• ベストアンサー
  • 困ってます

ミニシアターの意味

ミニシアターの意味がよく分からないのですが、音楽でいうインディーズみたいなものですか? つまり 「配給会社の規模が小さいので、大手(フォックスやWBなど)みたいに積極的な広報活動によって認知度を高める事ができない。しかし利益を意識しなくて良いので、監督が自由に作品を作れる。」 ということで合っていますか? 例えば「アメリ」がミニシアターだとすると、東宝、東映、シネコンなどの大きい所ではなく、小さい映画館でのみ上映されたということですか? あと、ツタヤでミニシアターコーナーがあるのですが、なぜかヨーロッパ系が多い気がしました(それもアクション映画は皆無)。アメリカや日本でもインディーズの作品(配給会社の規模が小さい)がたくさんあると思うのですが、これらはミニシアターとは言わないのですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

全国の映画館は系列化されています。大きくは、東宝洋画系、松竹洋画系、東宝邦画系、松竹邦画系、東映系の5つです。それぞれが、さらに有楽町の映画館を中心に系列化されています。東宝洋画系の中でも、日劇系、日比谷映画系などという具合にです。日劇で、例えばスターウォーズがかかると決定すると、全国でどの映画館でスターウォーズが掛かるかが「自動的に」決定します。東京で日劇なら、大阪は北野劇場、広島は広島宝塚、といったようにです。言い換えると、北野劇場では常に日劇と同じ映画が上映されている。この自動的にあらかじめ決まっているのが「系列」たる所以です。 (余談ですが、WB配給作品は東宝洋画系では掛からないという特徴があります。昨今、WB作品に大ヒット作品が多いので、松竹洋画系は潤っています。) シネコンはこの系列には組み込まれていないのですが、実際には系列の上位(集客力のある系列)から順に上映映画がプログラムされています。よって事実上系列の影響下にあるといえます。 ミニシアターというのはその系列に影響されない上映の仕組みと言えます。 監督が自由に作れる、というのは結果的にそうなっていますが、まあ、実際には作る段階で映画館が決定しているわけではないので(例外として決定している例もあると聞いた事がありますが)、「自由に作った映画を(たまたま)ミニシアターが発掘(?)し、上映する」という形態ではないかと思います。 それから、これは配給会社の大小ではなくて、作品の大小によると言った方が正しいと思います。大手のWB配給でミニシアターという場合もありますので。大手配給でも作品が小さければその作品の宣伝費が小さいという意味では同じです。結果的に小さい配給会社の作品が多くなってます。ミニシアターで掛かる映画として、米の非メジャースタジオ製作ものやその他の国のものが日本の非メジャー配給によって供給される場合、米のメジャー製作で日本の非メジャー配給による場合、米のメジャー製作で日本のメジャー配給による場合の3種類のケースがあるという事です。 それから、もう一つ欠かせない特徴として、各ミニシアターは一定期間の独占上映権を取得しています。これがミニシアターが成立する重要な要素で、「首都圏で1箇所だけ」という事で、横浜の人も千葉の人もその映画館に来る事になります。 ヨーロッパ映画が多いのは最初に記した洋画系というのが実際には=ハリウッド系となっているからであり(大手配給が全てハリウッドメジャー)、それ以外はおのずとミニシアターとなっているからで、それ以外ではヨーロッパの映画が多いのでほとんどヨーロッパ映画が多くなるのではないかと思います。まあ、アメリカでもバッファロー66とか日本では下記で出てましたがピンポンとかは系列に入ってないのでミニシアター系という事になります。 映画の集客は乱暴に言えば、宣伝と口コミ。口コミ(雑誌などの映画評、TVの映画紹介コーナーなど含む)の比率の高いミニシアター映画は本当にいい映画じゃないと集客できないので、いい映画が多い(無論、系列にもいい映画はあります。が、良くない映画もごまんとある)という理屈は成り立つと思います。それで、「ミニシアターは外れが少ない」と考える「ミニシアターファン」が生まれ、例えば「シネマライズははずれがない!」と考える人が出てくれば、これはもう、作品ではなくその映画館の「映画選定眼」にファンがつくという現象で、これぞ、ミニシアターの真骨頂と言えるのではないでしょうか。 しかし、ミニシアター映画で成功した監督はすぐメジャーに上がりますから(「メメント」の監督が「インソムニア」など)ミニシアターは常に「発掘の日々」という事になっちゃうんじゃないでしょうか。ペルージャが発掘した中田英が翌年メジャーのローマとかに似てますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

 あくまで私の主観ですが。  映画の製作会社や配給会社ではなく、ある映画館を指してミニシアターと呼ぶような気がします。つまり、「そこでしか観れない映画」を観れるのがミニシアターかと。  音楽でいうならば、言わば「新宿ロフト」みたいなもんかと。  とはいえ、最近のミニシアターはチェーンを組んでいるので、結構同じ映画がかかっていたりします。例えば、「ピンポン」とか。  ミニシアターでかかる映画はヨーロッパ系が多いように思いますが、最近はアジア映画も結構かかっています。発掘される映画が広がったのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しいご説明ありがとうございました\( ^o^ )/

