• 締切済み
  • 暇なときにでも

快速電車などの停車駅の決め方について

ふと思ってみたんですが、東海道新幹線の 停車駅である三河安城駅では、東海道線は 普通以外は停車していないようですし、 快速アクティーなどは利用客の多い戸塚は通過 していますが、国府津には停車していたりします。 実際、快速、特別快速などの停車駅は、 どうやって決めているのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1478
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.4
  • assist
  • ベストアンサー率45% (279/611)

>快速アクティーなどは利用客の多い戸塚は通過していますが・・・・ この点についてJR東日本へ問い合わせた時の回答です =================================================================================== このたびのお問合せにつきまして、以下のとおり回答させていただきます。 東海道線の快速アクティーは、比較的長距離をご利用のお客さまへの速達サービスを提供 するために運転をしています。 このため、現在のところ戸塚駅に停車する計画はございません。 横浜から戸塚までご利用の際は、各駅停車または横須賀線の電車をご利用下さるようお願い 申し上げます =================================================================================== ただ、湘南新宿ラインは特別快速を含めてすべての電車が停車しています

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • dober-o
  • ベストアンサー率59% (260/439)

まず新幹線停車駅ですが、必ずしも区市町村代表駅であるとは限りません 新幹線全停車駅である新大阪も昔は新快速通過でした 中距離輸送を担う快速等が、代表駅のみ停車で新幹線駅通過は珍しいことではありません 東海道線の東京~大船に関しては 東海道線自体が快速の役割(対横須賀線、京浜東北線)を果たしているので そもそもその区間の快速の必要性自体が疑問ですが 戸塚停車だと普通と一緒になってしまいますね 戸塚駅の利用者数からすると快速停車はあってもよさそうですが 快速(アクティー)停車のメリットは大船以西との相互利用くらいしかなく 東京方面であれば普通電車で十分ですしね(1時間に1本通過されるだけなので) ちなみにそんな戸塚駅も新宿方面の(特別)快速は停車しますし (これは横須賀線と東海道線の関係が、湘南新宿ラインの普通と快速の関係かな?) 成田空港方面の特急も停車するようになりましたので 利用者にメリットの大きい面も多々あります 国府津停車は昔の急行停車の名残もあるかも(御殿場方面の連絡) JRに限ったことではありませんが いろいろな種別、行き先の電車が走っていますから全体で見てみるとまた違った見方ができるかも 新幹線>在来線特急>快速>各停 という順位付け通りの停車パターンにすることが必ずしも効果があるわけではありませんので

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

考え方と言っても、路線の性格も乗客の動向も違いますから一概には言えないですね。 まず路線の性格としては、都市近郊形と都市連絡形があります。前者は基本的に都市から離れるにしたがって、乗客数が減り、乗客の大部分は、都市部のターミナル駅を目指します。 後者は、沿線の拠点駅間相互の需要が多いです。 東京などの大都市近郊だと、基本的には前者の性格を持ちながら、後者の要素を持つという感じですね。 基本的には乗降の多い駅ですが、駅での乗降はそれ程でなくても、支線や他社への乗換駅も含まれますし、また設備の関係で乗降は少なくても緩急連絡設備があるために停車駅となるケース(関東では例を思いつきませんが関西の須磨が典型です)もあります。また、乗降や乗り換え客が多くても、平行線への乗り換えが主であるために、対抗上、通過扱いするケースもあります(京成の船橋が有名)。 三河安城は、名古屋と豊橋に挟まれた駅ですから、離れた駅からの乗り換え需要はほとんど無いと思われます。したがって、都市間輸送を目的とする快速以上は通過しているのでしょう。なお、三河安城は駅前に大型駐車場を地元で用意しており、誘致した地元自治体としては、車でのアクセスをメインと考えているようで、在来線との連絡は重視していません。三河安城に限らず、地方ではこれが当たり前で、山形新幹線も新庄延長にあたってJR東日本は、地元工費負担は当然として、特急停車駅への駐車場整備を条件としました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • cubics
  • ベストアンサー率41% (1748/4171)

基本は乗降者数の多い駅をなるべく短時間で結ぶことにあります。 ところが、都市圏の通勤路線では、乗降客が都心側に偏っていますね。地理的に均等に停車させていたのでは、都心側が混雑、そのために長距離を都心と都心から離れた側の間で乗ろうとする客が乗れないおそれもあり、都心反対側ではがらがらになってしまいます。 都心側の駅はなるべく通過させて、遠距離では多目に停車させることで、乗客がなるべくまんべんなく利用するように停車駅を決めることになっているのでしょう。 JR中央線快速や、小田急線急行などの私鉄でもそういう停車パターンは多いですね。 三河安城については、JR東海が何を考えているのかわかりませんが、新幹線との乗継で中距離を利用することは重要視されていないのではないでしょうか。 快速に乗るような客は、名古屋などに出て新幹線と思われているとか、乗継客+乗降客がほかの快速停車駅の乗降客に比べて少ないからなのか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 快速 三河安城

    三河安城駅が出来た頃に三河安城が快速停車駅になった事があったらしいですが本当ですか?

