• 締切済み
  • すぐに回答を!

電池パックの容量について

リチウムイオン電池(二次電池)について教えてください。 電池パックを購入して、満充電を行えば100%の容量分を使用できると思っていたのですが、よく、新品電池は何回か充放電を繰り返さなければ電池本来の容量に達しない(100%の容量にならない)と聞きます。これは本当にそうなんですか? いろいろなサイトで調べてみたのですが詳しく分かりません・・・^^; どなたかご教授下さい。 よろしくお願いいたします。

noname#177828
noname#177828

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2
  • j2000jp
  • ベストアンサー率42% (874/2048)

>購入した当初に満充電を行っても9割程度しか充電が出来ないとのことでしょうか・・・? 感覚的には上を上げると言うより、底を下げる(=実使用時間を増やす)と思った方がいいと思います。 人間で言えば肺活量の、「吐き出せる量」(=これは容量で決まります)を多くするというより「吸い込める量」(=実際に使える電圧)を多くするというか・・・ 要するに、満腹(と機器が思う)状態と、腹ぺこ(同左)状態との「差」が、ユーザから見た「持ち」です。 リチウムイオン電池では「メモリー効果」が無いとされていますが、実際に使う上では多少の影響はあります。 ただ、たちまち影響を及ぼすと言うより、たまーに「活入れ」をすると元気になるというだけで、とは言え、私自身はまず最初に必ず「活入れ」をやります。 これはノートPCでも同じです。 専門家ではないので、理論上のご説明は容赦下さい。 →ベイサンのサイトでかなりのリクツはお判り頂けると思います。 念のために書いておきますが、「過放電」は駄目です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • j2000jp
  • ベストアンサー率42% (874/2048)

>これは本当にそうなんですか? 本当です。 以前に書いたものです。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3487549.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 反応が遅くなり大変失礼いたしました。 以前記載されたものを拝見いたしましたが、活入れとは使用時間を増やすには適した方法であることが分かりました。 ただ、なぜ活入れを行わないと100%の容量に達せないのかが疑問です・・・。 購入した当初に満充電を行っても9割程度しか充電が出来ないとのことでしょうか・・・?充放電を何回か繰り返していくと100%の容量に近づいていく・・・?というのがリチウムイオン電池の仕組みなのですか? お手数ですが理由がお分かりでしたら教えていただけますでしょうか・・・?よろしくお願いいたします。

関連するQ&A

  • 2次電池の充電について

    2次電池の充電について教えてください。 2次電池には主に下記の物があります。  ・鉛蓄電池  ・ニカド蓄電池  ・ニッケル水素蓄電池  ・リチウムイオン蓄電池 これらの電池は、 放電深度(注1)を浅く使うことで充放電の寿命を延ばすことができるのでしょうか? ニカド電池はメモリ効果を起こすので浅い使い方は好ましくないと思うのですが、 この辺ご存知の方はご教授ください。 よろしくお願いします。 注1: 満充電から空になるまで放電させた時を放電深度100%という。 どこまで放電させたかの割合のこと。

  • リチウム電池の寿命を理論的に教えてください。

    携帯電話等で使用しているリチウムイオン電池を例にして 一般的には充電回数(充放電回数)を減らすことが長寿命に繋がると 言いますがどのような理論からなのでしょうか? 充放電を行った際、電池内部における発生熱等で電池の材質に変化が生じて 充電容量が変化(減少)するのでしょうか? あまり難しく言われると分かりませんので 分かりやすく教えてもらえませんでしょうか?

  • 電池の容量について教えてください。(eneloop、アドエス)

    こんばんは。お世話になります。 もはや1日電池の持ちがぎりぎりになってしまったアドエス(willcom,WSO11SH)を出先で充電するために、SANYO製充電器KBC-E1S(単3eneloop2本を仲立ちにして充電するタイプ)の購入を考えているのですが、その電池の容量に関して教えてください。 アマゾンのレビューなどを見ると、 携帯電話のバッテリー容量 > 単3電池の容量  であるため、電池をはめかえることなしに携帯電話を満充電することは難しいとありますが、アドエスのバッテリーは容量が1540mAh、単3eneloopの容量は1本あたり1900mAhとあります。"mAh"を自分は容量を表すものだと認識しているのですが、これならば多少時間はかかりはすれ、自己放電があるにしても1~2回満充電するには十分なのでは? と思ってしまいます。 (実際、現在持っている単3電池→FOMA携帯専用充電器では、容量770mAhのP905iを2~3回満充電できたとうろ覚えながら記憶しています) このタイプの充電器→アドエスは不便というのであれば、KBC-L2S/L3Sなど、リチウムイオンバッテリーそのものも候補に入れようと思っています。 mAhが大きいのだから単3eneloop→アドエスで満充電は可能という理屈は間違っているでしょうか? 分かる方いらっしゃったら教えていただきたいです_(._._)

  • 大容量キャパシタは電池に代わる?

