• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

昔のSF映画のタイトルについて

どうしてもタイトルが思い出せず相談いたします。 30年以上前のSF映画と思うのですが ある科学者が作ったコンピュータが自我に目覚め 人間になる事を実現すべく科学者の奥さん?に自分の遺伝子を宿らせて、最後に人間の女の子になってこの世に生まれるいうストーリーです。 当時テレビで見たのですが、かなりの衝撃を受けた記憶があります。 レンタルなどあれば再度鑑賞したいと思います。 宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数86
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

「デモン・シード」で間違いないと思います。 この作品、日本公開は1978年ですがあまり時をおかずして(一年以内くらい)淀川先生の日曜洋画劇場で放映されてます。その時にご覧になったのでは? 原作は結構ポルノ色が強く、結末のオチもちがいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。原作も機会があれば読んでみたいと思います。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

これかな? デモンシード なんとなく見た覚えがあります

参考URL:
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=15441

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとございます。スッキリしました。DVDも発売されているようなので購入してみようと思います。

関連するQ&A

  • 古いSF映画のタイトルなんですが

    もう30年か、それ以上前だと思うのですが、テレビで観たSF映画のタイトルを質問します。 ストーリは、ある科学者がロボットを開発した後失踪、そのロボットとともに人間(刑事?)が捜索を始めます。 いろいろあって、最後に洞窟にあるベットに横たわっている科学者を発見するのですが、そのベットは何百台も並んでおり、代々人類か地球を守ってきた者が横たわっています。 そこで、今度はそのロボットが科学者に代わって守護者?になる。 と言ったストーリだったと思います。 どなたかタイトルなどお分かりになるでしょうか。

  • こんなSF映画知りませんか????

    かなり昔のSF映画です。テレビ映画だったかも・・・ 人類は大昔、昆虫の顔をした宇宙人(あるいは、昆虫人間)に支配されていた。だから人間は昆虫に恐怖感をおぼえるのだ。人間はその太古の記憶を、いまだに持っている。 そこで、ある科学者が、男の頭に機械をかぶせる。すると、モニターに、物凄い数の昆虫の顔をした人間がうつしだされる・・・これが人間が遺伝として持っている記憶である・・・ 覚えているのはこのシーンだけです。 テレビ白黒だったのでカラーか白黒かも判りません (笑) 洋画だったと思います。 昆虫を見るたびにこのシーンを思い出します。 是非、1度この映画を最初から最後まで見てみたいとずっと思っていました。 どなたかご存知ありませんか??

  • タイトルを教えてください

    前回は回答を得られなかったので、再質問です。 だいぶ以前にTVの9時台にやったSF映画です。 内容は「宇宙人が自分たちを狙う別な宇宙人から自分たちを守るため、地球のある科学者が開発した何かを手に入れるためその科学者とコンタクトを取り、科学者は仲間たちと共にその宇宙人たちのためにその何かを作る」という話です。 その出だしで科学者がカントリーソンガーみたいな感じで出てきて、自殺をしようとした女性の銃が暴発して科学者を殺そうとしたと勘違いをされて関わるようになる。という流れです。 ラスト近くで宇宙人のリーダーが仲間と共にでてくるのですがそのリーダーは黒人に見えるのですが、実際は化け物のような姿で人間にはその姿が分からなくされています。科学者はちゃんと姿が分かるように宇宙人がしています。 B級だったんですが、結構面白くてチャンスがあったらもう1度見たいと思っているのでよろしくお願いします。 併せてTVで放映された映画のタイトルを知る方法って何かないか教えていただければもっと幸いです。

  • 映画のタイトル教えてください。

    いつもお世話になってます。 今回は昔見たことのある映画のタイトルについて教えてほしいです。 具体的な内容はかなり昔なので、ところどころしか覚えていません。 宇宙からきた三体のゾンビ?(見た目は普通の人間です)が人間をゾンビにしていくようなストーリーです。街全体がゾンビになっていったような感じでした。主人公はある科学者にゾンビを倒す方法を調べてもらったが、科学者はゾンビの倒し方を発見し銀の棒(だと思います(^^;)で刺せば倒せると告げ終わるとゾンビになって主人公を襲っていました。 これぐらいしか記憶になく文章も変で申し訳ないですがよろしくお願いします。

  • 30年以上前にテレビで見たSF映画です。

    確か小学生のころだと思うので30年以上前にテレビで見たSF映画のタイトルが知りたく応募しました。 ストーリー 深夜の空に宇宙から隕石のようなものが次々降り注ぎ 途中打ち上げ花火のように美しく爆発します。それが一晩中何千・何万て感じで。翌朝その光景を見ていたすべての人たちが失明していて・・ 確か木の株のような植物?エイリアン?が人間を襲い始める そんな映画です。恐ろしくてドキドキしながら見た記憶があります 映画好きになった一つの作品です。 タイトル解る方教えて下さい。

  • このSF小説のタイトルをご存知の方いませんか?

