• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

再び冬靴について

  • 質問No.5622639
  • 閲覧数1069
  • ありがとう数6
  • 回答数5

お礼率 83% (266/320)

先日冬靴について質問させていただきましたが、再びお願いします。
先日の質問で、小樽で冬靴を購入しようと思ったのですが、すでにサイズ切れとのことで、こちらで購入することにしました。
こちらで売っているのは、スキーに行く時などに履くスノーシューズです。
それなりに底は滑りにくくなっています。店員さんが言うのには、子供用には底に滑り止めの金具がついていて、雪のないところでは金具をたたんで使うそうです。
北海道の冬靴もそういうものでしょうか?
スノーシューズに滑り止め装着でへいきでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 35% (211/597)

>北海道の冬靴もそういうものでしょうか?

http://tsurutsuru.jp/kaiteki/erabu/erabu1.html
の「3番」の最後に出てくる「滑り止め材入りのゴム底」が主流だと思います。具体的には、ガラス繊維やクルミの殻などをゴム材に混入した素材です。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5598281.html
のNo.3さんも書いていらっしゃいますが、大人用のスパイク付きはあまり見かけませんでした。

>スノーシューズに滑り止め装着でへいきでしょうか?

とりあえず、それが妥当だとは思います。が…。
正直なところ、「滑り止め材入りのゴム底」の靴を履いていても、転ぶときは転びます。下の質問のNo.6に書いた通り、本州出身の私もツルツル路面の洗礼を受けました(涙)。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5521698.html

滑り止めは使ったことがありませんが、使っても万全ではない、と聞いています。

重要なのは、靴底に加えて「歩き方」です。
http://tsurutsuru.jp/
http://tsurutsuru.jp/kaiteki/kotsu/kotsu.html
をぜひご一読のうえ、転びやすい箇所の見分け方や転びにくい歩き方を意識してください。
写真や図入りでわかりやすくまとめられているので、おすすめです。
お礼コメント
sentoll

お礼率 83% (266/320)

ありがとうございました
歩き方が重要ですね
取りあえずスノーシューズ購入して空港で滑り止めも買っておきます
投稿日時:2010/01/25 21:37

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 45% (244/534)

こんにちは、はじめまして。

子どもさんの冬靴について掲載されているブログを見つけたので、貼っておきます。私の周囲の子どもたちはこんな靴を履いています。
http://sapporo.100miles.jp/snowfes/article/155
雪遊びをするならスノースパッツも必要でしょう。これは普通にスーパーで売ってますが、私の母は大人用のトレーナーやセーターの袖を切ってゴムを入れ作ってくれました。
お礼コメント
sentoll

お礼率 83% (266/320)

ありがとうございました
今日購入してきましたが、スパイクがついていないですが、底の形状は同じようです。
投稿日時:2010/01/26 15:54
  • 回答No.4

ベストアンサー率 35% (738/2062)

どんな靴といってもなかなか具体的に示す事ができず、もどかしいのですが。 
下記URLの写真をご覧ください。
こんな立派なフリルのついたものではなく、素材はごくありふれたポリエステル製の実用的なものを、北海道の子供は履いています。
 形としては写真のような少しブーツがかったものと、バスケットシューズ程度の深さのものの二通りがスタンダードなものです。
大人もおしゃれな革靴ではなく、ごくシンプルなデザインのこうした感じのものをはいてスーパなどに出かけます。
 写真では折りたたみ式のスパイクが土踏まずとかかと辺についています。
少し圧雪気味の時はこれも有効ですが、登山のアイゼンのように鋭いものではありませんので、アイスバーンの道では子供の体重では氷に食いつかずかえって滑ります。生け花の剣山のようなものなら完璧ですが、危なくてたまりません。
 またアスファルトの出た道や、タイル張りの店先の道でスパイクを、出したりたたんだりは現実的ではありません。
 行き着くところはやはり靴底の形態です。溝と柔軟性のゴム質(ウレタン)が問題です。
車のノーマルタイヤとすり減ったスタッドレスタイヤでは、形状がそれほど極端に違わないにしても、、ゴムの柔らかさが違います。
 溝が少し深くやわらかめの靴を選べば十分です。
 極端な例が、北海道には長靴アイスホッケーという競があります。スケートの代わりに普通の長靴です。これに荒縄をひと巻きか二巻きして氷の上を走りまわり、十分競技として成り立っています。
 一昨年の暮れに孫が千葉から来ました。千歳まで車で迎えに行き、そのあと量販店にスノーブーツを買いに行きました。バスケットシューズ型の底にスパイクのついたものを買いました。実用性ではなく「スパイク」がことのほか受けたのです。効果のほどはウ~ン?でした。用心しなければ滑る時は滑ってましたから。
お礼コメント
sentoll

お礼率 83% (266/320)

ありがとうございました
形状は同じようです
投稿日時:2010/01/26 15:56
  • 回答No.3
北海道などの寒冷地ではゴムの素材自体が違います。
本州のものを極寒の地にもっていくと、
固くなってしまって非常に滑りやすくなります。

とはいえ、靴自体は水をはじく、
それなりに温かさを保ってくれるものであれば
何でもいいと思います。

いずれにしても、滑り止めがあれば、
スリップは防げます。
もちろん、歩き方も重要ですが、
まずは千歳で滑り止めです。
お礼コメント
sentoll

お礼率 83% (266/320)

ありがとうございました
やはり、滑り止め有効ですね
投稿日時:2010/01/26 15:53
  • 回答No.1

ベストアンサー率 30% (1185/3898)

こんばんは、北海道在住です。ご用意、大変ですね。
うちの子供たちも小さいときはかかとに金具付きのスノーシューズをはいていました。今でも売っていますが、それで充分ではないでしょうか。
ちなみに妻はつるつる路面が苦手で、いまだにスパイクピン付きを好んで買っていますよ。
お礼コメント
sentoll

お礼率 83% (266/320)

ありがとうございました
スノーシューズ購入します。
投稿日時:2010/01/25 21:32
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