-PR-
解決済み

IMAXの2Dは見る価値ありますか?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.6645891
  • 閲覧数16729
  • ありがとう数3
  • 気になる数1
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 83% (479/572)

宜しくお願い致します。

「エンジェルウォーズ」を見に行こうと思っています。
この上映は通常の2DとIMAXシアターの公開があります。

IMAXは3Dかと思ったら通常の2Dですが、200円多く払ってみる価値ありますか?
2Dでも迫力ある映像なのでしょうか?
お教え下さいませ。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 49% (2799/5705)

作品がIMAXにちゃんと最適化されているなら価値はあります。
たまたま近所に関東に数少ないIMAXシアターがあるのでちょくちょく
利用していますが、2Dのものはこれまで「THIS IS IT」「インセプション」
「アリス・イン・ワンダーランド」などを鑑賞しました。
通常の映画では横長の画面で投影されますが、IMAXは比率としては
縦横に大きな差がない画面です。
通常のフィルムでは横方向を圧縮して35mmフィルムに記録して
映写機側で横方向を展開してあの横長の映像になっているのに対して
IMAXは70mmフィルム全体に横方向の圧縮なしに記録してそれを
そのまま投影することになるので、解像度が高い映像になります。

撮影時にIMAX対応カメラで撮影していたり、IMAXデジタル用に
変換することを想定して作られた映画の場合は非常に広範囲の視野が
得られるので迫力があります。通常の映画作品よりも高精細で高画質な
映像が劇場の前方の壁全面に投影されますので、座席がどの位置でも
見やすいという点も良いです。眼鏡着用者には有り難いですね。
人間の視野は横長でないので、IMAXの映像のほうが目も疲れないかもしれません。

横長の画面とそうでない画面ということで、例えるならテレビで
映画を見るときに、Blu-rayソフトなどで映画の元々の縮尺をそのまま映すために
横長の映像が画面の真ん中にあって上下が黒帯という状態で視聴するより
テレビで放送するために調整されて画面いっぱいに映る映画番組を
見た方が同じ画面で見るなら見やすいのと似ています。

「トランスフォーマー/リベンジ」などのような、フルデジタルで
CGが多用されているものについては、IMAXでの視聴に耐えられるように
するためにIMAX用に別途CGをレンダリング(コンピュータで計算して描画する作業)
を行っているのですが、解像度が高いために通常サイズの映像用のデータより
レンダリング時間が大幅に増え、データのサイズも増えます。
残念ながらこの作品は劇場で観る機会がありませんでしたが、後にBlu-rayの
特典映像にて、巨大な敵ロボットのシーンをレンダリングするのに一コマあたり
数時間~十数時間かかることもあったという話を見ました。
「IMAXに最適化されている」というのはこのように撮影の時点で
高画質・高解像度での映写を考慮して作られている作品のことを言っています。

「トロン・レガシー」などIMAX 3D作品も含めて視聴した感想では
映画をより良い画質で一番楽しめるのはIMAX 2Dだと思っています。
次いでIMAX 3D。IMAXは前述のように画面が見渡しやすいので
3Dでも目が疲れにくいかと思います。

音響も観客を包み込むように壁じゅうに設置されていますので
楽しめると思います。
座席も少し大きめであることが多いのでゆったりできます。
お礼コメント
R129SL

お礼率 83% (479/572)

お答え頂きましてありがとうございました。
大変参考になりました。
IMAXにて鑑賞する様に致します。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2011-04-05 12:57:56
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