• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

Sambaでの接続がWin側から表示されずに困っています

ホストOS WindowsXP 、ゲストOS CentOS5 という仮想環境で、CentOS に Samba を入れ、ファイル共有を試みましたが、うまくいきません。 パスワード認証なしで全ユーザの接続を単一のゲストユーザで行うための 設定を試みました。 [global]  workgroup = (windowsのワークグループ)  security = share  unix charset = UTF-8  display charset = UTF-8  dos charset = CP932 [public]  path = /public  writable = yes  guest ok = yes  guest only = yes で、/public のパーミッションは 777、所有者、所有グループは nobody です。 別のPCではこの設定でうまくいったのですが、 今回はWindows側の [マイネットワーク] > [ネットワーク全体] に 「 public - SambaServer hoge」といったフォルダや、[マイネットワー ク] > [ネットワーク全体] > [Microsoft Windows Network] > (ワークグ ループ名) > [HostName] > [public] フォルダも現れません。 どの段階でのミスなのかすら調べきれないのですが、どなたか原因と解決 案を示して頂けないでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数700
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

ゲストOSの設定が、うまくいっている別のPCと全く同じであれば、問題はXP側にあるのだと思います。 XPのファイアーウォールで必要なポートがブロックされたりしていませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

windowsのファイアウォールを無効にしても、うまくいきませんでした。 リナックスを再インストールするとなぜかうまく接続できました。コメントをありがとうございました。

質問者からの補足

[コントロールパネル] > [Windowsファイアウォール] で有効にチェックがあり、例外を許可しないにチェッ クがないことを確認し 、[例外] タブを表示。Samba に該当するものがなかった(Apacheはある)ので、一応 [ファイルとプリンタの共有] にチェックを打ってみた のですが、ネットワーク上に自分のマシンが見えるだ けで、うまくいきませんでした。 (1)Sambaが何番ポートを使うのか (2)Windows側からそのポートをブロックしない方法 を、できればご教授頂けないでしょうか。 私の回答が遅れましたが遅くまで働いているためです。 アドバイス、大変助かってます。

関連するQ&A

  • VMware WinXP Linux Samba

    初心者ですみません(VM Linux共に)。 VMware server2.0 ホストOS(WinXP) ゲストOS(Centos5.5)の環境で、ゲストOSにsambaの設定をしているのですが、上手く行きません。 sambaユーザは「smbusr」で作成しました。 ネットワークはBridgeです。 smb.confは、 --------------- [global] workgroup = WORKGROUP server string = Picounyu Samba Ver. %v netbios name = MYSERVER hosts allow = 192.168.1. 192.168.122. 127. unix charset = UTF-8 dos charset = CP932 display charset = UTF-8 security = user passdb backend = tdbsam:/etc/samba/passdb.tdb [homes] comment = Home Directories path = %H/samba browseable = no writable = yes [printers] comment = All Printers path = /var/spool/samba browseable = no guest ok = no writable = no printable = yes [public] comment = Public Stuff path = /home/samba public = yes browseable = yes writable = yes --------------- /etc/init.d/smbデーモンも手動で起動しています。 宜しくお願いいたします。

  • Sambaを使ったLinuxサーバへの、ログイン

    Sambaを使ったLinuxサーバへの、ログイン(Windows, タブレット端末からを想定)がうまくいきません。 現状の、 /etc/samba/smb.conf の中身を記載いたします。 修正点をコメント願えないでしょうか? [global] unix charset = UTF-8 dos charset = CP932 display charset = UTF-8 host allow = 192. workgroup = WORKGROUP server string = Samba Server %v netbios name = centos7 security = user map to guest = bad user dns proxy = no #========================================================== [Share] #共有させるフォルダ path = /samba/share/ #マイネットワークに表示させるか否か browsable =yes #書き込み可能かどうか writable = yes #ゲストユーザのログインが可能かどうか guest ok = yes #読込みのみとするか read only = no

