• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

AVアンプからパワーアンプに接続して音を鳴らす場合

AVアンプから パワーアンプに接続して音を鳴らす場合 AVアンプから パワーアンプへの入力が アナログなのは 既にAVアンプに入った時点で 音がアナログ処理されるからですか? でも それなら デジタルのまま パワーアンプに持って行ってから パワーアンプ側でアナログ処理して スピーカから音だしした方が よくありませんか? パワーアンプやプリメインアンプが 良り良い商品の場合です 当方 DA5400ESや SC-LX85などの最強クラスAVアンプですが それより 全然高い パワーアンプ プリメインアンプありますよね これが デジタル全盛の時代で HDMIや 光デジタルもあるのに なぜいまだにRCAなのか 理解できません。 DAコンバータがらみの件とにらんでますが それにしても 最初に書いた通りだと思うのですよね・・・ 単純に AVアンプの音をピュアオーディオに持っていきたい場合 どうしたらよいんでしょう? それと ソースによっては パワーアンプやプリメインアンプをはさんだら 音でなくなるんでしょうかね? それとも その音をでるようにするために このような処理をしているのかなぁ・・・ ってなると 良い音を聞くには AVアンプをはさんじゃだめってことですよね

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2868
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • nijjin
  • ベストアンサー率27% (4289/15832)

信号のデコード、サラウンド処理、マイクの測定結果に基づくバランス・音質調整が行われますからいくらデジタルのまま取り出しても・・・って感じです。 何しろAVアンプは映像用でありオーディオ用ではありませんから・・・ また、パワーアンプがアナログ入力なのはデジタルで入力するとプリアンプの音(音質)が無くなるからです。 メーカーによる音作りの差異が少なくなりますしパワーアンプもデジタルアンプだと更にその傾向が強くなります。 >AVアンプの音をピュアオーディオに持っていきたい場合 この時点でそこまでの音質を求めるのは無理です。 >良い音を聞くには AVアンプをはさんじゃだめってことですよね そうですね、映像は映像、オーディオはオーディオで別々にって事になります。 それに、デジタルで拘るならマスタークロックも必要でしょうし デジタルこそが絶対なら真空管アンプは今頃駆逐されているはずです。 しかし、実際には違います。 それはデジタルだけが絶対良いという事ではないからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