    日経の記事で、大容量キャパシタの性能が向上してリチウムイオン電池に電池に代わり得るかもしれないということが書かれていました。 私には電気の知識がなくてよく分からないのですが、キャパシタって充電が一瞬で終わるけど、放電も一瞬で終わってしまうんではなかったでしたっけ。それって電池としては致命的じゃないですか。大容量だと話は違うんですか。詳しい方どうかよろしくお願いします。

  • ipad,ipod touchの電池寿命をのばす

    リチウムイオン電池の寿命をのばす方法について質問です。 リチウムイオン電池は高いうえに、ipod touchやipadは自分で気軽に電池交換ができません。 当方、ipod touchを持っているのですが、パソコン代わりに室内で使用することが多いです。ipad等のタブレット端末やノートPCでもそういう使い方が多いかと思います。 下記のア)とイ)どちらの使い方が電池寿命に有利なのでしょうか?その他の意見もお待ちしております。 ア)電源に接続して使う 充放電回数は少なくてすみますが、常に満充電状態になってしまいます。リチウムイオン電池は満充電状態使用すると寿命低下があるとのことです。(ノートPCでは満充電にしない機能もあるようですが) イ)電源に接続しないで使う 過充電や常に満充電状態になることは避けられますが、バッテリーは放電・充電をくりかえすことになりますので、サイクル数を稼いでしまいます。 http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd03.nsf/jtechinfo/SYJ0-0023B00 http://www.baysun.net/ionbattery_story/lithium13.html#story13 個人的には、充放電のサイクル(500サイクル程度)による寿命低下のほうが大きいと思うので、家庭では電源に接続して使うほうがよいのかな?・・・と思っています。 ご存知の方、くわしい方、回答をお願いします。

  • 予備のリチウムイオン電池

    携帯電話の予備のためにリチウムイオン電池を買ったのですが これは新品なので箱にいれたまま放っておいても問題ないですか? 満充電にしたまま放置したり 完全に放電しきったまま放置したり すると電池にダメージを与えるというのを読んだことがあるんですが、 また、半年に1度は充電をしたほうがいいとも書いてありましたが 新品で買ったものだからこのまま放置しても問題ありませんか?

  • リチウム電池の容量

    スマホの充電用にリチウムバッテリーを購入しました。 スマホの電池が1800mAhなので2000mAhの物を買いました。 しかし、いざ充電してみると満充電にならずに終わってしまいます。よくよくバッテリーを見てみると以下のように書いてありました。 === INPUT: DC5V 0.5A OUTPUT: DC5V 1A 内蔵リチウムイオン電池容量: 3.6V 2,000mAh 定格電圧: 5V 定格容量: 1,000mAh === ここで質問です。 (1)実は電池容量は1,000mAhしか無い?(であれば満充電出来ない理由が納得できます) (2)(1)の回答がYesの場合、パッケージに2,000mAhって書いてあるのは実は嘘ってことになります?

  • リチウムイオン電池負極の充放電

    基本的な質問かもしれませんがよろしくお願いします。 リチウムイオン電池を充放電する際に、電圧を上下させますが、電圧を下げたときが充電で、電圧が上昇したときが放電でよろしいでしょうか。 もしよろしければ教えてください。

  • リチウムイオン電池の充放電

    基本的な質問かもしれませんがお願いします。 現在、リチウムイオン電池負極のグラファイト表面被膜に 関する論文を読んでいるのですが、その実験で充放電をする際に、 グラファイトの対極にリチウム金属を用いているとありました。 その後本文中で、discharge(放電)で、グラファイト層間にリチウムイオンが挿入されるとありました。私の中では、グラファイトの層間にリチウムイオンが挿入されるのは、charge(充電)だったと思います。 なぜ、この場合はdischargeでグラファイトにリチウムイオンが挿入されるのでしょうか。 もしよろしければ、ご教授よろしくお願いします。

  • 電池の充電速度について

    二次電池やコンデンサの充電において、 「蓄電容量に比べて著しく小さい電源で充電する場合」 (例えば、数百kwh~数千kwhの蓄電池を、数kw~数十kwの電源で充電する場合など) あまりにも電源容量が小さすぎると充電できなくなると思うのですが、 目安程度にその「充電可能な下限」を求める方法はありますでしょうか? リチウムイオン電池や鉛蓄電池のデーターシートを漁ってみても、 「充放電特性」や「最高充電電流(上限値)」の記載はあっても 明確な「充電可能な下限値」の記載は見当たりません。 個人的な考えで、恐らく 「電池・コンデンサの自己放電率≦充電電力」 ならば基本的に充電可能と考えられそうな気がするのですが… ご教授願えると幸いです。