• ベストアンサー
  • 困ってます

映画【告白】をご覧になった方へ

今年度日本アカデミー賞作品賞を受賞した映画【告白】をご覧になった方に質問します。 中島監督の作品は【嫌われ松子】を見てから注目しており、今回も素晴らしい作品と思います(日本の映画監督では他に誰もこのような作品は作れないでしょう。。。)が、これから、名作といわれ続けるにはやや完成度が低いと思われる部分も見受けられました。理由を下記に列挙しますので、フリーディスカッションをお願いします。 1.最後のエンディング「なんてね」について 主人公である、松たか子が最後に「なんてね」と言ってこの映画は終わるのだが、最後に松たか子が強く自分の信念を主張したにも関わらず、最後にこの「なんてね」を追加することにより、自分の主張が半分ジョークであることを認め、主張を自ら弱めてしまっている。この「なんてね」はやめて、主人公は自分の主張を言いきってほしかった。 2.映像にやたら、スローモーションが多い 人を殴るシーンもスローだし、ガラスが割れるシーンもスローだし、やたらスローが多いのは気になりした。(最初の牛乳パックが飛んで牛乳がこぼれるシーンはグッドでしたが。。。) スローシーンは映画の中で適度に使うと効果的ですが、使いすぎると、CMを見てるみたいで作品が安っぽくなる気がしました。 3.ストーリーでは爆弾が爆発してないのに、映像で爆発させないでほしい。 ストーリーでは爆弾が爆発してないのに、なぜか映像では爆発シーンをスローで見せていた。 これも、映像をショッキングにしようという意図がありありで、好感が持てなかった。 以上です。

noname#131670
noname#131670

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1484
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • WAR
  • ベストアンサー率51% (87/170)

30代サラリーマン♂です。   1.最後のエンディング「なんてね」について   この映画は中盤から主要登場人物の 「それぞれの視点」から見るとそれぞれで まるで違った物語(=人生)を生きていることが 明確に描かれていき、強引な箇所も散見されますが 「誰の主張にも客観的正解はあり得ない」 というのがテーマの一つとして浮かび上がり それが作品自体のある種の謎解きのような 面白さにも繋がっていると思います。   もし、松たか子演じる教師の言っていること"だけ" が正しく、彼女だけは全く嘘をういていないとすると 作品が綻びだらけになってしまって、これほどの 高評価、ヒットにはならなかったのではないでしょうか。 観客も登場人物達と同じ場を共有したのに、 誰にも感情移入できそうで松たか子を含む 誰にも感情移入できずに不信感を持たせること そのものが作品の意図の一つだったように 思えます。自分はこの描き方で良かったと 思いますよ。誰にも正当性が無いから誰にも 少なからずの権利があるのであって、誰かの意見 だけが正しければ、それは陳腐でより絵空事 になってしまう危険が高いと思います。 2.映像にやたら、スローモーションが多い    個人的にはそれほど気にならなかったですね。 同じ時間が異なる人物によって異なる視点から 何度も戻ったり進んだりするので、そのままの 速度で展開したら途中で追いてきぼりになる人が 続出してしまうように思います。それが良いか 悪いかは観る人の基準によるので何とも いえませんが、それほど意味の無い スローモーションはなかったと思います。 展開をきちんと整理できている人は素直に 映像を楽しめばいいし、物語の構成が頭の中で 追えていない人はスローモーションのシーンで 思い出す時間も作れるという利点もあります。 ただし、この作品のスローモーションの多用を 一方的に肯定するわけではありません。 3.ストーリーでは爆弾が爆発してないのに、映像で爆発させないでほしい。 実際の物語では起きていないことを起きたように見せる テクニックは映画を悪くする場合もあるし良くする場合もありますね。 この映画の場合は「もし爆発させていたらどうなっていたか?」 を映像で見せる必然性はあったと思います。したがって 爆発させて、それを映像で見せて正解だったと思います。   利点1) ・"映画"であるので爆発の過程を微密に描くのは製作者側の  映像作りの挑戦として当然のことである。映画とは本質的に  "見世物"であるから、物語を壊さない以上はショッキング映像を  望んでいる客は少なからずいるので見せるべき。 利点2) ・状況的に爆発させてはならないシーンなので逆に爆発させる  ことで観客に大きな「?」を突きつけることが可能であるので  映画的にプラスの効果に働く可能性の方が高い。爆発させたら  物語は完全に破綻するので、敢えてそのシーンを描くことで フェイクなのかそうでないのかの選択肢を楽しむことができる。 爆発させてはならないのはどっちに転ぶのか全く判らないという  緊迫感を楽しむ場合で、その場合は爆発シーンを描いてしまうと 残りのシーンでの観客の信頼を映画が失う。 利点3) ・今の世相を反映させて、爆発シーンを描いた可能性が高いように 思います。つまり、本当に爆発させかねないほどに追い詰められている 若者、人々が現実にいるだろうということです。すなわち、 「もしも爆発させてしまうとこうなるんだぞ」という若い観客に向けた メッセージだと思います。「人(赤の他人)を殺すとどうなるのか」 「何かを失うとはどういうことなのか」実人生でいちいち体験していては 心が持ちません。簡単に人生は奈落の底に落ちます。しかし、 バーチャルで体験してみたいという厄介な欲望を人間は持っています。 その厄介な欲望を実践してしまう困った事件が多発していることを 受けての映画上(全てが作り物)での爆破を敢行する理由だと思います。 自分はこの作品についてのご指摘の爆破シーンでは上記の 利点3) を一番感じました。"良かった"と思いますよ。   と、かなり好意的に書きましたが、 私個人としてはもう少し違った展開を期待しながら鑑賞していました。 途中から私の期待は「ない物ねだり」なんだなと素直に思い直して 作品の方向に姿勢を合わせることでそれなりに楽しめました。 点数としては80点くらいでしょうか。 昨今の邦画ではとてもよくやったと思いスタッフ・出演者一同に 拍手とエールを送りたいと思います。 因みに残念ですが海外で賞を取れる類の作品ではないと 思います。"日本的"なお約束を理解して見ないと厳しい点もありますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • この映画教えてください!

