-PR-
解決済み

LED電球に交換したい

  • すぐに回答を!
  • 質問No.6844690
  • 閲覧数5098
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 56% (31/55)

洗面所の電球が熱いので、洗面所に立っているだけで暑くて汗びっしょりにしまうのと、安い電球だとすぐに切れてしまう・・・
という理由でLEDに交換したいのですが、よくわかりませんので教えて下さい!

電球のソケット横に以下のように表示があります。
◆ レフランプ  E26 100V 100Wまで
◆ 一般照明用電球 E26 100V 40Wまで

レフランプという標記の方が1個、一般用の方を2個で使用しています。
レフの方も一般の方もLEDに交換して大丈夫なのでしょうか。

E26口金のサイズで、100W相当、40W相当のものであればどれでも大丈夫でしょうか。
また、メーカーによって性能や持ちは違うのでしょうか。
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 32% (145/444)

>E26口金のサイズで、100W相当、40W相当のものであればどれでも大丈夫でしょうか。
照明機器に表記されている消費電力(=w数)の範囲内で、口金が合うならば、ほぼどんな電球をつけても問題ありません。店員さんに、「白熱球で100wぐらいの明るさのLEDが欲しい」と伝えて下さい。

>また、メーカーによって性能や持ちは違うのでしょうか。
違います。パッケージには大抵、消費電力と明るさ、定格寿命消費電力が書いてありますから、より消費電力が低く、より明るく、より寿命が長いものを選んで下さい。あとはおサイフと相談です。


蛇足ですが…

現在一般に出回っている家庭向け照明用電球は、大まかにわけて白熱球、電球型蛍光灯、LEDの三種類です。

白熱球というのは、明るさがほぼw数によって決まっているため、白熱球しかない時代においては単にw数で選べばよかったのですが、白熱球に比べて消費電力(=w数)を抑えた電球型蛍光灯が製品化されました。

従来の白熱球に比べて、電球蛍光灯の消費電力は概ね1/5程度であるため、白熱球と同じように表記して販売すれば、今までw数でのみ電球を選んでいた消費者は混乱してしまいます。そこで、明るさの目安として、「100W相当、40W相当」という表現が生まれました。

次に、電球型蛍光灯よりもさらに消費電力を抑え、熱くなりにくいLED電球が製品化されましたが、LEDは、その性能よって、w数は同じでも明るさがまちまちであるため、ルクスやルーメン(光の強さ、明るさを示す範囲)での表記が多くなりました。「○○ルクス(白熱球○○w相当)」なんて書いてあるものもあります。

以上のような経緯を知っていると、電球選びの一助となる…かも…?
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 34% (1450/4144)

電球をもって電気屋さんに行って相談しましょう。
それが一番間違いありません。


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 12% (1343/10616)

◆ レフランプ  E26 100V 100Wまで
◆ 一般照明用電球 E26 100V 40Wまで

上のは、規格ですので、その範囲であれば、OKです。

ただし、LEDは、いまでも、1個2000円位しますので、

できるなら、蛍光等の入った電球なら、安いものなら、300円からです。13ワットです。

LEDが、6ワット明るさは真下は明るいらしいです。2500円程度することもあります。

良く考えて、ホームセンターなどで、お選び下さい。
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 51% (92/178)

同じ100Vでソケットが合うなら構いません
 
電力が上がるのは問題ですが下がるのは全く問題無しで より安全になります
電球の100WはLED電球ですと10W相当と思って差し支えありません
大変効率が良く熱は1/10になります 余裕を見て20W位にしたら如何でしょう
只 現在のLED電球は色合いが悪く青白いで(中には電球色もありますが)
寒いような感じで夏は良いかも知れません 今後は改良されるでしょう

将来は全てLEDになる事が予想されており 各メーカーがシノギを削っております
現在は高価なので我が家は殆ど自作したLED電灯(蛍光灯型)に替えました。
  • 回答No.5
レベル14

ベストアンサー率 34% (4860/14191)

他カテゴリのカテゴリマスター
レフランプは、片方向だけに光を出すソケット側に反射塗装されている物です。

デスの手後ろ側に光が出ないので、後ろに光による熱も伝わり難いので、後ろに回る分の光が明るく照らす物です。
その為に、ワット数も大きな物が使えます。
一般電球は後ろにも光が回ってしまいますのでそれで熱がこもってしまうのでワット数が低く設定されて居るのだと思います。


LEDに変えた時ですが、明るさが暗くなります。
レフ球を使っている所をLEDに変えれば、かなり暗く感じる事になると思いますよ。

電球を使っている所も、ある程度暗くなる可能性があります。

電球型蛍光灯に交換する方がコストパフォーマンスは良いでしょう。
電球型蛍光灯は、LEDに比べて多少消費電力は大きいですがそのLED電球より分明るいのです。
実際に同じ消費電力の物はありませんが、同じ消費電力で作り、電球の代わりとして使った場合、電球型蛍光灯の方が圧倒的に明るくなります。
メーカーは高い物をたくさん売りたいので、LEDを進めますが、現実的に明るくコストパフォーマンスが優れているのは、LED電球ではなく、電球型蛍光灯なんですよ。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
壊れた!動かない!あなたはどう解決した?体験や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