• 締切済み
  • 困ってます

上智大学

連続の質問で申し訳ないです。 今年、上智大学(文学部英文科)に入学する者です。 私は上智大学外国語学部イスパニア語学科・文学部英文学科に合格しました。 わたしは英語をただ話せるだけではなく、その文化や専門知識もマスターし、その上で第二外国語としてドイツ語を学んで、海外でも活躍できる人材になるのが目標です。なので、英文科が第一志望でした。しかしネットなどでは「上智外国語学部」じゃないと意味がない、文学部英文は全くと言っていいほど知名度低い・・みたいな言われ方をしていて、正直自信を無くしかけています。だったらイスパに入ったほうがよかったのかな・・とも思います。(スペイン語には興味はないのですが、場慣れのために受けました) 実際世間の評判はどうなんでしょうか。 率直なご意見を伺えたら嬉しいです。 お読みくださって有難うございました。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2701
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.4
  • isoken
  • ベストアンサー率33% (560/1664)

>実際世間の評判はどうなんでしょうか。率直なご意見を伺えたら嬉しいです。 上智大学は文句無く私大のトップ・クラス、交通至便な立地・瀟洒なキャンパスに加え、美的偏差値が極めて高い女子大生を多数揃えた抜群の環境、貴方の御悩みや御不満を例えば明治大学辺りの学生さんが聞けば、殴りたくなる事必定です。 とまあ冗談はさて置き、就活に際して表向きはともかく事実上の指定校制度が温存されている現在、上智であれば当然最低限の壁はクリアします、そしてその際学部や学科或いは偏差値や世間的評価が顧慮される事は殆んど無いといっても差し支えないし、あとは運と本人次第、過去に於いてそれなりの企業で新卒採用の現場にいた者の実感として申し上げれば。 正直なところ高々一新卒採用に当たり、そこまで面倒な事はしないというのが採用企業側の論理、であれば世間的な評価はともかく、御希望の文学部英文学科に進まれたらどうでしょうか? 何年或いは何十年後かに貴方も知る事になろうかと思われますが、大学名はともかく片々たる学部・学科の差異など世間の興味の外であり、一般に於ける貴方への認識は飽く迄も上智の学生さんという事、そして学科毎の偏差値の毀誉褒貶は当たり前の様に存在する現実。 例えば30年前、現在の北京語の隆盛は予測困難でしたし、早稲田の社学の偏差値がここまで上がるとは誰も思わなかったはず、当時社学の学生の殆んど全ては、私が知る限りコンプレックスの固まりの様な人物ばかりでした。 尚以下全くの余談になりますので、関心が無ければ流して下さい。 私の後輩にマレー語のスペシャリストがおりまして、当時(今でもそうでしょうが)インドネシア語やマレー語が出来る者などおりませんでしたから、並居る先輩を押しのけて入社2年後にジャカルタに赴任、マレー語とインドネシアの共通語はほぼ同列ですので、当然必然性はあったのですが、当時の私は非常に羨ましかったものです。 短期の出張で何度かジャカルタを訪れ、彼の仕事・住環境を知るにつけ、益々その思いを募らせましたが、何しろ150坪の大邸宅にインドネシア人のメイドと2人住まい、当然運転手付き、更には交際費がほぼ無限大(といってもジャカルタと東京の物価格差を考えれば、大した額ではありませんが)という、当時海外志向であった私の興味をくすぐる抜群の条件、尚彼の後任として、私自身が3年に及ぶ灼熱のジャカルタ住まいになろうとは、当時は思いも寄りませんでしたが。 つまり貴方の様に明確な目標をお持ちの方は別として、マイナーな言語習得者には、それなりのメリットも存在するという事、まあスペイン語がマイナー言語とは決して言えないのでしょうが、仮に私であればイスパニア語学科を選び、スペイン或いは南米を志向します。 そしてもう1点は少々既述に矛盾致しますが、語学に堪能な方に対する企業内に於ける評価の変遷に就いて、言語は所詮意思疎通の手段でありそれ以上それ以下でもない、そんなものは通訳又は語学使いに任せておけば良い、最終的にその人物の総合的な能力を判断する際には殆んど斟酌されないというのが、現在支配的且つ割と冷ややかな認識。 その根底には、それなりの規模を有する国際的企業に於いて、ある一定以上の英会話能力は既に必用最低条件である事、或いは殆んどネイティブといってよい帰国子女が現実に多数包含されている事、更には微妙なニュアンスの相違が命取りとなる重要な商談、或いはオフィシャルな契約の際には、必ずオーソライズされた通訳を入れる商習慣になっている現実が挙げられます。 私が属する会社に於いても、20年以上前はともかく上昇志向・出世意欲が高い社員ほど組織の中枢を離れる事になる海外赴任を忌避する傾向が強く、それにつれてか社員の能力判定に於ける語学力に対するウエイトは年々低下しております。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 上智について。

