• ベストアンサー
  • 困ってます

515事件か226事件を題材した本の名前

とある本を探しています。 おそらく政治小説だと思うのですが、昭和におきた5.15事件や2.26事件のころの政治情勢を題材にした小説なんですが、タイトルも作者もわかりません(というか忘れてしまいました)。 1986年か1987年の初旬頃に発売されたもので、当時朝日新聞の広告にこの本が載っていました。当時、上巻と下巻に別れていたと思います。 タイトルは日本語で「○○の○○」みたいな短いものです。 こんな情報ではむつかしいかもしれませんが、わかりましたら是非教えてください!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • mshr1962
  • ベストアンサー率39% (7418/18948)

その近辺で発行された本ですが、上下巻ではありません。参考まで 青柳利之/高砂滋子「首相官邸の血しぶき―生々しい総理官邸の悲劇体験実録」 ISBN:9784795232433 迫水久常「機関銃下の首相官邸―二・二六事件から終戦まで―(新版)」 ISBN:9784770402646

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 どうやら三好徹「興亡と夢」のようでした。 全然上下巻でなくてすみません。 御紹介いただいた書籍も読んでみます。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

まったく自信はないのですが、 寺内大吉さんの 「化城の昭和史―二・二六事件への道と日蓮主義者」 かな?と思いました。 上巻のあらすじ 昭和七年二月十六日、奉天で開かれた満洲建国会議の会場に「南無妙法蓮華経」と大書した垂れ幕が下がった。一体、満洲建国と法華経はどう関わっていたのか。さらに血盟団事件、五・一五事件…と進む日本ファッシズムの形成過程で顔を覗かせる石原莞爾、北一輝ら日蓮主義者たちはどのような役割を果たしたのか。日蓮主義を通して戦前を見直した異色の長篇。 下巻のあらすじ 昭和十一年、磯部浅一、村中孝次、安藤輝三ら日蓮主義の青年将校たちが蹶起し、二・二六事件勃発。彼らが目ざした終着点とは一体何だったのか。鎮圧に回った石原莞爾を始め、木戸幸一、真崎甚三郎、武藤章らの手記を基に新資料も交えて事件の全貌に迫る。日蓮主義者たちの行動を軸に、日米開戦、敗戦へと突き進む昭和史のクライマックスを捉え直した力作。 違っていたらすみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 参考になりました。ただ自分なりにその後、調べてみたところ、どうyら三好徹著の「興亡と夢」のようです。 昭和史全体を題材にした内容のようです。 ご紹介いただいた書籍も是非読んでみたいと思います。

関連するQ&A

  • ナポレオンの歴史小説

    ナポレオンについて書かれた歴史小説が2,3年前どこかの文庫で上巻、下巻で出ていたように思います。作者名はわかりません。どなたかどの出版社から出ていたか?作者名わかる方いませんでしょうか?

  • 泣ける!本を紹介してください!

    このまえの「世にも奇妙な物語」の「過去からの日記」を見て久しぶりに涙がでました… あれ以来また感動したくてたまりません!どなたか泣ける本を紹介してください! ちなみに自分は高校2年の男です。映画化された頃に「半落ち」を読んで以来本は読んでおらず(ちなみにこれも泣きました)、部活などで時間もあんまり割けないので「上巻」「下巻」とかに分かれてたりする長い話しのは今回は外してください。アマゾンとかで見た感じだと「いま、会いにゆきます」とかが面白そうだなぁっと思うのですが・・・

  • 本のタイトル教えてください。

    何年前のことがよくわからないのですが、日本人の男が外国人の親子を殺して食べてしまう、という事件を題材にした本があると聞きました。殺された親子は確かパリ人だったと思います。この本のタイトルと著者を教えてください。お願いします。

  • 誘拐を題材にしたアメリカの小説

    10年ほど前、何となく図書館で読みかけたアメリカの誘拐小説が面白かった記憶があるのですのですが、題材も内容もすっかり忘れました。 同じ小説を探すのはかなり困難ですが、お勧めの誘拐を題材にしたアメリカの小説をお教えください。よろしくお願いします。 また、映画「誘拐」の原作本があればお教えください。よろしくお願いします。

