-PR-
解決済み

楽譜と歌詞の載ってるサイト

  • 暇なときにでも
  • 質問No.15226
  • 閲覧数222
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 72% (57/79)

最新アメリカンチャートにのるような曲の、楽譜も載ってるサイトはないでしょうか。
歌詞だけだと何とかとれるようなんですが、楽譜もほしいんです。
コードなんかはついてなくていいです。
できるだけ1曲分が安いのがいいんですが、内容が良ければ、ある程度高額なものでも結構です。
支払いはできればクレジットカードが使えればいいですが、とにかく数多くほしいので、贅沢は言いません。
全部英語の支払い等の説明のでも、何とか訳して読みますので、ご存じの方、どんなとこでもいいので教えてください。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5

今回は法律の話なので、自信は「なし」ということでお願いします。
サイトに委託して楽譜を発表する場合、これはサイト管理者と著作者の民事法上の契約関係ということになります。アメリカの場合は、州の民商事法に従って判断するわけです。その際に、取り分等は決めておくわけです。その契約が破られれば、裁判沙汰になります。よって、
>サイトの人が儲かるだけで、元々の制作者サイドにはお金を払うわけではないとか、
ということは発生しません。普通の楽譜にした場合でも、同様です。
もっとも、サイトに楽譜を載せる著作者がいるかどうか、疑問ですが。
日本のパソコンから有償ダウンロードの契約を結んだ場合、これは日本の法例第9条によって判断します。この規定によると、外国法が優先されますから、アメリカ連邦法によって判断されるわけです。
著作権についても同様で、外国法が適用されます。90年代に著作権の存続期間が著作者の死後70年になった国が多くあります(日本は死後50年、死後80年という国もあり)。日本は第二次世界大戦に敗北しているので、その分のペナルティが2000日程度、戦勝国に対して課されます。したがって、現在無償でコピーできるのは1920年代以前に著作者全員が亡くなっているというケースのみです。

ところで著作権法云々の問題ですが、これは著作権法第30条の裏面解釈です。すなわち、erimegさんがコピーした楽譜をお連れあいさんやお子さんとシェアする分には問題がないのですが、職場の方のためにコピーすると、著作権法違反となります。

問題は、著作権を無視して、自己犠牲になって楽譜をサイトに載せる著作者がいるかということです。むしろ、一般の楽譜という形で残したほうが著作者にとっても有利であるし、利用者もそちらを望んでいるという現実があるということもあります。その意味においても、楽譜と歌詞の載っているサイトは存在しない可能性が高い、というのが現在の私の結論です。

何かあれば、補足をお願いします。
ない場合は、ポイントを発行せずに締め切っていただければ幸いです。
お礼コメント
erimeg

お礼率 72% (57/79)

そうですよね、なるほど。
ということは、やはり海外アーティストのは入手しにくい、ということですか。
楽譜専門店があるにはありますが、最新のはどうしてもありません。
しかも、国内アーティストのは殆どあるんですが、海外のは殆どない状態のようで…。

ポイントはつけさせていただきます。
無理な可能性大、というのが分かっただけでも、これから無駄な時間を使わなくてすみますから。
本当に、色々とありがとうございました。
投稿日時 - 2001-01-16 19:00:56
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1

ちょっとお尋ねしたいのですが、日本語の曲にはそういうことができるサイトがありますか。
 著作権の問題もあって、楽譜を進んで載せる著作者はいないと思うのですが……
 日本にそのようなサイトがあれば、ご教示下さい。
 外国サイトでも探す努力をしてみます。
補足コメント
erimeg

お礼率 72% (57/79)

日本語のはどうなんでしょうか。
日本の最新チャートは、いくらでも雑誌や楽譜で出版されてると思います。なんせアメリカンチャートの、今流行のが欲しいので、ネットなら有料であるかしら、と思いまして・・。
投稿日時 - 2000-12-02 16:11:42
  • 回答No.2

報告が遅くなって申し訳ありません。
私の知る限りでは、どこにもありませんでした。輸入代理店があればいいと思うのですが、非力ゆえに発見できませんでした。申し訳ありません。

余談ながら、アメリカは著作権にうるさい国です。
サイトに出せば、海賊版が流出、勢いそれで稼ごうという者を著作者がほおっておくわけがないので、サイトには出ないと思います(かつて、私もクラシックピアノで著作権がらみの苦い体験をしました)。

申し訳ありませんが、ほかの方の回答をお待ちしてみて下さい。
補足コメント
erimeg

お礼率 72% (57/79)

補足ではなくお礼なんですが、もう一回お礼入れる方法が分からず、ここに入れています。
どうも私の負けのようです(何に対して?)。
逆にいつまでもオープンしててもなんですので、いったん締め切ります。
自分で楽譜コピーできればいいのですが、なんせチャートインした全曲となると、時間もなくて…。


私も、他の方に回答する際は、このように感謝されるような回答の仕方を心がけたいと思います。
どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-01-13 11:09:58
お礼コメント
erimeg

お礼率 72% (57/79)

Y(>_<、)Y ヒェェ! 、私のために一生懸命調べていただいてありがとうございました。
実は、私もOK以外でも調べてたんですが、未だ分からずです。
洋楽に詳しい知人、ネットに詳しい知人、アメリカに詳しい知人、それぞれにも聞いていますが、それぞれ分からないようです。
これはもしかしたら、初めて負けの質問をしたのかもしれませんが、他のカテゴリーで、すぐ締め切る人は云々とあったりしたので、もう少しだけ未練たらしく締め切らず努力してみます。
投稿日時 - 2001-01-09 19:18:39
  • 回答No.3

あ、補足について、1点だけ注意申し上げます。
楽譜をコピーすることは、著作権法上、原則禁止です。個人的に使うものなら構わないのですが、過去幾多の楽譜がコピーのために死んでいったか、男声合唱経験者の私は知っております。コピーが大量に流布すると、グレシャムの法則が働いて、楽譜を買う人がいなくなり、著作権の侵害となるわけです。

一応、念のために申し上げておきます。ここを見る人のためにも。
補足コメント
erimeg

お礼率 72% (57/79)

凄いサイトですね。
ところで、検索しても楽譜のページが出ないのですが、どのようにするのでしょうか。
補足で質問なんかしてすみません…。
投稿日時 - 2001-01-15 18:44:40
  • 回答No.4

さらに補足です。私の舌足らずでした。
著作権の問題は、日本ではJASRACが一元的に管理をしているということです。そのためのコピーなどに関連する問題についてホームページにありますので、ご覧いただきたかったということです。もちろん、楽譜が載っているということは断じてありません。載っていたらプリントアウトして無断配布する人間が出てくる。それを「著作権侵害」と言います。

混乱させてしまったことを、深くお詫び申し上げます。
お礼コメント
erimeg

お礼率 72% (57/79)

そうだったんですか、どうもわざわざ調べていただいて、毎度毎度ありがとうございます。

ところで、またまたここで質問していますが、たとえばスコアを載せてるサイトに私がお金を払うとしますと、そのサイトの人が儲かるだけで、元々の制作者サイドにはお金を払うわけではないとか、そういう感じなのでしょうか。
投稿日時 - 2001-01-15 20:26:48
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
アーティストやジャンルについて知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