• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:宇宙映画の題名が分からない)

宇宙映画の題名を知りたい

このQ&Aのポイント
  • 7,8年前に夜中にTVで見た宇宙映画の題名が知りたいです。
  • 内容は地球かな・・太陽系だったかな?「ある星が戦争になってってお互いの星の戦闘機がバトルしたけど引き分けでとある星に不時着」
  • 主人公の男性が育てる宇宙人の子供が奴隷として捕まり、主人公は地球に戻り宇宙人の子供を救いに戻る。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • fine_day
  • ベストアンサー率70% (6285/8867)
回答No.1

1986年の「第5惑星」ではないでしょうか。 下記であらすじ等のご確認を。 http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD5615/index.html http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=13614

cbrfour
質問者

お礼

そうそうコレです。20年前の映画でしたか・・ ありがとうございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 映画の題名を教えて下さい

    昔見た映画なのですがどうしても題名が思い出せません!どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて頂けないでしょうか?? 内容は、今より文明が遥かに進んだ未来で、戦争をしている人間と宇宙人が戦闘中の飛行船の故障により、無人の星に降り立ち、異種族でありながらも友情を育んでいきます。 その内、宇宙人の方が病気(?)で死んでしまい、死の間際に卵を産み落とします。 卵からかえった子どもを自分の子どものように育てる地球人。数年後、彼らが降り立った星に、他の人間が資源の開発のためにやって来るのですが、宇宙人の子どもがそんな彼らに捕らえられてしまいます。 こんなあらすじだったと思うのですが、よろしくお願いします!

  • SF映画なんですが、宇宙のある星に地球人と異星人が不時着し、最初は争っ

    SF映画なんですが、宇宙のある星に地球人と異星人が不時着し、最初は争っていたのが 次第に仲良くなっていくという内容みたいなんですが・・・。 その星には先住民が居て、大変な秘密が隠されているみたいな・・・。 どなたかわかるでしょうか?

  • 宇宙を詳しく学べる映画

    宇宙や、星の誕生などを勉強できる映画や、プラネタリウムがあれば教えてほしいです。 CGで構わないんですが、地球や、他の星の大きさ、場所(距離)寿命、環境が分かるようなのを見たいです。 星の大きさを比べるような内容もあったら嬉しいです。

  • 映画の題名を誰か教えて

    今、子供のころに見た洋画が気になり、再度見たいと思っているのですが、題名が思い出せずに頭を抱えています。 内容は、古いタイプのSFで、製作はアメリカだと思います。 内容…地球から一隻の宇宙調査船が出発。長期宇宙調査の為に、乗組員達は冷凍冬眠装置に。 やがて、宇宙船のシステムコンピューターがある星を発見。調査の為に、乗組員達を冷凍冬眠から起こします。 起こされた乗組員達は、早速、コンピューターが発見した星に関して調査しますが、それが、コンピューターからはじき出されるデーターすべてが地球の環境とまったく同じ。しかも、映像として映し出された目の前にある星の姿も地球そっくり。 すぐに、その星へと船を向かわせ、地上へと降りると、なんとそこは、乗組員達の故郷の国アメリカそっくりの国だった。 がしかし、そこはすべて、乗組員達が知っている地球とはすべてが正反対の世界だつた。 調査に調査を重ねた結果、そこは、元居た世界の反対側に存在する地球だつたという内容です。 概略なので、わかりずらいと思いますが、とても凝った作りの映画だつたので子供心にとても気に入った映画でした。 当時、12ちゃんねの午後二時から放映していたB級クラスの洋画だつたので、もしかすると、世間一般には公開していないかもしれません。 どなたか、映画好きな方。もしかすると、これかもという題名をお教えください。 自分の記憶では確か、「テラ・・・・」 と、いう題名だった気がします。

  • 古いSF映画に詳しいかた、教えて下さい。

    昭和40年代にテレビで見たSF映画ですが、タイトルがわかりません。 白黒テレビで見たので、映画自体がカラーだったか白黒だったかは、わかりません。 内容は、部分的にしか覚えていないのですが、宇宙人がやって来ます。 登場する宇宙人は一人(一匹?)だけです。 主人公の男性の家(?)の室内に侵入して来ます。 もしかしたら、家ではなく宇宙船か何かだったかも知れません。 主人公は宇宙飛行士で、どこかの惑星に不時着した宇宙船に宇宙人が侵入して来たという設定だったのかも知れませんが、よく覚えていません。 宇宙人の周りには、風もないのに何故か強風のような音がしています。 体は人間型ですが、全身が白く光っていて、白い石鹸の泡でできている様にも見えます。 主人公の男性は、驚愕と緊張とともに宇宙人と会話をします。 宇宙人は、危害を加えるてくることもなく一応友好的で、主人公の男性すなわち地球人の体の特徴などに興味を示し、色々質問してきます。 宇宙人 「目の下にある2つの穴は何だ?」 主人公 「これは鼻だ。空気中の微粒子を感知して、匂いとして認識する器官だ」 などという会話がなされます。 少ない情報ですみませんが、もし、タイトル、その他どんな情報でもわかるかた、いらっしゃいましたら教えて下さい。 よろしくお願い致します。

