• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

PEとショックリーダーの結び方について

最近PEライン使い始めた者です。 シーバス、青物、ヒラメ等の海でのルアーフィッシングにショックリーダー付けて使ってるんですが、釣行のたびにショックリーダー交換してます。 FGノットで結んでるのですが、指に巻きつけて結ぶものですから毎回30センチ以上支線(結び終わった後の切り落とす部分)を切り落としています。今までナイロンラインでダブルクリンチで直結しかしてませんでしたので、せいぜいカットするのは5センチってとこです。そのせいか、あっという間にPEラインが短くなってしまいそうで気になってます。 「ナイロンラインで何度も結びなおしたら?…結局同じじゃない?」って答えもあるかと思いますが、ナイロンは数度の釣行で巻き替えますので気になりませんでした。 もっとカットする長さを短く出来るノットはないものでしょうか? もしくはFGノットでもこうすればカットする長さを短く出来るといったアドバイスありましたらお願いします。 ちなみに私はFGノットをこちらを見て覚えました http://mori999.hp.infoseek.co.jp/fgnotto1.htm

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 釣り
  • 回答数5
  • 閲覧数6322
  • ありがとう数147

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

釣行の度にノットを組むのはすばらしいことだと思います。 サーフでやる機会が多いのであれば河川でやるよりも神経質になりますね。 砂や指先が掛る部分等で毛羽立ったところやを思いきって切る必要もあるので減っていくのは仕方の無いことかと。 私も主にFGノットを使用していますが、カットする長さは20cm程度。 やり方ですが、二つ折りにしたPEを中指又は薬指に2~3回巻きつけ、親指と人差し指を輪っかに入れます。 指に巻きつける煩わしさから開放され少しは時間短縮が出来ているかなとも思います。 こういうやり方もあると言うことで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かにこの方法なら煩わしさも減っていいですね。試してみます。ありがとうございました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • OPASU
  • ベストアンサー率20% (1/5)

一回の釣行で二回作るとして60センチ 50回行けば30メートルなくなるが、150メートル巻いたとしてキャストで80メートル飛ばして最悪魚に引っ張られても20メートル程度 自分はまったく問題ないと思う。 むしろ弱りやすい端のラインをきるのはよいことかと 糸巻き量の関係で飛距離が落ちるのではという疑念が浮かぶかもしれないが 25回使ったらラインを反転させて新しいほうにするとき下巻きの糸を足してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですね。実際あまり気にするほどのことではないかもしれませんね。ただ、フルキャスト後のスカスカのスプール見ると「ライン短くなったな~。巻きなおさなきゃ」っていうのが脳裏をよぎっちゃうんで、気分のいいもんじゃないです。(人によってはスプールがスカスカになるまでキャストして気分爽快って人も居るかもしれませんが…。)

  • 回答No.4

釣行毎にショックリーダーを交換し、ナイロンも数回の釣行で取り替えるほどラインに気を使っているgaultier-さんなのに、PEラインは定期的に交換しないのでしょうか? 私も同じFGノットなので、毎回30cm前後の支線を切り落とし、1日中釣りするときは最低でも2回はシステムを結びなおします。 でも、6~7回の使用を目処にPEラインを交換しているので、ラインが短くなったと感じたことはありません。 釈迦に説法とは思いますが、長く使った高価なPEラインより、廉価なPEラインを頻繁に交換したほうが強度的にも安定しているし、廉価PEは釣具屋でセール対象になりやすいのでコスト的にも安い場合がありますよ。 質問に対しての答えとはなっていませんが、こんな方法もありますので参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なんか痛いトコ衝かれましたね。言われてみればそうなんですが、初めてPE使い始めたものですからそんな考えありませんでした。 以前こちらで質問させていただいたときも半年~1年位使い続けるって方が多いようでしたので、ナイロンのように取り替えるものでは無いという思い込みがありました。 大変参考になりました。ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • getbass
  • ベストアンサー率12% (60/485)

私もリーダーを付けるときはSFしか使いません。慣れると早いので便利です。強度も充分です。抜けたことはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

