• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

映画評論家が職業として成立する理由が分かりません

今回の質問は、なぜ?映画評論家が職業として成立するのか?って事です。もっとも、評論という仕事全般にも言える事かも知れませんが。。。。 私、思うのです、映画なんて、単なる娯楽ですし、まったく同じ感性の人など居ませんし、周囲が面白いといっても、実際、自分が見たら、つまらない、あるいは、その真逆と言う事も、普通にありますし。。。、 ・・で、話が矛盾しますが、かつて、テレビ映画で、水野春朗、淀川長治さんらの上映前と後の解説は、本当に素晴らしかったです。今は、解説、そのものが完全に無くなってしまって、寂しいですが。。。、 ただ。。映画の宣伝のコメントで、映画評論家がコメントを寄せているのをみると、どうせ、お金をもらって、感想を書いているのだろうと。思ってしまいます。映画の感想を言って、お金をもらえるなんて、羨ましいと思ってますし、それが職業なんて。。。いつも不思議に思います。 以下、私の実体験から、友人から誘われて、某SMSでブログを書いてみようと思い、特に、日常の変化が無く、そう言えば、毎日、映画を見ているので、毎日、見た映画の感想を書いていました。 劇場、ビデオを問わず、多い時は、毎日、一日5本以上見ていたので、一日、5回ブログを更新した事もありました。 そのうち、知らない人からのブログの感想が面白くなり、自分なりに、詳細なデータ、多彩な表現を加えると、そのうち、現役の映画関係者まで、私のブログを見て頂けるようになり。。。。 全国ロードショウを何度もやっている、映画監督が私のブログに興味を持ち、私は飛行機に乗って、監督に会い、全国映画を撮影中の生台本をもらいました。 さらに、クリントイーストウッド監督の映画に出演した、役付き、セリフありの日本人俳優も、私のブログに興味を持ち、ブログ上で、その俳優さんと映画撮影に関連した公開座談会も開きました。 ・・で、段々、規模が大きくなると、好きでやっていた、ブログも、義務や仕事と感じるようになり。。。、 さらに、私が面白いとブログで書いた映画だけしか観ないとか、言う人も増えてきて・・・、違和感を感じて来たんですね。 映画などと言う物は、ウンチクは必要ありません、娯楽ですから、感覚で、その人が面白いか、感動したかだけで十分だと当時も、今も、考えは変わりません。 ブログを毎日、欠かさず、書いて4年余りが経った頃、結婚して、物理的に映画どころでは無くなったので、完全閉鎖しました。そして、保存を一切しなかったので、何も形跡はありません。 今は、子供が出来た事もあり、シネコンに数か月に1回、夫婦で映画を見るくらいですかね。。。。 とにかく、映画評論家という職業に関して、当時から疑問に思ってました。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#184692
noname#184692

指標として必要な人がいるのでしょう。 需要があるからこそ存在している…理由はこれだけだと思いますよ。 自動車にしろ小説にしろ映画にしろ、自分の嗜好が確実に決定している人にとっては評論家は不要でしょうし、むしろ邪魔だと思うことも多いかと思います。 でも、多くの人はそうではない…だからこそ、宣伝と言う意味合いもありこの手の指標が必要なのでしょう。 少なくともそれで食えている人がいる以上需要は有るのだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 参考になりました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • hunaskin
  • ベストアンサー率30% (1855/6063)

>映画などと言う物は、ウンチクは必要ありません、娯楽ですから、感覚で、その人が面白いか、感動したかだけで十分だと当時も、今も、考えは変わりません 質問者様はそれでよろしい。 ご自身のblogは人気あったんですよね。注目集めたんですよね。 でも、それを商売にする気はなかった、そういうことですよね。 しかしそれは質問者様個人の事情です。 私は単なる感想文ではなく、それなりの知識や鑑賞眼と文章力のある人の評論を読みたいんですよ。 そういう人間は一定以上いるので映画によらず「評論」という行為が商売になるのです。 質問者様が納得できようができまいが、それが評論家という業の成り立ちです。 ごく簡単な話じゃないですか。 需要と供給、なんて小学校の社会の時間に学びましたよね。 なんかそんなの納得いかない、という感情論であれば他人が関知するものではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 参考になりました。

