• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

カメラのレンズ口径の算出方法について

質問させて頂きます。 レンズ口径が分からず、F値と焦点距離が分かっている場合、 レンズ口径の算出方法は F値=焦点距離÷レンズ口径 より レンズ口径=焦点距離÷F値 で合っていますでしょうか? また口径と有効口径の違いと、直接的に解像度を測る上で参照にすべきはどちらか、出来れば教えて下さい。 お願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数409
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

もう一つ。光学的口径と物理的口径は一致しません。 例えば、一眼レフ用の超広角レンズは、バックフォーカスを確保する必要から、レンズ最後面より後側主点(光学的中心点、第二主点とも言う)を後に置いたレトロフォーカスタイプと呼ばれる設計がなされます。 このタイプのレンズは、光学的口径より物理的な口径の方が大きくなります。 逆に、超望遠レンズは、テレタイプと呼ばれ、焦点距離よりレンズの全長が短くなります。 このタイプは、光学的口径より物理的な口径の方が小さくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • Kon1701
  • ベストアンサー率24% (1445/5854)

有効口径と実際のレンズの口径の関係は個々のレンズによって違うので何とも言えませんが、理論解像度はレンズの口径が大きい方(f値が小さい)方が高いです。もちろん実際の解像度は違いますけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

>レンズ口径の大きいレンズの方がやはり同じ有効口径でも解像度(画質)は良くなるのでしょうか。 違います。URL先は、双眼鏡・望遠鏡の瞳径と集光力の話。 写真用レンズには通用しません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

>レンズ口径=焦点距離÷F値で合っていますでしょうか? はい、細かい事を言わなきゃ合っています。 本当のところは、カメラ映像機器工業会(CIPA)の基準では、焦点距離および絞り値は、表示と計測の差は、5%までなら誤差の許容範囲です。 例えば、28-300mmと表示するレンズだと、29.4-285mmでもOKです。 次に、レンズの実像は、光軸に対し垂直な平面に像を結びますが(結像面)、その結像面は、無限遠にある物は、焦点と同じ位置に像を結び、近付くにつれ結像面は、焦点の後方に移動するので、合焦距離は伸びていきます。 その為、鏡胴全群繰り出し式では、至近距離になる程、レンズを前に押し出すように動きます。 また、AFレンズでは、鏡胴全体を繰り出すには、パワーを必要とするので、レンズエレメントの一部を動かし、合焦距離を変えずに、焦点距離を短縮する事で、ピントを合わすレンズもあります。(インナーフォーカス式・リヤーフォーカス式) つまり、諸々の誤差の要素を排除すれば、レンズ口径=焦点距離F値は、理論上、正しいと言えます。 >口径と有効口径の違いと・・・ ほぼ、同意語とお考えください。 文脈によっては、開放時と絞った時で使い分けたり、周辺光量不足を軽減させる目的で、前玉の径に余裕を持たせて設計されたレンズなどで使い分ける事もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつもお詳しい回答有難うございます。 少し類は違うと思うのですが、 http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1141889616 このような記事を見つけたのですが、レンズ口径の大きいレンズの方がやはり同じ有効口径でも解像度(画質)は良くなるのでしょうか。

  • 回答No.1

その論理だと、同一焦点距離で同一F値のレンズは全て同じ口径を持っていることになりますが、現実的に市場に出回っているレンズはそうなっていますか?また単焦点はともかく、ズームレンズはどうしましょう?もしそれで計算できたとしても、一枚のレンズで構成された光学系に限って通用し、組み合わせレンズで構成された光学系に適用するのには、無理があると思います。 どのみち解像度は単純な数字から算出できるものではなく、光学系の設計(口径のみならずレンズ硝材や色収差補正など)によって千差万別となるものではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • レンズの明るさ

    レンズの明るさF値は、口径と焦点距離で決められているような感じがしますが、 レンズの透明度はレンズの明るさにどう反映されているのでしょうか。 同じ口径、同じ焦点距離でも、レンズの透明度がより高ければ、 レンズを通る間の光の減衰が少なくなるので、 より多くの光が撮像素子に当り、シャッタースピードを速めることができるように思います。 レンズの透明度はどこを見ればわかるんでしょうか?

  • デジタルカメラ&カメラレンズで、レンズの性能を左右する「開放F値」にF

    デジタルカメラ&カメラレンズで、レンズの性能を左右する「開放F値」にF1.4=√2、F2.8=√8、F5.6=√32 など√ を使用する意味は何でしょうか?。F値=(レンズの焦点距離)/(有効口径)で表わされますが、レンズの面積を√ で、長さのデイメンジョンに合わす為でしょうか?。

  • F値とは

    学生のときにF値は焦点距離÷レンズの口径と習いました。 10年間デジカメをさわっていてF値の計算がおかしいのでは と常々おもっていました。 例えばfinepixA340は焦点距離38mm~114mm、F値は2.8~4.8です。 http://kakaku.com/spec/00500810615/ 焦点距離÷レンズの口径でレンズの口径は変化しませんから 上記で焦点距離が3倍になればF値も3倍になるはずですが、意に反して4.8です。 最初は記載ミスくらいに考えていたのですがどのデジカメもこんな調子で どうも私の思っているF値の式と違うようです。 ひょっとしてデジカメのF値の求め方って違うやり方で求めますか?