  • E231系・E233系、東海道線・快速アクティー号の停車駅放送について

    E231系及びE233系の東海道線・快速アクティー号に乗ると、停車駅を告げる自動放送で、「停車駅は新橋、品川、川崎、横浜、戸塚、大船、藤沢、茅ヶ崎、平塚、国府津、小田原と、小田原からの各駅です。」と放送されます(下りの場合)。小田原~熱海間を各駅に止まることは放送していますが、東京~藤沢間を各駅に止まることは放送せず、停車駅を放送しています。 私も東海道線ユーザーですので、東京~大船間に並行して京浜東北線や横須賀線が走っていて、京浜東北線が停まる大井町や大森などや、横須賀線が止まる保土ケ谷や東戸塚などには停まらないので、実際には各駅停車ではないことは知っています。 ですが、これは快速アクティー号に限ったことではなく、一般的にいう東海道線の停車駅は「東京、新橋、品川、川崎、横浜、戸塚、大船、藤沢…」という停車駅で、路線図にもしっかりそう書かれています。 東海道線の普通も快速アクティー号と同じく、「東京、新橋、品川、川崎、横浜、戸塚、大船、藤沢…」という停車駅のはずですが、こちらは停車駅放送をしていません。 これは「東海道線=東京、新橋、品川、川崎、横浜、戸塚、大船、藤沢…という停車駅である」ということを前提に考えているのだと思います。 ですから、快速アクティー号も東京~藤沢間をいちいち停車駅を放送せず、「停車駅は藤沢までの各駅と…」という放送で良いと思うのですが… それとも何か理由があるのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • JR快速の停車駅

    東京近郊のJRの快速(通勤快速、特別快速などを含めて)の停車駅が知りたいです。(中央線、京葉線、高崎線など・・・)JRのホームページでは路線図しか見つかりませんでした。

  • 新幹線の必須停車駅は

    品川・新横・名古屋・京都・新大阪・新神戸・岡山・広島・新山口・小倉・博多・熊本 あと、大宮駅、仙台駅、盛岡駅、八戸駅、長岡駅、上田駅でしょうか? 各停しかとまらない駅は三河安城駅などですか? 以前は新横と新神戸は通過が多く高崎駅が必須停車駅になっていました。 現在は高崎は半分くらい通過になり、新横と新神戸は必須になりました。 それだけ神戸が栄えたってことですか

  • 「東海道線普通」と「湘南新宿ライン快速」

    以前、「東海道線快速アクティー」と「湘南新宿ライン特別快速」で、東海道線の横浜~小田原間の停車駅が同じなのに、後者の方が所要時間が短いことに疑問を抱き調べてみたところ、前者は211系があるために110km/hしか出せないが、後者はE231系に統一しているため120km/h出せるため、後者の方が所要時間は短い。ということでした。 ということは、「東海道線普通」と「湘南新宿ライン快速」も同じ理由で、「湘南新宿ライン快速」の方が所要時間が短かったりするのでしょうか? よろしくお願いします。

