• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

囲碁・将棋のプロとアマの違い

 私は囲碁も将棋も出来ませんがタイトルとか、プロ棋士の持つ集中力とか、それにまつわる色々な伝説などに関して興味をそそられます。  朝日新聞で将棋の朝日アマ名人の話が載っていました。  囲碁や将棋でよくアマチュアと言う言葉を聴きますが、力の差はどれぐらい大きいのでしょうか?  四段に成れなくて、就職した人などがアマチュアの強い人なのでしょうか?  囲碁・将棋のプロとアマの違いに関して何でもいいので教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数4573
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

囲碁の話です。 アマ5段の人が平均的な強さのプロに指導碁を打って貰うとすると、5子ぐらい置くようです。 それでも、アマはプロにコテンコテンにやられたりするようです。 アマ6段以上は青天井なので、どのくらい強いのかははっきりしませんが、恐らくプロに成り立てのプロとどっこいどっこいぐらいではないでしょうか。 それもほんの一握りでしょう。 間違いなく言えるのは、プロの上位にいる人達が最強であり、アマではどうやっても勝てないことでしょう。 同じプロ同士でも、トッププロと成り立てでは2子か、もしかしたら3子ぐらいの差があるかも知れません。 ただ、プロの置き碁は指導碁と言って、本気で打つことがありませんから本当はもっと差があるかも知れません。 あるアマがプロと3子ぐらいでいい気分でいまして、たまたま酒を飲んだときにそのプロと勝負したらコテンコテンにやられてしまって愕然としたそうです。 プロ曰く「酔っていると配慮するのが面倒になって最強手を打ってしまう」からだそうです。 本当はどれだけ強いのかは分かったものではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いいですねー 「酔っていると配慮するのが面倒になって最強手を打ってしまう」云々・・ こういう怖い逸話が聞きたかったです。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 囲碁将棋の女子プロとアマトップとどっちが強い?

     囲碁将棋の女子プロとアマトップとどっちが強いでしょうか。  囲碁の女子プロは将棋と違って本物のプロですから強いでしょうが、アマトップよりも強いでしょうか。  囲碁将棋女子プロとアマのベストテンの対抗試合があったとしたら、何勝何敗くらいになりますか?

  • プロとアマの雀力の差

    こんにちは。 いつもお世話になっています。 将棋や囲碁ではプロとアマの差は歴然ですよね? 麻雀のプロとアマも違うのでしょうか? プロと対戦した方とかいらっしゃいますか? 皆さんは、どう思われますか? 教えてください。 よろしくお願いします。

  • 将棋をやる意味はなんですか?

    将棋をやる意味はなんですか? この前、コンピュータにトッププロがまけたそうですが、もう将棋をやる意味なくなったんじゃないでしょうか? どんなり、がんばって努力しても、絶対に勝てないんじゃやろうとも思いませんよね? それに、このトッププロの人は、羽生にも勝ってるみたいじゃにですか。 って事は羽生名人が負けたのと同じですよね。 後は、将棋は廃れるだけですね。 これでもう、チェス→すでに、世界一でもコンピュータに勝てない、 将棋→プロが勝てなくなるのも時間の問題 囲碁→ まだまだ、アマ低レベル、プロなんて足元にも及ばない。 ってなりましたね。 やっぱり、囲碁が生き残るんでしょうね。面白いですし

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

四段からプロなのは将棋。囲碁は初段からプロですね。 それはともかく。 囲碁将棋どちらも、アマのトップクラスと弱いプロが互角程度という感じでしょう。 また、プロ志望崩れ(失礼)からアマ強豪というパターンはありますが、それだけでもないです。 純粋なアマチュア(プロになる修業を一度もしていない人)でも、アマトップクラスまでいく人はいます。 並のプロとトップアマの勝負は、1発勝負ならどちらが勝つかは分からないでしょう。でも、何番もこなせばプロの方が絶対に勝ち越すでしょうね。まぁそのくらいの差です。 そのあたりの差っていうのは、他のプロスポーツ(ゴルフとか野球とかサッカーとか)なんかと変わらないんじゃないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