    いつみたかもわかりませんが、 ・主人公は映画監督か映画俳優 ・ラストは夢落ちかすべては主人公の妄想だった ・白黒映画か一部白黒 ・最後のシーンは舞台セットのスタジオの中、主人公が何事もなかったかのようにセットに消えていくシーン 肝心な内容を覚えてません。 何か、かぶる映画がありましたら教えていただけますでしょうか?

  • 大作・○○賞受賞作・映画ファンなら当然観ているはずなのに未見作

    私も映画が好きで、鑑賞した数は千・二千どころではありません。 そんな私に友人が「それでも意外とまだ未見という作品はある?」と尋ねました。 ん~~、そう問われると何だろう…。 アカデミーの作品賞・監督賞は大抵観てるし、 制作費○億ドルなんてのも大抵見逃してはいないはずだし。 カンヌやヴェネチアの受賞作は難解ものが多いので 敢えてパスしているのもありますが…。 こちらを覗く皆さんは、もちろん映画ファンの方ばかりのことと思います。 そんなあなたの、「意外とまだ未見なんです」という 大作・○○賞受賞作・映画ファンなら当然観ているはずと 傍目からは思われる作品は何ですか? そして、あなたがその作品を観ないのは何か理由がありますか? 主人公が嫌いとか、監督が嫌いとか、嫌いなジャンルだからとか、 あるいは結末が気に入らないとか…。

  • 映画「トラフィック」における自動車爆弾の描写

    大分前に公開されたソダーバーグ監督の「トラフィック」という映画を鑑賞しました。非常に面白かったです。 ですがある点に疑問を覚えたので質問させていただきます。 暗殺の為に殺し屋が自動車に爆弾を仕掛けるというシーンがあります。 さりげなく車に近づき、車体の運転席の真下に爆弾を貼り付けただけです。大きさは大き目の携帯電話程度。そしてある人物が車に乗り込み、キーを回した瞬間に爆発する、というシーンです。ここで素朴な疑問を抱きました。 即ち、『車体に貼り付けるだけでエンジン始動を探知するタイプの爆弾を仕掛けることは可能なんでしょうか?』 (自動車のエンジン始動と同時に起爆する爆弾というのは、もはや映画の中では暗殺の常套手段だと思うのですが、詳細を描写する作品って見たこと無いので。)

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • ribisi
  • ベストアンサー率28% (247/864)

