日本国民皆中流階級

そんなの、この今の日本にはありません。 いたずらに学歴だけが高いだけ。就職さえできないのに・・・。 私は許せませ...

Hexa-6 さんからの 回答

  • 2011/01/30 18:53
  • 回答No.9
Hexa-6

ベストアンサー率 25% (47/186)

>結果としてあの選挙で民主党が政権をとった。
>つまり、我々国民が選んだことになるのです。責任は国民にある。
>それが『議員内閣制』の怖さなのです

簡単な話。

国民は鳩山に期待して票を投じた

ところが小沢がしゃしゃり出てきてぐちゃぐちゃにした。


おまけに鳩山は期待どおりの政治手腕を持ち合わせず気まぐれ発言に終始

今もそうだが、政治的混乱の元凶は小沢である
お礼コメント
noname#136267
ありがとうございます。
簡単な話だから怖さがある。
当然至極だろうが、だから国民もきちんと権利を使って、やっていく時がきたのでしょう。
投稿日時:2011/01/30 19:02
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 日本の政治家は最精鋭であり、彼らに投票した有権者は賢者? 政治

    次の文章は正しいでしょうか? 政治家の頭脳は日本でもトップクラスの英知であり、最精鋭である。 日本の国政を担う政治家の経営能力は、世界的企業の経営者のそれをはるかに上回っている。 これは、与党、野党、いずれの国会議員でもそうである。 なぜなら、そうでなければ彼ら政治家に国家の舵を任せられるはずがない。 また、特に現在の首相の頭脳、経営能力は間違いなく日本最高である 現在の日本の首相が、仮にトヨタを10年前から経営していれば、今ごろ売上は、現在の二倍、経常利益は四倍であっただろう。 よって、選挙で彼らに投票した有権者は皆、賢者である。 これは間違いなく事実であり、真実である。 日本国民は皆、勉強熱心であり、知的レベルが非常に高い。 批判するだけでなく、様々な問題をスマートに解決する優れた提案を行っている。 礼儀正しいだけでなく、ユーモアやコミュニケーション能力に優れ、相手を思いやる精神にあふれ、紳士淑女である。...

  • 日本国民全員が疲弊してます・・・・ その他(社会問題・時事)

    出来ましたら政治家の方に質問致します。尚この質問の解答をされる方は政治家の方にお願いいたします。又為り済まし政治家の方はお断り致します。(解答OKの方は、市町村議員・都道府県の議員・国会議員・行政員・高官)です。各放送局や新聞各紙などで報道されている内容には芯の政治的内容が、はっきりと国民に伝えられてないような気が致します。そしてこの先日本の社会が、このままでは衰退していくようにしか感じられません。職の問題、など大手電気関連会社の大リストラや政治家のトップに近い議員問題、デフレ問題高齢者の保険問題、電気料金問題、数々のいろいろなトラブルの問題、本当にこのままでは日本政治沈没にもなりかねないのではないでしょうか???このような疲弊した日本を、どのようにして立て直すのか?在る小さな国のトップの方が、幸福のある国です、と言ったように早く日本中の国民にも言えるように日本国を、立て直して頂きたいのです。その道筋過程を、日本国民に示すことが、一番の安心感を感じるのではないでしょうか?その過程をお聞きしたいのです。そんな事は、野田総理でなくては言えないと言うのではなく例えて言うなれば、江戸後期の時代に現れた坂本龍馬のような日本を洗濯できる人物であれば大感激なんですけど!!!如何でしょうか??? ==============================================================================================                     禁止事項表記です。 ■その他荒らし・享楽目的と判断される投稿 成りすまし・身分詐称・会員IDの共有 架空の人格を偽り、他の会員または利用者に混乱を招く投稿は、禁止いたします(家族または友人同士などで、単一の会員IDを共有する行為も、成りすまし・身分詐称ともみなされる場合があり、他の会員に混乱を招くなど迷惑になりますので、ご遠慮ください)。...

  • 現代日本の権力の分立方法 (菅直人氏の「三権分立」発言をうけて) 政治

    2009年10月15日に、NHKのクローズアップ現代に出演していた民主党の菅直人氏の発言をきっかけに、現代日本の権力の分立のしくみについて疑問がいろいろと出てきました。 以下の私の認識がそれぞれ妥当かどうか教えてください。 (議論をしたいわけではありません) 1. 菅直人氏は「三権分立とは、憲法のどこにも書いていない」と発言しましたが、実際に「三権分立」という言葉自体は憲法に書かれていない。 2. ただし憲法には、立法、行政、司法の三種類の権力をそれぞれ定めていて、これはすなわち「三権分立」を定めていると解釈するのが妥当である。 3. 日本は代議制を採用し、国会では政権党などから内閣総理大臣を選出し、内閣総理大臣(=国会議員)が各大臣を選ぶ(多くは国会議員)。すなわち行政と立法とが一部で融合している。つまりそもそも厳密な意味での三権分立ではない。 4. 今までは(現在も)、行政の立場にいる公務員(俗に言う官僚)が、立法に対して大きな力を持っていた。その是非はさておき、これも行政から立法への侵入と考えられる。 5. 一方で、「政治主導」を掲げて総理大臣や各省庁の大臣が行政府を今まで以上にコントロールしようとする方法は、それはそれで(是非はさておき)立法の側にいる議員や政党の意向を(少なくとも今までより)強く行政側に行使することで、立法から行政への侵入と考えられる。 以上5点です。 すべてにお答えいただけなくても結構です。 これらの認識が妥当かどうか教えてください。...

  • 議院内閣制 政治

    日本の議員内閣制は、与党自民党の国会議員はほとんどの人が政務官・副大臣・大臣に就任しますが、日本以外で議院内閣制を採用している国でも与党の国会議員みんなが当選回数によって政務官・副大臣を経て大臣になっているのでしょうか?...

  • 「三権分立」と「政治家と議員の違い」 政治

    「三権分立」と「政治家と議員の違い」 学校の社会で習った通りに言えば、日本は三権分立という考え方の下で、「行政」「立法」「司法」に権力が分かれていますよね。 ですが、行政のトップである内閣を構成するのは、立法のトップである国会から選出されます。 つまり、行政は実際のところ立法の下にあるとは言えませんか? 果たしてこれで三権分立と言えるのでしょうか? どなたか解説をお願いします。 また、これに付随して、もう一つ質問させてもらいます。 政治家とは、読んで字のごとく政を治める人のことですよね。 であるならば、政治家とは、行政を司る内閣に所属する人達だけを指す言葉ではないでしょうか? 国会議員を指して、政治家と呼ぶのは間違ってはいないでしょうか? もしも、国会議員も政に携わっているから政治家で間違いない、と言うならば、それは三権分立に反しているのではないでしょうか? どなたか解説をお願いします。 一挙に二つの質問ですが、どうかよろしくお願いします。...

ページ先頭へ