プロとアマが公開で対戦するような機会があれば面白いのですが・・ 確かにサッカーとかでプロが高校のトップに負けたりしてますね・・・ ああいうのは嫌ですね。 格が別次元で違わなければ尊敬できないですよね。 ありがとうございました。

  • 回答No.2

囲碁の場合、アマは6段までですが、そのアマ6段がトッププロに打ってもらうときは3つか4つ石を置かせてもらうというハンデをもらいます。つまり、はじめに3回または4回プロにやすんでもらうわけです。これが、どの程度のハンデかというと、野球にたとえると9-0ぐらいから試合をはじめるようなハンデと思います。それくらいアマとプロの差は大きいのですが、例外的にプロなみに強い人もいて、世界アマチュア選手権で優勝するような人は、年齢規定を免除されてプロになることもマレにあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

野球で9-0という喩えはわかりやすくて助かります。 なるほど、プロはすごいのですね。 ありがとうございます。

  • 回答No.1

将棋の場合ですが、プロは1日かけて指す将棋が、アマは1時間かけて指す将棋が強いです。プロは1日で一局指す集中力が、アマは1日で数局指す体力が必要です。 若いうちに、ここでこう指したら負けるという手を膨大な量記憶して(プロになってその手を指したら、即負けなので、その手を除外して考えないと持ち時間が足りないから。一昔前の観戦記では敗着はどれか必ず書いていましたが、こういった意味で敗着を覚えることはプロにとって必須のことだからです。観戦記を読むアマチュアにとっては無意味ですが)、かつ優れた才能と普通の勝負度胸がある人がプロになれます。 プロの卵の奨励会は才能は立派な人ばかりですので、さらにある倍率10倍程度のプロへの門をくぐれない人は、才能以外の点で差がついてしまった人です。 今話題のアマチュア強豪は、若いうちはプレッシャーに弱かった様です。今もそんなに勝負度胸は強くなさそうですが、才能はプロの平均を越えていると思います。でも、プロになってタイトルを取れるかというとそれは疑問です。タイトル保持者は最大7人で、今は3人です。プロは百人ですから50位の人はタイトルに手が届きません。 タイトル戦は一局指すと体重が2~3kg減るといわれます。頭脳が一番カロリーを消費するからだそうです。 勉強(敗着を覚える。既に指された対局は当然、それからバーチャルに派生させた数万の類似局の敗着を研究で、貯め増やすこと)は大変です。例えばお医者さんになっても、日々進歩する技術や薬を覚えていかないとついていけないのに似てるでしょうか。トッププロはさらに独自に研究して学会(将棋の場合は本番の対局)で発表しているようなものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど こんな感じの裏事情がお聞きしたかったです。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 将棋コンピュータ

    将棋をやる意味はなんですか? この前、コンピュータにアマトップがまけたそうですが、もう将棋をやる意味なくなったんじゃないでしょうか? どんなり、がんばって努力しても、絶対に勝てないんじゃやろうとも思いませんよね? それに、このアマトップの人は、プロにも勝ってるみたいじゃにですか。 って事はプロが負けたのと同じですよね。 後は、将棋は廃れるだけですね。 これでもう、チェス→すでに、世界一でもコンピュータに勝てない、 将棋→プロのトップ以外は負けるレベルまで来ている。トップも時間の問題。 囲碁→ まだまだ、アマ低レベル、プロなんて足元にも及ばない。 ってなりましたね。 やっぱり、囲碁が生き残るんでしょうね。面白いですし。

  • 囲碁、将棋のプロ棋士はなぜ男女が別なのですか

    スポーツの世界では男女が別々に競技を行うことが普通です。 男女の体力や体格に差があるので、当然のことでしょう。 囲碁や将棋には、体力差や体格差は関係ないですよね。 それなのにプロ棋士の男性と女性の対戦は見たことがありませんし、女性だけが「女流名人」「女流五段」といった地位を与えられています。 このように男女を分ける必要があるのでしょうか。 なぜ、男性と女性は別れて対戦し、女性だけが女流○○の地位を与えられているのでしょうか。

  • プロとアマの差は?