  • 映画のタイトルが思い出せません。2

    もしよかったら教えてください。 映画の内容は ・宇宙のある惑星が舞台で地球のゴミ捨て場のような星 ・そこに無口な傭兵がまちがって?捨てられる ・家族との出会い。無口?な子供とであい傭兵の心がひらく?でも喋らん ・子供の父が戦車で殺される。その際に、誤爆か?と傭兵に聞く。違うと首を振る。 ・家族を守るため、戦う傭兵 ・敵の男と女を宇宙船から投げ捨てて、退却。星爆発? ・ある星を目指して出発。なんか子供と仲良さげ。 こんな内容だったと思います。 よかったら教えてください。

  • 地球人が宇宙人を攻撃支配しようとしたら

    地球人が別の恒星系の惑星を植民地支配しようとしてその星に住む宇宙人(その星の土人)を攻撃していたら、どちら側に付きますか。 地球人によるその星の資源強奪とか、星土人の肉を食料として集めるためとか、星土人を奴隷として捕獲するとか、その惑星をリゾート開発・観光地化しようとしていたりとか、という際。 『アバター』という映画にそういう設定が有りましたし、昔の日本帝国も朝鮮半島や中国にたいして似たようなことをやってましたが。

  • 映画の題名がわからなくて困っています

    こんにちは。 たぶん10年くらい前の映画(洋画)だと思うのですが、観たくても題名がわからないのでレンタル店で借りてくることができません。そのようなわけで、ここで質問させていただきます。 <断片的なあらすじです。> 地球以外に存在している知的生物を探しているのが主人公で女性です。ある日、この女性は宇宙からの素数のメッセージを受信することに成功します。そのメッセージは、ただの素数だけではなく、宇宙空間を移動させる機械の設計図も含まれていました。 ーーーーーー中間はまったく覚えていません。------- 設計図を基に作られた機械に、その女性が乗り込むのですが、この場所はなぜか日本の北海道だったと思います。 ーーーーーーこの映画の結末がどうなったのかはわかりません。------ 以上の乏しい内容なのですが、お分かりになる方がいらっしゃいましたら教えていただけませんでしょうか?。

  • 1980年代イギリス低予算マイナーお笑い宇宙人系

    タイトルを教えてください。 1980年代のイギリスの、低予算マイナーSF不条理お笑い映画。 宇宙船が地球に不時着。ところが乗ってた宇宙人たちが 極端な低能揃いで地球人困惑、というシニカルな内容。 内容のバカバカしさと、画面のダークなトーンのミスマッチがおもしろい。 渋谷ユーロスペースで観た記憶があります。よろしくお願いします。

  • とある映画の題名を調べています。

    以下に記す内容の映画の題名を知りたく、よろしくお願いします。 まず、私がその映画を見たのは2014年に入ってからの話で、テレビの深夜映画で見ました。テレビ局はどこだったのか、いつの話だったのかは忘れてしまいました。また内容もいまひとつうろ覚えです。 具体的な内容ですが… ・近未来のSF映画です。 ・登場人物は全員欧米人なので、恐らくは欧米の映画でしょう。ただし字幕ではなく吹き替えです。 ・舞台は火星へ向かう宇宙船の中から始まります。美人の女船長を筆頭に、一癖も二癖もある乗組員が数人おり、彼等は別々の分野のエキスパートです。全人類の期待を背負って火星へと向かっています。目的は何かの調査だったと思います。ちなみに、船長以外は全員、男です。 ・火星の周回軌道に到達した時に磁気嵐に巻き込まれ、宇宙船は空中分解の危機にさらされます。女船長は自分以外の乗組員を脱出ポッドに乗せ、火星へ射出します。 ・しかしその後、船長の奮闘により、宇宙船はとりあえずの航行機能を取り戻し、状態も安定します。一方、脱出ポッドは着陸予定地点より大幅にずれた場所に着陸してしまいます。 ・脱出ポッドを降りた乗組員たちは、昔、火星に来た地球人たちが残した施設に向かいます。そこには空気と食べ物があり、地球からの救助を待つ間、生き延びられるからです。 ・しかしいざ着いてみると、施設はボロボロになり、跡形もありません。また、前に来た地球人たちが繁殖させたであろう苔も全く見当たりません。乗組員たちの宇宙服の酸素はだんだん無くなり、ついにはゼロになります。 ・しかし何故か火星には空気があり、彼等は生きながらえます。実際にはこの時点で2名が、それぞれの事情で死亡しています。 ・宇宙船の女船長と何とか連絡をとった彼等は、軌道上の宇宙船に戻るために観測用の打ち上げロケットか何かのある施設を目指します。道程において、結局は一名を除き、火星に降り立った乗組員は、みな死亡します。 ・無事に宇宙船に戻れた男が、女船長とともに地球への帰途に着くところで映画は終わります。 ・ちなみに火星に下りた乗組員たちは、巻物のような電子地図を持っています。また、四足のロボットも所持していました。そして火星に空気があった理由は、以前に来訪した地球人たちが繁殖させた苔を食べて進化した黒い甲虫が、酸素を作り出していたというオチだと記憶しています。この虫が、前述した施設を食い荒らしました。 乗組員の一人はその甲虫の群れに殺され、死骸か生きているかは忘れましたが、その虫の一匹は、地球へ帰る宇宙船にサンプルとして持ち込まれました。 以上、よろしくお願いいたします。