• 締切済み
  • すぐに回答を!

ショーシャンクの空にという映画・・・

ショーシャンクの空にという映画を最近見たのですが、どうも気になるところがあります。 主人公のアンディが下水を潜り抜け、雨の中空に向かって万歳するシーンがありますが、下水に入る前はシャツにネクタイしてましたよね。それがいつのまに囚人服に戻ってませんか・・・? 所長のスーツを盗んだのは次の日に銀行に着ていくためかな?とも思ったのですが、あの雨のシーンで着ていたのはスーツではないですよね。もちろんスーツを手にして下水を潜ってもいませんでしたし・・・。 このシーンに詳しい方いましたらぜひ教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数456
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3

スーツは仰るとおりです。 囚人服に着替えて、スーツを袋に入れて、 足にくくりつけています。 下水から抜けて走って出るときに、袋がばたばたしてます。 この映画大好きです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  •  映画 ショーシャンクの空に、英語のスラング?

    映画 ショーシャンクの空にの中で出てくる英語のスラング? 教えて下さい。 囚人である老人は本を配る業務に就いているのですが 主人公、アンディ が同じ業務に就くとき、老人は書庫内にて アンディに「簡単だよ」という意味で下記の様に聞こえた言葉を発します 「イーズィ・レイズィ・ヤップ・イーズィ」 これが聞き取れません何と言っているのですか?ネイティブな意味は? 宜しくお願いいたします。

  • 「ショーシャンクの空に」の解釈

    以前から観たかったショーシャンクの空にのDVDをレンタルしてきて観ました。 よくある怖い刑務所ものと違い、アンディとレッドの友情などが描かれておりとても良い映画でした。 ラストはハッピーエンドで私的には良かったのですが、理解できないところがありました。 アンディは脱獄しましたよね? (1)いつから脱獄することを計画していたのでしょうか? (2)悪い所長は自殺し、主任は逮捕されましたが、その後アンディはどうして逮捕されないのでしょうか? いくら無罪であっても、普通指名手配などで探し出しますよね? 何も動きがないことに疑問を感じました。 この2点分かる方教えて下さい。

  • 映画『ショーシャンクの空に』について質問です。

    アンディは、所長が受け取ってきた『賄賂』を2銀行か3銀行に分けて口座に振り込み、幽霊をでっち上げたあげく、自分自身に莫大な資産を築き上げますが、これをわかりやすく説明出来る方はおられますか?(笑) 完全な『洗濯』って何の事ですか? また、日本国内でも同じ様な手口で、自分にカネを残す人っていましたか? 映画を何回か観ていますが全然わかりません(笑)

  • 回答No.2

NO.1さんのおっしゃるとおりです。 アンディは友人の黒人(モーガン・フリーマンが演じてた役)ではなく、 別の輸送屋からロープを手に入れました。 囚人仲間は「アンディはこれで自殺でもするのでは…」と心配していました。 実は、下水管をほふく前進するのに両手を使うので、 袋を足に結びつけるため、という話でした。 NO.1さんはビニール袋ではないとおっしゃっていましたが、 私は透明なビニール袋に服や靴、帳簿が入っていたと記憶しています。 3、4ヶ月前の記憶ですので、参考程度に。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#68508

所長室で囚人服の下にスーツを着て盗み、そのまま房へ戻りました。このとき靴は所長の革靴を履いていました。 房に戻ってから着替えたシーンはなかったと思いますが、囚人服に着替え、スーツは濡れない袋?のような物に入れてロープで片足にくくり、そのまま穴→下水へいきました。 足に縛られていたので手には持っていません。 袋にはスーツのほかに、今まで不正で貯めた銀行預金の書類と不正のために作った偽身分証などと石鹸も持っていたと思います。石鹸で体洗ったとナレーションがあったと記憶してます。暗いので見えにくいですがどうもビニール袋ではなさそうでしたが、何の袋でしょうかね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「ショーシャンクの空に」のエンディングについて

    「ショーシャンクの空に」のエンディングについてお聞きします。 最近、メモリアルエディションを買って特典ディスクを見たのですが、エンディングは当初、レッドがバスでアンディに会いに行くシーンで終わっていたそうです。(原作もそうらしいですが、残念ながら原作は読んでいません。) 製作会社の方針で映画のラストシーン(海岸で二人が再会する。)が追加されたそうですが、みなさんはどちらがいいと思いますか? 実は私はずっとあの海岸のシーンは無くても良かったかなと思っていたのです。