    将棋は30過ぎるとプロの道をあきらめなければなりませんよね? でも、一部にはプロの棋戦数の少なさにプロになるのをやめてアマチュアに なった方もいると聞きました そこで質問なのですが、現状ではプロ棋戦とアマチュアの棋戦とではどの程度の 差があるのでしょうか? また、アマチュア棋戦はどの程度の頻度で行われているのでしょうか? (*)インターネット対局はここでは除いて下さい

  • 将棋と囲碁のプロ棋士の人数の違い

    囲碁をやったことのない超初心者です 将棋界も囲碁界も年間4人くらいしかプロになれないのに 将棋は約160人、囲碁は400人とプロの数に差があります なぜ違うのですか? 入ってくる人数が同じなら、プロの人数も同じにならないとおかしいと思うのですが。いずれ同じ人数が引退するんですから。 謎です。

  • 囲碁と将棋の違い(囲碁の魅力について)

    囲碁と将棋のどっちが面白いかとかどっちが奥が深いかいう質問はなんどかされていますが、各回答者が自分が好きなほうを勝手に正当化するような回答も多く、読んでいて面白くありません。 そこで、ちょっと自分で気がついたこともあり、別の角度から似たような質問をしてみます。 私は囲碁も将棋もまあまあ程度やるのですが、結局、自分にとっては将棋のほうが面白く、結局囲碁をほとんどやらなくなってしまいました。それでなぜかと考えていて、ふと気がついたことがあるんです。 それは、将棋だと私のレベルでもいま優勢とか劣勢とかある程度わかるし、特に終盤はこの一手で勝てるとか自分なりに確信を持って指すことができるので、まあ、たとえているなら、駒音たかく、これでどうだと、びしっ!!と指すことができるわけです。ところが、囲碁の場合、私のレベルだと、まあ、おおきく石を取られたとかいう場合ならわかりますが、結果的に、5目程度しか違わないような差だとか、ましてプロ同士のように、1目とか2目の差なんていうレベルだと、勝負が終わって陣地を数えなおして、初めて、ああ勝ってたんだ、とか、負けてたんだとかわかるんです。だから囲碁を打ってる途中では、せいぜい(勝ってるといいな)という感覚で石を置いている感じで、これで勝つ、びしっ!というような感覚をもてないんです。 そこのしびれる感覚が自分のレベルだともてないのが、私が囲碁になじめなくなった一要因だと思うようになりました。 そこで質問は、囲碁はどの程度強くなると、打っている最中に、このままいくと5目差とか1目差で勝つとかいうことがわかるようになるんでしょうか?で、そういうことがわかるようになるレベルまで達すると、やはり打っている最中からしびれるような感覚を味わえるようになって、それまでとは違った感覚になるんでしょうか?あるいは、そういうレベルにまで達していない場合、ふたを開けてみるまで結果がわからないことについて、どういう印象をもたれているのでしょうか?ということについて、囲碁がお好きな方に(できれば将棋も好きで両方の魅力がわかる方に)意見を聞かせていただければと思います。

  • コンピュータ将棋はプロを越しました

    コンピュータ将棋はプロを越しましたね wikipedia コンピュータ将棋は、トッププロ棋士に対しても3割から5割の勝率をあげるまでになっている。 wikipediaにこうかいてありました。 もうすでに、トッププロと互角じゃないですか。 あと1~2年すれば、人間はコンピュータに勝てなくなりますね。 10年ぐらいして、今の棋譜を解析させると人間は悪手しか指してないとかが分かるようになりそうです。 まあ、いままで将棋が持っていたのは世界に注目されていないから(今もですが)なのかもしれませんが。 囲碁は、世界が注目してるにもかかわらず、人間にコンピュータが勝てるようにはなりません。 この差はやはり、ゲームとしてのレベルが違うからなのでしょうか? そうとしか思えませんがどうでしょう? 補足 囲碁も、wikipediaで調べたら 【囲碁はチェス、将棋、オセロといったほかのゲームと比較して ゲームの性質上、良い評価関数を作るのが難しかったり、場合の数が多かったりする[1]ために難しく、一般的に、名人に勝てるコンピュータプログラムを作る事は出来ないと言われている。】 となってました。 将棋と違って、コンピュータ囲碁が、プロ級のレベルになることはないんですね。

  • 囲碁・将棋はこれからも新聞社の支援を受け続けられるか?

