• ベストアンサー
  • 困ってます

アメリカン・サイコという映画で、殺人鬼主人公の部屋

アメリカン・サイコという映画で、殺人鬼主人公の部屋にあるスーツの男の人の白黒の写真アートは誰の作品でしょうか。 New Deutschというドイツのテクノレーベルから出ているCD,Vinylのカバーにも使われています。 (参照 http://www.discogs.com/Various-New-Deutsch/release/165253) 『アメリカン・サイコ』(American Psycho)は、1991年に出版されたブレット・イーストン・エリスの小説作品。1980年代後半のマンハッタンを舞台に、ウォール街の投資銀行でヴァイスプレジデントを務める一方で快楽殺人を繰り返す主人公を描く。 2000年には、メアリー・ハロン監督、クリスチャン・ベール主演により映画化され、2000年1月に行われたサンダンス映画祭で初公開された。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数417
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

Robert Longo (ロバート・ロンゴ) アメリカ の画家・彫刻家。1953年1月7日生まれ。 ご質問のアートは "Men in the Cities" というシリーズ作品。 http://robertlongo.com/work/gallery/1118

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうです、この人です! 気になっていたのでわかってすっきりしました! ありがとうございます!

関連するQ&A

  • エグゼクティブが出てくる映画

     成功したビジネスマンやエグゼクティブが 出てくる(主役級)映画ってありませんか? 例えば『ウォール街(マイケル・ダグラス)』とか 『アメリカン・サイコ(クリスチャン・ベール)』 とか…。 ご存知の方、教えて下さい。

  • かなりマイナーな映画の題名がどうしても思い出せません。

    かなりマイナーな映画の題名がどうしても思い出せません。 アメリカ映画で、おそらく2000年にリリースされたレンタルビデオなのですが、自閉症(あるいは軽度の知的障害)を持った若い女性が主人公で、唯一世話をしてくれていた人が亡くなったか何かした後、その女性の存在を知った血の繋がっていない兄(だったような気がします)がその女性と触れ合うなかで、その女性に対して恋心を抱いていく…というような内容だったと思います。 (若干の記憶違いはあるかもしれません) そしてその映画は、主人公の女性の(短い)ファーストネームがそのままタイトルになっていたと思います。 作品全体を通して、フワッとしたような雰囲気で、少しほのぼのとした映画だったと思います。 更にその映画は、同時期にレンタルされていた、ロビン・ウィリアムズの『聖なる嘘つき』のビデオ内の作品紹介にも入っていたと思います。 ここ数年何度となく、それらの断片的な情報(若干の記憶違いはあるかもしれないのですが…)から検索しましたが、全くわかりませんでした。 心当たりのある方、よろしくお願いいたします。

  • ある映画を探しています。

    いまから15年~20年以上前に日曜洋画劇場で見た作品を探しています。 恐らくハリウッド系の映画です。配役は白人で舞台はアメリカぽかったです。 主人公は刑事だったと思います。もしかしたら映画関係の仕事していたかもしれません。 あるサスペンスものの映画を撮影していて女優が殺人鬼に襲われるときの悲鳴が気に入らず、何度もリテイクしています。 そんな時、街では連続殺人事件が起こっていて警察がなかなか犯人をつかまえられずマスコミから批判されています。野心に燃えるジャーナリストのヒロインが事件を解決しようとして犯人に狙われます。 主人公が刑事であってたなら、最初は主人公を非難して、このマスゴミが!みたいな感じで険悪な仲だったはずです。しかし、だんだん仲良くなっていき。主人公から危険だから首つっこむなと言われるんですけど、容疑者をみつけて独断で尾行して殺されます。 そのときの悲鳴が犯人によって録音され刑事に送りつけられます。(もしかしたら電話ボックスのなかで主人公に助けを求めている中、殺害されてって流れだったかもしれません) 結局、主人公は犯人を捕まえて一件落着し、ヒロインが死に至るときの悲鳴が劇中作の映画で使われることになり、主人公は悲鳴が録音されたカセットテープを再生し苦悶の表情を浮かべるラストだったと思います。 個人的にクリント・イーストウッドじゃないかと思って探しているんですが、上記の情報でご存知の方いましたらお教えいただけると幸いです。

