• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

町山智浩さんをどう思いますか?

映画評論家ですが映画に限らず博識で、正義感も強く人種差別などには憤りを露にします 反面すぐにブチ切れる性格などで、それも正義感からですが他人ともよく揉め事を起こしています 町山さんに対して何か思うことがある方感想聞かせてください

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • hunaskin
  • ベストアンサー率30% (1855/6063)

私は好きです。 何故かと言えば、 私が好きな映画、面白いと思った映画をたいてい褒めているからです。 これはいい気分になります おまけによくわからなかったデティールや文化的背景をわかりやすく解説してくれます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • この分野に関しての知識はほとんどないのですが、質問させてください。 先日「ブルース・オールマイティ」という映画を見ました。いい映画でした。 その映画に「神様」が出てくるのですが、神役をモーガン・フリーマンさんが演じておられました。 すばらしい演技力でした。 それを観ながらふと思ったのが、「あれ?そういえば神様って自分に似せて人間を創ったんだよな・・・。最初の人間といえばアフリカの人。てことは神様は黒人だとしても全くおかしくないな・・・」ということです。 皆さんどう思いますか? ちなみに自分は黒人がどうだとか白人がこうだ等の人種差別意識はまったくもってません。 むしろどうして同じ人間なのに差別するのか憤りを感じるほうのような気がします。

  • 差別者の内面について

    私の乏しい知識の範囲内のことですが 被差別者の苦悩を描いた小説・マンガ・映画等は 数多く存在しますし、いくつか観た事があります。 しかし、差別する側の人間の内面をえぐった 作品があまり思い当たりません (被差別者が差別者としての一面を持つという 作品は割りと思い当たります)。 思い出せるのは映画『クラッシュ』の 人種差別主義者の警察官ぐらいです。 考えてみれば差別者の方がマジョリティなのですから そちらの方がもっと追究されてもよいような 気も致します。 精神や性格類型が構造的に単純すぎて 作品に深みがなくなるためでしょうか。 単に私が寡聞なだけかもしれませんし、 桐野夏生さんあたりなら そういう作品もあるかもしれません。 どなたかそういう作品をご存知の方が いらっしゃったらご教示を願い致します。

  • 日本人の血縁関係

    拝啓、 外国生活の長い日本人が投稿します。 この前、「手紙」と言う映画を見ました。弟が兄の犯罪で、差別されると言う話ですが、なぜ日本では、親、兄弟、子供の犯罪で、まったく無実の人達が差別されるのですか?よく考えたら、ばかばかしい話で、その本人の犯罪を他人が刑罰を受けているみたいで、幼稚な社会にしか見えません。その犯罪した本人が責任を取るという形でいいのじゃないのですか?それが社会正義だと思います。

  • みなさんは職場では

    みなさんは職場での存在は 1 熱血漢で正義感が強くみんなを纏める。他人への気遣いを忘れない。 2 クールでニヒルでキザ。周りを突っぱねても実力者として認められているが協調性に欠ける。 3 3枚目で人情に優しくマイルドな性格。 概ねどれに該当しますか? また女性の方はどの男性に好感持てますか?

