-PR-
解決済み

ブラザー・ベアのDVDについて

  • すぐに回答を!
  • 質問No.973887
  • 閲覧数150
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 71% (701/980)

今日ブラザー・ベアのDVDを借りてみました。
そしたら最初の20分ぐらい上下左右が黒幕でした。
これは4対3の1比率かと思ってズームしたらぜんぜん違いました。
4対3の比率より横が長かったです。
なぜこのようなことをしているんですか?
よろしくおねがいします
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル6

ベストアンサー率 42% (3/7)

劇場公開時もそうでしたが、この映画は途中で画面のサイズが変わります、それは主人公キナイが熊となって目覚めたシーンから、画面サイズがビスタビジョン(縦横比 1:1.85)から、シネマスコープ(縦横比 1:2.35)に切り替わります。

現在の映画における基本的なスクリーンサイズというのは、ほとんどが、ビスタビジョンかシネマスコープに二分されます。
上記の比率を見てわかるように、シネマスコープの方が横幅が長く、より迫力のある大きい画面という事になります。

しかし、通常、シネマスコープというのは、縦の長さが、ビスタビジョンのまま、横に広がるため、より大きなスクリーンになりますが、最近のシネコンなどでは、横の長さはビスタビジョンのまま、上下にスクリーンを縮めて、1:2.35という比率を確保することも多いようです、この場合、当然シネマスコープの方が、ビスタビジョンより画面が小さくなります。

話はそれましたが、私はDVDはまだ見ていないのですが、おそらく最初の20分は画面が小さいのではないでしょうか?
これはキナイがまだ人間であり、人間の視点という意味だそうです。
その後、キナイが熊になり、画面が広がると思うのですが、これは野生の視点で、広大な自然を強調するとともに、主人公キナイの視界の変化を観客に味あわせるための監督のねらいでもあるそうです。
また、この時に、画面の色調も柔らかいものから、明るく濃い美しい色調に変えているそうです。

と、いうような事が映画のプログラムに載ってました。
お礼コメント
OOSAWA

お礼率 71% (701/980)

回答ありがとうございます。
劇場でもそうだったんですね。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2004-08-25 11:25:16
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