中島監督はけれん味のある演出が特徴で、ヴィジュアルイメージにもこだわる監督です。 原作小説『告白』はストレートな社会派ミステリではなく、トリッキーなブラックユーモア で読ませるスリラーです。 だから出来上がった映画も一種非現実的なホラーファンタジーとでもいえるものになっています。 ところで、映画表現では、事実ではない(嘘の)回想シーンというものが使われることがあります。 これをファルスメモリーといい、ヒッチコック『ロープ』などのサスペンスに例があります。 いわば卑怯な手段ですが、うまく使えば、観客の心をつかむことができます。 この映画もファルスメモリーが効果的に使われています。見ているうちに、我々は、どこまでが 本当に起きたことで、どこからが嘘まやかしなのか、一瞬、混乱します。 質問3もファルスメモリーですが、もうひとつ大きな仕掛けとして、最後の松たか子の スクリーン暗転してからの「なんてね」は、この映画のすべてが実は嘘でした、という ブラックユーモアにもなっています。 本当にこんな話があるわけないから、逆に虚構の世界の不自然さ、奇妙さが意味深く思えてしまうのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • nobound
  • ベストアンサー率13% (154/1137)

 1.「なんてね」について  この映画全体について、黒板に「命」と大きく書くわりには、命の重みが全然感じられない、という思いはずっとあったのですが、よく考えると、二人の生徒のやっていることはそうとうひどいし、先生も、牛乳にエイズの血とか、「ドッカ~ン」とか何なんだよって思うと、その狂気を全体的にポップで軽いノリの感じの映像で押し通したのは逆に良かったのかなって思いました。命とか殺人とかってそんなに重いことなの?というある種の無感覚な問いかけを普通の人間も持っていることは、あの「透明な私の存在」という言葉への共感の拡がりからも推察されてきたし。その象徴が「なんてね」というはぐらかしの表現であるとすると、徐々に重いテーマへと持っていきつつ、最後の〆の台詞として「なんてね」ではぐらかしたのは的確だったかもしれません。    最後の「なんてね」を、母を爆弾で殺したと思い込んでワンワン泣いている生徒Aに言わせるのもおもしろかったのになと思いました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • ucok
  • ベストアンサー率37% (4288/11420)

まず、そういうご質問は「ネタバレ注意」と書いたうえでしていただきたかったです。次に、議論(ディスカッション)は当サイトで禁止されているので、質問者さんのご意見に対してどう思うかというご質問であると解釈して回答します。 さて、劇場で観た印象とテレビ画面で観た印象は、たいてい変わるものですが、私は公開時に劇場で観ただけなのでご了承ください。 そのうえで申しますと、私はそのどれもが、むしろ良いと思いました。まず、映画と原作は基本的に常に別物ですから、ファンの心理として、原作に忠実であってほしいと感じることもあるでしょうが、原作と同じものを求めても仕方がないと思います。 そして、映画である以上、作り手は「映像」で何かを訴えようとするわけですが、この作品ではCM映像っぽさやPV映像っぽさを敢えて出していると感じました。テーマが中学生なので、中学生が好きなMTV的なノリを狙ったのかもしれません。 さらには、あいにくと映倫はこの作品をR15+に指定しました。そしてMTV世代をゆうに超えている私にとっては、そのMTVすぎず、そこそこMTVっぽさを狙っている感じが、「大人世代から垣間見た中学生の世界」という感じで興味深かったんですよね。 そのどこまでが本当で、どこまでが白昼夢なのかわからなくなるような全体の雰囲気に、「なんてね」は合っていましたし、爆弾シーンがスローなのは、「ショッキング」にしようとしたというよりは、むしろ「微妙な非現実感」を出そうとしたのだと感じました。ちなみに、あそこで「なんてね」がなかったら、いきなり正統派熱血教師になったようでクサすぎたと思います。圧倒的な正しさが存在しないのが、あの作品のポイントなのですから。 あくまでも私の感想ですが。

参考URL:
http://blog.goo.ne.jp/oshietegoo/c/2fd47a0436464f7e861d622ad803e8ab

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>1.最後のエンディング「なんてね」について >最後にこの「なんてね」を追加することにより、自分の主張が半分ジョークであることを認め、主張を自ら弱めてしまっている。 私はそうは思いませんでした。 爆発のように、全てを失うことにもなりかねないよ?という意味で「なーんてね」と言っているように解釈しました。 すなわち、「なーんてね」という発言によって、爆発のシーンさえも「想像してみろよ」という見せしめのように感じました。 というわけで、主人公の主張は一貫していたのではないかなー、と。 うる覚えで申し訳ないのですが、投稿させていただきました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 深夜に見た映画が気になっています。

    いつごろか忘れたのですが(1・2ヵ月前?)、以前に深夜に見た映画が気になってます。 ちょうど見たときは最後の最後だったのですが、 地上を目指す主人公が、追われながらも地上を目指してハシゴを登って行くのですが、 登りきって地上に出たところで太陽が出てきて終わりと言うストーリーです。 とてもSFちっくで不思議な世界を表現していた映画です。 映像的には30年ぐらい前の感じがしますが作品名がわかりません。 知っている方がいたら教えて下さい。

  • 思い出せない映画

    また見たい映画があるのですが、タイトルが思い出せません 覚えているのは ・アメリカのファンタジー映画 ・仙人のような主人公(その次位かも)が、湖の上を歩く ・確か・・鉄砲の弾も簡単に避ける くらいです 見たのは20年くらい前で、その頃の新作かそれ以前の作か不明で ストーリーも主演も全く覚えていません ただ覚えているのは、一部のシーンだけです 思い当たる作品があれば、教えて下さい

  • 映画“Redacted”をご覧になった方!!