FGより早そうなんで練習してみます。ありがとうございました。

  • 回答No.2

私は現場で早く確実なSFノットを使用していますが、使うPE支線は全体で12、3cmです。 編み込みはFGと同じですが、私は右手の指に巻き付けなくて手編み(手芸か!)していますので 実際は10cmぐらいでも問題なく結べます。 まず左手の親指、人差し指でリーダーを持ち、身体と平行に持ってきます。 その下にPEの向こう側に本線、手前に支線としてクロスさせ左指で一緒に摘みます。 そして向こうの本線を手前に、手前の支線をその上にクロスさせるとリーダーの 上にクロスされた2本のPEが下に垂れるので右手で両方つかみ時計回りに 1回転させると一番最初の状態に戻りますから、あとはそれの繰り返しです。 PEをクロスさせる際に常に左指の中に押し込むように挟んでいくと弛まずに早く結べます。 私はPEの太さによって12回から16回ぐらい巻いて最後のユニノットをしています。 PEを締め込む際は山を越さないように本線で調整しながら1号のPEで 締め込み部分が1cm位になるように仕上げています。 一気に短く締め込み過ぎたり、たっぷり唾を付けていないと熱でPEが かなり弱くなりますから、そうなるとかえって逆効果になってしまいます。 私は現場でかなり丁寧に作っても3分はかかりません。編み込み自体は3、40秒ほどです。 指に巻いてFGをしていた友人達も最近はみんな同じ編み込みでSFにしています。 以前はFGやノーネームを多用していましたが、時間がかかるのとかなり 時間が経つとエンドノットが僅かに解けていたりすることがあるので 今はSFしか使いませんが、キャスト切れやファイト切れも皆無です。 http://www.seaguar.ne.jp/strongknot/line/02sfknot.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

SFノットですか。FGより簡単そうですね。試してみます。ありがとうございました

関連するQ&A

  • ショックリーダーについて(初心者です)

    今度初めてシーバスを釣りに出かけるのですが、そこで色々調べてみるとショックリーダーを使うことがわかりました。そこで質問なのですが、今リールに巻いてあるラインはナイロン(3号 初心者なのでナイロンにしてみました)なのですがリーダーもナイロン(7号)なのですが、結び方はオルブライトノットでいいのでしょうか?また、ネットで調べるとダブルライン+ショックリーダーなどが載っていましたがダブルラインも必要なのでしょうか?それとも、ダブルラインだけでもかまわないのでしょうか?場所は湾口部です。長くなりましたがどうぞご指導お願いいたします。

  • PEとナイロンお勧めの結び方は?

    太さの違うPEとナイロン(ナイロンの方が太い)を結んで、結び目が太くならない強度のある結び方って何がお勧めでしょうか? ターゲットは2kg~6kgタイやmax8kgのハマチ~ブリが放流されている海上釣堀で、そこのWEBサイトの標準仕掛けでは「道糸5~8号」と書かれています。 行くたびに穂先に糸が絡んでそれをほどくのでまいど時間を無駄にしているので、(安い)中通し磯竿に変えまして(遠投は効きませんが、海上釣堀なので困らない)、ついでに細くて強いという触れ込みのPE糸も体験してみようと思って5号のを買ってリールに巻きました。すると、PEは腰が無くてクタクタなのでそれはそれで扱いにくい。 では、先っぽに10mくらい(いちばん深いところがそのくらいなので、遊動浮きが動ける範囲としてそれくらいあれば足りるだろう)だけ8号のナイロン糸をつけようとしました。 サージャントノットとかトリプルエイトノットを試してみましたが、うっかり結ぶと結び目が中通し竿の穂先に引っかかったり、スピニングリールのスプールの中で糸が結び目に引っかかって投げたときにスムーズに出ていかないとかさんざんな目に逢いました。特に、結び目からナイロン糸の端っこが0コンマ数mmはみ出してるのがあちこちに引っかかる。 とりあえずその場はオルブライトノットで何とか釣りをすることはできる程度にはなったのですが、本当はどういう結び方がお勧めなのでしょうか?「PEなんか使うからいけないナイロンだけでOK」というアドバイスも含めて、歓迎します。 PE+ナイロンリーダーでルアー釣りをする場合について書かれたWEBページだと、FGノットとかノーネームノットが勧められています。が、FGノットは釣行の前の晩にゆっくり結ぶのならまだしも、当日ライン切れの後に結びなおすといったシーンでは時間がかかりすぎるような感じがします。 余談ですが、大物がかかったときにラインと金具の結び目がすっぽ抜けるというトラブルの方は、パロマーノットを使うようにしたら無くなりました。

  • PEとリーダーの締め具

    PEとリーダーのノットはFGで行っていますが、締め具は皆さんどうしてますか? 自分は依然ゴムサック(100均)を使っていましたが、その後は 第一精工の締めリングを使用しています。 しかし、このリングが意外と使いづらく(上手くラインを巻きつけず)あまり使用していません。 さとうのゴムゴムも意外と高価だし、皆さんはどんな道具を使用してますか?

  • ショックリーダーはメインのPEより強い数値?