    連続の質問で申し訳ないです。 今年、上智大学(文学部英文科)に入学します。 私は上智大学外国語学部イスパニア語学科・文学部英文学科に合格しました。 わたしは英語をただ話せるだけではなく、その文化や専門知識もマスターし、その上で第二外国語としてドイツ語を学んで、海外でも活躍できる人材になるのが目標です。なので、英文科が第一志望でした。しかしネットなどでは「上智外国語学部」じゃないと意味がない、文学部英文は全くと言っていいほど知名度低い・・みたいな言われ方をしていて、正直自信を無くしかけています。だったらイスパに入ったほうがよかったのかな・・とも思います。(スペイン語には興味はないのですが、場慣れのために受けました)ただ、興味もない言語を4年間やっても、持たないんじゃないのかとも思いました > < 実際世間の評判はどうなんでしょうか。 率直なご意見を伺えたら嬉しいです。 お読みくださって有難うございました。

  • 上智大学について

    こんにちは。9月にカトリック推薦で上智大学外国語学部英語学科と文学部英文科を受けます。 そこで質問です。 面接の内容などを教えてください。 受けたことがある方がいましたら、どのようなことが聞かれたかなど教えてください。 お願いします。

  • 上智大学の. . .

    上智大学の文学部の英文学科に必要な教科書の値段を知っている人っていませんか?((汗 どこにもなくて困ってるんです. . .

  • 回答No.3

>第二外国語はドイツ語にしようと思うのですが(自主学習も勿論します)、将来的に全く使えない、ということはないですかね?>< 第二外国語をしっかり勉強して二カ国語の通訳になる人もいます。ただ、そういったケースはドイツ語科の学生が英語もできるというものです。英語科の学生がドイツ語もできるというのは珍しいです。多くは文字通り第二外国語で教養レベル程度となります。全く使えないということはないですが、私ならラテン系の言語をとるだろうと思います。イギリス、オランダ、ドイツ、北欧は言語が似ていますから簡単に覚えられるというメリットはありますが、似ているのであまり幅が広がりません。でも語学は好きな言語を選ばないと続きませんからこればかりは本人の希望が最優先となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

ポルトガル語の通訳です。私の友人に東京外大ポルトガル語科卒の人がいるんですが、英語が得意でした。でも東京外大の英語科は最難関であったので当時は穴であったポルトガル語を選択し入学しました。 そして彼は卒業し就職し数年後ブラジルへ派遣されました。 ところが・・・ 彼も奥さんもブラジルが肌に合いませんでした。その人はクラシックなどを静かに聞いているのが好きな学者タイプの人です。何度も帰国したいと訴えましたが、聞いてもらえず最後は辞職覚悟で実力行使しました。帰国は認められましたが、その後本社で冷や飯を食わされました。 このように東京外大や上智の外国語学部でどこかの国の言葉を習得すると、もう語学エキスパートとしてその国に派遣される可能性が高くなります。 たとえばマフィアが跋扈するコロンビアで一生を過ごすことになるかもしれません。 上智の外国語学部の英語科が文学部英文科より良いですが、その次に良いのは文学部の英文科だと思います。理由は、 1.英語なら国内で十分二ーズがあり、日本にいながら語学力を発揮できること。 2.国際語だから英語を話せればたいていの国で役立つことができること。 3.英語が母国語である国は英米加豪など過ごしやすい国が多く海外へ派遣されても苦痛ではないこと。 いま東京外大は中国語が偏差値を上げたそうですが、中国へ常駐することになる可能性も高く、そういうことも考慮しないといけません。その国を好きならいいんですが・・・ たとえばモンゴル語科でもモンゴルを好きなら良いんです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>そして彼は卒業し就職し数年後ブラジルへ派遣されました。 ところが・・・ 彼も奥さんもブラジルが肌に合いませんでした。その人はクラシックなどを静かに聞いているのが好きな学者タイプの人です。何度も帰国したいと訴えましたが、聞いてもらえず最後は辞職覚悟で実力行使しました。帰国は認められましたが、その後本社で冷や飯を食わされました。 このように東京外大や上智の外国語学部でどこかの国の言葉を習得すると、もう語学エキスパートとしてその国に派遣される可能性が高くなります。 たとえばマフィアが跋扈するコロンビアで一生を過ごすことになるかもしれません 恐ろしいです...> < 通訳さんなのですね!!憧れます^^* 第二外国語はドイツ語にしようと思うのですが(自主学習も勿論します)、将来的に全く使えない、ということはないですかね?>< >上智の外国語学部の英語科が文学部英文科より良いですが、その次に良いのは文学部の英文科だと思います。 前者は入学時の配点が、英語があまり活かせないもので、模試などの判定もDやEだったので諦めてましたし、「文化・専門知識etc」などを学びたいと思ったので文英にしました。泣 