    30年くらい前に読んだ、たしか子供向けSF全集(いろいろな作家の 小説が入った)の中の一冊です。 タイトルと著者をご存知の方がいらっしゃたらぜひお教えください。 ぜひもう一度読んでみたいと思っています。 もしかしたら有名な作品なのかもしれませんが、子供向けとは思えぬ 余韻の残る物語で強く印象に残っています。 正確ではないですが、こんなストーリーです。 (物語は、老科学者の孫の視点で書かれています。) ある日、老科学者の元へ見知らぬ男が尋ねてきます。 (どらえもんのタケコプタ-(笑)のような機械で飛んできたような記憶が…) 知的生命体が存在する可能性のある恒星が見つかったので、その探検隊に 参加しないかという誘いのためでした。 近いとはいえ宇宙船で何十年もかかるため、生きて戻ることは困難です。 しかし、家族の反対を押し切って老科学者は参加することにしました。 知的生命体の存在を自分で確かめる最後のチャンスだったからです。 探検隊が出発してから何十年が経ち、老科学者の孫が大人になっても、 彼らは戻ってきませんでした。 そして、ある日のこと、(だいぶ年取った)あの見知らぬ男が、 老科学者の最後の様子を伝えるために孫を訪ねてきます。 彼によると、長い年月を経て到達した恒星の惑星には海ばかりで 陸がまったくなかったというのです。 その惑星の重力では、宇宙船に搭載していた潜水艇では、一度潜ったら 二度と浮上できません。 しかし、あきらめきれない老科学者は、自ら志願して潜水艇に乗り込みます。 男が聴かせてくれた交信テープは、老科学者が海中に何か大きな動く物体を 発見したところで終わっていました。 今度は装備を整えて再びあの恒星に行くと告げて、男が去っていくシーンで 物語も終わっています。

  • 南海トラフ大地震の確率について不思議な点があります

    南海トラフ大地震の確率について不思議な点があります。 国は30年以内に80%の確率で南海トラフ大地震が起こると言っています。 30年以内に80%ということは起こるか起こらないか分かってないってことですよね?なぜ分かってないのに発表するのでしょう。 30年以内に80%って起こらないってことです。起こると当たったと言いますが、外れると20%があるからと言うわけですよね? 発表している科学者はバカなのでしょうか? 起こる確率は1年より30年。1000年と長いほど当たるわけですよね。 誰も期間を制限していないので、別に30年以内に80%と言う必要はないわけです。100年以内に100%とか、1000年でも良いので起こる確率を100%でないと意味がないのです。 で、その30年以内に80%と言っている科学者は何年後に100%と発表していない。よって地震が発生する確率が100%も算出出来ない人間が30年以内に80%というのは全く根拠がないでしょう。 それなのに、なぜ日本政府はこんな胡散臭い科学者の確率を信じるのでしょう? まず、国民に知らせるべきは1000年以内に100%の南海トラフ大地震が起こるとか100%を求めてからの80%の30年以内を公表すべきでは? この政府の御用聞き学者は詐欺師では?

  • 古い洋画の詳細を知りたい(こればっか)

    1970年ごろTVで観たSF映画の詳細を知りたいです。 ストーリーはタイムパラドックスものです。 科学者集団が未来を画像で見ることができる装置を発明しますが、それは画像ではなく本物の別世界に通じるタイムトンネルでした。 未来の世界へ踏み込んだ科学者たちは、装置の故障により帰れなくなり、未来人と接触します。 しかしその未来での人類は、間もなく滅んでしまう地球から脱出する準備をほぼ終えている状態でした。 科学者たちは宇宙船への乗船を拒否され、ここで再びタイムマシンを作って元の世界へ帰ろうとします。 しかし時間軸のずれにより、帰り着いた元の世界では時間の流れが非常に遅く、実験装置に向かっている過去の自分たちはマネキンのように静止しています。 この世界で生きていけないことを悟った科学者たちは、誤操作によってはるか未来に通じていることを計器が示す真っ暗のタイムトンネルへ入ってゆきます。 一瞬、明るく豊かな自然の中へ踏み込んでいく科学者たちの後姿が見えたあと、場面は科学者たちが出発する前の状態に戻ります。 科学者たちは未来へ行き、滅亡する人類に会い、タイムマシンを作り戻ってくる。 その繰り返しが猛スピードで現れて、最後は砂嵐の画面になってジ・エンド。 最初の旅立ちの寸前、研究室内を黒い影がサーッと横切り、後でそれが、未来から戻ってきた本人たちだとわかります。 また未来の世界で、地球脱出の準備を進める様子を覚えています。 何かの機械部品を製造しているつもりなのでしょうが、四角い枠をささっと振って丸くするという子供向けマジックを、未来の技術者がまじめな顔でやっていました。 タイムパラドックスの輪廻を実感した最初の映画だったので、とても印象的でした。 どなたか情報をお願いします。

  • 助けて…生命倫理・科学者倫理

    某大学農学部3年生です。生命科学に興味をもち、DNA操作や生体内反応機構について勉強しています。 最近風の谷のナウシカのマンガを読みました。主旨がなにかはともかく、科学技術を利用した人間の傲慢さをひしひしと感じました。これまで科学者倫理について真剣に考えてみたことがなかったので、これまでない大きな壁に突き当たった感いっぱいです。 地球上にある生命は自然の摂理にもとづいてみな生まれてきたもの。それを遺伝子操作して、そこにあるべきでないものを生み出すことは間違いであることを理解しました。 私の学ぼうとしてきたことは間違っていたのでしょうか?将来は研究職について、日常生活に有用ななにかの開発に携わりたいと思っていましたが、今の状態ではやる気が起きません。 単なるマンガに翻弄されて…と思われるかもしれませんが… 科学研究を肯定する意見をください。

  • アメリカの戦隊物?

    随分昔にフジテレビで放映されていたアメリカ版五人戦隊物(みたいな)番組をご存知ありませんか?  舞台は荒廃しきった未来世界で、「エデン」と呼ばれる楽園があって、主人公はバトルスーツ(?)を開発した科学者の甥だか息子だかで……。タイトルには「POWER」という言葉が入っていたかもしれません。 途中で打ち切られてナイトライダーに変わってしまったように覚えています。 タイトルとストーリーが分かるようなサイト(英語可)、そして国内でビデオがレンタル可能かどうかなどを教えてください。お願いします。