  • 映画評論家が職業として成立する理由が分かりません

    今回の質問は、なぜ?映画評論家が職業として成立するのか?って事です。もっとも、評論という仕事全般にも言える事かも知れませんが。。。。 私、思うのです、映画なんて、単なる娯楽ですし、まったく同じ感性の人など居ませんし、周囲が面白いといっても、実際、自分が見たら、つまらない、あるいは、その真逆と言う事も、普通にありますし。。。、 ・・で、話が矛盾しますが、かつて、テレビ映画で、水野春朗、淀川長治さんらの上映前と後の解説は、本当に素晴らしかったです。今は、解説、そのものが完全に無くなってしまって、寂しいですが。。。、 ただ。。映画の宣伝のコメントで、映画評論家がコメントを寄せているのをみると、どうせ、お金をもらって、感想を書いているのだろうと。思ってしまいます。映画の感想を言って、お金をもらえるなんて、羨ましいと思ってますし、それが職業なんて。。。いつも不思議に思います。 以下、私の実体験から、友人から誘われて、某SMSでブログを書いてみようと思い、特に、日常の変化が無く、そう言えば、毎日、映画を見ているので、毎日、見た映画の感想を書いていました。 劇場、ビデオを問わず、多い時は、毎日、一日5本以上見ていたので、一日、5回ブログを更新した事もありました。 そのうち、知らない人からのブログの感想が面白くなり、自分なりに、詳細なデータ、多彩な表現を加えると、そのうち、現役の映画関係者まで、私のブログを見て頂けるようになり。。。。 全国ロードショウを何度もやっている、映画監督が私のブログに興味を持ち、私は飛行機に乗って、監督に会い、全国映画を撮影中の生台本をもらいました。 さらに、クリントイーストウッド監督の映画に出演した、役付き、セリフありの日本人俳優も、私のブログに興味を持ち、ブログ上で、その俳優さんと映画撮影に関連した公開座談会も開きました。 ・・で、段々、規模が大きくなると、好きでやっていた、ブログも、義務や仕事と感じるようになり。。。、 さらに、私が面白いとブログで書いた映画だけしか観ないとか、言う人も増えてきて・・・、違和感を感じて来たんですね。 映画などと言う物は、ウンチクは必要ありません、娯楽ですから、感覚で、その人が面白いか、感動したかだけで十分だと当時も、今も、考えは変わりません。 ブログを毎日、欠かさず、書いて4年余りが経った頃、結婚して、物理的に映画どころでは無くなったので、完全閉鎖しました。そして、保存を一切しなかったので、何も形跡はありません。 今は、子供が出来た事もあり、シネコンに数か月に1回、夫婦で映画を見るくらいですかね。。。。 とにかく、映画評論家という職業に関して、当時から疑問に思ってました。

  • 軽蔑、理不尽、嘲笑、差別に耐える映画、ドラマ、本などを教えてください

    人が軽蔑、理不尽、嘲笑、差別に耐える映画、ドラマ、本などを教えてください この世には本人には現時点ではどうしようもないことでも それを理由に嘲笑や差別、軽蔑されたり、明るい未来みえなくても耐えなければならない事があります。 例 派遣先で社員は割引で安く食堂で食べられるのに派遣のものは高い。 身内が犯罪などをおこしたせいで何の関係もない親族、小さな子供まで 軽蔑、差別される 容姿、人種で嘲笑、、差別される こういうようなつらくても差別に耐える作品、他人からどう思われても がんばって生きていく作品を教えてください。 一人だけが差別しているのではなくて多くの人が差別しているのが 望ましいです。 見た作品 ・101回目のプロポーズ  容姿や年齢などのせいでお見合い相手のみならず 相手の友人などにも笑われピエロ状態。 ・誰も守ってくれない 兄が殺人を犯したため違法なことをされても耐えるしかない。 ・手紙 兄が殺人を犯したため関係ない妻や子供まで差別される。

  •  三年ほど前から車を傷つけられたり、庭の置物を壊されたり、また夜中にク

     三年ほど前から車を傷つけられたり、庭の置物を壊されたり、また夜中にクラクションを鳴らされるなどの嫌がらせを受けています。犯人がだれかわかっているので警察に届け出ました。車を傷つけられるたびに連絡してほしいということで、その通りにしました。ところが、何度かかけているうちに、電話の向こうの警察官が担当者にかわるときに、「おい、また車を傷つけられたといや」と言ってバカにしたように笑うのが聞こえました。またあるときは怒った口調で、「それでどうしてほしいの。あんたはどうしてほしいかって聞いとるんや」と逆に叱られたこともあります。警察署に伺ったときも、また来たかといったような目で、二十代の警察官に小馬鹿にされるような目で見られ、ニタニタと厭味ったらしい笑みを投げつけられたこともあります。これでは警察は加害者の味方なのかと思えてなりません。これらは人に頭を下げたことのない馬鹿が、俺は警察官ですごいんだぞというおごり高ぶった思いを抱いた結果のなれの果てだと思います。これではいざというとき、誰も警察に協力しなくなるでしょう。  警察官の中にも正義感のある人はいるのでしょうが、中には潰れる心配がないだとか、公務員だから年金や退職金もしっかりともらえると言った理由で、まったく正義感のない奴がいるのも事実です。また本当に正義感のある者は警察にはならないといわれる通り、私の知り合いの友人の息子さんが警察学校に行きました。しかしそこでは日常茶飯事にヘアスプレーや化粧品が盗まれたりしたそうです。これから警察になる者がそんな馬鹿なことをしでかすとは信じられないと憤り、正義感の強いその息子さんは警察官になるのをやめてしまいました。  私自身曲がったことが嫌いで、弱い者いじめや、人種差別が大嫌いです。みな地球人であり、優しい心を持った人が苦しんでいれば、その人たちをどうにか助けてあげられたらと思っています。しかし今回のことで、警察が味方になってくれないという思いをいやというほど味わいました。皆さんは、正義感のまったくない警察官がいること、また、殺人事件でも起こらない限りまったく被害者の味方になってくれないことについてどう思いますか? また同じような目にあわれた方、お話を聞かせてください。お願いいたします。