はじめまして♪ アンプの個性とスピーカーの個性からより良い環境が得られる組み合わせと言う物が存在します。 一般的に相性などと呼ばれますが、あくまで聴いた人の印象が重要です。 そのため、むやみにアンプを増やしたりしても好結果と成る事も有れば、逆効果の場合もあり得る物です。 音声信号をデジタル接続するのは、単にデジタルだから信号劣化の影響を受けにくいと言うメリットからです。 プロ現場ではコントロールの関係などで利用されますが、音質が良く成るという認識は存在しません。 音質のキーパーツはデジタル信号からアナログ信号に戻す部分、それからのアナログ信号を扱う部分が重要と成って来ます。 デジタルサラウンドが必要ならAVアンプがコントロールの中核ですので、それにパワーアンプやプリメインアンプを加えた場合、音質が改善する可能性が有ると言うだけで、音質が変わってもそれが好まない方向ならその人にとっては改善では無く改悪と成ってしまいます。 一部のマニアは、2chの音楽と、多チャンネルサラウンドでははっきりと系を換えて利用される方も少なく有りません。スピーカー切り替え機を流用し、アンプを切り替えて利用されるとメインスピーカーを共用出来ます。 高級オーディオの場合はデジタル信号をアナログ信号に戻す部分単体でも数十万と言う製品も有ります。 そのような高級オーディオの世界では、プリアンプやパワーアンプに高周波ノイズの源と成りかねないデジタル信号を排除してよりピュアな音を目指す世界も有りますので、民生用高級オーディオではRCA接続が前提なのです。 ケーブル配線や機器内の配線等、あまり気を使わずに済ませる為にはデジタルで出力し、他の機器に本質的な部分を任せようと言うのが普及機の方向性ですし、その方が良い音が得られると広告キャッチコピーなどで思い込まされている物でしょう。 レコーディングスタジオで極端にデジタル化した施設の場合でも、デジタル信号をアナロ化してから、アナログ接続でアンプそしてスピーカーとなります。 AVアンプにメインのプリアウトが有れば、そこにRCAケーブルで他のアンプを介在させてスピーカー駆動と言う手法があります。 すでにAVアンプ側のデジタル/アナログ変換と言う部分で音質傾向が決まっていますので、後はスピーカーの駆動力と言う部分が別置きアンプの主な仕事でしょう。 もちろん、この別置きアンプ自体や前後のケーブル等でも微妙な音の違いは出て来ます。 すでに、かなりのグレードAVアンプをご利用のようですから、中途半端なアンプや音質傾向が逆方向等のアンプではメリットどころか、デメリットの方が顕著に鳴る可能性が高そうです。 まぁ、味付けとして小出力の真空管アンプを導入と言う趣味人も居ますし、それも否定出来ないものです。(オーディオは個人の趣味ですからね。) プリメインでもパワーでも10~20万クラスで、アンプ個性の傾向を考えて組み合わせる事で音の「質」が高められるかと思われます。 多少、冷淡な傾向に成りがちですが、3~10万くらいのプロ用パワーアンプも悪くは無いと思いますよ。 (PA用パワーアンプ、まぁ安い製品ですが、私も2台所有しています。サラウンドは諦めてますけれどね。苦笑) 例えば、私のヘッドホン、SONY MDR-CD900STですが、リスニング用には最悪のヘッドホンだと公言される人も多く居ます。 私は自分が気に入ってるんだからそれでオッケーなんですよ。 柔軟に考えて、どんなサウンドが自分に合いそうなのか、じっくり検討してみてください。 他人の評価がダメダメでも、個人が楽しめるサウンドなら、利用者にとってはそれが良い選択と言えますし、正しい方向なら少ないとは言え同志はきっと居るものです。 他人の評価や広告キャッチコピーなどに惑わされ、振り回されないようにしてください。 くれぐれも、オーディオの泥沼に漬からないよう、注意して、検討してください。 自分が楽しめるサウンド目指して、がんばれ~♪

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

>ピュアオーディオは プリメインアンプで DA 変換してスピーカに流しているんですよね? ピュアオーディオ(この言葉はあまり好きではありませんが)では一部の例外を除いては、 DA変換はCDプレーヤーや外部のDACで行い、アンプの入力はアナログ信号が主流です。 この趣味ではDACでもプリアンプでもメインアンプでも、とことん単体の性能を追及するので、まだオールデジタルはそこまで入っていないということでしょう。 どちらにしても最後の音声信号はアナログなのですから、どこでDA変換するかはメーカーの判断でしょう。でも少なくとも現状では複数の高級オーディオメーカーの製品を接続しようとすればアナログ接続が最も自由度と互換性が高いということがいえます。 デジタルアンプもかなり普及してきましたが、デジタルのメインアンプの品質はまだ高級アンプというレベルには届いていないでしょう。 時計や写真の歴史を見ればそのうちにオーディオの世界もオールデジタルということが起こるのかもしれませんが、一方でアナログレコードがいまだに多くのファンを持っていることを考えると、一直線にそうなるのかは疑問に思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#194317
noname#194317