  • こんな内容の映画なのですが

    20年以上も前にテレビで放送されていた洋画なのですが、タイトルが分からないので、もしご存知の方がいらっしゃったら教えてください。 「ストーリー」 主人公の男の人が所長として、とある刑務所にやって来ます。 その刑務所は結構荒れた場所で、様々な問題があり、彼はそれを正そうと努力します。 唯一内容で覚えているものは、高齢の囚人が、とっくに刑期は済んでいるのに出所されず、それに気がついた所長である主人公が何とか出所させようとしますが、彼が出所することによって不利益が生ずる者達によって殺害されてしまう、というシーンがありました。  ラストは、心半ばで所長を解雇(?)されてしまう主人公が車に乗って出て行こうとすると、囚人たちが全員で腕を上げ、拍手(?)をし続ける、というものでした。 とても印象に残った映画だったので、もう一度見てみたいのですが、どなたかご存知ないでしょうか? よろしくお願いします。

  • 皆さんにとっての映画の名シーンは?

    みなさんの心に残る映画のワンシーンを教えてください!いい映画だからこそ、そのシーンが心に残るものだと思うので、映画を選ぶ参考にしたいと思います。なので、1980年代以降の洋画であまり有名でないものだと助かります。ネタバレの場合はその旨を教えてください。 自分の好きなシーンは数え切れないほどありますが、 ・「恋愛小説家」  主人公がおしゃれなレストランで「はじめていい人間になりたいと思った」と告白するシーン ・「アメリカン・ヒストリーX 」  主人公が刑務所で暴行を受け、高校時代の教師に心を開いて全てを話すシーン ・「レナードの朝」  食堂でのつらい別れの言葉を受け、ヒロインが主人公と踊るシーン ・「ライフイズビューティフル」  収容所の放送を使って少年が母親に元気な声を届けるシーン ・「ショーシャンクの空に」  ラスト近くでレッドがアンディからの手紙を読むシーン キリがありませんのでこのくらいで。

  • 「ショーシャンクの空に」の挿入曲で・・・

    「ショーシャンクの空に」という映画の挿入曲についての質問です。 この映画の中に主人公が刑務所中にモーツァルトのオペラを流すシーンがありますが、 あのオペラを歌っているのは誰なのでしょうか? 誰かわかる方いらっしゃいますか? CDレンタルショップでサントラを借りて、 何の曲なのかはわかったのですが、 誰が歌っているのかは書かれてありませんでした。 楽団と指揮者の名前はあったのですが、 それだけで歌手のことは特定できるものですか? 一応名前を書きますと(アルファベットです、すいません) 楽団:DEUTSCH OPER BERLIN 指揮者:KARL BOHM(Oの表記がちょっと違います) うちにあったモーツァルトのカセットからも探してみたんですが、 映画で使われていたものと同じものはありませんでした。 あのオペラ歌手が歌っているほかの曲が聞いてみたいです。 知っている方、または楽団と識者を聞いてわかった方、 回答待ってます。

  • この映画のタイトルが知りたいです。

    洋画です。 舞台は恐らく刑務所で、主人公がある日独房(?)に入れられます。 隣の独房から物音がしたので壁を「ドンドンドン」とたたくと「ドンドンドン」と返ってきて それで独房での孤独を紛らわすシーンがあります。 そして主人公がその独房を出てしばらくすると刑務所内で囚人の暴動が起きます。 するとどこからか大男が現れ無差別に(囚人・看守)を襲い始めます。 しかしひょんなことで主人公が独房に入っていた時、隣で物音を返してくれたやつだと気付き 囚人側に加勢してくれる・・・というところしか覚えていないのですが ずっとこの映画のタイトルが気になっています。

