• 締切
  • 暇なときにでも

デジタルビデオの将来展望

  • 質問No.763
  • 閲覧数62
  • ありがとう数25
  • 回答数1

お礼率 41% (5/12)

ビデオムービーを購入する予定です。
デジタル、デジタル8、ハイ8といった選択肢があり、
とりあえず、デジタル方式が最新のよう(素人なのでわからない)ですが、
これから購入するなら、やはりデジタル方式が”買い”でしょうか。
具体的には、DigitalHandycamPC100を候補としています。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 32% (51/156)

「買い」であることは間違いないでしょう。
ですが、今から五年前十年前を見たときに、
主流であったビデオカメラが今現在どうなっているかを考えると、
あまり気にしなくても良いような気もします。
(規格などが変わってしまうから、将来性は気にする必要はない?)

一般家庭でビデオカメラで撮影するものといえば、
子供の成長とか、家族イベントとかだと思います。
これをもとに編集とかするようなことはまだそれほど多くありませんし、
編集するにしても、その元ネタとか成果物が無くなるわけでもありませんし。

何を言いたいのかというと、つまり、
ほとんどの場合、撮ったら撮りっぱなしで、たまに上映会を開く程度。
その時は撮影するのも再生するのも、同じ機械でやるわけで、
買い換えるときに既存のテープを再生できるモノがないのであれば、
新旧両方の機械を併用(あるいはダビング)するしかない。
将来的に何が主流になるかなんて、専門家でも断言できないのだから、
だったら、今現在欲しい機能を持ったモノの中で、
好みとか予算とかに合致したモノを選んでおくしかない。
ということです。
例えば、私の実家には、8ミリ(ビデオに非ず(笑))が未だにあります。
たまの上映会には十分ですし、その状態の荒れ方も味があります。

結局、製品自体の出来次第でしょう。規格云々以前に。
関連するQ&A
ページ先頭へ