そういう質問が出てくると言うことは、現状に不満があるんですかね?こだわるところはそこなんですか、って印象も受けました。 それはまあそれとして、パワーアンプはあくまで音声信号を増幅するための機械ですから、デジタル信号は基本、外部にD/Aコンバータを置いてアナログにしてから入れることになります。ピュアオーディオ用のプリメインアンプであっても、たまにD/Aを積んでいるものがありますが、単体パワーアンプを持ち出すような人がそんなオマケでは納得しないでしょうから、どのみちスーパーハイエンド機では全て別個の機器にして、お互いをアナログ接続する結果になりますね。本当に突き抜けた機械ならRCAよりはXLRコネクタになってるでしょうけど、XLRもアナログです。もし仮にパワーアンプにデジタル入力があったとしても、パワーアンプ単体では音量調整すらろくにできないので、実用になりませんが。 ステレオを超えるマルチチャンネルでは、フロントやリアなど各チャンネル個別の音声信号を、元のデジタルデータをデコードして取り出しているわけですが、この段階でアナログに落とし込まれるため、フロントの信号だけデジタルで寄こせとかはできない相談です。仮にできたとしても、処理の頭にあるデコーダはAVアンプのそれであり、こいつがどの成分をどう割り振るかを握っている以上、外部に最強の単体D/Aを用意することに何の意味があるのかと言う点にぶち当たります。現実問題として、AVアンプでは各チャンネルにあるプリアウトは全て、アナログ出しになっていますよね。 それに、マルチチャンネルソースはたいてい圧縮音源です。この時点で、こだわる程度の上限が縛られそうな気がしますが、いかがでしょう。ロスレスやリニアPCMは一部のソフトだけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます 圧縮音源に関しては そこは仕方ないと思っており こだわりはありません ただ私が考えていたことが 大筋であっていたってことでよいんでしょうかね? と、なるとすまり 音質を良くするには  AVアンプに パワーアンプをはさんでもだめ 逆にプリメインアンプから フロント L&Rを AVアンプに プリインして 鳴らした方が 良い(DAコンバータが優秀なため) ってことになるでしょうか? ピュアオーディオは プリメインアンプで DA 変換して スピーカに流しているんですよね? やっぱり余計な物はさんじゃだめかなぁ・・・

関連するQ&A

  • AVアンプ EA-5400DS SC-LX85

    AVアンプを使用しております。(SONY  DA-5400ES) システム内容は REX-Link2EX  ttp://abukuma.us/takuki/09/019.htm ※この商品すごく良い商品です 確かにノイズは入りますがかなり良いと思います・・。 FOCALの ディアブロユートピア センター サラウンド、サラウンドバックは全て は IMAGE11改 AIR BOW  (これは後日買い換えます 何が良いのかわからなくて・・) ウーファは イクリプスのタイムドメイン式の8万位のウーファです。 それにSONYのDA-5400ES ※これを LX85に変えて AIRPLAYにして 更に音質向上を狙ってます 更に その前に パワーアンプもしくはプレーヤーとして LINN DS-Iを追加したシステムです。 私は 5,1CH や 7,1CHで音楽も聞きたいのと 映画も見るのでどうしてもAVは必要です、 ただ、しかし、 フロントのスピーカのL&Rを FOCALの ディアブロユートピアに変えまして、素晴らしい音になり (スピーカの中に稲葉さんが一人づつ歌っていると思う位すごい!) 更に高みを目指したくなりました。 そこでパワーアンプORプリメインアンプの追加を考えております ためしにLINNのDS-Iを購入してみました。 しかし 音質が良くない・・ 今はREX-LINKという無線→光デジタル入力(AVアンプへ) からAVアンプに飛ばして スピーカから音を出してます。 ※ここをまず LX-85のAIRPLAYと、この評判の良いAVアンプへの変更でまず音質UPを狙ってます それをひとまずHDDから直接LANを通し→DS-I→スピーカと言う流れにすることで 音質の向上を狙いました  でも ぼやけた音しか出ません ???でした。 低音は良く出ますが、一切いじることもできず、 夜間は低音を消さないと迷惑がかかりますし 困ります 次にDS-Iは AVアンプの間に挟んで使う機能もあるので そのつなぎ方に変更しました。 単純にこれまでのシステムの間にDS-Iを挟めた形です(AVアンプからL&R)ではなく アナログRCAを介して DS-Iに通し、 DS-IからのフロントL&R出力 その場合少し音質は良くなったと思いますが 40万程の音質UPはしてないと思います。 なのでDS-Iに変わる良い品を 購入したいと思ってます。 調べていて疑問点が出てきました。 DA-5400ES には LR(フロントメインスピーカ)のプリアウトがあるのですがアナログです DS-Iも光入力はありますが アナログでつなぐようになっているようです これはどうしてでしょうか? 出来る限り デジタル伝送した方が良いに決まっていると思うのですが・・ そしてAVアンプを SC-LX85に変更するつもりですが これも光デジタルで L&Rの出力はないのかな? やりたいことはとにかく AVアンプを使いながら フロントのL&Rだけでも 他のアンプの力を借りて音質を上げたいって ことです。 現状 DA5400ES駆動ですと低音がしっかり出ません。 アキュフェーズや ONKYO なんかが良いとみたんですが どうでしょう? EA550 PM-11S2  などです しかし A級アンプのようです  AB級アンプの方が音はよいはずなのに・・(調べた限りでは) お勧めの品や、色々教えていただきたく思い質問致しました

