• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

物理の理解度?

物理の理解度? 物理の参考書をみてもさっぱりなのに、先生の授業をきいてからまた参考書をみると言ってることと書いてあることは同じ(問題を解きながらの授業)なのに「なんでさっきまでわからなかったんだろう」となります。 なぜでしょうか? 自分の気付かないところで先生様の力で理解できたのか 参考書と物理に苦手意識があるからなのか 問題演習で理解できるようになったのか なんだか混乱しています 物理は解けると楽しくてワクワクしますが、わからない分野にはすごい抵抗があります・・ これもどうすればいいのでしょうか

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数46
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#232424

ん~と,「授業を聴いても,参考書を読んでも,問題練習をしても,さっぱりわかりません」というなら質問が成立しますが・・・最終的にわかってるんだからいいじゃないですか 笑。 どうしても理屈をこねたいなら, 1.参考書の独習と授業と,おなじことを2回やったので,反復効果でわかるようになった。 2.たとえばy=axという関係式では理解できなかったが,先生から言葉で「比例する」と教えられて,はじめて式が意味するところがわかった。 3.問題練習をすることで,「この種の問題ではこの関係式を使えばいい」と反射的に見極められるようになった。 >わからない分野にはすごい抵抗があります わからないものは,わからない。ぼくなら,期末試験や入試に出題されないことを祈る。(冗談じゃなくて,むかしぼくは理系で物理・化学選択ですからね)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます もうどうにかやってみます! ありがとうございました

関連するQ&A

  • 電磁気学の理解度について

    電磁気学の理解度について 前回も同じような質問をしましたが、もう少しさまざまな人の意見を聞きたいので また立てます。申し訳ありません。 自分は大学の電子工学科で、来年度に工学研究科に入学するものです。 専攻はアンテナ工学です。 それで質問があるのですが、電子工学などを勉強している学生は どれくらい電磁気学を理解している、または理解しなくてはならないのでしょうか? 理学部・物理学科のような深い理論的な面まで要求されるのでしょうか。 長岡洋介先生の電磁気学I、IIは勉強しました。 ファインマン物理学や砂川先生の理論電磁気学のような上級者向けの 書物も理解しなくてはいけないでしょうか? 正直、上記の2冊は勉強不足で全然理解できませんでした。 また、工学部と理学部の電磁気学の必要性の差も教えていただきたいです。 長くなって申し訳ありませんでした。 お時間がありましたら、よろしくお願いします。

  • 電磁気学の理解度について

    電磁気学の理解度について 自分は大学の電子工学科で、来年度に工学研究科に入学するものです。 専攻はアンテナ工学です。 それで質問があるのですが、電子工学などを勉強している学生は どれくらい電磁気学を理解している、または理解しなくてはならないのでしょうか? 理学部・物理学科のような深い理論的な面まで要求されるのでしょうか。 長岡洋介先生の電磁気学I、IIは勉強しました。 ファインマン物理学や砂川先生の理論電磁気学のような上級者向けの 書物も理解しなくてはいけないでしょうか? 正直、上記の2冊は勉強不足で全然理解できませんでした。 また、工学部と理学部の電磁気学の必要性の差も教えていただきたいです。 長くなって申し訳ありませんでした。 お時間がありましたら、よろしくお願いします。

  • 読むだけでは理解出来ず書かないと理解できません。

    資格試験の勉強などで参考書を見ているとき、 どうしても本(字を)読むだけでは頭にはいりません。 (初めての分野の勉強をする場合は特にです。  出てくる単語が聞き慣れていたりイメージがあるものは  もしかしたら読むだけでも少しは頭に入るのかもしれませんが) ノートに字を書いたりして自分でまとめたら理解度は高くなるのですが、 これはどうしてでしょうか。 出てくる言葉、単語などに慣れていないからでしょうか? イメージがないから、出てくるわからない単語に 混乱しているからとか・・・。 やはり読むだけで理解ができる人もいるのですよね? 何かコツがあるのでしょうか?

  • 夏の物理の勉強

    夏の物理の勉強 今1浪中の高卒生です。 夏の物理の勉強について2つ教えてください。 ぼくは現役生のとき物理をとっていなかったのですが、東工大に行きたいと強く思い、今年の3月から物理をはじめました。(強い意志を持って自分で決めたことなので無理だとか、そのような意見はやめてください) これまでは代ゼミの漆原先生の「面白いほど分かる~」シリーズの原子分野以外何回も読み直したり解きなおしたりして勉強してきたので、本質的な部分は理解していると思います。今の実力は偏差値60手前くらいです。 そこで、これからですが夏期講習は代ゼミで漆原先生か為近先生の物理をとろうと思います。 体験授業には行ったのですが、とても分かりやすくどちらの先生の講座にするか迷っています。 というのも一人の先生の教え方に統一したほうがいいかもしれないとも思うからです。 どちらの先生の講座にするのがよいでしょうか。 またぼく自身予備校には行っていますが、正直なところ物理は漆原先生や為近先生の参考書をやったほうが自分にはあっているような気もします。 為近先生の「基礎物理I・II」か「物理演習I・II」か漆原先生の「明快解法」の応用編(標準はやりました)を夏にやろうと思います。 この考え、選択でも大丈夫でしょうか。 他にも何か良い意見があれば是非教えてください。 アドバイスよろしくお願いします。