  • ゲーム作家を目指す、チンピラが主人公の映画

    1年前にケーブル・テレビで見た映画のタイトルを知りたいのです。 多分フランス映画ではなかったかと記憶します。 主人公は町のギャングの元で働くチンピラで、TVゲームをするのが趣味。しかし、いつしか自分でゲームを作るという夢を持ち、高校時代の秀才、アダルト・ビデオ監督の友人等の力を借り、彼のアイデアをゲームにし、ゲーム会社にそのCDを売り込みに行きます。 ゲームを気に入った社長は女性で、うまいことCDのみ盗まれてしまい、その会社の製品として、ゲーム・ショウで発表・発売される事になってしまいます。 怒った主人公は、なんとか復讐しようと、ゲーム会社に忍び込み、結果ゲーム・ショウでは大逆転するのですが・・・ 途中主人公の載っているミニ・クーパー(旧タイプで黄色)が何度か登場し、警察とのおっかけシーンでは、ゲーム仕立てになっています。主人公が失敗すると「ユー・ルーズ」、成功すると「ユー・ウィン」等と格闘技ゲーム仕立てなシャレも入っています。 こんなんで、分かるでしょぅか? 実は、この映画を見て「ミニ・クーパー」の購入を決意し去年買いました(笑 どうしても、もう一度映画が見たいと思っています。 主人公の顔は若い時のジャン・ポール・ベルモントにややイタリア風味を加えたような顔だったと記憶します。B級映画ではありますが。 よろしくお願い致します。(2000年前後の割と新しい作品だった気がします)

  • あるひとつの香港映画を探しています

    その映画とは、私が約10年前にケーブルテレビで1度だけ観た映画です。その映画のタイトル、もしくは主演俳優の名前、もしくは監督の名前を探しています。 約10年前に1度だけ観たということで、覚えている事もあるが曖昧な部分も多い。 最近になって頻繁に『あの映画、もう一度観たいなぁ』と、強く思うようになりました。 そして自分なりに、映画に詳しい人や、レンタルビデオ屋に聞いてまわったりしたが、まったく正体(この作品のタイトル)が掴めません。誰しも、ひとつふたつ、題名が思い出せない映画や音楽があると思いますが、私にも映画7つ、歌11曲が題名がわからなかったのですが、ここ数年で、すべて判明、解決しました。今回の映画を残して・・・・・ 前置きが長くなりましたが、その題名がわからない映画の特徴を書き記していきます。 (1)香港映画である。(キャスト達が喋っているのは、北京語か広東語かいずれかであ る。だから中国文化圏の映画で間違いない。) (2)ジャンルはB級アクション映画。(少しでも有名なら、検索にひっかかってくる。色々 な人達に聞いてもわからなかったので、あまり 有名な作品ではないのかも。) (3)主人公は坊主頭。(これが一番ハッキリ覚えていることで、劇中、髪の毛が伸びたり 増えたりすることはない。坊主といっても完全なスキンヘッドで なく、2ミリから6ミリぐらいあったと思う。主人公は、体格もよ く、なかなかハンサムで、ワイルドさもあった。身長は175から 185センチくらい。170以下のチビではない。また、ガリガリでも なく、太ってもいない。それは間違いない) (4)主人公は刑事かアウトロー(主人公の職業はまったく覚えていない。敵と戦う、とい うのは、間違いない。だがこれ以上は思い出せない) (5)主人公は最後に路上で力尽きて死ぬ。(これが自分にとって衝撃的で、『え?!死ぬ のか?』そう思ったのはハッキリ覚えている 何故死んだのか?というと、劇中、主人公は 敵に銃撃されたか、ナイフで刺されたかと、 記憶している。間違いない) (6)この主人公を演じている俳優は、アンディラウ、ジャッキーチェン、サモハンキンポー、トニーレオン、ジェットリーではない(確認済) (7)この作品に絶対出てこないもの(日本人俳優、黒人、白人、幽霊、悪魔、超能力、チンパンジー、ヘリコプター、馬、鷹、キツネ、ワニ、キョンシー、ムエタイ選手、ロケットランチャー、) (8)この映画の製作年は1998年から2003年(これも間違いない、何度も何度も記憶を反芻 して考えたが、この4~5年の間に製作された 可能性が高い。) (9)Q この映画をどこで、いつ観たのか? A 10年ぐらい前まで、ずっとスカパーに加入していたので、その中 の「ムービープラス」で一度だけ観た、そう記憶しています。 (ムービープラスにはすでに問合せは終わっている。回答は、 『 番組表は8年前までしか、わからない、追跡できません』という もの。その当時の担当者もいない、わからないということらし いです。 (10)Q 肝心のストーリー(脚本)で覚えている事は何かないのか? A ひとつ覚えているのは、主人公がマンションかビルの屋上で 敵と闘っていたということ。広い屋上というより、狭いベラ ンダのようなスペースだったか。 (11)Q この映画のジャンルはアクション映画でいいのか? A はい。それは確かな事。この作品はコメディ映画ではない。そして ホラー映画でもない。ラブロマンスでもない。超能力映画でも、 SF映画でもない。B級アクション映画でいいのかと。 (12)Q 題名に近づく手がかりはないのか? 私は10年以上前に、この作品を観た時、実はJーcomで毎月発行している ガイド誌で面白かった映画はチェックしていた。ので一度は、製作年と 映画のタイトルは視界に入っている。その時、『あ、比較的新しい 作品だ』そう思ったのは覚えています。そして、キリがよかったのも 覚えている。だから製作年は1999年か2000年。そして、タイトルは 英語だったと記憶しています。(主題か副題に英語が入っていると思う) 今回、インターネットに書くという事自体生まれてはじめて、最初で最後だと思います。読みづらい箇所が、あったかもしれませんが、ご了承ください。OKwaveさんの事も昨日はじめて知りました。もしも、この映画の題名か俳優の名前がわかれば、本当に嬉