  • AVアンプと普通のアンプの性能

    AVアンプは普通のアンプの性能(音質)と比べて劣ると聞いたことがあります。 AVアンプとプリメインアンプ、パワーアンプ・プリアンプの3種類のうち、やはり一番音質がいいのは「パワーアンプ・プリアンプ」でしょうか? それと、AVアンプの性能が落ちるのは具体的にどのような部品が良くないのでしょうか? また、最高品質のプリメインアンプと高品質のAVアンプと比べてもやはり、性能はAVアンプの方が劣るのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • プリアウト接続とパワーアンプダイレクト接続

    オーディオ勉強中です。 2CHのシステムに、 AVアンプと2本のリアSPを接続して 4CHのシステムに応用できるようにしたいと考えています。 接続の方法として下記2つを考えているのですが、 AVアンプを選ぶにあたり、それぞれの 長所短所を教えていただけないでしょうか。 (A案)  5.1CHのプリアウトのあるAVアンプを足して  フロントSP用のプリアウト出力を  プリメインアンプのAUX入力に回す。 (B案)  AVアンプのフロントSP出力を  プリアンプの  パワーアンプにダイレクトに入力する。 ピュアオーディオメインのシステムゆえ AVアンプは安いものを選ぶつもりなのですが、 WEBでも、比較の記事が少なく アドバイスいただければ幸いです。 なんとなくA案が良いかな、と思いつつ 廉価モデルでは対応機種が少ないので。。

  • プリメインアンプ=パワーアンプを兼用できますか?

    オーディオ初心者でパワーアンプの事がよく分からないのですが、AVアンプにプリメインアンプを、パワーアンプとして接続した場合の操作について教えてください。 DVDプレイヤーをAVアンプに、CD、MDはプリメインアンプに接続したとして、以下の使い方は可能でしょうか? 映画を見るときは両方のアンプを使い、音楽を聴くときはプリメインアンプだけを使うことは出来ますか?

  • AVアンプはなぜアナログアンプが多いのでしょうか

    AVアンプの購入を考えていますが、アンプ部にデジタルアンプを使っているものは少ないようで、調べたメーカーの普及価格帯~中級クラス(20~30万円)のものはディスクリート構成を売りにしているアナログアンプが多いようです。 さらっと調べた中でデジタルアンプを使っているものはパナソニックSA-BX500とソニーTA-DA9100ESしかありませんでした。 メーカーのHPを見ても、「ディスクリートアンプ」という表記は多くみられますが、あえて(わざと?)アナログとは書いていないものが多い気がします(普通ディスクリート構成のアンプはアナログアンプですよね)。 製作側がアナログアンプに合わせた音声で映画を製作しているとかいう話も聞きましたが、これも理由としては弱い感じがします。 アンプの数や価格、発熱、消費電力を考えるとデジタルアンプを使うほうが合理的な感じがしますが、なぜアナログアンプを使った製品が多いのでしょうか?

  • プリメインアンプとAVアンプ

     ”プリメインアンプ”と”AVアンプ”というのは、別物なのですか??違うとしたら、一体何が違うのですか??  どこかのHPで「プリメインアンプのほうが、AVアンプよりもいい音が出せる」って書いてあったんですが、それはどういうことなんですか・・・??  超初心者的な質問ですみません。どんなことでもご回答いただければ、助かります。

  • AVアンプに旧ピュアオーディオ用のスピーカーに接続すると良くない?

