• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

スピーカーケーブル(2線平行)の極性について教えてください

  • 質問No.4170348
  • 閲覧数20260
  • ありがとう数32
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0
スピーカーコード(ビニール被覆の通常の2線平行コード。以下SPコードと記述しています)の極性について、一般的使い方を教えてください。
特殊なスピーカーケーブルについての質問ではなく、ごく普通の電気店で購入できるSPコードについての質問です。

「個人で使うのだから、どうでもいいよ」という回答ではなくて、一般的な使い方があるのでしたら教えてください。

次のような種類のSPコードの場合は、極性(+、-)はどのように使うのが一般的なのでしょうか。

(1)「赤黒2線SPコード」の場合。
赤(+)、黒(-)として使用するのが一般的ですよね。
(2)「白青」の場合は、どちらを「+」としてあつかうのが一般的でしょうか?
(3)「2線とも同色、または透明被覆であるが、片方には電線のメーカー名や型番などの文字が印刷してある」ようなSPケーブルの場合は、どちらを「+」としてあつかうのが一般的でしょうか?

以上です。
よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 74% (2483/3311)

No.1の方のおっしゃるとおりで、決まりがあるわけではないですが、ステージ音響なんかの世界では、まず「無色がグランド(-)」「色つきが信号線(+)」という不文律を基本とする事が多いです。
問題は「無色」の扱いで、ちょっと変な言い方ですが、
「ほんとの無色」>(銅の裸線)>「黒」>「灰色」>「白」>「他の濃色」
と、感覚的に『無色度の高い方』をグランド(-)とするのが普通ですね。
(ただ、黒、灰、白の順位については、音響屋にもある種の『流派』があって、若干違う場合が…私の習った流派では上の並びです)

よって、「白青」「白赤」等の場合は、白をグランド(-)と取る場合が多いです。
2線同色または2線とも透明の場合は、私の習った流派では印刷がある方を(+)、何も無い方を(-)としますね。これは、多チャンネル線(マルチ線)といって、何十チャンネルもの配線が1本にまとまったケーブルを使う場合、「基色+色つきの細いライン」みたいな色分けがされている場合が多いので、「色ライン付き=基色以外の印刷等がある方=信号線」という解釈で誤配線を防ごうということから来ています。

以下、蛇足ですが…
ステージ音響の世界では、ノイズ対策や事故防止の観点から何かにつけて「まずグランドを合わせる」ということが非常に重視されるので、「色のない=無彩色=グラウンド(-)」とルール化がされ、新人はそれこそ徹底的に叩き込まれます。
ただ、これらはあくまでも業界ローカルルール(というか、安全基準)で、前述の通り地域や「流派」で若干の解釈の違いがあったりする、必ずしも絶対的なものではないのすが、オーディオをやっている方が「プロがそうやっているのだから間違いない。」という解釈(というか思い込みというか知ったかぶりというか)で、「こうするのが正しい!」と講釈垂れているシーンは多いですね。

それと、音響機器の関係と、電力線を扱う関係、電話等の有線通信線を扱う関では、配線色の解釈が全く違う(特に電力線では厳密に決まっている)ので、オーディオの世界でもそれらをごちゃごちゃに語られて、まるで不毛な議論(Aさんは電力線ルールを知ったかぶり、BさんはNTTのルールを知ったかぶり…みたいな…どっちもスピーカケーブルには全く関係ないのに(^^ゞ)を目にするケースも多いです。

ちなみに、ステージ音響では白黒線が一番やっかいで(^^ゞ
A)「ステージ上のグラウンド(-)はすべて白なので、白黒は黒が(+)」
という流儀と、私の流派の考えで
B)「白黒の場合は白が(+)、黒(-)」
という、全く逆の流派があります。

