-PR-
解決済み

アウトドアでの使用に適した(環境に優しい)洗剤を教えて下さい

  • 暇なときにでも
  • 質問No.6379
  • 閲覧数1375
  • ありがとう数25
  • 気になる数0
  • 回答数11
  • コメント数0

お礼率 13% (14/102)

分解されやすく環境に悪影響を与えにくい、アウトドアでの食器洗いなどに適した洗剤を教えて下さい。できれば身体等も洗えるやつなら尚嬉しいです。
通報する
  • 回答数11
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 27% (20/74)

私の経験をお話します。参考にして下さい。
1バケツを3つ用意する。
2一つ目のバケツに米のとぎ汁をいれ、2つめ3つめのバケツにはお湯をいれる。
3ティッシュで汚れをとったお皿などを1つ目のバケツにいれ、手または、布で、あらう。
4洗い終わったら2つ目のバケツにいれすすぎ、すすぎ終わったら、3つ目のバケツですすいてざるにあげる。
5すべて洗い終わったらバケツの水は、キャンプ場の洗い場に持っていき、ざるを下において水を流す。〈ざるは残飯をながさないため)。洗い場がないときは水源からから離れた、木の根元にざるをおいて同様に水をながしてください。
 もし米がないときは、小麦粉を水でといて使って下さい。またパスタのゆで汁でも同様に洗えます。
 また少々の汚れなら、魔法のタワシ〈アクリルタワシ、市販もされていますし、自分でも作れます。)と、お湯を用意して、流し洗いをしてください。
またこれらの方法がめんどうというときは、
1最初に、ゴムベラでお皿の汚れを取り、ティッシュでふいたあと、お湯で流して下さい。
洗剤を使わなくても結構きれいになります。

その他の回答 (全10件)

  • 回答No.5
レベル10

ベストアンサー率 32% (56/175)

登山歴15年です。
○ご要望の洗剤は販売されていることは保証しますが、生憎商品名を失念しております(回答になりませんなぁ^^;)。
 お近くに登山専門店、あるいはアウトドアショップがあれば、売っています。(体・食器OK、あるいは水を使わないシャンプーとか)

*皆さんのご指摘のように、そもそも洗剤を使わない努力も必要です。 乳幼児がいるとか初心者を連れて行くとか、いろいろご事情はあろうかと思いますので、適宜努力されて下さい。


山と渓谷社、あるいはBe-palのホームページを検索すれば、shop一覧があると思います。


  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 26% (182/678)

アウトドアの主義に関しては良くわかりませんが(笑)、環境にやさしい洗剤なら知っています。

アムウェイの洗剤なら生分解性ですから河や海に流れても水と炭酸ガスに分解され自然に帰ります。食器の汚れなら「ディッシュドロップ」が良いのですが、他のものや身体も洗える奴というのでしたら「L.O.C」がお薦めです。これは世界初の生分解性の洗剤で、すでに40年も前から作られています。一般には住宅用とされていますが、身体を洗うのも衣服を洗うのも食器を洗うのにも問題はありません。

湾岸戦争でオイルまみれになった水鳥を洗ったのも実はこのL.O.Cだったのをご存知ですか?
  • 回答No.2

pen2sanさんの言われるとおりだと思います。私はヨット乗りでキャンパーでは有りませんが、クルージングに出ても海上で洗剤や石鹸は使用しません。大型船舶と違い排水の処理をする設備を持っていないからです。自分たちが遊ばせてもらっている場所を汚してしまうなど言語道断ですから、食器などにも出来るだけ凹凸の少ないものを選び、ティッシュやキッチンペーパーでふき取るようにしています。

洗剤の代用とのことですが、川などに流すのでなければ薪や炭を燃やした後の灰が油汚れを落とすのには効果があります。

基本的にアウトドアということは普段の家庭での文化生活の大部分を犠牲にすることが前提なのでは有りませんか?