  • 思い出せない!映画タイトルが知りたい!

    「図書館戦争」という、日本の映画が公開間近と、 話題のようですが、数十年(20~30年?)前に既に、 かなり似た内容の、欧米系の映画が公開されていたと 思うのですが、その映画のタイトルが思い出せず、 モヤモヤしています!! その映画は、検閲がエスカレートする国家から、 自由になるため、市民の人間らしさ、思想の自由、 精神の自由などを含む、あらゆる自由の象徴、 凝縮とも言える「本」を、政府の検閲、焼き討ちから 守るため、政府の言いなりになり人間らしさを捨てることを 拒んだ民が、レジスタンスになって、政府と戦う、逃げる、 最終的には、その元市民のレジスタンスたちが、本を持って 森に逃れ、本の内容を全部暗記し、口頭で伝承するという 暮らしを始める。何故なら、頭の中までは、 誰も検閲できないから・・・ というような内容、終わり方をする映画でした。 既に数十年前、この「本」=「自由」を、検閲から、 守り、戦う、という内容の映画が、ヨーロッパか、 アメリカか、あるいはその合作かで作られていたと 思うのですが、私は数年前、それをNHKでたまたま 一度見ただけで、とても良い映画でまた見直したいのですが、 タイトルが解りません。 クリスチャン・ベールさん主演で、主に、日本以外には、 今でも作品のファンがたくさんいる、“ガンカタ”でも有名な、 「リベリオン」より、あるいは、スキンヘッドの ナタリー・ポートマンさんが話題になった 「Vフォー・ヴァンデッタ」よりも、 もっとずっとずっと何年も前の作品のようで、 CGなども無い演出で、検閲側の役者の使う武器も、 攻撃方法も、火炎放射器のような武器で実際に撮影中に 火を吹き出したりしていて、まさに、アナログな焼き討ちの 様相であって、敵側(政府側)の衣装も、黒の全身タイツに 黒のマントに黒のベルト(?)の様な、そういうだいぶ古い、 これぞアナログ、という感じの時代の作品だと思います。 映画の主人公は、おそらく、当時のイケメンで、 「リベリオン」の男性主人公同様に、主人公は最初は 政府側だったのが、政府のやることに疑問を感じはじめ、 (不確かな記憶ですが、本を家や人ごと燃やしだした!?) 人間らしさ、自由の素晴らしさに目覚め、レジスタンス側に 寝返る、という内容です。 検閲側にいて、市民を迫害することを、誇るべき仕事と 信じて疑わなかった人間が、自分のしていることに 疑問を抱き始めてから、政府側を裏切り、戦い、 逃げる様子が、とても緊張感があり、スリリング、かつ、 エモーショナルで、映画としても、とても面白かったのですが、 その作品が、自分が数年前鑑賞したその時点より、更に ゆうに十年以上昔に作品化されていたということに感じた 衝撃、驚きたるや!!という感じです。 もう一度、最初からゆっくり見てみたいのですが、 この作品のタイトルをご存知の方、いらっしゃいましたら、 是非、タイトルを教えていただけませんか? 宜しくお願い致します!! 余談ですが、 「図書館戦争」に日本製の原作があるとはいえ、上記の、 タイトルが思い出せない映画が、かなり古い作品なので、 「もしかしてあれ(思い出せない映画)のパクリ?」と、正直、 感じないと言えば嘘です。欧米社会では、既にこういう作品が 数十年前に製作、公開されているけれど、日本では今。 ある意味では遅れていることは否めませんが、 それを超える素晴らしい作品であれば、 それが良いにこしたことはないですね。 こういう作品の製作、公開が日本でも出来ること自体に、 別の意義がありますしね。 ただの余談ですが、 他にも似た映画をご存知の方、あるいは、 このような「リベリオン」等の映画が好きそうな人に おすすめしたい映画がある方は、是非、そのタイトルも 教えてください!! 買うか借りるか出来ればそれも是非、連休などで見てみたい と思います!! IMO、in my opinion、「私の考えでは・・・」と言える 自由があるうちに良い映画を見ておきたいですので、 お気軽に是非、教えてくださいね!! 宜しくお願い致します。