  • カメラの一般的知識

    デジカメ歴少し、一眼レフ歴少しです。 一般的な質問になりますが、よりわかりやすく、論理的に教えて下さい。 または参考になるサイトを教えて下さい。 (1)焦点距離の定義 (2)F値の定義 (3)フォーカスの原理 (1)については、○○mmということで、長くなるほど倍率が上がること。  像が大きく結ばれることは理解してますが・・・。 (2)については、焦点距離と口径の比率でと言うことは理解してますが、  そのふたつの要素だけで決まる絶対的な数値かどうか。  レンズの透過率などは関係ないですよね。  または、焦点距離や口径の絶対値は関係あるのでしょうか。 (3)については、焦点距離が変わると、像が結ばれる位置が変化すると  思うのですが、レンズからフィルム(もしくはCCD)までの距離は一定であり、  その像をあわせるのが「ピント」だと思っていますが、  原理が理解できません。 よろしくお願いします。

  • 焦点距離の異なるレンズ間でF値が同じならなぜ露出Tv値が同じ?

    「シャッタ・スピード」の件で質問した者です。その節は大変お世話になりました。 また素人的疑問でお教えいただきたいことがあります。 焦点距離の異なるレンズにおいてF値を同じにセットした場合、なぜ露出Tv値(シャッタ・スピード)が同じになるのでしょうか。 F値が同じだから当たり前、ということではありますが、F値の定義式( F=f/D )から考察したいのです。 焦点距離がn倍のレンズとの比較において、F値が同じなので焦点距離 f が n 倍( nf )のレンズでは分母の D も nD になります。 口径が n 倍になるので面積は n**2 倍になり、従って入射光の量も n**2 倍になります。 この増えた n**2 倍の光はどう扱われるのかという疑問です。 1.考えたのは焦点距離が nf になることにより、結像のサイズが n 倍になればいいのではないかということです。 n 倍になればその像の面積は n**2 倍になります。 従って、像の単位面積あたりの明るさは焦点距離 f のレンズと同じ。したがって Tv値は同じでよいという推定です。 この考え方は合っているでしょうか。 間違っていたら正解をお教えください。 2.上記が正解だとして、では焦点距離が n 倍になれば像のサイズは n 倍になるのかということです。これを証明したく思いました。 レンズの基本式:1/a + 1/b = 1/f , 倍率 m = b/a (これぐらいの式しか知りません) において、焦点距離 nf のレンズの倍率 m’が f のレンズの n 倍になればいいわけです。 この式から m’を求めたのですが、 n 倍になりません。 行き詰っています。 この式を用いるのは間違いなのでしょうか。 以上、よろしくお願いいたします。

  • デジタルカメラ用レンズの明るさ

    35mm銀塩カメラに比べて、デジタルカメラのレンズは焦点距離が短く、F値も明るいものがほとんどですが、これは露光面積が小さいからと考えてよいのでしょうか? そこで、一眼レフデジカメなんですが、35mm用のレンズを取り付けた場合、焦点距離は変わるようですが、開放F値も変わるんでしょうか? ちょっと勘違いが入っているかもしれませんが、どなたかお教え願います。

  • キヤノンのレンズと他社のレンズの違い

    キヤノンのレンズは同じ焦点距離でもF値がより小さいものをラインアップしていて解像度や性能がいいという「最強伝説」的イメージがありますが、実際はどうなんでしょうか? キヤノンよりも優れているメーカーはありますか? (EFマウントに関係なく、レンズ全体の話です。)

  • F値の意味

     ウィキペディアには、 ------------------------------------ F値とは、レンズの焦点距離を有効口径で割った値 有効口径とは、レンズの光軸上無限遠の位置にある点光源を想定したときに、その点光源からレンズへ入射する平行光線の光束の直径のこと 有効口径が大きいということは、光をより多く集められるということである。有効口径が1/√2になると光を集める面積は半分 F値は√2倍になると、明るさは半分に。小さい方がよい。 焦点距離で割ることの意味 [編集] レンズが結ぶ像の面積は焦点距離の2乗に比例して拡大する。一方レンズの有効口径が変わらなければ、レンズに入射する光の量は一定である。したがって、像の面積あたりの光量は焦点距離の二乗に反比例する。 2つの係数の比をとることで無次元化を行っているとも言える。 ------------------------------------ とあり、これ自体、矛盾なく表面上の意味は理解できました。  他方、 ------------------------------------ 開放F値 [編集] レンズの絞りを開放(全開)したときのF値を開放F値という。開放F値の小さなレンズを「明るいレンズ」という。またシャッタースピードを高速にとれる事から、「ハイスピードレンズ」「高速レンズ」などの呼び方もある。 ------------------------------------ ともあります。 ということは、F値は一般に、同じカメラでも絞りによって異なるということでしょうか? しかし、開放絞り値には必ず、ワイド端とテレ端の数値が「~」で結ばれており、混乱しています。  ご存じの方、よろしくお願いします。

  • 50mmレンズの不思議

    特に困っているわけではないのですが、以前から?が飛んでまして・・ 一眼カメラのレンズを見ていると開放絞りが1.4以下のレンズと言えば その焦点距離は50mm±5ぐらいですよね。 それより焦点距離が、長くても短くてもF値は大きくなるようです。 これは、レンズにガラスと言う素材を使うからなのでしょうか? そして、人間の視野角に近いのが35mm版では50mmに相当するという ことは、35mmありきではなく、「レンズをガラスで作る => 明るい レンズは50mm => それならフィルムは35mm」となったのでしょうか? なぜ50mm前後のレンズは安くてもF値が小さいのかわかりません??

  • カメラレンズの焦点距離は?

    添付しているカメラ・レンズなのですがこのレンズの焦点距離は 28 mmなのでしょうか? 上からとった写真では ∞やら5 m, 2mといったものが写っているのですが, これは焦点距離と関係ないと考えてよろしいのでしょうか?