  • Sambaで作るディレクトリ容量の指定 または変更することができますか。

    WindowsPCのデータをバックアップするつもりで、古いPCにCentOS5.2をインストールしてSambaを設定しました。 smb.conf に次のように書いています。 1 [global] 2 dos charset=cp932 3 unix charset=UTF-8 4 5 display charset=UTF-8 6 passwd backend=○○○ 7 8 workgroup=WORKGROUP 9 log level=2 10 log file=/var/log/samba/access.log 11 security = share 12 13 [public] 14 path=/public 15 writable = yes 16 guest ok = yes 17 guest only = yes Windowsから小さなファイルは支障なくアップできますが、少し大きいファイルをフォルダごとアップしようとすると、 「空きディスク領域が足りません」と出てファイルコピーが出来ません。 /publicディレクトリ設定時に容量を指定したり、設定後に容量を増やすことが出来るでしょうか?

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

Linux 側 から Windows XP (Vista ではない) へのAccess。 Gnome を使っているなら nautilus で 編集 > 設定 > 動作 常にブラウザ・ウィンドウ で開く -- を check を入れる nautilus を 開き直す。 Tool-Bar( ? ) の 左側に、「紙と鉛筆」 の icon が現れますので それを、click すると 「 場所 area 」 が 現れ、入力出来る様になります。 例えば smb://192.168.1.10/ とか smb://windows-1/ // windows-1 の 名前解決が出来る場合。 で接続できます。 KDE なら konqueror で 同様に出来ます。 WORKGROUP( 仮 ) としての認識は、いろいろ問題があります。 参照 http://bbs.fedora.jp/read.php?FID=13&TID=7198

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

KDEは確認していませんが、リナックス再インストール後にGnomeの場合を確認できました。ありがとうございました。

  • 回答No.5
noname#74226
noname#74226

共有フォルダ:publicに次の記述(可視化)を追加してみてはどうですか。 browseable = Yes ----- CentOS5側からWindows側の共有フォルダ・ファイルを参照する件 私の場合は samba-clientのcifsコマンドでWindows共有フォルダをmountして使っています。 要点だけ記述すれば 以下のコマンドで、Windowsの共有フォルダをマウントできます。 mount -t cifs //WindowsマシンのIPアドレス/共有フォルダ名 /マウントポイント パスワードまで含めて指定した記述例。 mount -t cifs //WindowsマシンのIPアドレス/共有フォルダ名 /マウントポイント -o username=ユーザー名,password=パスワード 実例として WindowsIPアドレス:192.168.0.10 Windows共有フォルダ名:winshare CentOS5マウントポイント:mntcent5 windowsユーザー名:user01 ユーザーpassword:pass01 であるとすれば mount -t cifs //192.168.0.10/winshare /mntcent5 -o username=user01,password=pass01 で CentOS5の mntcent5 フォルダを見れば winshare フォルダの内容が参照できます。 ※マニュアルは man mount.cifs で参照できます。 ※参照サイトは http://www.samba.gr.jp/project/translation/3.0/htmldocs/mount.cifs.8.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>samba-clientのcifsコマンドでWindows共有フォルダをmount リナックス再インストール後に確認できました。 ありがとうございました。

質問者からの補足

このアドバイスに正確に返信するには、もう少し勉強時間がいりますが 、なんの返信もしないのは失礼に当たると思い、このコメントを残しま す。 とりあえず、自宅の環境(Win側でSambaの共有フォルダが見れる環境)で上 記のコマンドを流すとエラーは出ませんでした。そしてGUIのネットワーク アイコンからWindowsの共有フォルダ(=マシン名?)が見えました。しか し、アクセスはできませんでした。これは、Windows 側からも とりあえ ず hoge.txt を置こうとしたところ、置くことができませんでしたので、 XP が HomeEdition だから共有できないのかもしれないと考えています。 このところ帰宅時間がすごく遅いので、調べるのが遅れるかもしれません が、遅くとも週末中には今回の件を通してたくさん学びます。 では失礼します。

  • 回答No.4

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Windowsのファイアウォールを無効にし、全ポートを開放しても駄目でした。 ですが、この作業を通じ、Sambaの使用ポートやWindow のポートをチェックするツールなど、学ぶことがいくつかありました。ありがとうございました。

質問者からの補足

情報をありがとうございます。 また、ネット検索でWindows側の特定のポートを開放する方法も見つけました。http://www.h7.dion.ne.jp/~minibowl/portIE.htm というところです。 今、手元に環境がないので、さっそく明日試します。

