアンプより、メーカー製の方が大きな音がします!  また、電源ケーブルを買えると、「ブー」の音質、大きさが変わります。

  • JBL4344と真空管アンプの相性

    JBL4344はマッキントッシュやマークレビンソンのハイパワーのデジタルアンプでないと、その真価を発揮しないと良く効きますが、果たしてそうでしょうか?当方、LUXMAN 38FDMkII(プッシュプル)と300Bシングル2台の計3台の真空管アンプでTANNOYを鳴らしていました。ソースはアナログ録音のクラッシックが中心でジャズもTANNOYで聞いていました。従来、YAMAHAやSUNSUIのデジタルを使用していましたが、真空管に切り替えて、その音質のかもし出す、柔らかさ、空気、臨場感、繊細さなどとても気に入っています。デジタルアンプには無い、暖かさ、優雅さを感じました。真空管アンプをそのままにスピーカをJBL4344に切り替え、あらゆるソースを聞きたいと思い、JBLを購入しました。果たしてその結果は?いまだ、自分でも消化不良のようで、評価できていません。いまさら確認するのもなんですが、JBL4344と真空管アンプの相性についてご意見を伺いたく、お願いします。また、4344でなくてもJBLを真空管アンプで聞いていらっしゃる方、ご意見をください。ソースもクラッシックというところでご意見を。ジャズやPOP系はそこそこかと思っておりますので。