• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

パチンコ遠隔論、確率論

  • 質問No.3851078
  • 閲覧数13819
  • ありがとう数59
  • 気になる数0
  • 回答数16
  • コメント数0

お礼率 20% (9/45)

パチンコ屋の新装開店の初日は新台に関しては大当たりが多くなりますが、一つ疑問に思うことがあります。それは千円当たりの回転率が少ないのになぜ新台だからといって大当たりが多くなるのでしょう?人によって遠隔はある、絶対ない、確率がすべて。二つの意見に分かれているけど、どっちも確信的なものとは言えないような気がする。僕もどっちかというと確率論を信じているけど新装開店時の釘の渋い台のあの大当たり発生確率はなぜだろうと思わずにはいられない。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.9
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 18% (52/286)

完全な回答を知っていますが、ネット上ではいえません。ホサれます。

ただ「人間による遠隔操作は絶対にありません」。それは、ホールをくまなくガサ入れすれば分かるからです。

新台の大当たり確率ですが、いわゆる必勝本やゲームセンターの「台単体」のモノとは違い、ホールの台はどれも「設定を変えられます」。詳しくはかけませんが。
つまり、公の情報はホールでは意味があまり意味が無いという事ですね。
つまり「確率は無意味」という結論がいえます。
甘デジでも、確率からいったら毎日200オーバーしていないとおかしいのに、そんな台見た事ないでしょ?

あとは、渋い釘の発生率ですか。
みなさんは21世紀の世の中「釘師」といわれる人に出会った事がありますか?
実はパチンコ屋には裏技があって「玉の流れを変える」ことができます。
時短中はスタートチャッカーにもバンバン玉が入っていたのに、終了してから呪いのように全く回らなくなった経験。パチンコをする人なら誰でも感じた事のある違和感だと思います。
つまり「釘師は玉流動システムのおかげで必要なくなった」わけで、釘が渋いというのはトリックで、全部の台は「ほぼ同一の釘」をしている事がいえます。
なぜそんなシステムが必要なのかと考えれば、おのずと答えは出てくるとおもいます。
人間の心理をついたかなり巧妙な手口です。
ただし、これは機械がやっていることなので、ホールの人を疑ってはいけません(笑)。

一つアドバイスを言えるとすれば「全てはホールのシナリオ通りに」という事ぐらいです。

その他の回答 (全15件)

  • 回答No.16

ベストアンサー率 48% (12/25)

業界人です。皆さんの言うとおり遠隔は存在します。しかしこのような場合大半は稼働率の良さによるものです。
遠隔の方法は様々ありますが、今は事務所にLANケーブル(島内の専用コンピュータにつながっている)の差込口があり、必要に応じて専用PCとつなぎ大当たりを発生させるタイプです。
しかし遠隔操作のシステムは非常に高価で(台数にもよりますが、それだけのコストがあれば2~3ヶ月赤字で走ってもいいくらい)、営業停止のリスクがあります。
あと合法なもので可能性があるとすれば「可変式トランス」の使用です。パチンコの場合、通常24Vのためトランスを使い電圧を下げます。ただ配線の長さやその島の台数によって電圧にバラツキが生じます。これを防ぐのが可変式トランスです。しかしこれが合法的出玉操作を可能にするのです。機種メーカーによって電圧が高い、又は低いと当りやすいというのがあるのです。(一つ40~70万で購入できるので結構導入しているところは多いです)
まあでも稼働率の高さで間違いないと思います。
また釘師がいないお店なんてこの業界に長くいますが聞いたことがありません。私、釘師ですけど・・・。
  • 回答No.15

ベストアンサー率 0% (0/1)

はじめまして。
あくまで私自身の考えですので多少ズレているかもしれませんが・・・
私はホール関係者というわけではなくあくまで打ち手ですが、あまり遠隔というものを考えたことはないですね。
新台導入というかイベント日の前日などでもある程度の回転数を店側がまわしたりしてると思います。そうして実質的にはこちらが回す回転数が短縮されますよね。逆に新台日なのにほかの機種が朝からバンバン出ていたら客が離れてその台の設置等に関する費用が回収できないですよね。
また個人的に打ちに行けば理不尽なハマリも急な連荘も経験しましたがおかしなことではないと思っています。たとえば確立2分の1っていうのは二回に一度のあたりをお約束したものじゃないわけですよね。一回ごとに独立事象ですから・・・
遠隔操作に関しては確かにあるのは間違いないでしょうがそれを疑っていたらきっとパチ屋なんてどこにもいけないですよ><
  • 回答No.14