  • 回答No.1
  • wy1
  • ベストアンサー率23% (331/1391)

上智の英文科は水準が結構高いと思います。英文科は英語を使って英語で書かれた文学を研究するところです。英語を喋るだ家のところではありませんよ。外国語学部とはちがいますし、外国語学部でないと意味が無いとは、全く無知な人の 言葉です。興味が無い言葉など身に付くはずがありませんし、4年間もそんな環境に居たら、気が狂いますよ。居られないと 思います。ドイツ語は学校の授業だけでは物に出きる程度まで行かないかも。学外で、相当ちゃんとやる必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうなんですね。少し安心できました。丁寧なご回答、本当に感謝します。 >興味が無い言葉など身に付くはずがありませんし、4年間もそんな環境に居たら、気が狂いますよ。居られないと思います。 やはりそうですよね。親もそう申しており(入学金を支払う前にかなり相談しました)、自分でもそう思っていました。自信を持って決めただけに、ネット上の「外国語学部以外無意味」という情報にとても傷つきました> < ドイツ語はとても興味がありますし、将来ドイツに住みたいとも思っているので、学外でもしっかり勉強したいと思います。 有難うございましたm(_ _)m

関連するQ&A

  • 上智大学

    度々すみません。  上智大学には国際教養学部がありますが、純粋な日本人「以下純ジャパ」はどの程度いるのですか?  自分は上智大学外国語学部英語学部志望ですが、可能性があるのならば狙いたいと思っています。 自分は高1で純ジャパですが、留学は経済的な理由で厳しいので出来るだけ国内で、帰国子女や外国人の人と勉強したいので。

  • 上智大学について

    上智大の外国語学部を志望している者です。 初めはイスパニア語やフランス語に興味があったのですが、実際は外国語を学ぶことが好きなので、どこの学科でも良いので上智で勉強したいと思うようになりました。 単刀直入で申し訳ないのですが、上智大学外国語学部の中でもっとも入りやすい、合格しやすい(偏差値や人気、倍率等すべてを考慮して)学科は何学科でしょうか? 上智大の在学生、卒業生の方、上智大を受験された方、受験に詳しい方など、よろしくお願いします。 ちなみに併願校はICU、東京外大、早稲田、慶應、関西外語大等で、ICUや東京外大や関西外語では受験する学科等の専攻言語はすべて違います。 みなさまの回答をお待ちしています。 よろしくお願いします。

  • 上智大学について…私の選択は正しかったの?

    こんにちは! 上智大学と早慶ではやはり上智大学は劣るのでしょうか…(;_;)? 自分の選択が正しかったのか?という悩みが最近頭から離れません… 私は推薦入試(指定校ではない)を受験し、上智大学外国語学部に合格することができ、春からの入学が決まりました。 最初は早稲田大学、慶応大学を目指していたのですが、早稲田は校風があまり合わない気がして、慶応は自分のやりたいことに当てはまる学部が無かったので第一志望を上智大学に変えました。 それはいいのですが、今更上智大学より早慶のほうが就職などに有利なのか?ということが気にかかってきてしまいました… また、私の友達が正直勉強はそれほどできない子で、しかもちょっと自慢屋の子が、FIT入試(AO入試のようなもの)で慶応大学法学部に受かったことに嫉妬してしまいます…そんな私はとても性格が悪いとは思うのですが…(;_;) 私は模試などの成績などから、早慶合格も狙えるレベルにあったため、今更自分の選択が正しかったのかとても悩んでいます。 でも、外国語を学びつつ、国際政治学や平和学などを学びたい、そして将来は国際的に活躍したい私にとって上智大学外国語学部は最適な学校学部だとも思うし、合格できたことも誇らしく思っていることも事実です。 この悩みはとても幼稚な考えで、社会的評価を気にする必要などない、また友達の合格を素直に喜んであげられない私は最低なやつだとは思うのですが、最近どうしても私の選択は正しかったのか悩んでしまいます… そんな考えは甘い!というご意見、上智大学について、又こういった悩みに直面したことがある、などなんでもいいのでご意見を頂けたらと思います。 長文失礼いたしました。

