-PR-
解決済み

MDディスクの値段の差は?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.28910
  • 閲覧数307
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

MDはデジタルで録音するのだから、どれも同じパフォーマンスだと思うのですが、同じメーカーでも値段の安いものと高いものがあるのは何故でしょうか。どこに違いがあるのですか。実際に録音して聴いてみても違いがわかりません。教えてください。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 44% (527/1181)

◆Naka◆
確かに理論的には音質は変わらないと思います。
どこに金がかかっているかと言いますと、やはりディスクそのものとハーフ(いわゆるケース)ということになるでしょう。
ディスクの耐久性や信頼性、ハーフの剛性や共振防止設計等にコストがかかっているということですね。

MDは基本的には相当な使用下においても、なかなか劣化しないものですが、保護膜やMO膜には一応耐久限度があり、使用環境によっても変わるでしょうから、その辺に金がかかっているのではないか、と思うんですが。 (^^;)

まあ、ディスクの記録密度に余裕を持たせ、共振を廃したハーフを用い、またミクロ単位で精密な設計を施すことによって、安定した音を楽しめるであろうことは予想できますが…
お礼コメント
noname#1019

なるほど耐久性や信頼性や共振防止設計ですか。ということは値段の高いディスクほど、リスクが少ないということですね。
どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-01-16 18:59:33
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1

 聞いたところによると、エラー率やパッケージの付加価値だそうです。
 高いMDは検査も充分にされて、エラーの出る確率が低かったり、また、パッケージに色々なシールなどのおまけがくっついてきたり、あと、MDジャケットの素材にいい物を使っていたりするみたいです。
お礼コメント
noname#1019

なるほど付加価値ですか。
どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-01-16 18:54:13


  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 22% (113/506)

あとブランドでも価格が変わっていると思いますよ。
たとえば服なんかでも有名なブランドのロゴがついているだけで
何万円もしますよね。
それが無名ブランドだと同じ様な物でも安いです。
確かにそれだけいい素材を使っているんでしょうけど、
個人的にはブランド料みたいなのもちょっと入っているような気がします。
MDでもSxNYなんかは有名ですので、質もいいですが、値段もちょこっと高いような気がします。
ちなみにアンチSxNYだとか、営業妨害しようとしているわけではないので
分かってくださいね(^^; 個人的な意見と受け止めてください。
お礼コメント
noname#1019

そうですね。どの店に行ってもSxNYのものは他のブランドより高めですね。
でも私が最近買ったSxNYの液晶デスクトップパソコンは他の同様なパフォーマンスのものより安かったんですよね。何故だろう?
蛇足でした。
どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-01-17 14:48:23
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 22% (113/506)

話がずれてしまいますが、パソコンは香港製かも知れませんね。
自分もSxNYのビデオテープを買ったのですが、そのときは他の製品より安かったです。
その理由かどうか分かりませんが、それは香港製でした。
SoxNYさんは他の国で作ればコストは安く済むけど、ちょっと質が悪い物は日本で。
他の物は(コストが安くても質は悪くない)香港製とかってこだわっているのかな?
どっちにしろきちんと使えているのでいいですけどね。
さすが世界のSxNY!?・・・今度は他のメーカーを非難しているわけではありません(^^;
補足コメント
noname#1019

話のずれついでですが、私の買ったパソコンは液晶ディスプレイ付デスクトップ型シリーズの一番安いやつですが、パッケージにMADE IN JAPANと書いてありました。
投稿日時 - 2001-01-17 20:12:27
  • 回答No.5
レベル14

ベストアンサー率 40% (1358/3355)

一番大きいのは、アナログ回路のグレードの差でしょう。
録音/再生時にはフィルターで不要な高音を落とす必要がありますが、
減衰特性は同じでも、回路によって遅延時間に差があったりします。

CDの初期を思い出して下さい。
フィルターの出来で、シャリシャリのCD、ボソボソのCD
いろいろありました。

ただ、CDの時よりも設計技術が大きく進んでいまして
あの頃のような致命的な差はありません。
だから、量産効果の高い廉価品も捨てた物ではないと思います。

ほかにも、ピックアップの耐久性は違います。
駆動系は同じようです。
以前修理に出したときに、廉価品と高級品で同じ修理部品が
使われていたことがあります

なお、MDの圧縮アルゴリズムには、簡易版と正式版がありますが、
今は簡易版の機器は無いようです。
補足コメント
noname#1019

間違っていたらごめんなさい。
tntさんの回答は「MDデッキ」に関することですか?
もしそうでしたら私の質問のタイトルをもう一回ご覧になって下さい。私の質問は「MDディスクの値段の差について」です。
投稿日時 - 2001-01-18 00:27:53
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