  • JR初期ぐらいまでは特急や快速の停車駅が少なかった

    JR初期ぐらいまでは、なぜ新幹線や特急や快速は主要駅しかとまらなかったのですか? 今なんか、ダラダラとうざいほど停車駅が増えてしまってますよね。 東京圏の東海道なんて、ついには日中の快速アクティーを廃止するありさまですし、 JR西日本の東海道線の新快速も運賃だけで乗れる快速電車としては国内2位の表定速度を誇りますが、 それでも 30年ぐらい前までは 京都ー大阪ー三ノ宮と本当の主要駅しか停車しませんでした、 のちに新大阪が停車になりました。ここまでは、本当に魅力の新快速ですね 京都⇔新大阪⇔大阪⇔三ノ宮⇔神戸と本当の需要の高い駅だけ停車でした、 その後も高槻だの尼崎だの、最近では芦屋まで停車し、所要時間を維持して為、 近場の路線で100人以上が死んだ脱線事故を起こし、それでゆとりダイヤにし 京都ー大阪間こそ28分と30分以内を維持したものの 大阪~三ノ宮間は19分というのが売りでしたが、21分にのびました。 最近では神奈川の辻堂みたいにマンションが乱立しだして、人が増えだした南草津まで停車するありさまですから、 まぁ京都以東なんて、新快速のオマケみたいなものですから、スピードや快適性は意識してないと思うけど。 いっそJR東日本が快速アクティーを廃止したみたいに、 快速アクティーも30年前、40年前?ぐらいに新設された時は 東京ー新橋ー品川ー川崎ー横浜ー大船ー藤沢ー茅ケ崎ー平塚ー国府津ー小田原ー真鶴ー湯河原ー熱海でしたから、 のちにダラダラ停車駅が増えて戸塚に停車しだし、早川と根府川に停車しだし、ついには次のダイヤ改正で辻堂に住んでいる人間からの苦情が多かったらしく 快速アクティーの廃止、通勤快速を快速アクティーにしたのかわからないけど、日中は廃止されるようだし。 関西も 京都以東は新快速廃止してしまってもいいと思うけど、関東と同じで、別に滋賀県って私鉄や高速バスと競合しているわけでもないですから 浜松~豊橋間みたいなものでしょ、はやくいきたいなら京都で新快速に乗り換えればいい話で。 のぞみなども、山陽新幹線にいたれば20年前~30年前ののぞみの方が今ののぞみよりもはやかったわけですから(今の最終の最速達のぞみよりも昼間ののぞみでも6分もはやかった) 博多⇔小倉⇔広島⇔岡山⇔新大阪で 20年前とか500系のぞみが2時間16分でむすんでましたよね、今は最速の博多18時59分発の東京行きの最終が2時間22分で最速ですが、 その他は概ね2時間30分前後もかかり20年前の10分以上も所要時間が伸びている。 東海道新幹線もようやく昨年のダイヤ改正で20年前、30年前の最速達のぞみの所要時間よりはやくなっただけで。 当時は 東京ー名古屋ー京都ー新大阪で所要時間2時間30分でした。 2020年3月のダイヤ改正までは東京発は早朝と21時以降、新大阪発も6時台と21時台にでるのぞみこそ2時間25分とかで結んでいましたが その他の時間帯は2時間33分とか、2時間36分と所要時間は20年前、30年前より遅かったわけだし。

  • 湘南新宿ライン特別快速

    戸塚から湘南新宿ライン特別快速に乗って、乗り換えなしで高崎駅までいけますか? えきねっとだと行けるっぽいのですが湘南新宿ライン特別快速自体の停車駅には高崎はありませんでした。途中で名前が変わるとか?

  • 湘南新宿ラインの停車駅

    湘南新宿ラインの、普通停車駅、快速停車駅、特快停車駅を教えてください。 東海道線方面、横須賀線方面、宇都宮線方面、高崎線方面のすべてをお願いします;

  • 通過駅から停車駅へ!

    すいません、ちょっとまたマニアックな質問になりますが鉄道において個人的に「通過駅を停車駅になって欲しい」というようなことを考えた場合 1. そのような署名を沢山集める 2. 集めた署名を鉄道会社に提出し、相談する これだけでいいのでしょうか? というのは新駅開業と違って、通過駅が停車駅になるにあたって費用がかかるかどうかまだ私自身分からないので、特に費用の部分について教えていただけたらと思います。 通過駅が停車駅になるというのは2013年のダイヤ改正が行われた武蔵野快速が廃止され、京葉線内全ての駅が停車が例となります。

  • かつて中電(快速)が停車していた駅&かつて通過していたが停車するようになった駅

    かつて中電(快速)が停車していた駅&かつて中電が通過していたが停車するようになった駅を教えてください。 関東地区で私の知っている限りでは・・・・ かつて中電が停車していたが現在では通過している駅 ○両国(総武快速線) ○日暮里(宇都宮線(東北線)・高崎線) ○大森(東海道線) ○三鷹(中央本線) かつて中電が通過していたが現在では停車するようになった駅 ○川崎(東海道線) ○戸塚(東海道線) ○浦和(宇都宮線(東北線)・高崎線) ○北千住(常磐線快速) ○柏(常磐線快速) ○稲毛(総武快速線) 間違っている箇所がありましたら訂正もお願いいたします。