  • 上智大学の。。。

    こんにちは。私は今年の9月に海外就学経験者入試で上智大学の外国語学部 英語学科か総合人間科学部 教育学科のどちらの学部を受けるか悩んでいます。(海外就学経験者では1学科しか受けられない為。) 将来は英語を使った仕事をしたいとは思うのですが、まだはっきりとしたものは決まっているわけではないので、大学4年の中でじっくりと考えながら決めたいと思っています。 外国語学部の方が興味はあるのですが、どうしても専門学校のような「英語ばっかりの勉強」というイメージが就職の際についてしまうのでは。。。と、心配になります。 総合人間学部 教育学科の方が就職の際に幅広く仕事を探すことが可能なのでしょうか? 就職の際に有利になるのはどちらか。。。相談にのって頂けると幸いです。 早慶上智の場合は学部はあまり関係ないとは耳にしたものの、やはり外国語学部は文学部と同じ扱いになってしまうのでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 上智大学について

    今年度 上智大学の外国語学部を受験しようとおもうのですが 上智の英語と世界史の難易度はどのくらいなのでしょか? 英語は量が多くて さらに難しいみたいな話は聞くのですが 実際どの程度なのかわからずに困っています あと単語レベルはシス単と速単の上級編が全部わかっていれば 推測でとけるような問題でしょうか? 世界史に関しては全くなにもしらないので 何かしっている方おられたらよろしくお願いいたします

  • 上智大学の比較文化学部

    上智大学の比較文化学部と、外国語学部の英語学科や、英文学科についての授業内容などを知っている方がいたら教えてください・・・。また、学校の雰囲気でもよいです。

  • 上智大学のいいところについて教えてください!

    上智大学のいいところについて教えてください! 私は上智大学に興味を持っている高校2年生の女子です。 質問は、タイトルの通り、上智大学の良い点を教えてください。 例えば、上智大学と立教大学は、学部なども似ていたりしますよね? 大学のレベルとかだけでなく、上智大学ならではの良い部分を教えていただきたいです。 ちなみに、私は上智大学の社会福祉学科に興味を持っています。 また、他学部の授業なども積極的に履修したいと思っています。 それらについても、何か知っている事があれば教えていただけると嬉しいです。

  • 上智大学文学部史学科と外国語学部アジア文化副専攻の違い

    私は上智大学志望の学生です。 私はもともと東南アジアについて(特に考古学とか)興味があったので 大学でぜひ学んでみたいと思っていろいろ探していました。 それで、上智大学のパンフレットにあったアンコールワットでの調査実績などを目にして上智に行きたいと思うようになりました。 ところが、詳しく読むと東南アジアについて学べるのは外国語学部のアジア文化副専攻みたいなのです。 それを専門にしている教授も外国語学部に在籍しているみたいです。 しかし、文学部史学科のところを読むと「東南アジア考古学を学べます。」と書いてあります。 ですが、在籍されている教授を見るとそういう専門の方はいらっしゃらないようです。 実際のところどうなっているのでしょうか? 史学科にいながら東南アジアについて学ぶことは難しいのでしょうか。 私としてはできれば史学科に進みたいと思っています。 というのは、アジア文化はあくまで外国語学部の副専攻であって私は英語などを中心に学びたいわけではないので・・・ どうすればいいのか迷っています。 回答のほう、よろしくお願いいたします。

  • 上智大学の問題の傾向、併願校

    こんにちは。 私は現在高校3年生で、上智大学外国語学部フランス語学科を志望しております。 英語、国語、世界史で受験する予定です。 夏以降は実践的な問題演習に力を入れたいと考えています。 当然上智大学の過去問も使っていくつもりなのですが、少し数が少ないかな、という気もしています。 そこで、上記の3科目について、上智の問題と傾向が似ていると思われる大学、学部を教えていただけますでしょうか。 傾向が似ているのであれば、大学のレベルなどは一切問題ないです。 (難関校=難問ではないですし。) 英文の難易度とか文体が似てる、とかそういう細かいことでも構いません。 また併願校についてなのですが、現在のところ青山、学習院の文を考えています。 英文か仏文かを決めかねているのですが・・・ 大体いわゆるMARCH程度で上智の併願としてベターなのはどの辺でしょうか。

  • 上智 学部について

    上智大学の 外国語学部 英文学部 総合グローバル学部 に進路を考えていますが、はっきりとした違いは何なのでしょうか? また、評判などがあったら教えて頂きたいです。