    ブライアン・デ・パルマ監督の新作、“Redacted”を鑑賞しましたが、腑に落ちない点があったので質問させていただきます。 この映画は架空の人物名を用いてストーリーが展開されていきますが、作中で使用されている映像やニュースは本物、いわゆるドキュメンタリー形式をとっています。 それ故、どこまでが物語(ストーリー)で、どこからが事実(ドキュメンタリー)なのか、混乱が生じてしまいました。 本作をご覧になった方で、何か解説や意見をお持ちの方は、ぜひ教えて頂けないでしょうか。

  • 映画のタイトルを教えてください

    10数年前にテレビで見た映画のタイトルをご存知でしたら教えてください。 ストーリーはほとんど覚えていないのですが、全編ギャグ映画で、こんなシーンがありました。 (1)図書館内で歩きながら会話をしている時に主人公(?)が本を投げると、その本が元あったスペースにスポッと収まる。 (2)ジープ系の車に主人公を含め数人で乗っていると、前に車が停車しています。その車には貼紙(多分英語)で「燃えやすいフォード」と書いてあり、その車に「コツン」とぶつかっただけで、爆発します。主人公たちはその光景から「やっぱ車は○○(メーカー名)だよなあ!」と言います。 この2つのシーンしか覚えていないのですが、ご存知の方、よろしくお願いします。

  • この映画のタイトルを教えてください。

     昔の映画と思うのですが、戦争の映画で、主人公が最後の方で『お父さん。一等賞!』と言っているシーンがある作品のタイトルを教えてください。  洋画なのですが、どこの国の作品という事もわかりません。情報が少なくてすいません。

  • 映画のタイトル

     高校生くらいの時に見た映画のタイトルを知りたいのです。現在私は28歳で、高校生の時、約11,2年前に映画館で見た洋画です。  ストーリー自体もあまり覚えていないのですが、主人公は男性で覚えているシーンが2つ。 (1)駅で主人公が歩いているといきなり通行人や駅員全てが舞踏会のように踊りだす。 (2)ニューヨーク(?とにかく都市部)の町の上をピンクの象が飛ぶ(幻覚のシーンだと思います)  この2ヶ所しか覚えていないのですが、とにかく精神的にあまり健康でない話だったと思います。また、映像的にけっこう綺麗な映像だったという覚えがあります。 あいまいですが、この2つのシーンから分かりそうな方、お願いいたします。