関連するQ&A

  • 映画初心者です。オススメの映画評論家を紹介して下さい。

    最近になって映画を真面目に(数あるエンターテインメントの一つではあるのですが) 観るようになりました。 どんな映画が自分にマッチしているか、はこれから数を重ねて観ていく中で分かってくると思いますが、 自分の観た映画をより色々な視点から捉えられるようになるにはやはりその道に通達したプロの評論を読んだり聞いたりすることが映画を豊かな目で観るためにも、楽しむためにも良いと思うのです。 そこで皆様にお聞きしたいのですが、 この人の評論なら映画初心者にも薦めることができる。と自信をもってすすめることのできる映画評論家をご存知でしたら教えて下さい。 できれば王道で淀川長治さん(この人以外有名な映画評論家は知りませんが)のような偏りのない確かな映画の眼力を持つ人を紹介して頂けるとありがたいです。 昔の人でも構いません。お願いします。

  • 映画評論家の名前を教えてください。

    アメリカの映画評論家で毎年7,8cmの分厚さの評論集を出している人なんですが名前がどうしても思い出せず困っています。 本の内容は映画の初期から現在までの作品をほとんど網羅しており,各々を最高★四つで評価しているものです。 どうしようもない映画にはBOMBと書かれていて笑えます。あ,文は英語で書かれています。 著者の風貌は眼鏡をかけていて,ひげをはやし,ちょっとはげたおじさんで,背表紙に近影が載っていたと思います。 よろしくお願いします。

  • 映画評論家と映画ファンの線引きってどこ?

    タイトル通りなんですが、映画評論家と単なる映画ファン(マニア)の違いって何なのでしょうか? ○○評論家とかって結構曖昧なところがありますよね。 政治・経済だったらその人の専門とか職業とかでなんとなく 納得できなくはないって感じなんですが、映画評論家ってかなり曖昧ですよね。自称もたくさんいますし。。。

  • 映画評論家・ライターについて(就職先)

    現在、20歳(大学2年)の者です。(女) そろそろ就職先候補をいくつか決めておきたい時期がやって参りました。そこで 『映画評論家・ライター』 という職業についてご存知の方にお聞きします。 I.どれ位の知識量でなれるのか II.その仕事に就くまでの道のり III.この職業で必要なスキル  IV.ご自身の考え、意見(成り易いか・お給料について など) ※この職業についての不満や、個人的な批判などではなく あくまで一般論の内でお願いいたします。 それぞれの質問について、質問者の情報を補足させて頂きます。 何故この職業を選ぼうかと思ったのか動機を申しますと、 簡潔に言えば映画が好き 更に見てからそれを批評するのが好きだからです。 どこが良いのかだけではなく、あくまで批評をするという点ではこの職に適するのではないかと思います。 映画の知識・情報量と致しましては、個人的にはここ最近の映画の情報などには少し疎いかもしれません。(一般的に有名なのは知っていますが、B級映画の知識があまり・・・) 昔の『名作』と呼ばれている映画は殆ど拝見させて頂いております。(ホラー/サスペンス~スペクタクル~ラブストーリー) また、一般的に有名な俳優であればある程度は知っております。思いついたもの・人を簡単に載せておきます。 例) スティーブン・キングの小説/映画  ジョン・カーペンター監督作品 スティーヴン・スピルバーグ監督作品 ルネ・クレマン監督作品 etc ホラー全般 シェルブールの雨傘/ウエストサイド物語などミュージカル映画 ブラス/愛情物語など音楽映画 カサブランカ/ある愛の詩などラブストーリー シャレード/第三の男などサスペンス ベン・ハー/十戒などスペクタクル 有名な映画音楽作曲家は勉強中です。ヘンリー・マンシーニ フランシス・レイくらいしか解りません。 説明を目にしたとき 道のりとしては映画関連の職に就き 長年務めるとありましたが 映画の職はそれはもう沢山ありますし、曖昧すぎて解りません。 詳しい方の回答 お待ちしております。