ベストアンサー率 16% (3/18)

A13ですが、スロットでなくてパチンコでした。
いい回答とは思いませんが、パチンコを楽しむことはいいことですが、勝つための研究をしても意味がない業界だと思っています。
  • 回答No.13

ベストアンサー率 16% (3/18)

制限30 60 120というスロットでも遠隔操作があるんだから
パチンコやスロットでもあるでしょう。これも一部には入る入らない波に関係しているでしょう。こんなのがまかりとおって存在しているのですから個人的にはやる気が失せてもうパチンコ・スロットには行かなくなりました。http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1112042121?fr=rcmd_chie_detail
  • 回答No.12

ベストアンサー率 0% (0/1)

パチンコには設定機能がないと言うのが表向きで言われていますが、私はこう考えています。信じる信じないは人それぞれで、こういう説もあるという程度で考えてもらえればと、思います。初当たりには、幾つかのモードがあるかと思います。当たりやすいモード、通常モード、ハマリモード。看板台は当たりやすいモードをメインとするため、初当たりが安定しているはずです。ハマリモードだと可能性がないとは言いませんが、ハマリを繰り返すことが多いはずです。初当たりと連チャンは別と考えた方がいいと思います。連チャンにも幾つかのモードがあると思います。連チャン=看板台ではなく、初当たりが安定して連チャンもする台がベストだと思います。こう考えると説明がつきませんか?
  • 回答No.11

ベストアンサー率 50% (28/55)

 むか~し、昭和の終わり頃の話です。もう20年以上前の事ですので、もう喋っても良いかなと思い、喋っちゃいます。
 当時からパチが好きで、毎日仕事帰りに通っていましたが。実際に遠隔で当ててもらいました。
 その日は仕事帰りに5時半位から、羽根物を打っていましたが、調子が悪く、セブン機に移りましたが、坊主でした。
 8時頃、その店の主任から話かけられ、「今日の調子は、どうだい」と聞かれ、「全然ダメ、坊主」と答えたところ、「少し待ってろ」と言い、事務所に消えました。
 数分して戻ってきた主任は「このまま、打ってろよ。ストップボタンは押すなよ(当時はストップボタンなる物が在りました)」と言ったので、「もう遅いよ、さっきから目一杯押しまくってる。」と答えた所、「まずいな~、まあ少し遅くなるだけだから良いか。これから絶対にボタンを押すなよ。」と言われました。
 言葉どおりにボタンを押さずに待つ事1~2分、見事に大当たりでした。
 帰り際に主任に話しかけ「こんな事、出来るの?」と聞いた所、「当たり前だろ」と答えたので、続けて「何時もやってるの?」、「他の店は?」と聞いた所、「うちの店は、営業前にセットしたらその日は変えない。他店は営業時間中でも客の様子を見ながら変える店もある。俺の経験だと、そういう店は3割くらいだな。」との答えでした。
 その周辺で良く打ちに行く店は3軒ありましたが、どこでもほぼ同じ事がありました。そこまで細かく説明してくれたのは、その主任だけでしたけど、「ちょっと待て」と事務所に消えたりするパターンは皆同じでした。
 昭和って、良き時代でしたね。もう引っ越してしまい、今の土地へ来て平成になってからは一度もありませんが、業界には、多分今もあると思いますよ。
 打ち子(本物の打ち子は、求人誌等の公の目に触れる形では募集しません)も、私の今現在の知人に実際に存在します。
 でも当人に聞いたら、毎日仕事がある訳ではないので、月収にすると5~10万円程度で生活費どころじゃないらしいです。
 儲かるのはパチ屋の店長と、俺らの親方だけだ、と言っていました。
 まだまだ、この業界は、裏ロムとか色々あると思います。
  • 回答No.10

ベストアンサー率 0% (0/1)

