• 締切済み
  • 困ってます

雲台重量

Velbon Neo Carmagne 630を所有してしますが、雲台のしっかりしているものにしようと思っています。そこで、マンフロットのジュニアギヤーヘッド 410の購入を考えていますが、三脚重量が1.61kg、雲台重量が1.22kgと、三脚に対して雲台の重量が重すぎて不安定(重心が高くなる)になるのではないかと思いますが、いかがなものでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数299
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3

パノラマ雲台なら、僕はJTS Rotator SPHというものを使っていますが、結構簡単なんです。 重量なら、測ってないけど、あまり重くもないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 雲台

    現在、三脚はVelbon製のNeo Carmagne 630(雲台:Velbon製H-460B)を使用しています。水平器で水平を合わせてカメラを固定する際にどうしても水平がずれてしまいます。3ウェイ雲台で固定する時にずれずに確実に固定できるもの、軽く閉めて固定できるものがあったら教えてください。

  • 三脚と雲台について

    使用カメラは、 ニコン デジタル1眼 レンズ 600mm(予定) 被写体 飛行機・鳥など ・購入予定の三脚と雲台は、 manfrotto 三脚 カーボンファイバー三脚4段 055CXPRO4 manfrotto 雲台 055マグネシウムボール雲台Q5付き MH055M0-Q5 組み合わせの是非 使用感 三脚・雲台別々でも結構です。(特に希望しております) その他参考になることなどー ご指導頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • ベルボンのクイックレベラーに替わるものありますか?

    ベルボンのクイックレベラーに替わるものありますか? 現在2台の三脚のうち,1台にベルボンのクイックレベラーを,もう1台にマンフロットのボールカメラレベラーを使っていますが,マンフロットはベルボンに比べて使いづらく,ベルボンをもう1個買おうと思っています。しかし,ベルボンの方は製造終了で,オークションでの中古もありません。他社の同等の製品はありませんでしょうか。もちろん,ベルボンのクイックレベラーの中古情報でも結構です。これは,三脚と雲台の間に取り付けるもので,地面が多少傾斜したり,三脚の足が多少差があっても,水準器で水平を定め,雲台の水平パンやチルトを適切にするものです。なお,水準器付きクイックシューや自由雲台でもなく,カメラのホットシューに付ける水準器でもありません。あくまでも,三脚と雲台間を水平に取り,水平にパンができるものです。よろしくお願いします。

  • 回答No.2
noname#18887

先の方と同じ答えになってしまいますが、 ま、答えが多いほうが安心感があるかと思って(笑)。 確かに重心位置は上に来ますが、 普通に立てて使う分には重心は真下に降りますから問題はありません。 三脚全体の重量が増す分、安定性が増します。 そうした意味では軽いカーボン三脚にはうってつけだと思います。 ストーンバッグで重量を稼ぐ方法もありますが それが揺れる事でかえってブラす恐れがあります。 基本としては雲台抜きの三脚部分が水平になっていれば大丈夫です。 三脚によっては雲台部分に水準器があるものがありますが(マンフロットもそうです)、 水平をみる場合はそれは使わずに三脚側の水準器を使うようにします。 雲台の水準器は微調整用と考えるべきです。 もし三脚に水準器がない場合は 厳密には「外付けの水準器」を使用するようにして、 大まかには「エレベータ部分の垂直」を見るようにします。 その場合は目視で充分です。 当然、場所によっては三本の脚の長さが変ってきます。 それを、いつも同じ長さで使おうとすると不安定になります。 特に合成を前提にしたパノラマ撮影をする場合は 三脚部での水平取りは必須です。 その上で雲台の水平をとるようにします。 極端に傾けて立てるような場合に 重心位置が高い所にあると 外から力が加わると倒れやすいですから注意が必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • pool_2
  • ベストアンサー率14% (10/70)

三脚の脚を広げて使うのであれば問題無しです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 一脚購入について

    5年ほど使用した一脚(今のモデルだとベルボンRUP-43にあたるタイプ)を紛失してしまい、購入しなければなりません。 使用機材はα7デジタルと300ミリまでの望遠レンズです。重量は1.5キロ以内でしょうか。2キロ超えることはないと思います。マンフロット欲しいのですが、軽さ(今まで500グラム未満で主に妻が使用)も重要なファクターです。 候補(雲台固定式) 1.素直にベルボンRUP-43 売価5,000円位→雲台は樹脂? 2.カタログ見た感じほとんど同じなハクバHUP-850H 売価4,500円位→店で加重かけたらベルボンよりしっかり感がなぜかあり。雲台も金属ぽい。 候補(雲台別売・雲台はベルボンのQHD-51,QHD-41QかスリックSBH-120,バル自由雲台あたり) 3.ベルボンRUP-4 売価5,000円位 総予算は1万円以内。今回は慣れたものにしておいて後からマンフロットのような本格的なものを買うべきでしょうか?運動会が近づいております(汗)。

  • 雲台の値段と使い易さ

    現在、安物の三脚に付いていたスリーウェイ雲台を使っています。 狙いを合わせても、ロック(上下調整を締める)した途端にずれてしまいます。 今度、自由雲台を購入しようと思うのですが、1000円程度から数万円のまでありますよね。 軽くて強い素材を使っていることも値段が高くなっている理由のようですが、 ※値段の高い商品は、狙いを合わせた通りに、ロック(上下調整を締める)した後も狙いが合うのでしょうか? 材質はなんでもいいのですが、このもっとも大事な機能が確実にできるものがありましたら、 コストパフォーマンスの高い(値段の安い)自由雲台を教えてください。 できましたら、将来のためにスリーウェイ雲台の方も教えてください。 ちなみに、中盤カメラを使っています。ビデオカメラも使います。 「マンフロット 486RC2」 などは、ずれずにロックできるでしょうか?

