-PR-
解決済み

TOとCCの違い

  • 暇なときにでも
  • 質問No.25961
  • 閲覧数408
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 67% (39/58)

宛先(TO)で複数の人を選択してメールを送る方法と、
CCで複数の人にメールを送る時の違いは何でしょうか。
どちらの方法も、複数の人間にメールを送るという点、
また、送った人全てに他の人のメールアドレス等の情報が知られてしまうという点では同じだと思うのですが、この2つの方法の相違点は何なのでしょうか。
よろしければ御回答をお願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

TOは正規のあて先であり、CCはTOと同じ内容を参考にお知らせしたい相手のときに使います。

例えば会社で言えば、TOは部長宛のメールで、CCに課長宛だとしたら、部長への報告と同じ内容を課長にも連絡するときに使います。課長は部長に報告していることがわかりますし、部長も課長に連絡していることがわかりお互いに安心ですよね。

つまりメインとサブのような関係です。
メインの相手であるTOは基本的にメールの返信を送るのが望ましいし、サブであるCCはメールの返信は基本的に不要とされています。

TO、CCはご指摘の通り誰がTOで誰がCCで送ったのかがわかりますので、注意しない「自分はコピーなのか」と気分を害される場合もあると思います。
お礼コメント
Richi

お礼率 67% (39/58)

どうもありがとうございました。よく分かりました。
機能的には変わらないけれども
状況によって使い分けるという事なのですね。
投稿日時 - 2001-01-09 10:38:06
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