  • 大学の物理を理解したい

    高校では物理を履修してない者です。 大学の物理学(熱学)がわかりません・・・。 講義も教科書もよくわからない記号ばかりでてきます。 それで、質問なのですが、 大学物理を理解するには 高校物理から始めたほうがいいのか 大学物理の参考書を買ったほうがいいのか・・・・。 あと、ほんとに物理がわからないので 取っ付きやすい参考書を教えていただけたら嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 新体系物理

    新体系物理を今年から使い始めた高3の受験生です。 この問題集は理論に重きを置いていていいんですが、模範解答が少なくて「なぜ?」思うことが多々あり分かりません。 先生が高齢ということもあり、授業も良く聞こえず困っています。 そのため新体系物理が解けるようになるような参考書をさがしています。  おすすめの参考書等あればお願いします。 ちなみに記号が多すぎて混乱するというのも一因だと思い、A問題の始めを完璧にわかるように勉強しています。

  • 大学物理の勉強法について

    私は、理系学生なのですが生命科学系学部なので大学の授業で物理学がありません。そこで独学で学ぼうと思っているのですが、どこから手を付けていいのか分かりません。そこで、参考書や演習書、どの学問から勉強していけばよいのかについて助言をお願いします。 以下を参考にしてください ・学びたい分野「力学」「熱力学」「解析物理」「生物物理」「化学物理」「量子力学」「相対性理論」等。 ・高校では物理II化学IIまで理解している。 ・数学は大学1年レベルの微分積分・線形代数を一通り。

  • 物理1Bの参考書

    今高校で物理1B(波・波動)の勉強をしているのですが、 なかなか難しいのと、しっかりと理解をするためにこの際参考書を買おうか迷っています。 受験項目として取るといったことにはならないので、 授業解説、より深い理解を得られるものを探しています。 何か解説の分かりやすい物理の参考書、 又はおすすめの物理の参考書があれば教えて下さい。

  • 物理を理解する勉強

    物理の参考書について 物理の参考書について知りたいのですが、 定義の詳しい説明や公式の導出などの理解を分かりやすく書いてあるのはどの参考書でしょうか? ・はじめからていねいに ・面白いほど ・実況中継 ・解法の発想とルール 実況中継と解法の発想は少し見たことがあって 実況中継は説明重視だけど公式の導出があまりない 解法の発想は公式の導出があるが、問題重視と感じました 問題集はあるのでいらないです 化学ではじめからていねいにを使ってみて、今まで暗記だった部分も理解していくことができ絶賛しています 物理のはじめからていねいもそうなのでしょうか? また面白いほどは、導出がていねいと書いてあるのをみましたが、内容はどんな感じなんでしょうか? 教えてください お願いします

  • 物理は複数の教師のやり方で勉強したらダメ?

    高校で選択をミスってしまい、受験科目に物理があるにもかかわらず授業を受けていないので独学しているものです。 今まで一番やさしいとされている「橋元の物理をはじめからていねいに」という参考書に目を通しました。 が、独学ということもあり、理解できたところもあればよくわからない点も多々ありました。 そこで代ゼミのサテライン講座を受けようと思っているんですが、代ゼミには為近、漆原という二人の人気講師がいるそうで、インターネットの掲示板で「どちらがいい先生か?」といった議論のスレもいくつかあったんですが、結論としては「どちらもすごい先生で、どちらがいいとかは決められない。」という感じのようです。 自分はどちらの授業も受けてみたいと思ったのですが、ここで疑問が起きました。 インターネットを見ていますと、二人の先生の間で教え方に若干ではあるが違いがあるそうです。(違う人間なんだから当たり前ですよね。) そこで起きた疑問が、教え方に(多少の)差がある二人の授業を受けてしまったら、問題を解くスタンスが中途半端になってしまわないか?また、混乱してしまわないか? という恐れです。 逆に、双方の良い点を抽出して学ぶことができ、2つの違った視点で物理を学べ、理解を深めることができるのではないかという期待もあります。 ちなみに、2講座両方取るとしても、同時進行で授業を受けるのではなく、 「為近先生の授業をマスター → 漆原先生の授業も受ける。」 という風に、どちらかから順を追って受けるつもりです。 英語は複数の参考書をやることで色々な角度から英語というものを観察でき、得意科目になりましたが、物理の正しい勉強の仕方はわからないので皆さんの意見を聞こうと思いました。 長くなりましたが、質問したいことをまとめると、 「一人の先生のやり方で最後までついていったほうが良いのか、 それともできることなら複数の教師に習うことで理解を深めていくほうが良いのか」 ってことです。 尚、物理は苦手なほうだと思います。