  • 縦位置で構えやすい雲台ってありますか?

    写真を初めて5年程になります。ポートレートを撮るのが好きなので どうしても撮影の90%は縦位置です。 最近三脚も使うようになりどう考えても雲台っていうものは横位置を基準に作ってるなーと感じます。元々カメラも横位置が基準ですけどね。 そこでベルボンやスリックなどで色んな雲台が出てますが、これは縦位置を決めやすいっていう雲台があったら教えて下さい。

  • ベルボンの三脚と雲台について

    現在ベルボンの三脚 SBH-100 を使用しております。 自由雲台がどうにも使い辛いし、クイックシューが便利だと思い、 同じベルボンの PHD-41Q または PHD-31Q に付け替えようかと思いますが、バランスやその他問題がありますでしょうか? ご意見お聞かせ下さい。 カメラはK10D、レンズはせいぜいタムロンの18-200、もしくは70-300程度を使用予定です。

  • 良い雲台・・・

    ジッツオの旧式アルミ製の5型三脚を入手しました。 今まで3型のアルミ三脚を使用して35mm一眼で撮影をしていたのですが、中判を使うようになり脚のしなりが気になり始め新しく買い足しました。 この5型にはジッツオの自由雲台がセットされて売られていたのですが、私は今まで3点固定のキタムラに売っていた安物三脚付属の雲台、2点固定のジッツオの雲台しか使ったことが無いのですがジッツオの自由雲台って他のメーカーの自由雲台と比べてブレたりズレたりしないような物なのでしょうか? ジッツオの場合、三脚は良い評判を聞きますが雲台は別に購入、という人が多いように感じておりまして、ジッツオよりカチっとした製品が別メーカーから出ている場合はそちらに取り替えようかと考えております。 オススメのメーカーや製品があればお教えください。 ネットじゃ梅本製作所がいいなんて書いてありますが本当なのかな?

  • スリックの三脚と雲台

    スリックの614カーボンを購入する予定です。同じくスリックから出ているSH707Eフリーターン雲台をあわせようかと考えていますが、三脚に比べて、このヘッドでは重すぎるでしょうか。耐久重量は、三脚が3キロ弱ですが、雲台は6.8キロです。バランス的にあっているんでしょうか。また、フリーターンはスリーウェイより使いやすいと聞いていますが、実際につかった感想をいただければ幸いです。

  • 名古屋市内で三脚、雲台を高値で買取してくれるお店を存知ですか?

    名古屋市内で三脚、雲台を高値で買取してくれるお店を存知ですか? 三脚マンフロットの055MF3 雲台HUSKYの3Dヘッドを 買取りしてくれるお店を教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • レバーロックのカーボン三脚

    ベルボンとマンフロットどちらが良いでしょうか 載せる機材は雲台を含めて4キロを想定しています

  • オイルフリュード雲台付きの三脚とは何ですか?

    質問します。 今度ビデオカメラ用の三脚を購入しようと思いいろいろ探していましたら 「オイルフリュード雲台」付きの三脚というのが目に留まりました。 ですが、これって普通の三脚とどう違うのかが分かりません。 値段も高い物ほどこれが付いているようです。 またオイルフリュード雲台の使い勝手とはどういうものなのでしょうか? どなたか分かる方教えてください。

  • 一脚にティルト雲台をつけたいのですが

    マンフロットの一脚を購入しました。今は安価な自由雲台をつけています。 ただ、つかってみたところ、一脚では左右方向への動きは不要に思えてきました。むしろ、左右にゆれたりずれたりせず、前後、首ふりの動きだけがほしくなりました。 さがしたところ、おなじマンフロットの234というティルト雲台をみつけたのですが、 ・一脚は断面が円形ではない、楕円形で、前後方向が決まっています。 ・マンフロット234は、前後に首ふりします。 ・マンフロット234は、ネジで一脚につけられます ここで疑問がわきました。 一脚断面の楕円長径(前後方向)と、この234雲台の前後首ふり、各々の位置を一致させるためには、どうしたらいいのでしょうか。 つまり、       ( )  ←→   カッコが一脚断面で、矢印がティルト雲台の首ふり方向となりますが、この図のように装着・運用する方法を教えてください。 ただねじ込んだだけでは、ネジ山による回転数によっては、ズレが生じるとおもうのです。 よろしくお願いいたします。