  • 回答No.2

gooの国語事典では小規模の映画館(300席以下)となっていますが。これとは別の事かな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しいご説明ありがとうございました\( ^o^ )/

  • 回答No.1
  • kanten
  • ベストアンサー率27% (479/1747)

ミニシアター(単館系の映画館)とは、日本全国で一斉に上映される ロードショー作品を扱う大手映画会社の映画館に対して、 ある作品をその映画館単独で上映する映画館のことです。 劇場の大きさや収容力は関係ありません。新作旧作を問わず、 映画館が独自に選んだ良質の映画を提供してくれます。また、 監督や俳優、特定の国を取り上げてその代表作を多数一気に公開したり、 過去の名作をリバイバル上映したりするなど、企画上映も頻繁に 行われます。さらに一週間から二週間で上映作品が入れ替わるうえ、 昼間の上映とは別にレイトショーやモーニングショーも行われて いることが多いので、ミニシアター一館で多くの映画を楽しむことが できるのです。 ミニシアターについて、下記HPより抜粋です。

参考URL:
http://www2u.biglobe.ne.jp/~m-chop/intro.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しいご説明ありがとうございました\( ^o^ )/

関連するQ&A

  • ミニシアターにくる映画は?

    私は地方都市に住んでますが、かろうじて1件、所謂ミニシアターがあり、 観たいと思う映画は殆どそこに来ます。 しかし、上映期間も短く、本当にガラガラ(2~3人のことも)だったりします。 他にもミニシアターはあったのですが、相次いで閉鎖されました。 あと、主にリバイバル上映とかしてる、やはり小さなシネマもあります。 シネマコンプレックスというのは、最近またできました。 シネコンにくる映画は、全国一斉封切り(ロードショー?)の大手資本の映画で、 ミニシアターにくる映画は、大手の映画製作会社ではなくて、お金かけてない (お金かけられない?)映画ってことですか? 製作会社、配給会社?の問題なんでしょうか?

  • 都内でのミニシアター映画館

    札幌にシアターキノという小さなミニシアター系の映画館があります。 小さい映画館ながらも上映作品は多く 私的にはツボな作品が上映されていました。 http://theaterkino.net/ 似たような映画館を都内で探しているのですが 結構どのミニシアター系の単館映画館も上映作品が少ないので… 御存知の方がいらっしゃいましたら 教えていただきたいです 宜しくお願い致します!

  • オススメ!ミニシアター系映画を教えてください。

    全国ロードショー系ではなくミニシアターでしているような映画でオススメな作品があれば教えてください!!前のでも現在上映しているのでも構いません。よろしくおねがいします

  • 映画として扱われる条件はなんでしょうか?

    たいへん聞きにくい質問なのですが 私の住んでいる市内にはまだシネコン以外の映画館があります。私はシネコンより映画館の建物や配給会社、歴史にすごく興味があります。 それで以前から知りたいなと思ってたのですが洋画のポルノ映画はもうなくなってしまったみたいなのですが(配給してないだけで本国では製作されてるのかな?)邦画ではまだまだその手の作品は劇場上映されています。ある時こそこそとポスターを見に行き配給を確認しました。確かエクセスと新東宝がありました。 でもこの手の作品は all cinema online とかで検索できないですよね?以前の日活ロマンポルノは映画として all cinema online にも登録されているのになぜこの手の作品は映画としてみなされないのでしょう? (個人的には確かに日活作品なんかと違う気がして映画に入れてしまうとなーんかまずい気もするのですが区分する理由がわからないんです) 昨年「セイレーン」が普通映画として公開されその後、成人映画専門館でも上映されていたようですが、この作品って映画なのかビデオなのかそれとも上記のように映画とみなされてないのか・・・どうもわかりません。 (特に「セイレーン」がどうのこうのという意味ではないです) 映画に仲間入りするのにどういう基準があるのでしょうか? ご存知の方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

  • ミニシアターと映画会社

    自分が住んでいる所のミニシアターは特定の映画会社を上映しないんです。例えばメディアスーツやムービーアイなどいくらその会社の作品をリクエストをしても流す気はなく、それところか、元アルバトロスの叶井さんが関わった映画をよく上映してくれてます。(「SAW」とか「スーパーサイズ・ミー」はまだわかるがなぜ「いかレスラー」まで…) これってやはり映画会社の営業の力なんですか? それともただの館主の怠慢なんですか?(ちなみにその二社はその映画館のHPのリンクページにも載ってません)

  • 都内のオシャレな映画館知りませんか?