  • 日本アカデミー賞の評価基準

    先日、日本アカデミー賞の中継番組を見た関係で、「告白」 と「悪人」に非常に興味を持った。そして、早々に「告白」をビデオで観た。 で、ちょっとした疑問を感じてしまった。 「悪人」が主演男優賞、女優賞、助演男優賞、助演女優賞を総なめしたのだから、普通なら、 作品賞、監督賞も「悪人」だろう。 そんな気持ちでTV中継を観ていたら、この2つは「告白」だった。 主演賞、助演賞は役者の演技もさることながら、基本は作品に恵まれてこそ獲得できるもの。 これに異論のある人はいないと思う。 ビデオを観て、「告白」の松たか子、木村佳乃が主演女優賞、助演女優賞を獲得してもなんら 不思議はないと思った。 「悪人」をまだ観ていないので、それ以上に「悪人」での受賞者の演技が優れていたといえば それまでなのだが・・・・・・ 話は変わるが、村上春樹が若かりし頃、というか何年前だろう、芥川賞にノミネートされたか どうか知らないが、審査員のお歴々は、彼に対する評価はイマイチであったらしく、結果として 彼は芥川賞を受賞していない。 しかし、彼は今やノーベル賞の文学賞の候補に上がるほどの国際的な小説家に育っている。 芥川賞の審査員にみる目がなかったとかなんとか、いくらか反省があるらしい。 更に次元は異なるが、プロレスは完全にショーだろう。でなければ、あんなのマジメにやってちゃ、 体が持たない。 大相撲は・・・・・・そりゃ、中には真剣勝負もあるだろう。しかし、十両と幕下では天と地ほどの 待遇の違いがあるんだし・・・・・ 話を元に戻そう。 日本アカデミー賞も、いくらかビジネスに関わりがあるものか。 いやいや、日本レコード大賞などとは世界が異なるのでは?。 一度監督賞を取った、(多分)韓国籍の監督に数年の内に2度までも監督賞、作品賞を取らせ たくない・・・・・まさか、そんな偏狭な意識が働いたとは思えない、思いたくもないのだが。 監督の李相日は、3,4年前「フラガール」で監督賞を獲得している。 「作品賞」、「監督賞」を堂々と獲得した作品で、松たか子も木村佳乃も素晴らしい演技だったと思う。    なぜ、二人は賞を取れなかったのだろう    逆に    なぜ、李相日は監督賞を、「悪人」は作品賞をとれなかったのだろう もちろん、既述した通り、それぞれの「演技」がより素晴らしく、それぞれの「作品」がより素晴らし かったから・・・・・といえばそれまでだが。 しかし、なんとなく解せない。 審査員はどういうメンバーでどういう感性と判断力を持った人たちなのだろう。 本格的な映画評論家に、この疑問をぶつけてみたいのだが・・・・・ 過去の日米の其々の賞の受賞歴をネットで調べてみたが、余計、分からなくなってきた・・(苦笑) 根底には、やはりビジネスを意識して、興行の拡大・振興を狙って、あまりにひとつの作品に 賞が偏ることを避けたいという主催者か何かからの圧力が審査員他にあったと考えるのが 自然なのだろうか。

  • 映画「コレクター」の矛盾

    映画「コレクター」の後半のクライマックスシーンで、 主人公が、ガスが充満した部屋で牛乳パックに銃口を押しあて 撃ちます。 これで爆発しないなんておかしいですよね? たまたま運が良くて爆発しなかったとしても、なんだか最後の最後で 手を抜かれた感じがして、しらけてしまう気がするのですが。

  • トランスフォーマー映画。どうして叩かれるの

    映画「トランスフォーマー」とその二作・三作について質問します。 当方で調べた主な糾弾理由は ・マイケルベイ監督が真珠湾を題材にした映画を作ったから ・マイケル氏の爆発狂による ・ド派手な迫力の割に、グダグダなストーリー。ごまかしでは? くらいのもんです。どのレビュワーのみなさんも、基本的にトランスフォーマーの映像・音響技術に関しては「文句のつけようがない」「そこだけいれば流石ハリウッド映画」と称賛の言葉が目立ちますが、 そもそもロボットが変形して戦闘する、その迫力の渦を楽しむようなこういった映画に関して、一定以上のストーリー性など求めるのはそもそもがお門違いでは? と思うのですが、どうでしょうか。 一応はSFという同系列で空前絶後の人気を誇ったスターウォーズなどとは違う趣の映画であって、人間を主題に据えて人情の交錯や主人公の成長を描くのも何か違う気がしますし、 アメリカ人の好む善悪きっぱりとした二面社会の巨大戦争というこの映画の特性上、破綻しているのでもなければストーリーは飾りで十分ではないでしょうか。 個人的には、そんな懸念を払っておつりが返ってくるくらいの迫力と美麗なCGや音響の数々を味わうことができたと考えていますが、人によっては「ストーリーが糞で眠くて仕方がなかった」なんてレビューを残す方もいらっしゃいます。「きらびやかなゴミの山」などとずいぶん酷いことを書く本拠・米国の新聞記事もあるそうですし。 このように、「作品のどこを楽しむべきか」などにこだわるのではなく、 「どこを見ればこの作品を一番楽しめるか」で映画を判断すれば、少なくともゴミなどと言う気にはならない気がするのですが、これは私がただファンでプッシュが激しいだけなのでしょうか。 それとも、そういった観点からも何か叩かれる理由があるのでしょうか。「監督が良くない」系以外で、教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 石田えり出演映画

    こんにちは。 女優の石田えりさんについてお聞きします。 彼女は、過去に色々スキャンダルがありましたが、 実は日本アカデミー賞とかをけっこう取っているんですね? そこで、彼女の映画をまだ観たことないので、以下の作品の名シーンを教えてください!! 「ちょうちん」 「嵐が丘」 「ダウンタウンヒーローズ」 「華の乱」 「飛ぶ夢をしばらく見ない」 「釣りバカ日誌2」 以上です!1作でもいいので教えてください!!