• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

銃の38口径とか9ミリって意味を教えて下さい

  • 質問No.6638720
  • 閲覧数79585
  • ありがとう数59
  • 気になる数1
  • 回答数8
  • コメント数0

お礼率 78% (300/381)

銃の38口径とか9ミリって意味を教えて下さい。

海外ドラマや映画を見ていると銃撃に使われた銃の説明で22口径とか38口径とか9ミリや10ミリといった台詞がありますが、銃について知識が無いので理解できません。

どなたか教えて頂けませんでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.6
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 100% (1/1)

38口径も9ミリも、銃身内の直径を表したものです。
銃は銃身にピッタリの弾しか撃てないので、使用する弾頭の大きさも同じです。
××口径と××ミリという表示方法がありますが、ミリ単位で示しているのは主にヨーロッパです。
つまり、銃や弾薬について××ミリという風に話していたら、ヨーロッパ製の銃について話していると考えていいでしょう。
対して銃大国アメリカでは、ミリではなくインチ、××口径で示します。
たとえば38口径の場合、銃身の内径は0.38インチです。1インチは2.54センチメートルですのでミリに直すと9.652ミリ・・・・
数字ではこのように違いが出てきますが、38口径という名前はあくまで目安で、実は38口径も9ミリも同じ大きさなのです。
参考までに、ルパン三世の相棒の次元が使っているようなリボルバーという種類の銃は、銃身内径さえ合っていればどんな弾でも・・・とはいきませんが、ほとんどの弾を撃つことができます。
口径は、サイズが大きいほど威力も大きくなるということではありません。
たとえば、45口径の「45ACP」という弾と223口径の「5.56×45NATO」という弾があります。サイズをミリに直すと、45ACPは11.43ミリ、5.56×45NATOは5.56ミリ(今は×45は無視してください)です。
比べてみると、口径のサイズは45ACPのほうが倍以上大きいのですが、威力は5.56×45NATOのほうが断然上です。
実は45ACPは拳銃用の弾で、5.56×45NATOはライフル用の弾なのです。
そもそも銃には何種類もあって、それによって威力もまちまちなのです。
私がここで説明したのはかなり概略で、銃によっては拳銃でもライフルより威力が上というものもあります。
「図解ハンドウェポン」という本、銃の基本的なことについてわかりやすく説明してあるのでおススメですよ。
お礼コメント
kanetugu20

お礼率 78% (300/381)

参考URL大変に参考になりました。
投稿日時:2011/04/09 13:05

その他の回答 (全7件)

  • 回答No.8

ベストアンサー率 34% (2685/7757)

 #5です。

>それぞれの破壊力はやはり口径が大きい方が強いのでしょうか。

 単純に云えばそうですが、やはり例外はあります。
 マグナム弾は、同じ口径用の弾丸を倍近い炸薬で撃ち出すもので、そのため一回り大きい弾丸を通常の炸薬量で発射するよりも威力が出ます。
 また、シビアな言い方をすると、同じカートリッジ、同口径でも銃が違うと微妙にパワーが違ったりします。これはバレルの内径などに若干の差があり、それにより発射時の抵抗が異なるためです。
 例えば357マグナムの場合、精度の高さで定評ののあるコルト・パイソンは、その代償としてバレル内径が比較的タイトで、そのため抵抗が大きいこと事から、他社の357マグナムや同じコルトのコブラなどよりも威力の点では不利な銃です。
 他にも、弾丸そのものの形状や構造によっても威力が違います。
 もっとも、この銃の威力、というのも漠然としていて、貫通力を指すのか、多少に与える衝撃の大きさを指すのか、で意味も違ってくるのですけどね。
お礼コメント
kanetugu20

お礼率 78% (300/381)

銃はやはり専門知識がいるようですね。

「貫通力を指すのか、多少に与える衝撃の大きさ」目的によって使い分けるのですね。
投稿日時:2011/04/09 13:08
  • 回答No.7

ベストアンサー率 100% (1/1)

ANo.6です。すみません、間違えました。
頭のなかで38口径と357がごっちゃになってしまいました。
前の方が書いているように、38口径という名前は目安ではなく、カートリッジの直径です。
お礼コメント
kanetugu20

お礼率 78% (300/381)

補足を有難うございます
投稿日時:2011/04/09 13:05
  • 回答No.5

ベストアンサー率 34% (2685/7757)

 基本的には、拳銃や小銃の銃身の内径のことで、厳密に言うとライフリングの山になっている部分の内寸法を表します。
 ヨーロッパなどのメートル法を採用している国で開発された銃の場合はミリメートル単位、アメリカ製の銃器の場合はインチ単位で表記されます。銃身に口径が刻印されており、前者の場合は「○○mm」と単位が付きますが、後者の場合は「.○○」となり単位は付きません。
 ちなみに「22口径」という場合は0.22インチで、刻印は「.22」となります。
 ただし例外もあり、38口径の場合はカートリッジ・ケースの外形寸法を表しており、このカートリッジに対応するバレルの内径は0.357インチです。従って、.357マグナムリボルバーは38口径のカートリッジを使用できます(逆、またはオートマチックでは無理)。
お礼コメント
kanetugu20

お礼率 78% (300/381)

ありがとうございます。それぞれの破壊力はやはり口径が大きい方が強いのでしょうか。
投稿日時:2011/04/03 11:49
  • 回答No.4

ベストアンサー率 28% (256/907)

口径=銃身弾射口径サイズ


ミリ=弾丸の長さ

インチ=銃身の長さ(銃身だけの長さです)
お礼コメント
kanetugu20

お礼率 78% (300/381)

ありがとうございます。
投稿日時:2011/04/03 11:47
  • 回答No.3

ベストアンサー率 33% (1410/4253)

「意味」の意味次第だけど・・・
口径表記って、「公称の表記」でもあり「(一種の)商標」でもあったりする。

ワタシも回答した過去質問も参考にして貰えれば と。
http://okwave.jp/qa/q6151814.html
http://okwave.jp/qa/q6622048.html
お礼コメント
kanetugu20

お礼率 78% (300/381)

ありがとうございます。大変に参考になりました。
投稿日時:2011/04/03 11:47
  • 回答No.2

ベストアンサー率 56% (550/979)

口径22は22/100インチ、38口径は38/100インチの事です。(1インチは≒2.54cm)
9mmはほぼ38口径に当たりますが意味は薬莢(弾丸自体が差し込まれている部分で発射用の火薬と点火用の火薬:衝撃で発火即ち撃鉄の針で発火が入っています)が38/100インチ(≒9.9.65mm)で弾丸自体は9mmになります。

拳銃としての最大口径のものは象撃ち用の60口径。

平均的な日本人がこれを撃ったとするとおそらく手首を骨折、良くても挫いてしまい、反動で自分自身の体は後ろへ飛ばされてしまうでしょう。

映画に良く出てくるオートマチック拳銃は大体が45口径です。

ただし例外・・・同じ口径でも装填も出来ず、撃てたとしても銃身が炸裂する・・事もありますので詳しくは専門解説書をお読みください。

参考サイトのひとつ
http://page.freett.com/onemoreday/gun.htm
お礼コメント
kanetugu20

お礼率 78% (300/381)

ありがとうございます。
投稿日時:2011/04/03 11:46
  • 回答No.1

ベストアンサー率 20% (5/24)

銃口の大きさでは
お礼コメント
kanetugu20

お礼率 78% (300/381)

そこまでは私も理解できますが・・・・・
投稿日時:2011/04/02 12:47
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