-PR-

歯周病の治療、治癒に関して等。

30代 歯科検診を受けて、結果、虫歯はゼロで その後、レントゲンを撮ると初期段階の歯周病と 診断されて、歯科に通っていま...

noname#195417 さんからの 回答

質問者が選んだベストアンサー

  • 2014-06-10 12:44:17
  • 回答No.2

虫歯に対する抵抗力が強くても、歯周病に対する抵抗力は弱いことがあります。

歯周病の初期段階は歯肉炎と呼ばれます。これはバイ菌の侵入により、歯ぐきが腫れている状態です。
最近では、生活習慣の変化もあってか、若い世代でも歯周病になっている方が増えています。

歯周病の原因は歯周病菌です。歯ぐきの周りに歯石があると歯周病菌の住処になってしまいます。
歯周病菌はプラークに保護されている状態になり、そのままでは薬も効きません。
この状態になると、ブラッシングを頑張っても歯石を取ることができないので、歯科医院で除去してもらう必要があります。

歯周病予防には、プラークを減らすプラークコントロールが重要です。
e-3a様の状態は初期の段階かと思われます。歯科医や歯科衛生士に正しい歯みがきの方法を教わるとともに、歯科での定期的な検診(メンテナンス)を受けて、歯ぐきを健康な状態に持っていくのが良いと思います。
補足コメント
e-3a

お礼率 61% (111/181)

>歯周病に対する抵抗力は弱いことがあります。

なるほど、参考になりました。
結句はブラッシングによるプラーク除去と、定期検診ですね。
投稿日時 - 2014-06-13 15:55:09
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
-PR-
-PR-
関連するQ&A
-PR-
-PR-
-PR-
-PR-
-PR-
ページ先頭へ