  • 本のタイトル

    昭和63年に起こったコンクリート殺人事件を題材にした漫画があるという話をどっかで聞いた記憶があるんですが、その本のタイトルと出版社名を教えてください。

  • 本のタイトルを教えてください。

    どんな本なのか読んでみたくなったのですが、タイトル等が全く思い出せません。ご存知の方居られましたら教えてください。 ・「青いくま」という言葉がタイトルに含まれている(唯一覚えている部分) ・厚めの新書サイズ ・水色(青?)の表紙 ・平成17年1月下旬頃発売(1月25日本屋で新刊棚で見かけた) ・当時上巻のみ発売されていた 「青いくま」で色々検索してみたり、色んな出版社で発売日を特定してもみましたが結果が得られません。 見かけた日は自分の日記にメモしていたものの、何故タイトルを全部書かなかったのか…。宜しくお願いいたします。

  • 金田一少年の事件簿のトリック

    一つ前のkoz01さんの「おもしろい推理小説を教えてください」に答えて思ったことなのですが、少年マガジンの「金田一少年の事件簿」で島田荘司さんの「占星術殺人事件」や「奇想、天を動かす」のトリックが使われていますが、これはどういったことなのでしょうか? 作者(もちろん小説)の許可は得られているのでしょうか? 連載当時(最近は読んでいませんが、)はそんなことはどこにも書かれていなかったような気がしますが・・・

  • 以前読んだファンタジー小説の名前がわかりません

    小中学生の時(5年くらい前)に読んだファンタジー小説で、今気になっていて探しているものがあります。 作者名や本のタイトルは思い出せないままです(^_^;) 分かっていることは、以下のことだけです。 ・当時(5年くらい前)、2巻あたりまで出ていた ・一冊一冊がとても分厚かった ・ハードカバーではなく、表紙の絵は男の子がかいてあった ・海外ものでマイナーのため、入荷が遅い ・本のタイトルは多分主人公の名前 ・主人公は、母親?乳母?を追いかけて違う世界に行く 何かわかることがありましたら回答おねがいします。

  • あなたにとって『最高の1冊』を教えて下さい。

    あなたにとって『最高の1冊』を教えて下さい。 本を読むと言ってもその内容は一般的な小説であったりライトノベルであったり実用書であったりと様々だと思います。私は通勤途中の電車の中で本を読んでいる人をよく見かけます。そんな時、その本は私が知らない本でもしかしたら物凄く面白い本かもしれないなどと考えてしまい、なんとか本のタイトルだけでも知る方法はないものかと思考を巡らせ、当然ながらそんな物は無いのだと結論を出して諦めるに至ります。 そんな訳で、あなたにとっての最高の本を教えて頂けないでしょうか。それは例えば今までに読んだ中で一番面白いと思っている小説、これが無ければ今の自分は無かったというような運命の1冊、もしくは特別な思い入れのある本など、何でも構いません。 これを機会に色々な面白い本に出合えたらいいなと考えています。宜しくお願いします。 ■以下テンプレ■ タイトル『○○○○』 著者:○○○○ ジャンル:○○○○ ■テンプレ終わり■ ちなみに私は以下のようになります。 タイトル『ジュラシック・パーク(上巻)(下巻)』 著者:マイクル・クライトン ジャンル:SF

  • 本のタイトルがわかりません

    20年以上前に読んだ本のことをふと思い出したのですが、タイトルも作者さんの名前もわかりません。 ご存じの方がいらっしゃったら教えていただけないでしょうか? 舞台はたぶん北海道(札幌?) 二人の大学生が身寄りのない小さな女の子を拾って育てます。 たぶん、殺人事件か何かも絡んできたと思います。 少女が年頃の娘に成長した頃、親代わりの彼らは彼女に恋をし、プロポーズします。 しかし彼女は、その一方の男が事件の犯人だと言うことを知っていて・・・ みたいな内容だったと思います。 かなりあやふやな記憶なのですが、もしおわかりでしたら、よろしくお願い致します。