    先日、プリアンプが調子が悪いので某大型電気ショップに見に行ったのですが、AVアンプに旧ピュアオーディオ用のスピーカーに接続すると良くないと説明を受けました。 用途としては、大型液晶テレビのホームシアターシステムもどきと音楽用の共用で使っていました。(音には満足していました) アンプだけAVアンプにすると音質が悪いのでスピーカーもデジタル対応のスピーカーにするかピュア用のプリアンプにした方が良いと云われました。 長年オーディオから離れていたため疎くなっていますので、よく意味がわかりません。 正直、普通に聞ければいいと思っているのでできればAVアンプだけのほうが安く済むためAVアンプだけにしたいのですが店員の説明が気になって踏ん切りがつきません。  そのあたりわかる方いらっしゃれば、よろしくお願いします。

  • AVアンプに追加するアンプに関して

    色々探したのですが、いまひとつ的を射ないので 初めてここで質問をさせていただきます。 最近、2~30年前の中古品で固められたオーディオ類を 刷新しようと思い、入力機器も増えたのでAVアンプを買いました。 機種は「ONKYO TX-SA604」です。 音の解像度が上がり、バランスも概ね満足ではあるのですが 低音域に関してのみ、以前のプリメインアンプに遙かに劣っています。 スピーカーのバスレフから空気として出てくるような低い音域が 音量を上げても鳴らず、少し上の低音域が妙に響いています。 購入店やその他の店に行って聞いたところ「それがAVアンプの限界」 というような解答が多かった為に、AVアンプで鳴らす事を諦めて フロントのみをPREOUTさせて別のアンプで鳴らそうかと考えています。 候補として 「パワーアンプ」もしくは 「パワーアンプ部を切り離して使えるMAININ端子を持ったプリメインアンプ」 があるのですが、この使用法の場合のそれぞれの長所・短所を 教えていただきたく思います。 現在フロント用として使用しているスピーカーは2組 MAIN「ONKYO D-77XG」、SUB「SCANDYNA(A25?)」 主に聞くジャンルは フュージョン・ファンク・フュージョン・ジャズ系クラブミュージック となっています。 特にクラブミュージック系は、低音が出ないと醍醐味が減るもので… お分かりの方がいましたら、よろしくお願いします。

  • AVアンプとプリメインアンプとの接続

    質問を見て頂いてありがとうございます。 検討している点について、質問させて頂きます。 現在、ONKYO製TX-NA809というAVアンプを使っています。 そのAVアンプのプリアウト端子から、プリメインへの接続を考えています。 その元となったのは、↓のサイトです。 http://www.e-onkyo.com/info/archives/hometheater/050422191122.html これを参考に考えていたのですが、A-1VLはもう製造中止みたいで…。 ただ、プリメインアンプをパワーアンプとして機能させて音質向上を図ることは理解できました。 ちなみに聴いている音源は、iPodにND-S10を接続したFLACが中心です。 さて、結局どこかでアナログ変換していると思うのですが、そのDACはAVアンプとプリメインアンプのどちらを使っているんでしょうか。 また、A-1VLのようなプリメインアンプで、5万円から10万くらいまでの好評判な製品はありますでしょうか。 パイオニア製の新製品A-30を勧められましたが、条件的にはピッタリなので気になっています。 ただ、塗色が黒色の製品が好みなので、もう少し探してみようと思っています。 A-1VLの後継機種があれば即決なのですが…。 オークションで今からA-1VLを探すのも検討しようかなとも思っています。 判る範囲だけでも結構ですので、宜しくお願い致します!

  • フルデジタルアンプのおすすめを教えて下さい。

    フルデジタルアンプに興味があります。タイプがいくつかあるときいたことがあるのですが、スピーカーに出力する直前にアナログ変換するタイプで、そこまではフルデジタルで処理するものを探しています。できればAVアンプではないものが良いです。(ピュアオーディオアンプ)おすすめを教えていただけませんか?価格は3万~20万位です。ない場合はAVアンプでもかまいませんので、同様の条件のおすすめをお願いします。