  • 回答No.3

[global] に map to guest = Bad User を追加 [public]  path = /public 最初の空白は、[ Space ] ではなく [ TAB ] が良いみたいです。 # system-config-samba で設定した方が良い様です。 // 動作すれば。私のは動作しなかった。 Fedora 9 で 作らせてみると [ TAB ] になっていた。 自分で、[ Space ] にしたものは、おかしかった。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

アドバイスをありがとうございました。 ># system-config-samba で設定 これ以外は、うまくいきませんでした。 system-config-samba での設定は、手元に環境がないため、明日調べてみます。 情報をありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#74226
noname#74226

下記に関して設定状況の説明が不足しているような気がします。 (1)Windows側 ファイアウォールを無効に設定して試しましたか。 (2)CentOS5側 ファイアウォールを無効に設定して試しましたか。 SELinuxを無効にして試しましたか。 CentOS5側からWindows側へのファイル共有はOKなのですか。(おそらくNG(No Good)なのだと推察しますが・・・)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

yumの自動アップデート時に依存関係エラーがでて、リナックスを起動できなくなり、結局再インストールし、Sambaのインストールと設定を同じように行うことで、解決しました。コメントをありがとうございました。

質問者からの補足

ご指摘の通り、情報が足りませんでした。 >(1)Windows側のファイアウォールを無効に設定して試しましたか。 有効にして例外を許可しています。ただ、この例外項目にSambaがないので チェックを打てていません。自宅マシンではないため、無効にする方法は 今はできませんが、明日試します。 >(2)CentOS5側のファイアウォールを無効に設定して試しましたか。 >SELinuxを無効にして試しましたか。 どちらも無効にしています。 >CentOS5側からWindows側へのファイル共有はOKなのですか。 これは方法すらわかりません。手持ちの書籍にものっていません。 できれば方法をご教授願えませんか。お忙しいようでしたら、検索 キーワードだけでもかまいません。 平日は業務時間が長く、返信が遅れてしまいますが、アドバイスが大変 心強いです。何卒よろしくお願い致します。

関連するQ&A

  • sambaがネットワーク上で認識されません

    sambaがネットワーク上で認識されません。 起動も、自動起動も確認しましたが、Windowsのネットワーク上の、 Workgroupに表示されません。 ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。 以下が「/etc/samba/smb.conf」の設定を変更した箇所です。 --------------------------------------------------------- [global] 74 workgroup = WORKGROUP 75 server string = Samba Server Version %v 76 93 # ----------------------- Standalone Server Options ------------------------ 94 # 95 # Scurity can be set to user, share(deprecated) or server(deprecated) 96 # 97 # Backend to store user information in. New installations should 98 # use either tdbsam or ldapsam. smbpasswd is available for backwards 99 # compatibility. tdbsam requires no further configuration. 100 101 security = share 102 unix charset = UTF-8 103 display charset = UTF-8 104 dos charset = CP932 105 passdb backend = tdbsam [public] 286 # comment = Public Stuff 287 path = /public 288 # public = yes 289 writable = yes 290 # printable = no 291 # write list = +staff 292 guest ok = yes 293 guest only = yes 294 # create mask = 0777 295 # directory mask = 0777 --------------------------------------------------------- 宜しくお願い致します。

  • Fedora3でsamba+netatalkがうまく動かない

     OS:FedoraCore3  カーネル:2.6.12-1  クライアントPC:WindowsXP Pro SP2  クライアントPC:MacOS 9.2  Samba   samba-3.0.10-1  NetaTalk netatalk-1.6.4-4 WindowsとMac間のファイルサーバとして利用したくnetatalkをインストールし文字化け対策などをしたのですが、Windowsからアップした日本語ファイルが文字化けしたのをはじめMacからアップした日本語ファイルも同様のトラブルが起きてしまいました。netatalkとsambaに関するページを参考にした設定のつもりなのですが、間違っているのでしょうか?アドバイスいただければ幸いです。 smb.confの記述 [global] client code page=932 coding system = HEX dos charset = CP932 unix charset = UTF-8 display charset = UTF-8 [work] vfs objects = cap path = /home/work/ writable = yes guest only = yes guest ok = yes netatalk.confの記述 AFPD_MAX_CLIENTS=20 ATALK_NAME=`echo ${HOSTNAME}|cut -d. -f1` AFPD_GUEST=nobody ATALKD_RUN=yes PAPD_RUN=no AFPD_RUN=yes TIMELORD_RUN=yes ATALK_BGROUND=yes AppleVolumes.defaultの記述 /home/work work