  • 80年代のコメディ映画のタイトルが思い出せません。

    タイトルが分らない映画があります。 80年代のコメディです。 株に強い冴えない青年が陰謀(?)で刑務所へ。 しかし株の知識を活かして強面の囚人達の信用を得ます。 そこでその知識に目を付けた刑務所の所長(?)に利用されそうになります。 (この青年は株の”か”(だったかな?)の文字を言うだけでくしゃみが出ていた) 主人公たちは協力する振りをして、パソコンなど株に集中できる環境を所長に要求。 この待遇を更生の一部だとして所長は市の役所(?)にもアピール。 しかし最後は囚人たちによって騙された所長は、警察に捕まる。 主人公のくしゃみも直り、めでたし。 といったあらすじなのですが、どうしてもタイトルが思い出せません(><) 刑務所内に設置されたパソコンの壁を反転させると、なんとお酒などのバーが設備させていたり、 囚人達も楽しんでいる様子でした。 確かエディ・マーフィの「大逆転 (1983)」を見ていた頃の映画だったと思います。(多分。。) よろしくお願いいたします。

  • 映画のタイトル教えてください

    深夜のテレビ放送で見たヨーロッパの映画です。まだ淀川長晴さんが案内役をしていました。カラーだったのかもしれませんがモノクロで印象が残っています。内容は第2次世界大戦中、フランスかイタリアで娼家を営む若旦那が戦争に翻弄され挙句捕虜となって、収容所へおくられる。そこで、ソ連兵の太った醜い女軍人に言い寄られ仕方なく応じる場面や、収容所か病院のようなところで美しい女(黒髪の美女)がベットの端に手脚を縛られ、身もだえしているのを覚えています。ビットリオ・デ・シーカがらみの作品かもしれません。収容所で、捕虜が縦じまの囚人服を着て、みんなで土木作業しているシーンもあったような。外のトイレで捕慮たちが用を足しているシーンなど、戦時中の暗いなかにもユーモアを含ませて仕上げられた作品だったように記憶しております。いかんせん、20年くらい前に見た映画なので、主人公の若旦那?の国籍がはっきりしません。捕虜はユダヤ人だったのかもしれません。戦後彼は家路に戻り、娼婦たちに歓待されて閉まるという、ある青年の体験記録風に描かれていたように記憶しています。曖昧で申し訳ありませんが宜しくお願いします。

  • 映画のタイトル教えて下さい。

    主人公は銀行詐欺のプロで、刑務所から脱獄を試みます。 他の脱獄を企てる囚人を利用し、外部の仲間と連絡を取り、 うまく脱獄できたのですが、女捜査員(警官?記者?)に見つかってしまいます。 結局仲間の車のトランクに、主人公と女捜査員(強引に乗せられた)が乗り込み警備を潜り抜けます。 …というような始まり方で、主人公と女捜査官は共に惹かれあいます。 (結局最後は、主人公が女捜査官に撃たれてしまうというようなラストだったような気がしますが、これは別の映画の記憶かも…) 何かご存知でしたらお教えください。

  • 映画「プラダを着た悪魔」の中から質問です。

    映画の中のセリフから質問です。お手数ですが、どうぞよろしくお願い致します。 映画で「You are already late.」というセリフがあったのですが、 「You are late already」では不自然なのでしょうか? 二つの違いを教えてください。 また、主人公のアンディが厳しい上司に対する思いとして、自分の彼氏に 「I can't let Miranda get to me.」と、愚痴をこぼすシーンがあり、日本語訳では 「ミランダに腹が立つ」となっていましたが、これでそのような意味になるのでしょうか? どうぞよろしくお願いいたします。

  • 映画のタイトル

    1週間くらい前にあるお店に行ったっときに映画のDVDを紹介するため映画をテレビで放映していました。 そこにタイトルが書いてあったんですがメモするのを忘れていて、もう一度行ったときにはもうありませんでした。 自分が見たシーンを簡単ですがまとめておきますのでどなたかわかる方おられましたら教えてください。 ・スーツを着た主人公が敵のアジトの社長室のようなところにたどり着く ・ボスみたいなのが部屋の奥に座っているが部下が15人ほど日本刀を持って出てくる ・主人公は丸腰だったが敵の日本刀を利用し部下を全員倒す ・最後に残ったボスと戦うことになるが、近距離でハンドガンの撃ち合いをする ・結局主人公が勝ちボスが命乞いをするがボスを殺す このような感じで本当に一部しかわからないんですが、特徴的だったのが日本刀を使う敵と主人公、近距離で銃を撃ち合うことです。みんなスーツを着ていました。 あとうろ覚えなんですがタイトルはカタカナで6、7文字くらいだったと思います。