    ルアー釣りでのショックリーダーの強度に関してご質問します 仮に、PEが2.5号でMAX45ポンドの場合、 ショックリーダは35、40、50という規格があった場合 50ポンドで良いでしょうか 現在30、40と試しましたが 特に差が無い気がしますので (システムを組む時や管に結ぶ時は太いなとは感じますが) 自分が使っている銘柄の規格で最大の50ポンドで良いでしょうか 単純にメインPEに対して、ナイロンショックリーダーのほうが 限界強度が高いほうが良いのかな?と思ったりします

  • 管理釣り場でのPEラインとリーダーの結び方

    前の質問が言葉不足だったので再質問です。 管理釣り場でトラウトを対象に釣りをしています。 今はナイロンライン直結で釣りをしていますが、マイクロスプーンや縦釣りの場合、敏感に当たりをとりたい場合は、PEライン+リーダーで釣りをする人がいると聞きます。 自分は今までPEラインや、リーダーを結ぶような釣りをしたことが無くどのように結ぶのかがわかりません。 スプーンは1g前後のものがメインの場合、どのような構成になるのでしょうか? ・PEラインの太さ(lbまたは号数) ・リーダーの種類(フライのリーダーで良いのか?またはその太さ) ・PEラインとリーダーを結ぶためのノット ・リーダーの長さ その他必要なことなどありましたら教えてください。

  • ショックリーダーの長さはいくらが適正ですか

    陸からの投げでメタルジグ(50g~120g)を遠投する時、 ショックリーダの「長さ」はどのくらいが適正ですか? 適正が無ければ、どのくらいが多いですか? 因みに、掛ける魚は青物50センチクラス~1メートルクラスがメイン。 PEは1.5~3号、リーダーは20ポンド~40ポンドまで使い分けており ロッドの長さ、可能ルアー重量もまちまちで複数保有しています。 自分は現在、投げる時に指の所にはPEが来て、 ショックリーダーはトップガイドから50センチくらい入る程度で 使う事が多いです。 目的としてPEの弱点を養う為等の一般的な目的の他 遠投時に思い切り振る時に、トップガイドの部分だけは 太いリーダーのほうが、投げる時に切れたりのトラブルが無い気がするからです。 もしこれが遠投時の指の所まで太いリーダーが来ているほうが良いですか? それとも、トップガイドより外までPEでも遠投時その瞬間切れたりしないものでしょうか どちらのほうが良いのでしょう? 過去に一度だけ、青物を掛けた後、遠投したら リーダーが擦れて切れてジグが飛んで行った事がありましたが 遠投時、リーダーはロッドより外にあったほうがいいのでしょうか 自分は、トップガイドの部分に負荷がかかる気がするので リーダーがトップガイドに必ずあるようにはしています アドバイスお願いします 個人的な考えでも何でも結構です 日々の釣りの参考にさせて頂きたいので

  • 必ずPEラインを使わないといけませんか

    防波堤からルアー釣りをする場合、必ずPEラインを使わないといけませんか? やはりショックリーダーを結んだりするのが面倒です。 ナイロンのみだと使えないですか?

  • PEライン直結について・・・・

    私は、ルアーを扱う場合ほとんどのリールにPEをまいています。 最近買ったPEはダイニーマ100%で真っ白なのでさすがにこの色どうなの・・・?と ナイロン・フロロなどの「人間の」目には水中に入ると見えにくい糸でショックリーダーを付けています。 これまでは、モスグリーン系の表面加工のあるPEを使っていたので直結にしてきたのですが、視覚的なことを考えるとPEが何色でも「人間には」見えにくいショックリーダーをつないだほうがいいのでしょうか? たまに「PEは高いからルアーをつける部分はナイロンで」という人がいますが、私はそんなにPEだけが高いとは思っていません(ボビン巻きのナイロンにはもちろん適いませんが・・・」(ルアーラインは高いですからね・・・^^;) また根づれについて話す方もいますが、ラインの細さを考えればあんなもので(細いハリスを付ければ同じこと)と思います。 ↑と考えているので次にPEを買うときは表面加工で色のついたPEで直結に戻そうと思っているのですが、ショックリーダを付けることで視覚以外のメリットってなんですか?

  • シーバスのラインシステムについて

    シーバスのルアーフィッシングでPEラインを今度から使おうと思っていますがショックリーダーとの接続でFGノットが一番良いと聞きましたがオルブライトノットしかできません。(今はFGノットを練習中です。)PEラインとショックリーダーの接続はオルブライトノットでも大丈夫でしょうか?それとFGノットの時にPEラインにつけるサトウのじゅるじゅる液などがありますが、じゅるじゅる液の変わりにHの時に使うローションでも代用できますか?

  • 根ががりした時のリーダーの切れる部分について

    釣り友達がいないので皆さんにお聞きしたいのですが、 PEとショックリーダを結束してるのですが、リーダーの先にジグヘッド等を付けて、そのジグヘッドが根掛かった場合、皆さんはどこからリーダーが切れますか? 僕はいつもPEとリーダーの結束部から切れています。 ジグヘッドの結束部分からは切れた事がありません。 根掛りしないに越した事は無いと思うのですが、ジグヘッド部分でリーダーが切れると少しだけ楽になるなと思い質問致しました。 Peとリーダーはオルブライトノットで結束、 リーダーとジグヘッドはクリンチノットです。 ラインとリーダーは、 ラピノヴァエックス0.6号 バリバス ライトゲームショックリーダー(フロロ1.7号)です。 どこか改善した方が良いのでしょうか? 宜しくお願い致します。