締切済み

タイプ-412のエラー

  • 困ってます
  • 質問No.297189
  • 閲覧数164
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 100% (3/3)

困っています。
ATA100 HD 120G(ACARD AEC-6280使用)を2台増設したのですが、どんなファイルも情報を見るでコメント欄に半角12文字以上をいれたファイルを一方のHDにコピーする場合だけ、タイプ-412のエラーとなり、コピーできません。もう一方のHDにコピーした場合はエラーが生じません。2台共に、ドライバー(B`Crew)も同じ、HDの型やメーカ(IBM)も同じ(保存している中身は違いますが)。ドライバーを最新にしてもダメ、拡張機能を外してコピーしてもダメ。ノートンでチェックしても両者異常なし。でも、コメント欄の文字数を11文字以下にすると、両者へうまくコピーできるのです。不思議です。何がわるいのでしょうか?
教えてください。

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ACARD AEC-6280は使っていないので確認はできてませんが、
WinPCでもATAカードやRAIDカードは相性問題の出やすいデバイスのようです(自分のAthlonMPでも悩まされ別のカードに変更しました)、
ACARD AEC-6280に接続していないHDDなどへのコピーでは問題は起きないのでしょうか、
そうであればACARD AEC-6280のファームウェア(最新版ですよね)のバグであるような気もします、

また初期設定フォルダから「Finder設定」を捨てて再起動してみるとか、
PCIスロット位置を変更してみるとかも。
お礼コメント
inaka

お礼率 100% (3/3)

回答ありがとうございます。
確かに、ATAカードやRAIDカードは相性問題はネット上にたくさん話題になっているようなので、別のカードにするしかないのかもしれません。
AEC-6280のファームウェアは最新で、PICスロット位置やATAのケーブルも変えてみましたが、同様の症状でした。さらに、AEC-6280にはスロットが2つあり、共にマスター、スレーブの計4台のHDが増設できるのですが、どのような組み合わせにセットしても同一HDにコピーする場合のみエラーが生じましたので、原因はAEC-6280とそのHDとの相性が悪いか、そのHDそのものが悪いか、そのHDの中身とシステム(AEC-6280に接続していないHDからMacは起動しています)との相性が悪いかだと推察しています。
増設した2台のHDは既述しましたように型、メーカが全く同じで、その一方だけ、AEC-6280との相性が悪い、HDそのものが悪いという可能性は低そうだったので、ご指摘いただいたように、始めシステムとの相性を疑い、Finder設定などを自動的に捨て、メモリ配分を修復してくれるFreeze Removerなるシステム修復ソフトを使いましたが、相変わらずエラーが生じ、途方にくれこちらに質問した次第でした。いろいろありがとうございました。
投稿日時 - 2002-06-23 00:52:46
感謝経済、優待交換9月20日スタート
  • 回答No.2

ベストアンサー率 24% (382/1537)

Dos(FAT32)フォーマットにしていませんか?
お礼コメント
inaka

お礼率 100% (3/3)

FormatはFAT32やUFSではなく、MacHFS+(MacOS拡張)で行っています。買ってきたまま初期化して使いましたので、物理フォーマットはしませんでした。
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-06-22 01:24:09
  • 回答No.1

ベストアンサー率 47% (11786/24626)

起動時にoption,コマンド押しっぱなしでデスクトップの再構築をしてもだめですよね?
お礼コメント
inaka

お礼率 100% (3/3)

早速の回答ありがとうございます。
デスクトップの再構築してもダメでした。
コメント欄に11文字以下だとエラーにはなりませんので、再構築の理由じゃないように思うのですが・・。
投稿日時 - 2002-06-22 00:19:36
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