  • アメリカの子供は、「顔」を何色で塗る?

    近頃の国内のクレヨンや色鉛筆には「はだいろ」という色は無く、 代わって「うすだいだい」や「ペールオレンジ」という 名称になりました。 おそらくこれは「人間の顔はこんな色だよ、と子供に対して 固定観念を押し付けると人種差別につながる」という発想に 基づくものと予測します。 さて、アメリカは他人種国家で白人も黒人も黄色人種もいます。 例えば「家族の絵」とかじゃなく「不特定多数の人々」を描く 場合は当然、顔の色は複数必要になると思いますが、クレヨンの 顔用の色も複数用意されているのでしょうか? 例えば、黒人の顔を「まっ黒」で塗ることは多分ないので、「黒人の顔」 用の色(つまり黒っぽい肌色)があるのでしょうか? あるいは黄色人種と白人を区別する色(ペールオレンジに対して ライトオレンジとか?)があるのでしょうか? 予想・意見・感想・雑談・なんでもお気軽にお書き込み願います。

  • 映画のTVCMで、観客のコメントのみのCM

    映画のTVCMで、劇場で観客に一言程度のコメントをさせて、それらだけを流すCMがありますが、それを見て自分も見てみようという気になるものでしょうか? 知人からのクチコミなら、どんなところが良かった、などの情報が入ってたりして見る気になるかも知れませんが、全くの他人が「泣けた」「最高だった」みたいな、大雑把な感想を言うのを見ても、何ら心動かされることはないと思うのですが。 個人的には、CMに出てくる観客の方のテンションが高いほど、映画に対しての期待感みたいなものは冷めてしまいます。

  • 美しい生き方

    今日はこのサイトを見ていると「よく知りもしない事を軽率に裁いている人」をよく見かけました。 そんな発言を見ていると、「恐怖心」「不安」こういった感情が背後に見え隠れする気がしたのです。 夕方に散歩している時も、「格差社会」の要因はなにかなどと軽く考えていたのもあり、今日はそんな日なのかもしれません。 良く知りもしない事を軽率に裁く事も、格差社会の中で収入や職業などの差別をする事も、様々なしがらみから解放されてフリーな気持ちで見てみると意味が分かりません。 結局は自分が人よりも落ちると思えてしまう境遇に恐怖したり不安になったりして、他人を傷つけたり、貶めたりしているだけのように見えます。 人は基本的には他人に無関心なので、ひまわりの様に光源の方だけを見ているような人よりも劣ればいとも簡単に無視(意図せずとも)され、孤独感などに苛まれるのかもしれません。 でも、それに恐怖したり不安になったりして差別意識を持ったり、良く知りもしない事を軽率に裁いたりというのはどうも美しくない。 品のない人生は恥ずかしい。 とざっくり他者を裁く前に自分の感想を述べてみました。 どうでしょうか。 落ちたときの境遇を思えば恐怖や不安に煽られる事はあろうかと思います。 でも、やっぱり恥ずかしい生き方だけはできない。する訳にもいかないし、感情的に恥ずかしくてできない。 私の見立ては合っているでしょうか? 合っているなら、恥ずかしい生き方をしないように反面教師としてありがたく拝見させていただくことになります。 間違っていたら、どのように間違っているのか説明付きで回答を頂けると幸いです。