  • 古代~中世ヨーロッパ系のおすすめ映画

    こんにちは。 古代~中世ヨーロッパが舞台となっているような映画が好きでちょくちょく見るのですが、 何かおすすめがありましたら教えていただければと思います。 ※あまり古いのは個人的に見ないので、2000年以降の作品で上げていただけると助かります。 ちなみに、自分が過去見たので思いつく限りでは、 ・アイアンクラッド ・300 ・トロイ ・キングダムオブヘブン ・キングアーサー ・ロードオブザリング(?) ・アレキサンダー ・ブレイブハート ・ジャンヌダルク ・グラディエーター ・ベオウルフ ・ニーベルングの指環 こんなところです。 主人公サイドが弱小勢力だけれど一騎当千の戦士が集まっていて大群に立ち向かう 的なのが結構好きで(映画だとやはりそういうのが多いかとは思いますが)、中でも「300」とか「アイアンクラッド」、「キングアーサー」なんかが結構好きでした。 中世史マニアとかそういうのではなく、単純に甲冑と剣や弓や斧でゴリゴリ戦う!みたいな雰囲気が好きなだけなので、戦闘モノでよろしくお願いします。

  • 映画のセブンで、奥さん(トレイシー)は生きてた説

    十数年ぶりぐらいに、映画の「セブン」を観ました。 昔観たときは十代だったこともあり衝撃的なラストにショックを受けた思い出があります。 今回2回目を観たことで解釈について疑問が発生しましたので、ご意見をお聞かせください。 疑問点とは、奥さんのトレイシーは死んでいないのではないか、ということです。 理由(1) 罪のない奥さん(とお腹の子ども)が殺されてしまうと、犯人の動機と作品のコンセプトが破綻する この作品は、キリスト教の「七つの大罪」をモチーフにした連続猟奇殺人事件です。 犯人は妄想に取りつかれ、被害者達を七つの大罪になぞらえた理由で殺害して殺人の動機を正当化し、崇高な目的があったかのように振舞います。 ここでもし「七つの大罪に該当しなくても場当たり的に殺人を犯す」ようなことがあれば、自分の犯行の「大義」や「純粋性」が損なわれてしまいます。 また作品のコンセプトも破綻してしまいます。 理由(2) トレイシーが死んだことは明示的に描かれていない 殺人鬼の男は奥さんを殺したことを語り、また相棒の労刑事は箱の中身を見て単純に奥さんの首だと思ったようです。 確かなのはここまでです。 どちらも犯人の男が提供した情報をそのまま信用しているに過ぎず、奥さんが死んだことを明示するシーンがありません。 箱の中身を写さずとも、奥さんが死んだことを明示する方法はあるはずですが、それもありません。 (明示する方法としてはたとえば、一連の事件を最後に報道するとか、相棒の老刑事が顛末を上司に説明するとか、奥さんの葬式のシーンが一瞬出る、とか…) 死んだことは確定的ではない描かれ方なので、このシーンは観た人それぞれが判断できるような作品になっているのではないでしょうか。 そもそも犯人の目的としては、主人公のミルズ刑事を挑発し"憤怒"の罪を負わせることができれば、生首が本物である必要はどこにもないはずです。 