最後にどうしても洗剤や石鹸が使用したいのであればアウトドアショップやマリンショップで売っている環境にやさしいと銘打ったものが良いでしょう。有機リンや石油由来の成分を含まないものが売られています。それでも、川や湖などに直接流すような場所では使用しないことが前提です。
  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 37% (260/696)

もし、あなたが本当に自然を大切にしている方なら、
下水処理施設の無い所では石鹸、洗剤等は使われないと思います。ましてや、通常の洗剤(ABS系とかのリンが入った洗剤は特に)は使わないのが原則です。

食器等の油汚れを河川に流すとその何百倍の水が必要になります。どうしても油汚れを落としたければ川から少し離れた所の土や砂を食器にかけ、油分を土や砂に吸取らせた後、残った土を水で流します。

「身体等も洗えるやつ」との事ですが、3日や1週間風呂に入らなくても健康を害する事はありません。 入浴は施設のある所で行いましょう。

もうひとつ、「毎日の歯磨き」も歯磨き粉(?)を使わないで歯ブラシだけ行いましょう。どうしても気になる人は食塩を持参して歯ブラシに食塩を付けて磨きましょう。

これは、私が日本で一番大好きな「尾瀬」に入山する時のマナーです。尾瀬では歯磨き粉、石鹸、シャンプー等は一切厳禁です。(一時期は入浴まで禁止した時もありました。)

後は、あなたがこれから行かれる場所によってこれらの物質の使用をどこまで許すかを考えて下さい。

最後に、「洗剤より石鹸の方が自然にやさしい。」と言われています。
  • 回答No.6
レベル9

ベストアンサー率 27% (20/74)

洗剤の補足をさせていただきます。
アウトドア店にコールマンからでている環境を考えた洗剤が売られていました。体を洗えるかどうかは不明ですが、ご参考までに。
  • 回答No.7
レベル5

ベストアンサー率 33% (1/3)

 こんにちは。
 ご質問のバックグラウンドがよくわかりませんので、ご質問に対する純粋な回答をいたします。
 基本的には「香料を含まない石鹸」ということになります。
 アウトドア業界で商品化されているものとしてはいくつかありますが、モンベル社の「オールパーパスソープ」が代表的なものになります。「オールパーパスソープ」は身体はもちろん洗髪もOKです。
  • 回答No.10
レベル10

ベストアンサー率 14% (37/257)

どこまで許容できるかですね。
食器なんかティッシュで拭いてそのまま使っても
なんら問題はないですよね。ちょとぐらい脂が浮かぶかも
しれないですが、それを気にするかどうかですね
底を気にしなければ洗剤なんていらなかったりするわけですね
  • 回答No.9
レベル4

ベストアンサー率 0% (0/2)

わが家ではオールパーパスソープ(mont-bell)を使っています。
中性の液体石鹸で、植物酵素によって短期間でほぼ100%分解されると説明されています。
4ヶ月のロングツーリングでも使用しましたが、食器から顔、体まで何にでも使えます。
ただ、泡立ちが良くないタイプなのでうっかり使いすぎると顔や髪には少しダメージがあります。試してみるなら気をつけてください。
ツーリングには100円ショップのスプレーボトルを購入して、160mlの中ボトルから詰め替えて持っていきましたが、60mlの小ボトルも500円位で売られているのでそれで試してみてもいいかと思います。山用品などを扱う店で手に入ると思います。
これで参考になるとよいのですが。
  • 回答No.8
レベル4

ベストアンサー率 20% (1/5)

環境に優しいという触れ込みのアウトドア向きの洗剤はアウトドアショップで
よく見かけますが、環境を考えると感心しません。もちろん、下水道の設備がある
ところなら、この限りではありませんけどね。

参考になるかわかりませんが、私が山に行ったときにとった方法です。

食事の最後にお茶、もしくスープ、味噌汁等で食器の内側の汚れを落として、飲んでしまう。そして、パンで拭いて、食べてしまう。(パンは、ロールパンのような
やわらかいほうがやりやすいです) さらにティッシュで拭く。(もちろん,ティッシュは持ち帰ります)

体や髪は、ぬれたタオルで拭く。水を使うなら、顔を洗う程度。(これでも、最低限
の衛生は保てます)

以上です。
  • 回答No.11
レベル9

ベストアンサー率 18% (20/109)

 昔の人はみーんな灰でおさらをあらっていたそうです。洗濯も灰でしていたそうです。だから、灰でやってみてはどうですか?ただし、灰はちゃんとふるったものでないとダメですヨ!
 まだ、薪で風呂を沸かしている家も日本にありますから、手に入れれないものではないとおもいます。(うちの祖父母の家がそうだし・・・)
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