解決済み

手相における「晩年」の意味

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9608720
  • 閲覧数45
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 45% (84/183)

私の左手の手相の運命線が、晩年に努力が報われるとか名声を得られることを示しているらしいのですが、晩年とは仮に人生80年として何歳くらいを意味するのでしょうか。

晩年の意味を調べたら、死が近い時期とあります。
不幸な死に方よりはましと思いますが、なんだか素直に喜べません。
占いの世界では解釈が違うのでしょうか?

それとは別に、この頃、同じ左手の生命線から2本の線がそれぞれ上と下に伸びてバツ印を作っています。どちらも2センチ程度です。
これは何か意味があるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 25% (126/489)

芸術家の「晩年の作」とか良く言いますね。
晩年は、その人の死去後に分かることですよ。
死去する前の二~三年が晩年期と思います。
80歳で死んだら、77歳から後ですね。
あと、生命線・手相のページも見ました、色々ですね。難しい。
お礼コメント
oodosima

お礼率 45% (84/183)

なるほど、そうだったんですね。
サイトを読みました。
奥が深いですね。
また何かありましたら、よろしくお願いいたします。
投稿日時 - 2019-04-26 15:57:20

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 11% (29/247)

貴方の寿命を知らないので何とも言えません。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