-PR-
締切済み

スキューバ オープンウォータライセンス取得について

  • 困ってます
  • 質問No.974736
  • 閲覧数155
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

先日PADIのオープンウォータライセンスとアドバンスウォータライセンスを同時に取得しました.

今度4日ほど彼女と沖縄旅行をしようと思うのですが,
その際に,彼女にOWライセンスを取ってもらって
一緒に潜ろうかと思っております.

OWライセンス取得で2日間で3万円ほどのコースを
見つけたのですが,もっと格安なものはないでしょうか?

また,ライセンスをすでに取っている私も講習中に
一緒に潜ることは可能なのでしょうか?

アドバイスヨロシクお願いします.
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 31% (169/538)

沖縄で3万円なら最安値じゃないでしょうかね~、本土なら6万円くらいだからこれ以上安いと手抜きの心配があります。 
ライセンスを交付されても旅の記念品くらいの意味しかなくおそらくスキルは身に付いて無いでしょうから、体験ダイビングに毛が生えた程度の価値しかありません。

なお、カード取得ツアーならかなり安いものがありますグアム・サイパンなど・・沖縄と費用は変わりませんし、空港近くに住んでれば沖縄より安くなることもあります。

講習に付いてって一緒に潜る事は頼めば可能と思いますが別行動でファンダイブするほうが良くはありませんか? ショップを決めて依頼してみてはいかがですか。

たとえばこのツアーで価格比較してみてください。

http://www.huckleberry-jp.com/


  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 41% (81/196)

まずご質問にお答えすると、2日間で3万円(カード取得の講習、機材のレンタル代やカード申請料は含まれているのかな?)はかなり妥当です。また、ショップさんに相談すればOWを持っているあなたも一緒に潜れると思います。彼女が講習を受けているあいだ、あなたのバディはどうするのか?は問題ですけど。(PADIではバディダイブが前提、と習いましたよね)
あなたは彼女の講習につきあうのですからいいでしょうが、一緒にバディを組んだ人は沖縄まで来て講習と一緒ではかなわないでしょうね。まぁ、ショップがうまく考えてくれるでしょうが。

ところで、ku_sukinさんはどこで何日くらいでCカードを取得されましたか?
ご存知のように、カード取得にはいくつかこなさなければならないスキルがありますよね?
(水面と、水中でのBC脱着とか、マスクリカバリとか、レギュレータリカバリとか中性浮力とか...)
すべてダイビングというレジャーの安全性を確保するために必要なスキルですから、手を抜いたらそれはダイバー自身の生死にかかわります。これを2日間で全部やってしまうのは、非常に厳しいと思います。それとも以前体験ダイビングをして、それが限定水域の代わりにできるようにしているのかな?

2日間で取らせるというところは、きちんとこのあたりをフォローしてくれるのでしょうか?
聞くところによると、座学はすべて事前にテキストを読ませるだけで講習なし、ひどいところでは、テキストももらえなかったり、テストも先に問題を見せておいてそこだけ教える、というようなところもあるそうです。
先日私が一緒になった方はやはりリゾートでOWを取得した方ですが、タンクへのBCの装着はしたことがない、もちろん、自分で着たりはずしたりできない。(水中ではずれたらどうするのでしょう?)オクトパス?何ですか?という感じでした。

ku_sukinさんが彼女さんにOW講習を受けさせたいというのは、体験ダイブと一緒のファンダイブではつまらないから?
だとしたら、彼女さんにあらかじめ(沖縄へ行く前に)時間をかけてカードを取得してもらって、二人できちんとファンダイブした方が、楽しいと思いますよ。
もしくは、その時間がないのでしたら、一緒に体験ダイビングを楽しまれた方が安全だし、いいと思います。体験ダイブとファンダイブを一緒に連れて行ってくれるショップはたくさんあります。(深度や時間的なことでファンダイバーには不満が残るかもしれませんが、彼女の安全の方が大切ですよね)

また、PADIにしろ、どこにしろ、「ライセンス」という呼び方は誤解を招くので、やめましょう。
(ショップのツアーや広告でそう書いてあっても)
運転免許のような「法的資格」ではなく、単なる「認定」だからです。「Cカード」というのはCertificationですよね。
ただし、OWを持っている、というのはダイビングというレジャーについて自分はこれだけの訓練をしたよ(水の中でのさまざまなリスクについて)という証明です。ですから、海外などでCカードを持っていれば、「自己責任で」18mまで潜ることができるのです。ですから、逆にしっかりスキルを身につけておかないと、海外などでは面倒見てくれないこともありますよ。気をつけて。
  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 25% (20/77)

ダイビングは万が一の場合、命を危険にさらします。
安いことは悪いことではありませんが、安いだけでいいというわけでもないと思います。
スポーツですから、ある程度の慣れやトレーニングも本来必要なものでしょう。

ですので、何でもいいから安く。なのか、じっくり・しっかり・安全に。なのか。その点、だけ考えていただいて、是非安全で楽しいダイビングを楽しんでください。

ちなみに、カードの種類や、色、ランク、団体だけでは腕前は計れません。3000本のオープンウォーターもいますし、100本のインストラクターも存在します。

楽しい旅行になるといいですね。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