  • Sambaでユーザー毎のファイル共有

    Centos7上のsambaで共有しているディスクをWindows10で使いたいのですが上手くいっていません。 「map to guest = Bad User」にして、ゲストアカウントを強制的に任意アカウントにすれば読み書きできていますが、 Windows上の小窓からアカウントとパスワードを入れても 「このネットワークリソースを使用するアクセス許可がない可能性があります。 アクセス許可があるかどうかこのサーバーの管理者に問い合わせてください。」というようなメッセージが出てアクセス不能です。 何がおかしいのでしょうか? ━━━━━━━━━━ 前提 ━━━━━━━━━━ ■サーバー CentOS7 ■CentOS7のユーザー user1(group1) user2(group1) common(common) ■CentOS7のsmb.conf [global] workgroup = WORKGROUP unix charset = UTF-8 unix extensions = no dos charset = CP932 ; map to guest = Never map to guest = Bad User unix password sync = yes security = user passdb backend = tdbsam browse list = no [common] comment = グループ1で共有 path = /mnt/drive1/samba1/common/ public = yes writable = yes read only = no printable = no force user = common force group = common [group1] comment = グループ全員で共有 path = /mnt/drive1/samba1/group1/ public = yes writable = yes read only = no printable = no # 許可ユーザー valid users = @group1 write list = @group1 force group = group1 ■クライアント Windows 10 pro 64bit ■Windows 10 pro 64bitのユーザー wuser ━━━━━━━━━━ やりたいこと ━━━━━━━━━━ コルタナなどに「¥¥IPアドレス¥common』と入力すると、 パスワードの入力なしで、commonの中を読み書きできる。 ここまでは出来ています。 次ができません。 コルタナなどに「¥¥IPアドレス¥group1』と入力すると、 Windowsの小窓が出て、アカウントとパスワードの入力を要求される。 アカウント:user1またはuser2 パスワード:CentOS7の当該ユーザーのパスワード で、 group1の中を読み書き。

  • FedoraCore6 samba設定

    windowsのマイネットワークから「ワークグループのコンピュータを表示する」をクリックすると、以下のエラーが出ます。 "Mshomeにアクセスできません。このネットワークリソースを使用するアクセス許可がない可能性があります。" 以下がsmb.confの設定です。 ________________________________ [global] security=share unix charset=UTF-8 dos charset=CP932 display charset=UTF-8 workgroup=MSHOME [public] path=/home/share writeable=yes guest ok=yes guest only =yes _________________________________ 現状では,, サーバーにpingは通ります。 chmod 777 /home/shareによりフルアクセス権を与えています。 ワークグループを統一(MSHOME)にしています。 vi /etc/selinux/config でSELINUX=enforcing→SELINUX=disabledに変更 /etc/rc.d/smb startで起動しています。 今のところまったくの手詰まりなので教えてください。よろしくお願い致します。