A)の流派にも一理あって、プロ仕様の音響機器間を繋ぐケーブルには、普通は「黒」は使わないんです。「黒」は「0(ゼロ)」を示すカラーコードにも使われるので、何事も自然数(1以上)で番号を振る世界では余り用途が有りません。なので、高級ケーブルを惜しげもなく使える大手音響系では、むしろ電力線(必ず黒が使われる)と間違えないように「白=(-)」で統一されていると聞きます(ここだけは聞いた話(^^ゞ)。

すいません、蛇足が長くなりました(^^ゞ
お礼コメント
noname#66514
ありがとうございました。
参考になりました。
投稿日時:2008/07/12 14:41

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 65% (1925/2934)

・原則1:ちび黒ホット・白長アース
→ 家庭用コンセントへの配線は、黒い方がホット(100V)で差し込み口の短い側へ、白い方がアース(中性線。0V)で差し込み口の長い側へ、というのが鉄則。ただし、守られていないことの方が多い(なので、長い方はアースだから触っても大丈夫、などとは思わないこと)。

・原則2:緑は、常にアース

・原則3:黒と色付きなら、黒がマイナス、色付きがプラス

・原則4:両方色付きなら、暖色がプラス、寒色がマイナス

・原則5:白(またはクリア)と色付きなら、白がマイナス、色付きがプラス。

・原則6:識別記号があるときは、そちらがプラス(とすることが多いように思われる)

1と2は、原則というより鉄則に近いですが、ほかは何かの規格で決まっている訳ではなくて、そうしていることが多い、というくらいのものでしょう。

特に、スピーカーケーブルの場合、アンプ側のプラス・マイナスと、スピーカー側のプラス・マイナスが同じであれば良いので、「極性を間違えないようにするための便宜」程度の意味でしかありませんから、「個人で使うのだから、どうでもいい」としか言いようがありません。「自分の家では、印付きがプラス」と統一しておけば、それで足り、それ以上の意味はありません(メーカーが指定しているなら、それに従う意味もあるでしょうが)。
お礼コメント
noname#66514
ありがとうございました。
皆さんの共通の部分があるようですので私も倣うようにします。
投稿日時:2008/07/12 14:44
  • 回答No.3

ベストアンサー率 46% (6/13)

こんにちは。

俗に「有彩色をホット(プラス)にする」といいますので、プラスは
(1)赤
(2)青
(3)文字側
で良いと思います。
人によっては逆になることもあります。
解りにくいケーブルで、白と黒のケーブルを黒プラスにする人もいます。
暗い中で作業する際、文字が読めない白いケーブルは触った感触で
線があるほうをプラスにします。

いずれもローカルルール的な為使用者内で決めておく事が必要です。
お礼コメント
noname#66514
アドバイスありがとうございました。
投稿日時:2008/07/12 14:45
  • 回答No.2
ご自分がこう決めるとした事が、質問者さんの家の基準です。

極端な話し、右スピーカには、赤プラス黒マイナス。
左スピーカには、黒プラス、赤マイナスを接続しても、アンプ側とスピーカ側で逆転しなければ良いのです。

将来のためとか、間違いを少なくするため、その様な事は一般的にはしませんが、それもありです。

どの様にでもご自由に・・・
お礼コメント
noname#66514
アドバイスありがとうございました。
投稿日時:2008/07/12 14:46
  • 回答No.1
 スピーカーケーブル自体に極性があるわけではなく、質問者様に
怒られそうですが、どちらでもよくご自分が把握していれば良いこ
とです。

 私の場合、

 (1)は質問者様と同じ
 (2)は青が+、白が-
 (3)文字が印刷しているのが+、何も無いのが-

ですが、一般的な使い方があるわけでも無し、規則やルールがある
わけでもありません。したがって、他人にこうだああだと言う様な
理屈を持ち合わせているわけではありません。
 結果的に、アンプとスピーカーの極性が合致していれば良いだけ
です。
お礼コメント
noname#66514
アドバイスありがとうございました。
投稿日時:2008/07/12 14:46
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