    最近東京に引っ越してきました。 東京に来てシネコンでしか映画を見たことがないのですが もっとこじんまりしていて、オシャレな映画館があれば言ってみたいえす。 確かTVで喫茶店と一緒になっているような 小さな映画館があると言っていました。 確かそこはミニシアター系を上映していました。    どこかいい雰囲気の映画館教えてください

  • ミニシアターへのSNSの影響

    私は元々、ミニシアター系の(暗い?)映画が好きでよく観に行っています。 最近ロードショーは不調だけれど、SNSの影響で(映画好きな人が感想などを発信して、さらにリツイートなどで広まる)ミニシアター系は結構人が入っているというような記事を見ました。 (その記事自体は今見つからないのですが) 確かにいつも、人数を数えてしまうほどだった映画館で(そしてたいていは10人未満)立て続けに超混雑した状況に出くわしました。 岩波ホールの「大いなる沈黙へ」などは恐ろしいほどの混雑で、今調べてみたら他館での上映が決まったと書かれていました(しかもヒューマントラストシネマ有楽町で!) ジャック・タチの映画祭もこれまた異常な混雑ぶり。(まあ元々こちらは根強いファンが多いのですが) 私も映画系のフォローが多いので、あまりに多くのつぶやきを目にするとちょっと焦って観に行ってしまうという傾向は少しあるかなーと思っていました(ホドロフスキーの「リアリティのダンス」などはまさに!コレ。今まで自分では出会えなかった衝撃的な作品でした) 前置きが長くてすみません。 実際に映画好きの方でSNSの影響で、今までだったら行かなかったような映画を観に行ったなあという感覚があるかどうか教えてください。 元々偏りがあったものがさらに強まっているような気もして、まあ好きなものを取り込めばいいのですが。

  • 映画のチラシはなぜ上映になると無くなるんでしょうか?

    こんばんは。 試写会などでも配布される映画のチラシなのですが 上映日前日までいっぱいあっても上映日になると無くなっていますよね? ある人が「それは配給会社がそうしてるんだよ」といつか聞いた覚えも あるのですが、やっぱり配給会社というより劇場側の判断ですよね? シネコンなどでは上映中のチラシも置いてあった方が宣伝になると思う のですが、なぜチラシは上映になると撤去してしまうのでしょうか? どうぞよろしくお願いします。

  • よさげな映画なのに上映館がなぜ限られる。

    シネマコンプレックス(イオンシネマ・・・旧 ワーナーマイカルの運営分)が近所にできたので(車で10分)よく映画を見に行きます。 日本人なので日本人の心を描いた、日本映画が好きです。 (どうも 洋画は派手なものが多く苦手です。若いときは邦画を馬鹿にしていたのですが。) 最近では バンクーバーの朝日 で感動しました。 http://www.vancouver-asahi.jp/ この映画は、多数の映画館で上映されています。 全国どこでも見られるでしょう。 昨日の新聞の夕刊に大きな広告が出ていた映画 アゲイン 28年目の甲子園 http://www.again-movie.jp/ ※この映画は、シネコンではTOHOシネマズ中心の封切り。 (東映の作品?) イオンシネマは一部を除いて 蚊帳の外 という感じです。 KANO~1931 海の向こうの甲子園~   http://kano1931.com/ これはぜひ見たいのですが、JR特急電車で1時間の県庁所在地の町まで行かないと見られません。 台湾制作なのでマイナーな部類なのでしょうね。  若いころは、地元にも映画会社系の小さな映画館がいくつかあり、都会より少し遅れることはあっても。いろいろな映画が楽しめました。 その点で、シネコンはとてもありがたい。 地元のシネコンでは多数の作品を上映しています。  (作品により、一日の上映回数が少なかったりすることはありますが。) 以前はこの映画を見たいがために、わざわざ東京まで用事を作って出かけました。 ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター  配給 東京テアトル http://movie.walkerplus.com/mv49447/ ※私は、家の中で一つのことに集中できないたちなので。DVDを買ったり、借りたりでの鑑賞スタイルは好みません。 映画館と言う、勝手にほかのことを始められない環境があって初めてその作品の中に入り込めます。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 自主上映と言うような映画は、ごくごく限られた映画館でしか上映されないのはわかるのですが、 映画によって、上映範囲がかなり異なるのはなぜですか? 想像 テレビ局がらみ>日本の映画会社制作 ・・・その中にも力関係あり?> その他マイナー  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 初めは地味だったのに、話題になってロングラン上映になった映画は 2006年 映画フラガール http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB これもいい映画でした。 これは地元で見ることができました。

  • 名画座に就職するには?

    今、私は大学1年で、以前から、大手シネコンよりも、たミニシアター系の映画作品や、洋邦問わずクラシックな作品を上映している、名画座に魅力を感じ、将来的にそこで働きたいと思っています。 しかし、シネマヴェーラ渋谷・ラピュタ阿佐ヶ谷・ポレポレ東中野・池袋文芸坐など、都内の名画座のホームページを見ても、なかなか求人を行っていないようで、困っています。 名画座の就職事情に詳しい方、また、実際に働いている方がいらっしゃいましたら、具体的なアドバイスをお願い致します。