  • windowsからubuntuにFTP、sambaで接続ができない。

    windowsからubuntuにFTP、sambaで接続ができない。 こんにちは。いつもお世話になっております。 今日ubuntuにて、ftp、sambaをインストールしたのですが、自分のPC(windows)から自分のPCに構築したubuntuにFTP、 sambaで接続ができません。 他のPCからは私のubuntuに接続できるのですが、私のPCからは自分のubunuに接続できないのです。 まったくの初心者でできうる限りの対策はしたのですが、一向に接続できない状態なのでどうぞ皆さまのお力を貸してください。 ubuntuのヴァージョン:8.04 自分のPCはwindouwです。 そこに仮想マシン(VMware)をいれてOSにubuntuを入れております。 ●vsftpdインストール後対応したこと (1)vsftpd.confの設定 *----------------------* anonymous_enable=YES local_umask=022 local_enable=YES *----------------------* コメントをはずしました。 (2)ポートへのアクセスの確認(iptabele -L)をしてみると、出力・転送・入力はフィルタリングされていませんでした。 (3)Firewallの設定(ufwの有効化、全ポートの許可及び拒否、ポート毎の開放) hosts.allowファイルに自分のIPアドレスを追記 ●sambaインストール後対応したこと (1)sambaで共有するフォルダを作成 『sudo mkdir /var/samba』 『sudo chown nobody:nogroup /var/samba』 『sudo chmod 777 /var/samba』 (2)smb.confに下記内容を設定 ---------------------------------------------------------------------------- dos charset = CP932 //Windows 側の文字コード unix charset = UTF-8 //Linux 側の文字コード display charset = UTF-8 //swat で表示される文字コード map to guest = Bad User //Linux に存在しないユーザーでのアクセスはゲストとして扱う ----------------------------------------------------------------------------- [share] //共有するディレクトリ名 path = /var/samba //共有ディレクトリのパス writeable = yes //書き込み許可 force create mode = 0666 //ファイル作成時のファイルのパーミッション force directory mode = 0777 //ディレクトリ作成時のディレクトリのパーミッション guest ok = yes //ゲストユーザーを許可 ------------------------------------------------------------------------------ 等の設定をしました。 windowsとubuntuのworkgroupの設定もしております。 設定を変更したら必ず再起動しています。 pingで確認すると動いてはいるようです。 このような状況ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

  • sambaの設定で不明なこと!

    /etc/samba/smb.confの中を次のように指定しました。 [global] security = share unix charset = UTF-8 dos charset = CP932 display charset = UTF-8 workgroup = workgroup [spot3] path = /home/spot3 writeable = yes guest ok = yes guest only =yes このうちspot3を[spot3]と同名にすると windowsからアクセス可能になります。これを[public]にするとできません。代わりにlinuxのクライアントではどちらでもアクセスできます。どうしてなのでしょう?そして、これは ファィルの位置としては どこになるのでしょうか? 因みに /home/spot3のパーミッションは777ですが、[spot3]や[public]には何も設定していませんし、できません。位置が不明ですから。  fedora7では # /etc/rc.d/init.d/smb startとすると SMB サービスを起動中: [ok] NMB サービスを起動中: [ok]とはならないでNMBサービスが出ません。けれども これはきちんと起動しています。 これまでのfedoraでは2つが同時に出てきたのに!何か変わったのでしょうか!てっきり これが出てこないので 間違った設定をしていたのかと 心配していました。 # chkconfig smb on はしましたが すべて 動いていることは確認できます。 以上 3点について ご指導ください。多分fedora7の中が変わってしまったのかな!と 考えています。 

  • samba ワークグループ アクセス許可

    興味本位でFedoraCore5を入れ(パーティションを分けWndowsと共存)、sambaサーバを構築したあとwindowsからワークグループに入れません。 具体的に言うと、windows起動して、スタートからマイネットワークへ行き、左の「ワークグループのコンピュータを表示する」をクリックします。 1,2分応答なし、となるのですが待っていると 「「ワークグループ名」にアクセスできません。このネットワークリソースを使用するアクセス権がない可能性があります。アクセスに許可があるかどうかをこのサーバー管理者に問い合わせてください。 このワークグループのサーバー一覧を現在利用できません。」 と表示されます。 過去にsambaに関しての投稿はあったのですがワークグループが閲覧できない、というのは無かったので違うものだと思い投稿しました。 sambaの設定は、一度はアクセス制限付きのものにしたのですがそれが原因かもしれないと思ったので誰でもアクセスできる設定にしました。 /etc/samba/smb.conf ↓ [gloabal] security = share unix charset = UTF-8 dos charset = CP932 display charset = UTF-8 workgroup = abcde [public] path = /home/share writeable = yes guest ok = yes guest only = yes workgroupは実際はabcdeではありません。ここで気になったのが、Windowsでワークグループ名設定するところでabcdeとやると大文字になります。このsmb.confのworkgourpも大文字にしなければいけないのでしょうか。 以上、サーバ構築などは全くの素人なので分からない事ばかりです。どなたかご教示願います。 ちなみに「はじめてのFedoraCore5 Linuxサーバ構築編」という本の通りにやっています。