  • 淀川長治の好みのベスト3の映画3作は何でしょう

    淀川長治の好みのベスト3は何でしょうか。 この間、これに近い別の質問をしたら、変な人のせいで、全然意見が集まらず 困りました、あの変な人、妙な妨害をしないでください。 映画解説の淀川長治さんが、生前、自分にとってのベスト作を言っていました、 淀川さんの本を後から見ても、ベスト100だったりとか、多すぎて、ややこまっています。 淀川長治の好みのベスト3の映画3作は何でしょう

  • 映画番組の解説者について

     私はあまり映画番組は見ない人間ですが、最近のTVでの映画番組ではオープニングとエンディングで解説の人によるコメントのコーナーがなくなってしまい、寂しいですね。具体的には下記のとおりです。 日本テレビ(金曜ロードショー)……水野晴郎氏 フジテレビ(ゴールデン洋画劇場)…高島忠夫氏 テレビ朝日(日曜洋画劇場)…………淀川長治氏  このうち、淀川長治氏は逝去されたため、「さよなら、さよなら、さよなら。」のコーナーはなくなってしまいました。  さて、上記の解説者の解説コーナーが終わってしまったのはいつ頃なのでしょうか。私的には水野晴郎氏の「いや~、映画って本当にいいものですね。」の名ゼリフが好きだったのですが。あと、水野氏の金曜ロードショーでのトランペットの音楽によるオープニングから今のオープニングに変わったのがいつ頃なのかも教えていただけると幸いです。  宜しくお願いします。

  • そんな評論だったら、シロウトにも言える・・・と思うこと

    そんな評論だったら、シロウトにも言える・・・という例を上げていただけますか? 例えば、スポーツの解説者が、 「最後は気持ちの問題ですね」  ・・・それを言っちゃあ、評論家もおしめえよ、と思ってしまいますよね~ 例えば、映画評論家が、 「いやぁ、面白い映画ですね~」  ・・・どこが面白かったか聞きたいの。それに、評論家にこう言われる映画って、面白くないことが多いからなあ~ あ、具体的な個人攻撃は削除対象になってしまいますので、ご注意を・・・ 宜しくお願いします。

  • 本当に映画が好きな方、おすぎの映画評論は参考になりますか?

    彼(彼女?)の映画評論を参考にして映画を観に行く人っていらっしゃいますか? 又、本当にオスギは評論家として映画というものを観ているんでしょうか? 自分個人の意見としては、たまに悲しくなるくらい映画の本質を観ておらず、 俳優がブサイクだったりロマンチックな恋愛映画だったりするだけで 全否定してしまいがちなオスギが許せなくなってしまったりします。 (まぁ、これが映画評論家というお仕事なのだと思いますが。) 好き嫌いもあるとは思いますし、抽象的な質問になってしまいましたが幅広いご意見を宜しくお願い致します。

  • 1971年から1988年まで続いた「日活/にっかつ ロマンポルノ」につ

    1971年から1988年まで続いた「日活/にっかつ ロマンポルノ」について、批判していた有名な映画評論家は誰かいます? 特に故・淀川長治等どう考えていたのですかね?

  • こんな雰囲気の映画、探してます。

    こんにちは。 映画「ブレードランナー」(ハリソン・フォード)「エンゼル・ハート」(ミッキー・ローク)「セブン」(ブラッド・ピット)など。こんな雰囲気の映画ほかにありませんか? ある映画評論家がリドリー・スコット監督について、「汚いものを美しく魅せる天才監督」といってました。 ダークで渋くてかっこいい、まさに「汚いものが美しい」そんな映画のおススメ作品を教えてください。