みなさんがご回答されている通り、新台は稼働率が良く、結果大当たり回数が増えるのは至極当然なことです。
ですが、新台で稼働率が良かったとしても、どう足掻いても大当たりの引けない台があるはずです。
これは何故かというと、ホールにはどう足掻いても当たらない台があるからです。
ちょっと分かりにくいですね。パチンコやスロットで確率ではとても考えられない大ハマリを体験されたことはありませんか?
それがもし、確率上十分に起こりえることだとすると、同確率程度の台であれば、稼動率の高い新台で発生する方がよほど自然です。
しかし、実際こういったケースが起こりやすいのは、稼動の低い台であったり、イベント対象外の台だったりします。
これは確率的に考えてもとても不自然なことですよね。確率では説明できない部分が多いですから。

また、今主流の確率1/300のパチンコを毎日朝から回した場合、いきなり1000回転も当たりが引けないといったケースは1月に1回程度です。
これは毎日行った場合ですから、実際はもっと頻度は低くなります。
その程度の頻度で1000回転ハマリが済んでいますか?私は自信を持ってNoと言えます。
遠隔はあると思いますよ。事実摘発されるホールも後を絶ちません。
私が遠隔を否定しないのは、50%の確率で26回連続で片方に振り分けられたことがあるからです。10円玉を投げて、26回連続表を出せ、と言われても無理でしょう?
そういった事が起きてしまう今のパチンコ業界で、完全確率はあってないようなものだと考えています。
  • 回答No.8

ベストアンサー率 21% (10/46)

遠隔があるのか?確率論は正しいのか?この二つのことをYesかNoかで答えるのならどちらともYesになるでしょう。
>パチンコ屋の新装開店の初日は新台に関しては大当たりが多くなりますが…すでにほかの方が回答しているとおり、稼動(客つき)がよくなるため必然的に大当たり回数も増えます。新台の大当たり回数が多いのはこのためです。かといって遠隔がないとはいえません。どうしても疑わしいなら、最低10万回転分くらいのデータを自分で取るのが確実でしょう。
遠隔は小規模のホールにおいて、個人に対して行われることは稀にあるようです。しかしながら、遠隔が当たり前ということは考えにくいですね。
たとえば、ある程度店を抱えているチェーン店の例で考えてみると、ホールには定期的に監査が入ります、もし発覚したとすればどうなるでしょう?営業停止になりますよね。仮に再開できたとしても遠隔していた店とすべての店舗にレッテルを貼られて、集客できるでしょうか?
また、ホールコンピュータで出玉を管理している説。確かに原理としては可能です。しかし、本来ならば釘、設定の調節を行い、その結果店にどのくらい利益が出ているかを「ホールコンピュータ」によって算出します。つまり、そんな大掛かりな仕掛けを用いてまで、出玉を管理する必要性はあるのでしょうか?上記のようなリスクもある中で。プロ対策だという人もいるようですが、釘を気にせず打つ人はたくさんいますから問題が出ることも考えにくいです。
確率論は当たり前ですが正しいかと、もし信じれないのであればやはり、データを取ってみてはどうでしょう?確率から大きく外れるような結果になればそのホールの遠隔を疑いますが…。
まず、うわさで騒がれているほど遠隔は繁栄していません。これらはデータをとればわかりますよ。
  • 回答No.7
私がデーター見る限りは、新台といってもそれなりにしか当たってませんけどね。
エヴァ4で終日3回とかありましたよ。最高は50回。
新台は稼働率が抜群(ほぼ100%)ですから、回転数が多ければ、大当たり回数が多くなるのは当たり前です。
(千円当たりの回転率が少なくても、ずっと稼動していれば台自体の回転数は多くなります)
遠隔等不正については否定はしませんが、新台対応のプログラム開発など時間的に無理なので気にしないで良いでしょう。
  • 回答No.6

ベストアンサー率 44% (8/18)

「ホールコンピュータで出玉管理」と、遠隔肯定派の人はよく言いますが、
「出玉をコントロール」するのではなく、
「出玉を見る」んです。
この台は何発使って何発出た。というのを毎日データで確認。
割数等を出しているだけです。

遠隔をするならばホルコンは一切使いません。

新装の渋い釘のときに当たりが多いというのは
差玉数も見てなんでしょうか?
常に新装の時は客側が勝っているということなのでしょうか?
後日スランプグラフを見ても、プラス域にいっているのでしょうか?

自分の地元は新装でも客つきが悪いときもあり、良いときもあり。
箱積んでても800ハマリとか良く見ます。
新台全てのスランプグラフがずっと右上がりだったら遠隔疑いますが
見た目の出玉では何もおかしなところはありません。稼動がいいんですから
15件中 1~10件目を表示
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