  • sambaにWinからアクセスできません。

    現在、sambaで共有サーバーを構築しています。 過去、何度か構築しており、今回は新たなサーバーに交換するために構築しています。 しかし、奇妙な現象で足止めくらっております(ーー; /tmpにはアクセスできるのですが、共有ディレクトリとして作成したディレクトリにはアクセスができません。 smb.confは下記の通りです。 [share] path = /home/samba/share read only = No force create mode = 0666 force directory mode = 0777 guest only = Yes guest ok = Yes [share2] path = /samba read only = No force create mode = 0666 force directory mode = 0777 guest only = Yes guest ok = Yes [tmp] path = /tmp read only = No force create mode = 0666 force directory mode = 0777 guest only = Yes guest ok = Yes ディレクトリの権限は drwxrwxrwt. 19 root root 4096 7月 2 19:40 2012 tmp drwxrwxrwt. 2 root root 4096 6月 29 17:41 2012 samba [share]は drwxrwxrwx. 2 root root 4096 6月 29 15:35 2012 share /tmpは問題なくアクセスできることから、 /samba のパーミッションにもスティッキービットを設定してみましたが、結果はダメでした。 iptablesの方はきちんと設定しておりますので問題ありません。 /tmpにはフルアクセスできているので、問題はないと思います。 なお、/tmpにはフルアクセスできますが、 /home/samba/share にアクセスした場合は、その下にあるディレクトリは見ることができますが、ファイルはWinからは見えません。これも謎です。新規にファイルを作成しようとすると、 対象のフォルダへのアクセスは拒否されました この操作を実行するアクセス許可が必要です とダイアログが表示されます。 /samba にアクセスしようとしたら、ディレクトリ内は閲覧できず、 ネットワークエラー \\192.168.1.10\share2 にアクセスできません 名前のスペルを確認しても問題がない場合は、ネットワークに問題がある可能性があります。 と出ます。 まったく同じ設定で、なぜこう動作が違うのか・・・ 今までのsambaの設定でこのようなことは起こったことはありません。 完全に行き詰っております。アドバイスをお願いします。 環境 CentOS6.2 samba3.5.10-116.el6_2

  • Samba

    Sambaで困っています。 [やりたいこと] Windows側からLinuxのホームディレクトリをネットワークドライブとして割り当てたい。  → 割り当てようとすると、ユーザ名がGuest固定になって変更できない。 [状況] ・Windowsのユーザアカウント名とLinuxのユーザアカウント名は違う。 ・LinuxではGuestユーザを許可している。 ・ユーザマッピングは一応してある。 ・他の人は、自分のホームディレクトリがWindows側でマウントできているらしい。

  • CentOS6でのSamba設定について

    こんにちは。 CentOS6が出たので、今まで使っていたCentOS5.6から乗り換えようと思い、早速インストールしました。もともとRAIDを組んでSambaにてファイルサーバーとして使っていたので、同様の設定をしようと思い、RAIDの設定、Sambaのインストールまで順調に進みました。 しかし、Sambaの設定で詰まってしまいました。 CentOS5.6+Samba3.0.33-3.29.el5_6.2では、guest(Windows7クライアントからユーザ、パスワードなし)で接続できていたのですが、CentOS6+Samba3.5.4-68.el6_0.2ではguest接続できなくなってしまいました。いろいろと設定を試したのですが、うまくいかず、、、 ネットで色々と情報を検索してみたのですが、有効な情報はありませんでした。どなたかguest接続が可能になる設定を教えていただけませんか? ちなみにCentOS6はminimalでインストールしました。 参考までに、5.6のときのsmb.confを添付しておきます。 よろしくお願いします。 [global] workgroup = WORKGROUP server string = Samba Server Version %v security = SHARE passdb backend = tdbsam unix extensions = No load printers = No ldap ssl = no printing = bsd cups options = raw print command = lpr -r -P'%p' %s lpq command = lpq -P'%p' lprm command = lprm -P'%p' %j [share] path = /mnt/raid/public/share read only = No guest only = Yes guest ok = Yes

専門家に質問してみよう