つまり、老刑事が見たのは精巧な生首の人形か何かではないか。 ここまで手の込んだ犯行に及んできた犯人なので、トレイシーに良く似た人形を用意し、誰かの血液を振りかけておくぐらいはやりそうです。 奥さんが死んでいないと思う理由は以上になります。 主人公のミルズ刑事は、殺人鬼の言葉に誘導され、挑発に負けて、”憤怒”の罪を犯してしまいました。 犯人に屈したことになります。 映画の視聴者はどうでしょうか? 視聴者の大半は(以前の私も含めて)、奥さんが死んだことは実は確定的ではないにも関わらず、殺人鬼の語った言葉と殺人鬼の用意した箱が現れただけで「奥さんが殺された」と判断してしまいます。 これでは、挑発に屈したミルズ刑事と同じということになってしまうのではないでしょうか? また、もしミルズ刑事が冷静さを失うことなく、箱の中身を相棒の刑事にいま一度確認してもらえば、ミルズ刑事は犯人の意図を見破り、犯人に「勝つ」ことができたのではないでしょうか? 残念ながらミルズは殺人鬼と闘うことを放棄し、あっさりと挑発に乗ってしまいましたが… 映画の最後で、労刑事が語っていました。 「ヘミングウェイはこう書いている。 ”世の中は美しい。戦う価値がある。”後半部分には賛成だ。」 これは犯人と闘うことができなかったミルズ刑事と、視聴者に投げかけた言葉かもしれません。 以上、十数年ぶりぐらいに観た「セブン」の解釈なのですが、どう思いますか?

  • カナダ映画で・・・

    「Love Come Down」というタイトルの映画で、 主人公のお兄さん(マシュー)役のプロフィールなどを知りたいのですが、ご存知の方いらっしゃいましたらご回答の程よろしくお願い致します。 監督:クレメント・バーゴ 2000年の作品です

  • その昔、放映されたTV 映画のタイトルを教えて下さい

    2000年前後にNHK 又は、NHK 教育で放映された。 海外作品で、災害時の対応を数話オムニバス形式で描いた作品の タイトルを教えて下さい。 物語の背景 パニック映画の定番?彗星の衝突が原因で、異常気象に寄り世界規模 で、災害が発生して、それに携わる色々な人の立場を科学的に検証し ながら、1つのドラマ仕立てで作られた作品だったと記憶しています。 確か?全編12話のオムニバス形式で、それぞれに主人公が居ます。 主人公は… 消防士、小学校の教師、気象学者、子供づれの母親、高校生(男)、 OL、映画女優、客船の船長?、屋台の主人、民間航空機パイロット、 女医、会社員(日本人男性)、だったと思います。記憶違いあるかも? 彗星の衝突自体は、映像はなく…その後の異常気象が舞台背景です。 日本も12話中の何話か?忘れましたが、商社マンと言う設定の男性 が主人公で出てきます。 パニック映画の極一部?人々の目線で見える範囲で物語が進行する 形式です。それぞれの主人公は、独立した話で物語が進む…他の人 との繋がりも絡みも有りません。 背景の物語は、同時進行で進みます。画面上部には、デジタル式で 時計表示されて下り、物語開始から終わりまで、時を刻みます。 こんな感じです。宜しく、お願いします。