    お世話になります。 囲碁・将棋は、新聞社などがスポンサーになって各種のタイトル戦を開催してもらっています。 プロ棋士は大会に出て勝ち抜くことで賞金を得て、それを生活の糧としています。 本当に賞金獲得だけで食っていける人は、半分以下(?)ぐらいでしょうけど。  マスメディアの黎明期である大正・昭和初期ならば大会のメインスポンサーになって棋譜を独占掲載すること=新聞の売り上げを伸ばす、という図式が成り立ちました。しかし現在ではたとえば将棋竜王戦の棋譜を見たいと思ったら、そのためにわざわざ読売新聞を買わなくてもいくらでも別の方法があります。  そもそも新聞の売り上げも減ってきているし、趣味が多様化して、囲碁・将棋に興味のない人も大勢います。  新聞社には 「文化への貢献というのも社の使命」と考える人もいると思いますが、それと同じぐらい 「タイトル戦に出す金がペイできてるのか? 数千万円のスポンサー料を払って、それを上回る読者獲得が達成できているのか?」と考える人も多くいると思います。  まあ、こいういった問題は囲碁・将棋だけでなく、マイナースポーツの実業団チームなど(アイスホッケー、バレー、陸上部など)ではもう無視できない問題で、チーム数減少によってリーグそのものが運営不能にまで陥っている場合すらあります。  囲碁・将棋はこれからも新聞社の支援を受けられるでしょうか? 万一新聞社が主要タイトル戦のスポンサーを降りる、と言い出した場合、どこか太っ腹なスポンサーが名乗りを上げてくれるでしょうか?

  • 新聞の囲碁・将棋欄

    新聞の囲碁・将棋欄ってどの程度の方が読んでいるのでしょう。 私は読んだことは無いですし、私の周りでも読んでいる人はいません。 囲碁・将棋の好きな方はかかさず読んでいるのでしょうか。 少し不思議に思ったので質問させて頂きました。

  • 囲碁界での最高タイトルとは?

    最近囲碁を始めてみました。将棋は昔から好きで将棋界についてはある程度知っているのですが、囲碁界のことについては棋士の名前などまだほとんど知りません。それで、将棋界では「竜王」のほうがたしか賞金額は多いようですが、依然として「名人」位が最強の称号であると思います。順位戦という過酷なリーグ戦をプロになってからでも何年もかけて上り詰めていかなければならず、期間的にも獲得するは最も難しいと思われます。では、囲碁界ではどうなのでしょうか。囲碁の世界でも「名人」のタイトルが最強位として君臨しているのでしょうか。他にも「棋聖」「本因坊」などあるようですが、囲碁の世界は将棋界とは違って、「名人」ではなく「棋聖」や「本因坊」のほうが、値打ちがあるというか、最強のタイトルとして認知されているということはあるのでしょうか。どうも、そのあたりが囲碁雑誌などを読んでいても判然としなかったので質問させていただきました。

  • それでもプロか?!・・・と思ったこと

    先日、将棋名人戦で、主催者の朝日新聞から委託された観戦記者(75歳のベテラン)が、指し手を考慮中の羽生名人にサインを求めたというハプニングがありました。 たまたまNHKの実況中継が始まったところで、その異様な光景が全国に放映され、私も目が点になってしまいましたが、素人ならばともかくとして(といったら、素人さんにさえも失礼かもしれませんが)、「それでもプロか?!」とあきれ返ってしまいましたね~ その他、私はテレビにも興味があるんですけど、ドラマや或いはCMなどで、失敗を(気が付かないのか撮り直しが面倒なのか)そのままにしているシーンを見かけると、画面に向かって「それでもプロか?!」と突っ込んだりします。 みなさんは、どんな時に「それでもプロか?!」と思うことがありますか? 政治・経済・教育、或いは接客・スポーツなどなど、どんな分野のことでも結構ですので、教えて下さい。 宜しくお願いします。